The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

プラチナカードのコンシェルジュはホテルが満室でも予約が取れることも!

投稿日: セゾンカード クレジットカード

電話対応するオペレーター

インバウンド観光の大波が日本列島の各地に依然として来ており、時期によってはホテルが取りづらい状態が続いています。

また、何らかのイベントがあると参加者・観客・マスメディア関係者などでホテルが蒸発してしまい、非常に困ることもあります。

この度、ホテルを取る必要があったところ、ほとんど満室で数少ない予約が取れるホテルは3万円近くに跳ね上がっていました。

しかし、プラチナカードのコンシェルジュに電話したら、空いていないはずのホテルに予約ができました。嬉しかったです。

プラチナカードのコンシェルジュのホテル予約についてまとめます。


プラチナカードには、コンシェルジュサービスが付帯しているカードが多いです。「コンシェルジェ」とも呼ばれますね。

プラチナメンバー専用デスクが用意されており、24時間365日年中無休で対応してくれるプラチナカードが多いです。

例えば、以下のような内容をサポートしてくれます。

  • 航空券・JR特急券などの手配
  • 国内・海外ホテルの手配
  • 国内レストラン・居酒屋等の案内・予約
  • スポーツ観戦・コンサート・オペラ・イベントなどの手配
  • ビジネス向けバンケット、会議室などの連絡先紹介
  • 国内・海外旅行プランに関するご相談
  • 海外出発前の渡航先情報の案内(レストラン、エンターテインメント、ショッピングなど)
  • 花・お酒などのギフト手配
  • タクシー・リムジン・ハイヤーなどの手配

忙しいビジネスマンにはありがたいプラチナカードならではのサービスですね。コンシェルジュを活用すると、有限で大事な時間を節約できます。

もちろん大多数のプラチナカードで、フリーダイヤルで携帯電話からも無料で電話できます。フリーダイヤルでも携帯電話からは対象外というケチなことはありません。

この度、コンシェルジュを活用して非常に助かった事例がありましたのでご紹介します。

ホテルに部屋がない時でも、プラチナカード会員用に枠を抑えていてコンシェルジュ経由なら予約可能な時があります。

私は2016年3月12日(土)に名古屋に用事があり、名古屋駅周辺のホテルを取る必要がありました。

ひつまぶし

2月13日に予約しようとしたところ、1ヶ月前なのに既にホテルが満室の嵐で、アパホテル<名古屋栄>(素泊まり28,100円)くらいしかない状況でした。

もしくはヒルトン名古屋が65,318円でした。プレミアム価格が付きすぎてあまりにも割高です(´;ω;`)

名古屋ウィメンズマラソンがあったことから、ホテルが全滅の様相を呈していました。カプセルホテルなどでネット上で予約ができる宿泊可能な施設も全滅でした。

また、インバウンド観光も好調のようです。知り合いに聞いたところでは、「昇龍道」というプロジェクトが中国で人気になっているようです。

実際に私が宿泊したホテルでは、中国語が飛び交っていましたので、インバウンド需要も依然として旺盛な状況でホテル不足気味となっていました。

ホテル壊滅で困り果ててコンシェルジュに電話したところ、2つの宿を提示してくれて、朝食付きで15,800円で予約を取ってくれました。

2つとも、インターネット上では、自社サイトでも、じゃらん・楽天トラベル・JTB等の旅行会社のサイトでも満室と表示されます。

トリップアドバイザー でも、トラベルコちゃんでも満室となります。しかし、プラチナカードのコンシェルジュでは予約ができました!

コンシェルジュはこのようなホテル蒸発時には非常に助かります。予約が完了すると、宿泊施設の概要、地図が記載された資料も郵送してくれるので便利です。

部屋は小奇麗で朝食には名古屋名物の手羽先も出て、フルーツにはメロンやライチもあり満足のクオリティでした。

プラチナカードのコンシェルジュでとったホテルプラチナカードのコンシェルジュでとったホテルの客室  プラチナカードのコンシェルジュでとったホテルの朝食プラチナカードのコンシェルジュでとったホテルのデザート

もしプラチナカードを持っていなかったら、アパホテルに28,100円という大金で泊まらざるをえない状況でした。

慚愧に堪えない高額を泣く泣く払うか、キャンセル待ちを毎日のように張り付いてチェックするか、漫画喫茶に泊まるしかない状況でした。

インバウンドやイベントなどが原因で、ホテルがインターネットの予約サイトでは全滅でも、セゾンプラチナのコンシェルジュに電話したら確保できることがあります。

名古屋城のしゃちほこ

プラチナカードのコンシェルジュは、旅行・出張の強い味方となります。特にインバウンド観光のビッグウェーブが落ちないうちはホテル宿泊で頼りになります。

私が持っているプラチナカードはセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスです。「ビジネスカード」ですけれども、サラリーマンでも発行できます。

本人カードの年会費は21,600円(税込)、追加カードの年会費は3,240円(税込)です。プラチナカードの中では年会費は安い部類に入ります。

年間の利用金額が200万円以上だと、次年度の年会費が半額の10,800円(税込)となります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

特に大きい代表的なメリットは以下7点です。

ゴールドカード並みの年会費で特典が充実したプラチナカードが保有できるのが大きなメリットです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、自分から申し込む事が可能です。インビテーションを待つ必要がありません。

本会員とほぼ同じサービスが受けられる追加カードを4枚まで発行できます。追加カードの年会費は1枚あたり3,240円(税込)です。ビジネス用としては便利です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット・審査基準まとめ
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。プラチナカードの中ではコストパフ...

その他のプラチナカードについては、以下で徹底解説しています。年会費5万円以上のプラチナカードになると、コンシェルジュのクオリティも一段と良好になります。

メリット絶大でお得!おすすめプラチナカードの比較まとめ
アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-セゾンカード, クレジットカード

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.