総務省の値引き制限の2019年もiPhone・Androidスマホを安く買う方法まとめ

更新日: スマートフォン 通信費

見つめる少女

携帯電話料金の引き下げ策を検討していたはずの総務省が、端末値引きの制限(端末代の値上げ)を要請して、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれも従いました。

月1GB以下しかデータ通信を使わないライトユーザーは料金が下がりましたが、それ以外のユーザーはむしろ負担額は上がり、値上がりすることになりました。

総務省の値引き規制後の2016年2月以降、2019年9月現在もiPhone・Androidスマホを安く買う方法についてまとめます。最新の現場の状況を踏まえています。

2016年2月の動向

最新端末のiPhone 6s、Xperia Z5などについては、一括0円はおろか実質0円も消滅しつつあります。

総務省は携帯電話の端末代金の行き過ぎた値引き競争などを監視するため、メールで情報提供を受け付ける窓口を全国11箇所の出先機関に設置しました。

今後、全国で覆面調査も行い、必要に応じて指導も行う方針です。率直に申しますと、税金を投入してまで行うべきことなのかという印象が生じてしまいます。

しかし、型落ちモデルの旧端末は一括0円や1万円もOKとなっています。旧端末は安く替えます。

ただし、0円端末は毎月の割引額が0円に下がっているので、毎月の維持費は跳ね上がりました。

旧端末のiPhone 6に関しては、MNPでの一括0円が継続しています。

大手家電量販店でもiPhone 6へのMNPでは一括1万円という案件がありました。旧機種は安く買えます。

iPhone 6へのMNP一括1万円(2016年2月)

Androidについては、最新モデルのNexus 6P(32GB)に一括1万円が出ていました。MNPがお得です。

ただし、毎月の割引額(月々サポート・毎月割・月月割)は0円となっており値上げが進んでいます。総務省としても、最新モデルでも毎月の割引額がほとんどなければOKなのかもしれません。

Nexus 6PへのMNP一括1万円(2016年2月)

しかし、iPhone 6やAndroidで安売りしている端末でも、月々割の金額は0円になっており、実質的な負担額は増加しています。値上げが着実に進行しています。

端末代の値上げに見合う料金の割引が出るのかに注目されていましたが、こちらは遅々として進んでいません。

auとソフトバンクの1GBプランは、電話定額(5分以内無料)込みで5,292円(税込)です。

しかし、コンテンツがリッチになっている状況下では1GBで済むのは相当なライトユーザーのみです。恩恵を受けるのはごく一部です。

現在の2GB・3GB・5GBプランの値下げは全くありませんでしたし、通話定額なしで2GB~5GBといったプランも出ませんでした。

ドコモは2人以上の家族で5GBを分け合えるプランを新設しましたが、1人用の低額プランは皆無となっています。

しかし、意外にも単独世帯というのは2010年時点で既に多数派となっており、無視できないボリュームゾーンです。ここを大胆に無視する政策をドコモは採用しています。選択と集中ですね。

世帯類型1980年2010年2035年(推)
単独19.8%32.4%37.2%
夫婦と子42.1%27.9%23.3%
夫婦のみ12.5%19.8%21.2%
ひとり親と子5.7%8.7%11.4%
その他19.9%11.1%6.9%

私はちょうどiPhone 5sの2年契約が2016年3月に終了する状況でしたので、駆け込みでiPhone 6sにMNPして2年契約を確保しました。

iPhone 5sとiPhone 6s

トータルの平均コストが端末代金込みで1ヶ月あたり3千円前後となりました。SIMフリーのiPhone 6sを買ってMVNOで運用するよりも、圧倒的にコスパ良好で満足できるディールでした。

ドコモに一人で何回線もMNPで契約して端末を売却したりしたら、もっと安く維持できたでしょう。

しかし、睡眠時間が平日は4時間半~6時間半くらいしか確保できない生活で時間がないので、そうした手間がかけづらい状況でした。自宅の近くのショップで一括0円があり、オプションは公式の3つだけでした。

iPhoneの場合はバックアップをとっておけば、完全なる復元に手間がかかりません。アプリの設定・位置はもちろん、ブラウザで開いていたページまで復元します。

したがって、MNP一括0円(64GBを選んだので一括1万円)の契約で、時間が極限まで短縮できたのでこれで手を打ちました。

2年後の2018年にはまた状況が変わっているでしょうから、どうするのかはまたその時に考えます。


2017年の動向

2016年以降、2017年もiPhoneは発売直後は定価販売しかなく、しばらくは安くなることはありません。

しかし、2017年は次期iPhoneが取り沙汰されるようになった8月に入ると、iPhone7の価格が下がり始めました。機種変更も安いお店があります。

9月にiPhoneの新機種が発表された後は、旧モデルのiPhoneを安く買えます。ただし、毎月の割引額も減少するので、それも考慮した実質的なランニングコストだと、iPhone発表前の8月がお得です。

ドコモとの契約は2月~3月のキャンペーンがお得

ドコモの機種変更においては「春のおとりかえ割」というキャンペーンが始まりました。

2016年2月1日~3月31日までは、「U25スマホ割」の対象外である26歳以上の方でも、月々サポートが増えてお得になります。

iPhone 6s(16GB)が25,920円→10,368円、Xperia Z5 compactが36,288円→25,920円と値下がりしています。iPhone 6sについてはiPhoneからの機種変更のみが対象です。

機種変更を行う方にとっては、決算までの機種変更がお得になっています。端末代金を払い終えている方でドコモから移ることはない方は、機種変更を検討し得ます。

その他のAndroidも値下げされています。実質負担金が下がりました。古い機種では実質0円も出ています。

ドコモの機種変更値下げ機種(2016年2月)

今後はこのようなキャンペーンを積極的に活用するのがお得です。やはり決算月の3月が最もお得という状況には変わりなさそうです。

最新のiPhoneが登場後半年というタイミングでもあり、iPhoneを安く買うタイミングとしては良好です。

機種変更を行う方にとっては、決算期直前ということで機種変更がお得になっています。端末代金を払い終えている方でドコモから移ることはない方は、機種変更を検討し得ます。

ドコモショップ

2017年以降は、次期モデル発表前後の8月~9月、算直前の2月~3月が最もお得という状況には変わりなさそうです。

iPhone発売後、新生活を迎える3月~4月はリアルのドコモショップ、家電量販店などは混雑する傾向にあるので、ネット通販での契約も候補となります。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリット、契約の流れについては、以下で徹底的に解説しています。

「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

ドコモならdカード GOLDがお得

dカード GOLD

もしNTTドコモと契約している方ですと、2016年2月以降は、dカードGOLDを活用すると、より携帯電話がお得になります。

本人カードの年会費は10,800円(税込)です。家族カードの年会費は1人目無料、2人目以降は1,080円(税込)です。

カードの還元率が1%で、高島屋・三越伊勢丹・ENEOS・スターバックスカードへのチャージ等の特約店がお得になります。

また、dカード ポイントUPモールを経由すると、Amazon・楽天・LOHACO等のネット通販でボーナスポイントを得られます。

カードの基本性能も良好であり、加えてdポイントクラブにはない優待も付帯して、月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」のベネフィットの一つに、ドコモのケータイ料金、ドコモ光の費用が10%ポイント還元にUPする...

ドコモの携帯電話料金やドコモ光の料金合計が月9,000円ですと、dポイントが900ポイント(年間10,800ポイント)得られるので、年会費とトントンとなります。

実はdカード ゴールドはドコモの社員がほとんど持っているクレジットカードです。社員が殺到するようなカードはお得であることは間違いがありません。

ドコモユーザーには大きなメリットがあり、携帯電話の支払いにおすすめのクレジットカードの筆頭です。

ローソンでは3%割引となり、クレカ還元率・dポイントかPontaポイントと合わせて約5%還元となるのも大きなメリットです。

dカードというドコモのクレジットカードがあります。dカード、dカード GOLDの二種類です。ドコモの利用料金だけではなく、ローソンで...

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。高価なスマホも10万円を超える部分の金額(12万の場合2万)は大きくないので大部分がカバーされます。詳細は以下で徹底解説しています。

「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。ゴールド...

iPhoneをお持ちの場合は、AppleCare+は入らなくてよくなります。「AppleCare+ for iPhone」は年間7,400円(税抜)以上です。

iPhone保有時は、dカード ゴールドに加入してAppleCare+に入らないというストラテジーも検討し得ます。

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

「AppleCare+ for iPhone X」は年間11,400円です。iPhone 6s / 7 / 8は年7,400円、Plusの方は年8,400円です(いずれも税抜)。

こう考えると、dカード GOLDの1万円(税抜)の年会費のうち、約74%以上はケータイ補償でAppleCare+が不要になることで賄えるとも考えられます。

もちろん、Xperia、Galaxy等のハイエンドなAndroidも同様に、有料のケータイ補償に入らないという選択肢が浮上します。

ドコモの紙袋とケータイ

iPhone等のハイスペックスマホは端末代・修理代はいずれも高額です。しかし、dカード GOLDの会員ならケータイ補償で守られます。

液晶がひび割れたiPhone 6s

年100万円以上の利用で10,800円分の携帯電話・dトラベル・d Fashionの割引クーポンが得られます。年200万円以上使う場合は年21,600円相当もお得になります。

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

年間100万円以上の利用では10,800円、年間200万円以上の利用では21,600円相当のクーポンを得られます。

年間200万円利用した場合には、年会費の10,800円の2倍以上の還元を受けることが可能になります。

ドコモのクレジットカードにはゴールドカードの「dカード GOLD」があります。dカード ゴールドは、ドコモ・ドコモ光の利用料金の10%...

その他、充実の海外旅行保険ショッピング保険空港ラウンジお得なキャンペーンがメリットです。

サクララウンジ(羽田空港)

dカードを利用してプラチナステージの条件を達成すると、プラチナクーポンが利用できます。

USJのラウンジ、JALのサクララウンジも抽選で利用できます。一例として羽田空港国際線のサクララウンジは秀逸でした。

dポイントクラブのプラチナステージ会員は「プラチナクーポン」の特典があり、抽選で日本航空の空港ラウンジ「JALサクララウンジ」を...

iPhoneを使っていて、携帯の利用料金が多めの方は大きなメリットがあります。ドコモ光にも10%還元が適用されるので、家のインターネットもお得になります。

dカード ゴールドというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは黒子の役...

一般カードとゴールドカードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは黒...

どちらもドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。

ドコモのdカードご担当者4名とまつのすけ

以前NTTドコモに取材に行き、dカードをご担当なさっているスマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部の井芹さん、梶浦さん、久保田さん、井崎さんにインタビューしました。

dカードの特徴・歴史、dポイント、充実の特典、海外サポート、ゴールドカードのベネフィット、付帯保険、セキュリティの取組み、スマホアプリなどについて取材しています!

日本で大人気クレジットカードの一つがdカードです。ローソン・マツモトキヨシ・髙島屋・ノジマなどで高還元のクレジットカードです。...

dカード GOLDには虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、優美なスペックが燦然たる輝きを放っていると改めて感じました。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

現在、dカード GOLDはお得な入会キャンペーンを行っています。コンビニ・スーパー等の加盟店で現金同様に使えるiDキャッシュバックが最大13,000円分プレゼントされます。

dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

公式サイトdカード GOLD 公式キャンペーン

auユーザーならau WALLET ゴールドカード

au WALLET ゴールドカード

auユーザーの場合、au WALLET ゴールドカードがお得です。年会費10,800円でauユーザーにとってお得な仕組みが満載の特典が付帯しています。

詳細は以下で精緻に分析しています。

au WALLET クレジットカードにはゴールドカードがあります。「au WALLET ゴールドカード」という名前です。au WALLET クレジットカー...

Y!mobile(ワイモバイル)の活用

ワイモバイルという携帯電話会社があります。MVNOよりも通信品質が良好なソフトバンク回線を利用でき、1回10分・月300回まで通話無料なのがメリットです。

ワイモバイルの店舗

価格はメガキャリアとMVNOの中間である「第3の道」です。そんなワイモバイルでは2016年2月現在、「在庫処分市」というセールを行っています。

旧モデルにはなりますが、安価なコストで契約できます。MNPの際には通信容量が2年間も2倍になるのも大きなメリットです。

Nexus 6(32GB・64GB)、AQUOS CRYSTAL Y、Spray、Nexus 5がラインナップで、Nexus 6(32GB)とAQUOS CRYSTAL Yは在庫切れとなりました。

Nexus 6(64GB)は2014年に発売されたモデルで、プラチナバンドに対応しています。

CPUはQualcomm Snapdragon 805(2.7GHzクアッドコア)、メインメモリは3GBであり、依然として現役戦士として通用します。今からの2年間の維持に耐えられるスペックです。

https://www.youtube.com/watch?v=wk-PY2dBKaA

今回のNexus 6(64GB)のセールは、端末価格は通常通りですが、-2,592円という高額の月額割引が適用され、更にMNP特別割引が翌月から12カ月間は -1,080円なのがメリットです。

2年間は2GB(1GBプラン+キャンペーンの1GB)が、端末代込みで1年目は3,110円/月(税込)、2年目は4,190円/月(税込)となり、リーズナブルです。

Nexus 5は一括0円であり、Sprayの方は月額割引・MNP特別割引が高額に設定されていることから、リーズナブルな価格になっています。

ただし、Nexus 5のMNP契約は中途解約時に2年間の一括購入割引の解除料が発生する点、Sprayの方も2年以内に解約する際には端末代金の残債を支払わなければならない点に注意が必要です。

プラン名容量Nexus 6(64GB)Nexus 5Spray
1年目2年目1年目2年目1年目2年目
スマホプランS2GB3,1104,1903,2184,2982,1383,218
スマホプランM6GB3,6504,7303,7584,8382,6783,758
スマホプランL14GB5,8106,8904,8385,9183,7584,838

ライトユーザーなら2GBで端末代・5分以内の通話無料込みでそこそこの維持費となっています。個人的にはNexus 6がおすすめです。

Nexus 5は登場からだいぶ時間が経過しており、電池持ちが今ひとつである点に留意が必要です。やはりNexus 6の方が魅力的です。

また、sprayはROMが8GBであることからメモリーカードは必須で、スペックも値段相応ですので、真のライトユーザー向けです。

ワイモバイルは定期的にオンラインストアでこのようなキャンペーンやセールを行っているので、チェックするとお得に契約できることがあります。

ワイモバイル公式サイト

光回線とのセット割引

ドコモ光パックの看板

2015年はNTTの光回線卸売りが始まり、携帯電話・MVNO各社がスマホと光回線のセット割引を始めました。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのいずれも固定通信の光回線とのセット割引を用意しています。

固定回線を維持する場合は、こうしたセット割引も利用すると携帯料金を安くできます。

2016年からはこうしたセットプランに電力も加わりました。東京電力がソフトバンク、So-netとのセット契約を発表しています。ドコモやauとのセット割引も登場するでしょう。

東京電力が電力小売りの自由化による競争激化に備えて「Tポイント」を導入しました。電気料金の支払いに対するTポイントの付与に加え...

もしご自宅に光インターネット回線を引くのであれば、セット割引を活用しましょう。着実にお得です。

株主優待

KDDIとソフトバンクは株主優待を行っています。auとソフトバンクの契約者の場合は、株主優待を活用するとお得です。

KDDIの株式を3月末に1単元(100株)以上保有すると、au端末購入時に利用できる優待券がもらえます。金額は下表のとおりです。

保有株式数優待券の価格
100株以上継続保有1年未満:5,000円
継続保有1年以上:8,000円
継続保有5年以上:10,000円
1,000株以上継続保有1年未満:10,000円
継続保有1年以上:13,000円
継続保有5年以上:15,000円
2,000株以上継続保有1年未満:15,000円
継続保有1年以上:18,000円
継続保有5年以上:20,000円

新規契約、MNP加入、機種変更時に、回線契約を伴うau端末本体に利用できます。クーポンの有効期限は発行から1年間です。

他クーポンとの併用やクーポンの同時複数枚利用はできません。また、他施策とは併用できない場合があります。

ソフトバンクの株式を3月末・9月末に1単元(100株)以上保有すると、以下の割引があります。

項目割引内容
ソフトバンク携帯電話株主優待携帯電話の基本使用料から6カ月間934円/月割引
タブレットの基本使用料から6ヶ月間500円/月割引
インターネット株主優待インターネットの基本料6カ月間無料

株主優待があるとはいえ、株主を保有するというのはハードルが高い方も多いでしょう。その場合は、ヤフオクで落札することが可能です。

ソフトバンクは本人のみですが、KDDIは本人以外でも利用可能です。

KDDI(au)の株主優待一覧

MVNO・格安SIM・格安スマホを活用

スマートフォンでデータ通信する女性

ドコモ・au・ソフトバンクとの契約は打ち切りにして、MVNO・格安SIM・格安スマホに移行するという選択肢もあります。

昼食時(12時~13時)、通勤電車や混雑した駅・人が多い超都心部、夜間(21時~24時)は速度が低下する傾向にあり、特に12時~13時は大多数のMVNOが厳しい速度に陥っています。

しかしながら、それを許容できるならば、MVNO・格安SIM・格安スマホという選択肢があります。

最もおすすめできるのはUQ mobileです。速度が安定して速い傾向にあり、特筆すべき水準です。

デメリットはau回線であり、auの3Gでデータ通信ができないため、auの4G・LTEエリアでしかデータ通信できないことです。

しかし、山奥や建物の奥底・地下などでない限りは、auの4Gのエリアは広いです。私は2016年1月11日まで、auを使っていました。特に不便は感じません。

特にプラチナバンドの800MHzの電話の感度は良好であり、800MHz対応のスマホであれば、快適にアクセスできます。混雑している駅や電車でもスイスイとネットやアプリが楽しめました。

また、iOSでのデータ通信での動挙動が不安定なのがデメリットでした。しかし、2016年2月19日に、UQ mobileにおいてiOS 9.0以降に対応したプロファイルが公開されました。

いずれもVoLTE対応の「マルチSIM」であり、LTE用のnanoSIMカードでは動作が不安定で一部機能が利用できない場合があるとされています。

プロファイルはUQ mobileのSIMカードをiOS端末に挿入後、同社Webサイトよりダウンロードし、インストールできます。

SIMカード挿入時点ではインターネットに接続できないため、プロファイルのダウンロードにはWi-Fiなど、SIMカード以外の通信環境が必要です。

なお、au版のiPhone 6s/6s Plus、iPad mini 4、iPad Proは、SIMロック解除が必要で、現在は利用できません。

発売から半年後にSIMロック解除が可能になるので、「マルチSIM」の動作確認は、SIMロック解除が可能となったタイミングで実施し、別途その結果を公表する予定となっています。

ドコモ回線では、比較的利用者が多くて価格が安価なのはDMMモバイルです。速度が速いのはWonderlinkです。

評判が最も良いMVNOはIIJmioです。スマートフォン向けの通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」の運営元の株式会社イードが主催した「格安SIMアワード2015」において、総合満足度で最優秀賞を受賞しました。

また、ブランドイメージ部門、利用サポート部門でも最優秀賞となっています。4部門中2部門でNo.1となり、総合満足度で最優秀賞です。

IIJmioの詳細

iPhone + MVNOはコスパが悪い

iPhone

格安SIM・MVNOとSIMフリーのiPhoneを組み合わせるのは、相性がよくありません。iPhoneは端末代が非常に高額だからです。

ドコモとMVNOの中で評判が良いIIJmioを比較します。以下の価格は全て税込です。

SIMフリーのiPhone 6s(16GB)は93,744円です。IIJmioの5GBプランは月2,397円です。2年間のトータルコスト(端末+毎月の料金)は151,272円です。

ドコモの機種変更ならiPhone 6s(16GB)を10,368円で買えます。5GBプランは5分以内の通話定額込みで月7,560円であり、2年間のトータルコストは191,808円です。

合計で40,536円、IIJmioの方が安いです。1ヶ月あたり(2年間)に換算すると、月1,689円安くなります。

しかし、ドコモの方は5分以内の通話定額が含まれています。IIJmioは30秒21円であり、月40分30秒以上通話すると逆転します。

また、回線のクオリティはメガキャリアの方が良好であると言わざるを得ません。12時~13時前後の昼食時、人が多く混雑している繁華街や電車の中では、MVNOはスピードが落ちがちです。

都心部に在住していないフリーランスの方などにはMVNOは親和的です。利用者が多くない郊外ではMVNOでも快適に通信できます。

しかし、主にスマホを見るのは通勤電車に乗っている時、繁華街や昼食時といったサラリーマンは、自分が使いたい時は速度が遅くてイライラするという事態になりかねるので不向きです。

そう考えると「月1,689円-電話代」くらいの差なら断腸の思いで、メガキャリアでいいかという考えも浮上します。

したがって、iPhoneを使うならMVNOの価格面でのメリットが減退します。MVNOを使う場合は、25,000~40,000円程度で購入できるAndroidが有力です。

ZenFone 2 Laserなどの安価なミドルレンジのAndroidを利用するとリーズナブルに維持できます。

また、auの端末は白ロムが安い傾向にあります。ドコモと比べると安くてお得です。Xperiaも3万円~4万円程度で購入可能です。

auのXperia一覧

mineoやUQ mobileなどのau系MVNOを使う場合は、auの白ロム購入がお得です。安い値段でスマートフォンを買えますし、毎月の料金もリーズナブルに抑えられます。

2016年の総務省の政策で恩恵をうけるのは、安い端末に強みがある台湾・中国・韓国メーカーです。

ドコモ・au・ソフトバンクはiPhoneを優遇する契約をアップルと締結している以上、いくら端末値引きを制限したところで、相対的にソニー・シャープ・富士通などの同等の端末よりiPhoneの方が安い状況には代わりがありません。

メガキャリアとの契約はオンラインショップが便利です。iPhone発売後の店舗での大混雑を回避して、待ち時間なくiPhoneを手に入れることができます。一例としてドコモは以下のとおりです。

「ドコモオンラインショップ」というNTTドコモのネット通販があります。iPhone、Androidスマホ、iPad、タブレットを24時間いつでもど...

新しいiPhoneが発売される9月は混雑が酷烈なものになり、開店前から並ばないとひたすら待つ必要が生じてしまい、修行の様相を呈しています。

スマホを契約するだけで1日が終わってしまうという悪夢のような地獄に陥りかねません。そうした待ち時間を回避できるのが、公式オンラインショップのメリットです。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-スマートフォン, 通信費

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.