アメックスのポイントフリーダムは現金同様で便利!ヨドバシでも利用可能

更新日: アメックス

ジャンプする仲間たち

アメリカン・エキスプレスが発行しているプロパーカードのうち、アメックスのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」のポイントが貯まるクレジットカードがあります。

アメックス・グリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオン、アメックス・ビジネス・グリーン、ゴールド、プラチナが代表例です。

メンバーシップ・リワード・ポイントは多種多様なアイテムと交換可能です。その中の一つにポイントで支払いできる「ポイントフリーダム」という使い方があります。

ポイントフリーダムの内容、メリット、デメリット、お得な使い方についてまとめます。

ポイントフリーダムとは

アメックスのポイントフリーダムとは、アメリカン・エキスプレス・カードで支払った支出一つ一つに対して、ポイント払いできる仕組みです。

例えば月1回ホテルの宿泊費用15,000円をアメックスで支払った場合、後日銀行口座から15,000円が引き落とされます。

これを貯まっているポイントで支払う(充当する)ことにして、銀行口座からの引き落としをしなくて済むようにするのが「ポイントフリーダム」です。

自由の女神に象徴されるアメリカ発のアメックスらしいポイントの使い方です。映画代やディナー代等のカード利用後の支払い代金にも、後から自由自在にポイントで充当することができます。

米国の自由の女神

ポイントフリーダムには以下の4種類の充当方法があります。

  • カード利用後の代金に利用
  • 旅行代金の支払いに利用
  • 店頭での支払いに利用
  • オンラインショッピングでの支払いに利用

使えるポイント数の上限がないため、貯まったポイント数を無駄なく使いきることができます。カード払いとの併用も可能です。

ポイントフリーダムは、メンバーシップ・リワード・プラスに加入しているか否かでレートが変わってきます。

メンバーシップ・リワード・プラスとは、アメックスの有料オプションであり、年間3,240円(税込)の料金が発生します。以下のベネフィットが付帯します。

  • マイルや提携ポイントへの交換レートがUP
  • ポイントフリーダムでの換算レートがアップ
  • イントの有効期限が無期限に
  • 登録者限定の多様なキャンペーン

2年目以降は自動更新ですが、解約して再度申し込むことも可能なので、ポイントを交換する年度だけ申し込めばコストを抑えることができます。

  • 毎年加入→年3,240円(税込)
  • 2年に1回→年1,620円(税込)
  • 3年に1回→年1,080円(税込)
  • 4年に1回→年810円(税込)
  • 5年に1回→年648円(税込)

ポイントフリーダムのの換算レートの具体的には下表のとおりです。数字は左がポイント、右が割り引かれる金額です。

ジャンル名称メンバーシップ・リワード・プラス
加入未加入
旅行代金の支払いアメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン1000→10001000→400
H.I.S アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク1000→8002000→800
日本旅行の各店舗1000→8002000→800
ネット通販での支払いdショッピング、ビックカメラ.com、マルイウェブチャネル、ベルメゾン等1000→5001000→300
店頭での支払いヨドバシカメラ、高島屋3000→10003000→1000
カード利用後の代金に充当航空会社でのカード利用3000→30003000→900
ホテル・旅行代理店などの加盟店でのカード利用3000→24003000→900
旅行関連以外でのカード利用3000→9003000→900

ポイントフリーダムを利用金額に対する還元率で表示すると以下のとおりです。

ジャンル名称メンバーシップ・リワード・プラス
加入未加入
旅行代金の支払いアメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン1.00%0.40%
H.I.S アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク0.80%0.40%
日本旅行の各店舗0.80%0.40%
ネット通販での支払いdショッピング、ビックカメラ.com、マルイウェブチャネル、ベルメゾン等0.50%0.30%
店頭での支払いヨドバシカメラ、高島屋0.33%0.33%
カード利用後の代金に充当航空会社でのカード利用1.00%0.30%
ホテル・旅行代理店などの加盟店でのカード利用0.80%0.30%
旅行関連以外でのカード利用0.50%0.30%

※:2017年4月1日からは、ANA以外の航空マイルへの移行は1,250ポイント→1,000マイル(0.8%)

以下、アメックスのポイントフリーダムの詳細について、ブレイク・ダウンします。

カード利用後の代金

スマホを持ちながらOKポーズをする女性

カード利用後の支払い代金として、ポイントを充当できるサービスがポイントフリーダムにはあります。

カード利用内容に応じて所定の換算レートで利用したいポイント数を設定すると、ポイント交換分の合計金額が次回請求金額より差し引かれます。

支払金額に対して獲得できるポイント(100円ごとに1ポイント)は、通常通りそのままなのがメリットです。

例えば1万円の利用で利用後に2,000ポイントを利用代金に充当したとしても、獲得できるポイントは1万円の1%の100ポイントです。

交換レート

メンバーシップ・リワード・プラスに未登録だと、1ポイント=0.3円(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)となります。登録していると下表のとおりとなります。

カードの利用内容換算レート
航空会社利用時1ポイント=1.0円(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)
ホテル・旅行代理店などの加盟店での利用時1ポイント=0.8円(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)
旅行関連以外での利用時1ポイント=0.5円(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)

旅行代理店で航空券(公示運賃)を購入した場合、航空会社での利用分として記載され、上記の換算レートと異なる場合があります。

最少使用可能ポイント数は、1回の交換手続きにつき最少3,000ポイント以上必要です。ポイントの使用単位は1ポイント単位です。

充当可能金額は本サービス利用時のカード利用金額合計がポイントで充当できる最大金額になります。なお、利用残高がない場合、利用残高がマイナスの場合には本サービスを利用できません。

充当金額は小数点以下四捨五入となります。手続き完了後、オンライン・サービスのポイント交換履歴の画面上に、使用ポイント数と充当金額が表示されます。

請求締め日の3日前以降に申し込んだ場合は、翌々月請求分への充当となる場合があります。

ペイフレックス・リボルビング利用代金残高がある場合は、次回請求金額の減額に代えて、リボルビング残高へ充当される場合があります。

利用後の利用代金充当では、メンバーシップ・リワード・プラス加入時は1ポイント0.5円となりますが、時折キャンペーンでそれ以上のレートで利用できる場合があります。

一例として、2017年5月~6月は1ポイント0.6円で充当できるキャンペーンが開催されています。

アメックスのポイントフリーダムのキャンペーン通知メール

アメックスのポイントフリーダムのキャンペーン内容

充当の手順

ポイントフリーダムを利用する際には、アメックスの会員サイトにログインして、右側の「メンバーシップ・リワード」の「カード利用代金の支払いにポイントを使う」を選択します。

アメックスの会員サイトのトップ

続いて各支出項目欄の右側にある「ポイントを使う」を選択します。

ポイントフリーダムの画面

メンバーシップ・リワード・プラスの加入手続きを行った後は、ポイント交換レートがUPします。プラチナカード以上の会員は無料で登録できます。

個人がプラチナ・ビジネスがゴールド、逆に個人がゴールド・ビジネスがプラチナの場合は、ポイント統合手続きを行えば、無料でポイントフリーダムでも交換レートがアップします。

メンバーシップ・リワード・プラス加入時のポイントフリーダムの交換レート

各支出項目の右側にある「ポイントを使う」を選択すると、ポップアウトが出ます。

バーを左右に動かしたり、+や-ボタンを選択して調整したり、「使用ポイント数」の下に直接入力して、仕様ポイント数を決めて、「確定する」ボタンを選択します。

自由自在に利用ポイント数を設定できて、利便性が高い仕様になっています。

ポイントフリーダムの利用ポイント入力画面

端数処理の関係で得することがあります。例えば、1,002ポイント利用時は802円に充当されます。

1,000ポイントを超える2ポイント分は、1ポイント0.8円ではなく1ポイント1円で換算されます。このような点をこまめに分析すると、僅かにお得になります。

ポイントフリーダムの利用ポイント入力画面(1002ポイント)

例えば、+1ポイントで1,003ポイント消化にしても、充当されるのは802円のままです。ここでは1ポイントは損してしまうというわけですね。

ポイントフリーダムの利用ポイント入力画面(1003ポイント)

ポイントフリーダムは1,000ポイントや3,000ポイントなど、利用内容ごとにポイント利用の最低下限が設定されています。それに達しないポイントを使おうとするとエラーが出ます。

ポイントフリーダムのエラー画面

「表示するカードを切り替える」を選択すると、保有している他のアメックスに切り替えて、個別の利用明細を選択することが可能です。

個人向けアメックスとビジネス・アメックスの両方を保有している場合などは便利です。

ポイントフリーダムの「表示するカードを切り替える」

アプリでも簡単にポイントフリーダムの手続きが可能です。利用明細がズラーッと並んでいるので、ポイントフリーダムを利用したい項目をタップすればOKです。

アメックスのアプリ

各明細をタップすると、利用するポイント数、利用代金が表示されるので、「ポイントを使う」をタップすればOKです。

アメックスアプリのポイントフリーダム利用画面

するとアメックスアプリのポイントフリーダム利用の確認画面が表示されるので、利用規約に同意項目をスライドして、「ポイントを使う【確定】」をタップすれば確定です。

アプリの場合は、利用代金の一部をポイント充当することができません。全額をポイント充当することになります。

アメックスアプリのポイントフリーダム利用の確認画面

ポイントフリーダムの最低利用単位に満たない利用項目をタップした場合はエラーになります。

アメックスアプリのポイントフリーダム利用画面(エラー)

かつて年会費はポイントフリーダムで支払うことはできませんでした。

アメックスアプリのポイントフリーダム利用画面(年会費エラー)

しかし、現在は利用可能になっています。

アメリカン・エキスプレスの一部クレジットカードの年会費を、メンバーシップ・リワードのポイントで支払えるようになりました。アメ...

アメックスのアプリでは、ポイントフリーダムで特別に交換レートがアップする支出項目については、「☆」が表示されて1ポイント何円で交換できるのかが表示されます。

ポイントフリーダムの通常レートは1ポイント0.5円ですが、「ホテル・旅行代理店などの加盟店での利用時」は0.8円となります。

これはホテル宿泊だけではなく、レストラン利用時も同様です。以下はペニンシュラ東京の中華レストランで食事した明細ですが、1ポイント0.8円のポイントフリーダムの優遇対象となっています。

アメックスのアプリでのポイントフリーダム特別レートの表示

エクスプレス予約の料金も0.8円相当で充当することが可能です。

エクスプレス予約のポイントフリーダムでのレート

航空会社の利用料金、ANAマイルに交換する際のメンバーシップ・リワードANAコース年会費(税抜5,000円)に充当する場合は、1ポイント1円で使えます。

アメックスのアプリでのポイントフリーダムのレート(航空券の支払いは1ポイント1円)

アメックスのアプリでのポイントフリーダムのレート(メンバーシップ・リワードANAコース年会費)

旅行代金の支払い

旅行中の旅人

行きたかったあの国への旅行代金、少し贅沢な旅、そうした支出をポイントで賄うことが可能なのがポイントフリーダムです。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン、H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク、日本旅行の対象店舗では、各社国際線航空券、パッケージ・ツアー、宿泊料金の手配などにポイントを利用できます。

ブラックアウト期間(利用対象外の期間)はないので、年末年始などの旅行ピーク時の利用やカード払いとの併用による支払いも可能です。

店頭、電話、オンラインなど複数のチャネルで旅行代金の支払い時にポイントを利用できます。メンバーシップ・リワード・プラス未加入時の交換レートは下表のとおりです。

カードの利用場所換算レート
「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
での利用
1ポイント=0.4円
(最少使用可能ポイント:1,000ポイント/5ポイント単位)
「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」での利用1ポイント=0.4円
(最少使用可能ポイント:1,000ポイント/1円単位)
「日本旅行」の対象店舗での利用1ポイント=0.4円
(最少使用可能ポイント:2,000ポイント/1円単位)

メンバーシップ・リワード・プラス加入時は下表のとおりとなります。

カードの利用場所換算レート
「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
での利用
1ポイント=1.0円
(最少使用可能ポイント:1,000ポイント/5ポイント)
「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」での利用1ポイント=0.8円
(最少使用可能ポイント:1,000ポイント/1円単位)
「日本旅行」の対象店舗での利用1ポイント=0.8円
(最少使用可能ポイント:1,000ポイント/1円単位)

「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」はアメックスの会員が利用できるサイトであり、ホテル、レンタカー、航空券のオンライン予約が可能です。

ウェブサイト内で直接、ポイントを旅行代金の支払いに充当できます。

  • ポイントで購入できる商品
  • ホテル
  • レンタカー
  • 航空券

H.I.S アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクは、国内外の旅行に関して電話で多様な相談・手配が可能なデスクです。

可能な手配内容は、海外/国内パッケージ・ツアー、海外・国内 航空券、海外・国内 ホテル・旅館、海外レンタカー、海外・国内 鉄道、海外 現地オプショナルツアー・レストラン、海外・国内クルーズ、海外 空港送迎、国内バスツアー等です。

ポイントで購入できる商品は以下のとおりです。

  • 国内・海外のパッケージ・ツアーやクルーズの予約
  • 日本発着の国際線航空券、および国内線航空券の予約
  • 海外ホテルやレンタカーの予約
  • 国内ホテル・旅館、レンタカー、JRチケットの予約

日本旅行

全国の日本旅行対象店舗では、店頭または電話で、海外・国内の旅行を申し込むことが可能です。ポイントで購入できる商品は以下のとおりです。

  • 海外旅行
  • 航空券
  • 海外パッケージ・ツアー
  • 国内旅行
  • 国内宿泊
  • 国内パッケージ・ツアー

ヨドバシと高島屋での支払いに充当

ほしかった家電も、大切な方への贈り物も、ポイントで賄うことが可能です。お買物の際にポイントをその場で使える提携店の商品券に交換できます。

対象店舗はヨドバシカメラ(対象店一覧)、高島屋(対象店一覧)です。3,000ポイントを1,000円分の商品券に交換できます。

ヨドバシカメラ梅田ヨドバシカメラ

基本カード会員本人のみが交換できます。家族カード、追加カード会員は利用できません。

対象店舗のポイント交換場所へ行き、アメリカン・エキスプレスのカードを提示すればOKです。

高島屋日本橋店高島屋日本橋店の正面入口

オンラインショッピング

アメックスにはオンラインでの決済において、通常の取引情報に加えて、 カード発行会社にあらかじめ登録したパスワードを入力することで本人認証を行うサービスがあります。

American Express Safekey」という名前です。いわゆる「3Dセキュア」です。American Express Safekeyの加盟店でのお買い物では、貯まったポイントをお支払いに利用できます。

American Express SafeKey参加加盟店の代表例は、マルイのネット通販「マルイウェブチャネル」、BUYMA、ベルメゾンです。

マルイウェブチャネルで購入した洋服マルイウェブチャネルで買った半袖シャツ

American Express SafeKey」加盟店でのお買い物の際にポイントを利用する場合、メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合、1ポイント=0.3円でポイントをお買い物で使えます。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合は、1ポイント=0.5円で利用できます。いずれも最少使用可能ポイントは1,000ポイントです。

カード会員はポイントがある限り、決済金額の全額または一部にポイント利用(1円単位)が可能です。

ポイント・プログラム対象外のカード、家族カード、ポイントが貯まっていない場合などは利用できません。

オンラインショッピング決済時の本人認証(SafeKey)画面にポイント利用のオプションが表示されます。

ポイントフリーダムを使う場合は、ポイント利用を選択してポイント交換画面に進み、ポイントで充当したい金額を入力して、使用ポイント数を決定すればOKです。

ポイント交換後、すぐにオンラインサービスのポイント交換履歴画面で確認できます。

ポイント利用による充当金額は、通常48時間以内に、オンライン・サービスのカード利用代金明細画面に「SAFEKEY:ポイントフリーダム」としてマイナス表示されます。

加盟店での利用代金については、通常通り全額が表示されます。なお、締め日等の関係で、当該充当分と加盟店からの請求金額は、同月の明細書に反映されない場合があります。

ペイフレックス・リボルビング利用代金残高がある場合は、次回請求金額の減額に代えて、リボルビング残高へ充当される場合があります。

ポイント使用手続きの完了後に、商品・サービスの購入を取り消された場合、ポイント使用は取り消されず、その他カード利用代金のお支払いに充当されます。

ポイント使用の取り消しをご希望の場合は、お手数ですがカード裏面の電話番号に連絡する必要が生じます。

なお、カード決済の不承認により商品・サービスの購入が成立しなかった場合は、ポイント使用は自動的に取り消され、ポイントが返却されます。

実際に使ってみた感想

2017年9月1日~11月30日は、初めてポイントフリーダムを利用した方は400万ポイントが山分けでプレゼントされるキャンペーンが開催されました。

初めてポイントフリーダムを利用で400万ポイント山分けキャンペーンの表面初めてポイントフリーダムを利用で400万ポイント山分けキャンペーン

このキャンペーン期間中に初めてポイントフリーダムを使ってみました。

ヒルトン小田原での宿泊費用に充当したので1ポイント0.8円(3,000ポイント→2,400円相当)となりました。

ポイントフリーダムの最終申込画面

ポイントフリーダムの申込完了画面

実際に使ってみたところ、簡単で手間がかからないのが便利でした。会員サイトやアプリでサクッと手続きできます。

ポイントフリーダムでの充当金額は、次回のカード利用代金明細書上の請求金額よりマイナスされます。

利用明細では「ポイントフリーダムによる充当分」と表示されて、マイナスの金額となります。

ポイントフリーダムの利用明細への反映

スマホアプリでも確認できます。

スマホアプリでのアメックスの利用明細(ポイントフリーダム充当分)

ただし、申込み日が明細書締め日の直前の場合は間に合わない場合があります。

デメリット

考える外国人女性

ポイントフリーダムのデメリットは最大でも1ポイントの価値が1円にしかならないことです。

アメックスのメンバーシップ・リワードのポイントは、ANAマイルには1ポイント1円(メンバーシップ・リワード・プラスとは別に税込5,400円が必要)、それ以外のマイルには1ポイント0.8円で移行できます。

航空連盟航空会社名
スターアライアンスANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空
ワンワールドキャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチームデルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン
なしヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

ANAマイルは移行コストが他よりも5,400円(税込)高いです。これがデメリットです。

しかし、単純に一律1マイルの価値を2円と考えると、理論上は13,500ポイント超を一度に移行する場合は、ANAマイルへの移行の方がお得になります。

ANAマイルはポイント交換が1,000ポイント単位ですので、実務的には14,000ポイント以上をANAマイルに交換する場合です。

移行する
ポイント
海外航空マイルへの交換ANAマイルへの交換
コストマイルの価値実質価値コストマイルの価値実質価値
10,0003,24016,00012,7608,64020,00011,360
13,5003,24021,60018,3608,64027,00018,360
15,0003,24024,00020,7608,64030,00021,360
20,0003,24032,00028,7608,64040,00031,360
30,0003,24048,00044,7608,64060,00051,360
40,0003,24064,00060,7608,64080,00071,360
50,0003,24080,00076,7608,640100,00091,360
60,0003,24096,00092,7608,640120,000111,360
70,0003,240112,000108,7608,640140,000131,360
80,0003,240128,000124,7608,640160,000151,360
90,0003,240144,000140,7608,640180,000171,360
100,0003,240160,000156,7608,640200,000191,360

1マイルの価値を3円と考えると、9,000ポイント超を一度に移行する場合は、ANAマイルへの移行の方がお得になります。

ポイント海外航空マイルへの交換ANAマイルへの交換
コストマイルの価値実質価値コストマイルの価値実質価値
9,0003,24021,60018,3608,64027,00018,360
10,0003,24024,00020,7608,64030,00021,360
15,0003,24036,00032,7608,64045,00036,360
20,0003,24048,00044,7608,64060,00051,360
30,0003,24072,00068,7608,64090,00081,360
40,0003,24096,00092,7608,640120,000111,360
50,0003,240120,000116,7608,640150,000141,360
60,0003,240144,000140,7608,640180,000171,360
70,0003,240168,000164,7608,640210,000201,360
80,0003,240192,000188,7608,640240,000231,360
90,0003,240216,000212,7608,640270,000261,360
100,0003,240240,000236,7608,640300,000291,360

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国際線のビジネスクラスで利用すると1マイルの価値は2.5~5円程度、 ファーストクラスだと7~16円程度に跳ね上がります。

国際線のビジネスクラス・ファーストクラスでマイルを利用すると、驚異的な高還元に昇華します。

クラス1マイルの
価値(目安)
マイル
付与率
実質
還元率
マイル
付与率
実質
還元率
普通席/国内線1.5円1.0%1.5%0.8%1.2%
1.6円1.0%1.6%0.8%1.3%
1.7円1.0%1.7%0.8%1.4%
1.8円1.0%1.8%0.8%1.4%
1.9円1.0%1.9%0.8%1.5%
2円1.0%2.0%0.8%1.6%
国際線ビジネスクラス2.5円1.0%2.5%0.8%2.0%
3円1.0%3.0%0.8%2.4%
4円1.0%4.0%0.8%3.2%
5円1.0%5.0%0.8%4.0%
6円1.0%6.0%0.8%4.8%
国際線ファーストクラス7円1.0%7.0%0.8%5.6%
8円1.0%8.0%0.8%6.4%
9円1.0%9.0%0.8%7.2%
10円1.0%10.0%0.8%8.0%
11円1.0%11.0%0.8%8.8%
12円1.0%12.0%0.8%9.6%
13円1.0%13.0%0.8%10.4%
14円1.0%14.0%0.8%11.2%
15円1.0%15.0%0.8%12.0%
16円1.0%16.0%0.8%12.8%

マイルへの移行と比較すると、ポイントフリーダムがMAX1ポイント1円なのがデメリットです。

まとめ

アメックス・プラチナ

アメックスのポイントフリーダムは、カード利用後の代金、旅行代金の支払い、ヨドバシカメラ・高島屋での支払い、マルイウェブチャネル・BUYMA・ベルメゾン等のネット通販での支払いに利用できます。

現金同様に便利に使えるポイントです。マイルを使う機会がない場合は、アメックスのポイントをポイントフリーダムに活用することを検討しえます。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると交換レートがよくなります。

登録するとAmazon、Yahoo!ショッピング、iTunes Store、JAL、H.I.S.でポイント3倍となるボーナスポイント・プログラムも利用可能になります。

使いやすい店舗で3%のポイントを得られてパワフルです。

アメックスのメンバーシップ・リワード・プラスに2018年9月からボーナスポイントプログラムが導入されました。アメックスのメンバーシ...

アメックスのAmazingはポイントフリーダム以外にも、航空マイル、Amazing清水寺のイベント等への参加など、ユニークでスペシャルな使い道があります。

アメックスには「メンバーシップ・リワード」というポイント制度があります。航空マイル、アメックスの限定イベントへの参加が可能な...

2018年からはポイントで年会費の支払いも可能になり、より一層便利になりました。

アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費は高価ですけれども、多様な特典が付帯したメリットが多いクレジットカードです。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・カード(AMERICAN EXPRESS CARD)というクレジットカードがあります。アメックス・グリーンと呼ばれています...
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(AMEX GOLD)というクレジットカードがあります。アメックス・ゴールドと呼ばれています。...

海外旅行傷害保険、海外旅行のサポートも充実しています。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」というクレジットカードがあります。「アメックス・ゴールド」と呼ばれています。海...
アメリカン・エキスプレス・カードを保有していると、海外で24時間365日いつでも、フリー・ダイヤルもしくはコレクト・コールでの日本...

ショッピング保険、キャンセルや返品の補償など、付帯保険も卓越しています。

アメリカン・エキスプレス・カードには「ショッピング・プロテクション」が付帯します。いわゆるショッピング保険であり、国内外で購...

なお、アメックスのショッピング関連の保険は、QUICPay払い(Apple Payを含む)の場合でも補償対象です。

ゴールドカード以上のアメリカン・エキスプレス・カードには、「キャンセル・プロテクション」が付帯します。国内外の旅行、ホテル宿...
アメリカン・エキスプレス・カードには、一部の一般カードを除いて「リターン・プロテクション」が付帯します。他社クレジットカード...

レストランのコース料理が1名分無料になるサービスや、各種割引が受けられるアメリカンエキスプレス・コネクトをよく使う場合は、高い年会費以上にお得になります。

アメックス・ゴールドの特典の一つに「ゴールド・ダイニング by 招待日和」があります。レストランの所定のメニューコースを2名以上で...
アメックスの優待特典をまとめて確認できる「アメリカン・エキスプレス・コネクト」という優待サイトがあります。American Express In...

アメックス・ゴールドとグリーンの違いについては、以下で徹底的に比較しています。

個人向けのアメックスのプロパーカードのうち、自分で申し込める代表的なカードは、アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドです...

当サイト経由でアメックス・ゴールドかグリーンに入会すると、お得な入会キャンペーンが適用されます。なんと年会費を上回る価値があるポイントを得られます。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由なら年会費を上回る価値がある大量のポイントを獲得できるキャンペーンですので、アメックスをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

更に充実の特典をご希望の場合、アメックスプラチナが候補となります。詳細は以下をご参照ください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

法人カード個人事業主向けカードアメックス・ビジネス・プラチナでもポイントフリーダムを利用可能です。

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード」は、アメックスビジネスカードをまだお持ちの方でない場合、紹介でのご加入だとボーナスポイントを得られてお得です。

私もご紹介可能なので、ご希望の場合は「matsunosuke_thegoal☆yahoo.co.jp」(※☆→@)へメールでご連絡ください。24時間以内にご返信します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(アメックス・ビジネス・プラチナ)

アメックス・プラチナに準じた豊富なベネフィットが付帯しています。詳細については、以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(AMEX BUSINESS PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・ビ...

いきなり年会費13万円のビジネスプラチナカードに抵抗がある場合は、まずはアメックス・ビジネス・ゴールドに申し込んで、アメックスのサービスを試してみるのも方法の一つです。

初年度年会費無料+ポイントプレゼントのキャンペーンもあるので、コスト0円で1年間お得に使うことが可能となっています。

アメックス・ビジネス・ゴールドも帝国ホテル東京のビジネスラウンジ主要駅からホテルへの手荷物無料宅配など秀逸な特典が付帯しています。ユニークでエッジが効いている特典が満載であり、おすすめのビジネスカードの筆頭です。

ゴールドカード保有後にカードデスクに電話してプラチナカードに切り替えることも可能になっています。

現在、アメックス・ビジネス・ゴールドカードは、当サイト経由なら3万ポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンを行っています。3万ポイントをマイルに移行すれば、ハワイまで往復できます!

しかも初年度の年会費33,480円(税込)が無料になります。以下からのお申込みで限定キャンペーンが適用されます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 入会キャンペーン

その他、おすすめのアメックスについては、以下で徹底的に解説しています。

アメックスというクレジットカードがあります。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Expr...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-アメックス

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.