The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ペッパーフードサービスの株主優待はいいね!

更新日: 株主優待

ペッパーフードサービスの株主優待 (2)

ペッパーフードサービス(3053)から株主優待と株主通信を受け取っていました。ペッパーフードサービスは東証マザーズ上場企業です。

ペッパーフードサービスの株主通信

同社の株主通信はモノクロのミニサイズであり、写真は皆無という質実剛健なものでした。紙のサイズは何とも形容できない折りたたみ式の小さなサイズであり、コンパクト&省エネ&エコでした。

「経費をこういうところにはかけない」という点を徹底するのも一つのスタンスだと思うので悪い話ではありません。

ペッパーフードサービスの株主優待

株主優待の内容は、店舗で利用できる優待食事券(500円)です。権利確定日は6月末・12月末です。金額は以下の通りです。

  • 100株以上・・・2,500円分
  • 500株以上・・・5,000円分
  • 1,000株以上・・・7,500円分

最も利回りが高いのは100株です。家族や法人口座がある場合は、一人で500株持つよりも分散して保有する方がお得で薄。

ペッパーフードサービスの株主優待

ペッパーフードサービスの事業概況

高付加価値化

券売機を廃止し、レジ化を進めています。2013年10月に直営25店舗で導入しています。確かに券売機よりはレジの方がレストラン感は出るかもしれません。景気回復対応というところでしょうか。

メニュー施策の見直しで高単価商品の導入に注力し、肉質を向上させるために米国産チャックアイロールの独自の熟成方式確立に取り組んだようです。

新業態拡充

新業態として、サイドメニュー・デザートメニューを充実させた「92's」、仙台名物の牛たん専門店の「牛たん仙台なとり」、グルメバーガーとハワイアンパンケーキの「アメリカンキッチン」、ハワイアンパンケーキ専門店「Ala Moana Cafe」なども展開しています。

立ち食いで炭火焼き厚切りステーキを提供する「いきなり!ステーキ」がメディアで報道されネットでも話題になりました。2013年度は海外に41店舗を出店し、海外でのペッパーランチは売上高+67.2%、セグメント利益+32.3%と好調で海外進出に成功しています。

ペッパーフードサービスの店舗

売上高・利益

売上高は2011年12月期をボトムに右肩上がりとなっています。一連の経営危機を乗り越えて純利益も急回復しています。

決算期売上高営業利益経常利益純利益一株利益
2009/12(実)6,41910892-577-258.3
2010/12(実)5,5557216-79-32.9
2011/12(実)5,1821331302811.50
2012/12(実)5,23910494145.4
2013/12(実)5,68620420915153.13
2014/12(予)[会社]7,582409401325112.95

キャッシュ・フロー

営業キャッシュフローは2011年度以降はプラスで推移しており、安定感が出てきました。

 営業CF投資CF財務CFフリーCF
2009/12(実)-62-78-248-140
2010/12(実)-94090-94
2011/12(実)25646-250302
2012/12(実)108-101-347
2013/12(実)269-2664463

 利益率・CFマージン

利益率・営業CFマージンのいずれも低迷していましたが、足元では回復してきました。自己資本が薄いのでROEは驚異的な数字となっています。ただ、ペッパーフードサービスのROEの高さは、財務レバレッジの高さが主因です。

 経常利益率純利益率CFマージンROE
2009/12(実)1.4%-9.0%-1.0%-
2010/12(実)0.3%-1.4%-1.7%-
2011/12(実)2.5%0.5%4.9%36.8%
2012/12(実)1.8%0.3%2.1%7.6%
2013/12(実)3.7%2.7%4.7%40.8%
2014/12(予)[会社]5.3%4.3%--

指標

100株の名目株主優待利回りは、年3.21%です。予想配当利回りは0%(配当性向0%)であり、配当+優待利回りは3.21%です。

PBR9.72倍、予想PER14倍です。

自己資本比率19.8%、有利子負債は6.1億円、現金等は5.2億円、営業CFは2.6億円、インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業CF÷利払い)は60.0倍です。

過去2年間の株価のチャートは以下の通りです。
ペッパーフードサービスのチャート(2年)

ペッパーフードサービスは一時期は300円台まで株価が下落しましたが、華麗な復活を遂げました。業績ボロボロの銘柄が蘇生したら大化けする典型ですね。

最近は立ち食いステーキが大々的に報道されて材料化して、一時は2900円まで爆騰しました。私はペッパーフードサービスは永久保有としていましたが、あまりに上がったので売却してしまいました。

足元では落ち着いてきています。1250円くらいまで下落してくれば買い戻そうと思っています。6月の権利確定後に調整してくれないかなという希望を抱いていますけれども、往々にしてそういう場合は下がらなかったりしますね。

買戻しの機会を窺っている銘柄です。

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.