The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

トリドールの株主優待!丸亀製麺で釜揚げうどんの日も利用可

更新日: 株主優待

トリドールの丸亀製麺

トリドール(3397)の株主優待の内容は、店舗で利用できる優待割引券です。

権利確定日は9月末です。9月末に株式を保有していると株主優待をもらえます。トリドールは東証一部上場企業で貸借銘柄です。


トリドールの株主優待

2014年の金額は以下の通りでした。

  • 100株以上・・・100 円割引券 10 枚綴り1シート(1,000 円相当)
  • 500株以上・・・100 円割引券 10 枚綴り3シート(3,000 円相当)
  • 1,000株以上・・・100 円割引券 10枚綴り5シート(5,000 円相当)

2015年4月に株主優待の改善がありました。金額が2倍増となりました。2015年以降は以下の通りとなります。

  • 100株以上・・・100 円割引券 10 枚綴り2シート(2,000 円相当)
  • 500株以上・・・100 円割引券 10 枚綴り6シート(6,000 円相当)
  • 1,000株以上・・・100 円割引券 10枚綴り10シート(10,000 円相当)

利用枚数に制限はありません。例えば550円の会計では5枚使えるので魅力的です。券売機を利用の以下の店舗を除く国内の全店舗で利用できます。

丸醤屋イオンモール苫小牧店(北海道)/麺屋通りイオン三笠店(北海道)/麺屋通り 小田原ラスカ店(神奈川県)/長田本庄軒T-teeecute立川店(東京都)/長田本庄軒パ サール幕張上り店(千葉県)・長田本庄軒三宮センタープラザ店(兵庫県))

「釜揚げうどんの日」も株主優待を利用可能です。釜揚げうどんの日とは、毎月1日全国の丸亀製麺店舗にて「釜揚げうどん」が半額となります。お得です!!

トリドール概況

トリドールは、うどん「丸亀製麺」、焼き鳥ファミリーダイニング「とりどーる」、ラーメン「丸醤屋」、焼そば専門店「長田本庄軒」などを展開している外食チェーン企業です。

2013年12月末の店舗数は直営864店(国内847店、海外17店)、フランチャイズ39店の計903店です。13年3月期の売上構成比は丸亀製麺91%、とりどーる4%、丸醤屋2%、長田本庄軒1%、その他2%です。

丸亀製麺では各店舗に製麺機を設置して、オープンキッチンを採用しています。

収益性が低下した店舗の減損(特別損失)、2013年5月の衛生問題の影響からか既存店が減収、アルバイト時給の上昇等による人件費の増加、電気料金の増加などによって、利益率が急速に悪化しています。

売上高・利益

売上高は美しい右肩上がりとなっています。利益は2013年3月期までは右肩上がりでしたが、前期は約4分の1に急減となりました。

決算期売上高営業利益経常利益純利益一株利益
2011/03(実)48,8354,7624,5672,01951.5
2012/03(実)61,0756,7436,4973,05077.8
2013/03(実)70,9067,0456,9103,24782.7
2014/03(実)78,3185,0144,92484921.6
2015/03(予)84,0006,2005,8901,70043.3

キャッシュ・フロー

営業キャッシュフローは安定的にプラスです。飲食業にはありがちですが、純利益を大幅に上回る営業キャッシュフローを継続的に出している点は評価できます。

 営業CF投資CF財務CFフリーCF
2010/03(実)----
2011/03(実)5,465-8,0062,447-2,541
2012/03(実)8,964-7,1771,3031,787
2013/03(実)7,039-9,4121,423-2,373
2014/03(実)6,535-8,2162,543-1,681

 利益率・CFマージン

経常利益率は6.3~10.6%で、純利益率は1.1~5.0%、営業CFマージンは8.3~14.7%で推移しています。

 経常利益率純利益率CFマージンROE
2010/03(実)----
2011/03(実)9.4%4.1%11.2%-
2012/03(実)10.6%5.0%14.7%28.7%
2013/03(実)9.8%4.6%9.9%24.4%
2014/03(実)6.3%1.1%8.3%5.7%
2015/03(予)7.0%2.0%--

指標

株価は900円近辺まで調整しています。100株の名目株主優待利回りは、年1.10%です。予想配当利回りは0.99%(配当性向21%)であり、配当+優待利回りは2.09%です。

PBR2.34倍、予想PER20.95倍です。

自己資本比率30.8%、有利子負債は244.6億円、現金等は76.3億円、営業CFは65.3億円、インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業CF÷利払い)は17.5倍です。

過去2年間のチャートは以下の通りです。
トリドールのチャート(2年)

かつての収益性を取り戻すことができるのかが争点ですね。業績ボロボロだったペッパーフードサービスが業績回復で株価も上昇したように、トリドールも回復できるか。

丸亀製麺は独身男に極めて優しい慈愛深きお店ですので、どうしても私としては評価が甘くなってしまうところです(笑)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.