The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

上期のパフォ公開!楽天・三木谷大明神にKOされた恥辱

更新日: マーケット・経済の分析

マイメロディのぬいぐるみ

サンリオの利益に貢献したまつのすけです。サンリオの株主総会でサンリオピューロランドに行きました。

アトラクションに乗ったらキャラクターの赤ちゃんが出てきて「可愛いな」と癒やされました。終了後、すぐ隣に待ちかまえていた売店にぬいぐるみが売っているわけですよ。

衝動買いしてしまいました。店員さんに「贈答用の袋つけましょうか?」と言われて、自分用とは言えずに「はい」と言ってしましました。資源の無駄使いをしてしまいました。

しかし、買ってよかったです。私の築24年・26平米1Kの部屋の雰囲気が好転しました。史上初のぬいぐるみ購入でしたが、結構いい買い物だった気がします。

将来もし恋人ができたら、このぬいぐるみは「サンリオの株主優待でもらった」ということにします^^;

さて、2015年6月はTOPIX・日経平均・東証REIT指数は下落したものの、東証2部・JASDAQ指数・東証マザーズは上昇しました。

MSCI Kokusai(海外先進国・円建)、MSCI Emerging(新興国・円建)は相対的に大きく下落しました。


東証2部・新興市場のウエイトが大きい優待族やアクティブ運用家はギリシャ騒動を横目に良好なパフォーマンスを確保した方が多かったのではないでしょうか。

今月は燃え尽き症候群から脱却してアクティブに動いた一ヶ月でした。ただし、高値警戒感もあり、スイングトレード中心で望みました。

以前からの保有分としては、ヨシックスとJPX400採用候補のミクシィが大きく育ってくれました。ミクシィは一部利確しました。

VT HDと東京一番フーズでは大きな成果を上げることができましたが、楽天では盛大に焼かれてしまいました。

思い切ってショートして利食ったところまではよかったものの、最後に大き目のロットで再び入って、盛大に踏み上げられました。「カノッサの恥辱」的なダメージでした。

楽天のチャート

最初のショートの利益を溶かしたのを通り越して、大きな損害が発生しました。月給○ヶ月分です・・・。今年3回目のぶっこきでした。過去2回はいずれも凡ミス。。

不幸中の幸いとしては、しっかりとロスカットしたのがよかったです。翌日も更に上昇したので持ち越したら更なるダメージを被るところでした。リスクコントロールはできました。

投資効率を120%向上させる損切りの方法

IPOはメニコンで笑い、サムティREITで泣きました。

短期売買しない方とも立場を共有できると考えている2ヶ月以上保有予定の購入銘柄は、RIZAPグループ(立会外分売)100株のみでした。

ただ、ライザップ騒動もあり、早くも10%程度の含み損となっています・・・。優待は豆乳クッキーが希望なので、株価が下げ止まったような動きになったら100株追加して200株は長期保有の予定です。

個人的にはライザップがなくてもダイエットは可能だと思います。ただ、必要な方もいるでしょう。

ライザップ不要!-8.9kg成功の簡単ダイエット方法!リバウンドなし!健康で効果抜群

トレーナーが時給900円~1,400円なのが叩かれていましたが、トレーナーが経験豊富なプロではなくても痩せられるように、プログラムをシステム化した企業努力は評価できるでしょう。

逆に売却の方は、Google+で報告していたように、ギリシャ問題の前にETFのウエイトを落としました。また、その他いくつか売却していました。

  • 1306 TOPIX-ETF
  • 1321 日経平均のETF
  • 1545 NASDAQ-100
  • 1554 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
  • 1557 SPDR S&P500 ETF
  • 3245 ディアライフ
  • 5975 東プレ
  • 8771 イー・ギャランティ

ただ、思ったより下げなかったですね。既に海外もののETFは一部買い戻しました。ディアライフとイー・ギャランティは売ったら盛大に上がりました・・・。

特にディアライフは焦って売ることもなかったなあと反省です。優待分は残しておいたのが幸いでした。やはり売る時は分割売りが無難です。

2015年上半期のパフォーマンスは、+16.48%でした。税引前・配当込み・優待抜きの数字です。時間加重などの調整はしていません。

税引前・配当込みにしているのはインデックスと比較するためで、優待抜きなのは計算が面倒だからです。

日経平均トータルリターン・インデックス(配当込み日経平均・税引前)は+16.97%でしたので、-0.49%インデックスには勝てませんでした。ただ、優待の分を含めると逆転します。

私はフルインベストメントではなく、30〜70%程度のキャッシュがある時期がほとんどです。その中でインデックス並みのリターンを確保したのは満足です。

今年は相場がいいので、+30%、+50%といった個人投資家も多いと思います。その中で地味ですが、個人的にはどんな相場でも負けずに安定的に収益を上げることを目指しています。

私は基本的には30~70%程度はキャッシュポジションの時期が多いです。今後とも、取っているリスクに比べたリターン(シャープレシオ的な効率性)を重視して運用していきます。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-マーケット・経済の分析

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.