The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

東海東京証券はIPO完全抽選あり!手数料無料キャンペーンも

更新日: 証券会社

名古屋城のしゃちほこ

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。

店頭口座はハードルが高いという方にもおすすめの証券会社です。IPOの完全抽選があり、ネットで気軽に申し込めます。

2017年9月29日までは現物&信用取引手数料が実質0円、2017年10月1日までは制度信用買い方金利が0.9%となるお得なキャンペーンもあります。


東海東京証券は2000年10月に、東京証券(元々は日興證券系)と東海丸万証券(旧東海銀行系)が合併して発足しました。現在は持株会社体制となっています。

ネット口座である「東海東京証券オンライントレード」では、IPOも申し込めます。インターネット上で手軽に申し込むことが可能です。

しかも全株裁量配分ではなく、個人対象の割り当てのうち少なくても10%が完全抽選となります。新規公開株個人優遇サービス対象客を除いた方を対象に、本社一括抽選によって配分先を決定します。

東海東京証券は主幹事を務めることもあります。しかもここ2年間は高いパフォーマンスを残しています。

過去2年間の主幹事の実績と初値は以下の通りです。

  • 日本PCサービス:+67.7%
  • KeePer技研:+49.1%
  • ベステラ:+25.0%
  • ポバール興業:+6.6%
  • 東京ボード工業:-8.0%

主幹事は割り当て株式数が多いので当たりやすいですよね。口座を持っておきたいところです。幹事を務めているIPOも多数あります。

東海東京証券は大手証券や主要ネット証券と比較すると口座数が少ないので、ライバルが少ないというメリットがあります。

入金はダイレクトバンキングからの即時入金ができず、ゆうちょ銀行か三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードでATMから入金するか、銀行振込で入金することになります。入金手数料は実質無料となります。

若干手間がかかりますけれども、それを嫌気して東海東京証券のIPOに参加しない方もいると思われるので、手間がかかるのはライバルが減って当選確率が上がるという解釈も可能です。

東海東京証券

各分野に精通した専門アナリストが執筆したアナリストレポート、ダウ・ジョーンズ米国株情報/DZH中国株情報を無料で見られます。

また、東海東京TVでは国内・海外証券投資マーケットニュースや商品情報が動画で見れます。100万円の資産運用でも大活躍します。

東海東京証券は信用取引手数料(1約定ごと)が一律599円なのが特徴です。金額が小さい注文だと高めですが、大きい注文だとリーズナブルです。

また、制度信用取引の買方金利が一定条件を満たすと0.9%と非常に低いのが大きなメリットです。貸株料は1.15%です。最低委託保証金は30万、委託保証金率は33%、最低委託保証金率は20%です。

東海東京証券のダイレクト信用取引キャンペーン

2017年10月31日までは、ダイレクト信用取引の現物取引&信用取引手数料無料キャンペーンが行われています。

ダイレクト信用取引口座開設2か月以内、または判定期間における平均建玉残高500万円以上(約定日ベース)で条件がクリアとなります。

期間中、国内上場株式(ETF、REIT含む)の単元株取引および新規買い建ておよび新規売り建て、信用建玉決済の各取引に対する株式委託手数料が無料となります。

適用期間は、判定月の最終営業日の翌日~判定日翌月の最終営業日となります。

適用期間 判定日 判定期間
2017年4月1日~4月28日 2017年3月17日 2017年2月21日~3月17日
2017年4月29日~5月31日 2017年4月20日 2017年3月18日~4月20日
2017年6月1日~6月30日 2017年5月19日 2017年4月21日~5月19日
2017年7月1日~7月31日 2017年6月20日 2017年5月20日~6月20日
2017年8月1日~8月31日 2017年7月20日 2017年6月21日~7月20日
2017年9月1日~9月29日 2017年8月18日 2017年7月21日~8月18日
2017年9月30日~10月31日 2017年9月20日 2017年8月19日~9月20日

金利・貸株料・逆日歩・管理費等の諸経費、追証または期日超え時などの任意決済注文の手数料は有料ですが、かなりお得なキャンペーンです。

また、2017年10月31日までは、ダイレクト信用取引口座開設2か月以内、または判定期間における平均建玉残高1000万円以上(約定日ベース)で、買方金利が年率0.90%(通常金利1.35%)となります。

こちらの適用期間は、判定日の翌月第1営業日 ~ 次回適用開始日の前日です。

適用期間 判定日 判定期間
2017年4月3日~4月30日 2017年3月17日 2017年2月21日~3月17日
2017年5月1日~5月31日 2017年4月20日 2017年3月18日~4月20日
2017年6月1日~7月2日 2017年5月19日 2017年4月21日~5月19日
2017年7月3日~7月31日 2017年6月20日 2017年5月20日~6月20日
2017年8月1日~8月31日 2017年7月20日 2017年6月21日~7月20日
2017年9月1日~10月1日 2017年8月18日 2017年7月21日~8月18日
2017年10月2日~10月31日 2017年9月20日 2017年8月19日~9月20日

一定の条件を満たすと、東海東京証券は手数料無料、0.9%という空前の低金利で取引できます。

定期的にキャンペーンを行っており、2017年11月以降も何らかのキャンペーンを期待できると考えます。IPOはもちろん、株式取引でもお得なオンライン証券です。

東海東京証券オンライントレード

その他、主要ネット証券の売買手数料の比較については、以下で徹底的に解説しています。

ネット証券で一番安いのは?証券会社の手数料を比較!信用と現物の一覧
SBI証券と楽天証券が1日定額コースの手数料を2017年9月から引き下げます(SBIは8月31日から)。ネット証券の手数料の値下げ競争は一段落...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.