オリコカードは評判どおりなのか?4年使った口コミ!本当にお得か徹底解説

更新日: クレジットカード オリコカード

オリコカード

オリコカードを2015年6月に発行してから使い倒しています。オリコカードは良い評判・口コミと、興味が無いという評判・口コミに2分されています。

実際に4年間活用して、良い点と悪い点がはっきりと実績として出ました。

オリコカード保有者の私が、実際に使ってみて感じたメリット・デメリットについて述べます。

オリコカードを選択した経緯

オリコカードには多数のクレジットカードが存在しています。その中でオリコカード  ザ ポイントを選択しました。

年会費無料で基本還元率は1%、ネット通販では2%以上の還元率と質実剛健なクレジットカードです。

便利な後払い方式の電子マネーのiDとQUICPayをダブル搭載しているのもユニークです。

更に入会から半年間はポイント還元率が+1%(上限5,000ポイント)となり、一般加盟店では2%、ネット通販では3%以上の高還元となります。

実際にオリコカード ザ ポイントは評判・口コミが良好であり、長らくオリコカードの人気ランキングで首位を独走しています。2018年9月のランキングは以下の通りです。

やはり一度実際に作ってみて、データを蓄積してみないと良さがわからないと思い、抜群に人気が高いオリコカード ザ ポイントを発行して利用しました。

ポイント付与対象が月間合計額・税込で最大限に貯まりやすい

ショッピング中の女性

オリコカード ザ ポイントは、リアルの店舗など一般加盟店では100円(税込)につき1オリコポイント(1円相当)が貯まり、ポイント還元率は1.0%です

携帯電話、固定電話、電気、ガス、水道、NHK受信料、放送、新聞、プロバイダー、国民年金保険料、自動車税、固定資産税、ふるさと納税、BIG・totoなどの支払いでもポイントが得られます。

税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。税抜980円(税込1,078円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。

しかも、毎月1ヶ月分の利用額を合算した月間利用金額に対して、100円につき1オリコポイントがたまります。利用1回毎に1%で毎回端数が切り捨てられる訳ではありません。

かなり細かくポイントが貯まり、無駄にならずに効率的に貯められます。1回の利用ごとに端数が切り捨てられるクレジットカードも数多くあります。

例えばライバルのYahoo!JAPANカードは1利用ごとに100円未満の端数が切り捨てられてしまいます。

オリコカードザポイントとヤフーカード

オリコカードは極限まで無駄なく効率的にポイントが貯められます。年会費が22,000円(税抜)のダイナースクラブカードも改悪されて1回毎となった中でパワフルです。

例えば1ヶ月合計で53,830円(税込)使った月があると、538ポイントが付与されます。この例では切り捨てられるのは僅か30円です。

利用1回ごとにポイントが付与される仕組みのクレジットカードだと、毎回100円未満の端数に対してポイントが貯まりません。

1回ごとか月間合計額かというポイントが貯まる仕組みに関しては、高級カードのアメックスやダイナースを凌駕しており、最大限に無駄なく効率的にポイントを獲得することが可能で流麗です。

ダイナースプレミアムとアメックス・プラチナ

一般カードのオリコカードの利用可能枠は10万円~300万円で、上限額はゴールドカードの上限、プラチナカードの下限並みにパワフルです。私の利用限度額は150万円となっています。

オリコカードザポイントのショッピング利用可能枠増額のお知らせ

他に保有しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスANA VISA ワイドゴールドカードの上限はいずれも100万円にとどまっています。

オリコカードの利用限度額は、一般カードであるにもかかわらず、ゴールドカード/格安プラチナカードの1.5倍の高水準でパワフルです。

オリエントコーポレーションが発行しているオリコカードというクレジットカードがあります。多種多様なラインナップが揃っています。...

オリコモール経由でAmazon等のネット通販で還元率が2%以上に!

オリコカード ザ ポイントの大きなメリットは、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどのネットショッピングをした際はなんと還元率が2%以上に跳ね上がる点です。

オリコが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由して、Amazon等のネット通販サイトでお買い物すると、購入代金の0.5%分のポイントが特別に上乗せされます。

オリコモール

オリコモールとは、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ロハコなどの通販サイトが掲載されているポイントモールです。

オリコモールを経由して各サイトで買い物をすると、ショップごとに決められた還元率のポイントが付与されます。

三井住友カードのポイントUPモール、JCBのOki Dokiランド、REXカードのJACCSのジャックスモール、セゾンカードのセゾンポイントモールと同じ仕組みです。

オリコモールでは、例えばAmazon・Yahoo!ショッピング・ヤフオクなら購入金額の0.5%、LOHACOなら1%、楽天なら購入代金の0.5%から最大で15%のポイントを受け取ることが可能です。ショップによって料率が異なります。

オリコカード ザ ポイントは、このオリコモール経由でもらえるポイントとは別に、更に0.5%分のポイントが特別に加算されます。

二重に加算されて、通常のオリコカードよりも特別に0.5%優遇されます。

例えば、オリコカード ザ ポイントでオリコモール経由にてAmazonで買い物した場合、3つのポイントがもらえます。

  • オリコカード ザ ポイント利用による1.0%
  • オリコモール経由の0.5%
  • オリコカード ザ ポイントでオリコモールを経由した際の特別加算0.5%

1.0%+0.5%+0.5%で、合計の還元率は2.0%となります。Yahoo!ショッピングでのTポイント、楽天での楽天スーパーポイントなどのショップ独自のポイントはもちろん別にたまります。

オリコモールでポイントが特別に貯まるお店の中で利用者が多い代表的店舗と、貯まるポイント数は以下のとおりです。

ショップ名 カード
還元率
モール
ポイント
特別
ポイント
合計
還元率
Amazon 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
楽天市場 1.00% 0.50% - 1.50%
Yahoo!ショッピング 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
LOHACO 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
ヤフオク! 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
ベルメゾンネット 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
dショッピング 1.00% 2.00% 0.50% 3.50%
楽天トラベル 1.00% 0.50% - 1.50%
じゃらんnet 1.00% 0.50% 0.50% 2.00%
ビックカメラ.com 1.00% 1.00% 0.50% 2.50%
DHCオンラインショップ 1.00% 1.50% 0.50% 3.00%

これは驚異的にお得ですね。ネットショッピングはオリコモール経由にすると、大きなリターンが得られます。空前の低金利の時代には絶大なパワーがあります。

Amazonが発行している年会費実質無料(年1回の利用で無料)のAmazon Mastercardクラシックは、Amazonプライム非加入時はAmazonでの利用が還元率1.5%に過ぎません。オリコカード ザ ポイントの還元率は2%とパワフルです!

実際にAmzonで使った利用明細を見ると、しっかりと+1%分の加算ポイント(0.5%+0.5%)が付与されています。

オリコカードザポイントのAmazon.co.jpでのポイントアップ明細

他のポイントモールはAmazonが対象外のサイトが大多数なので、Amazonがお得になる点にエッジ・優位性があります。

私はオリコカード ザ ポイントを使ってザクザクとボーナスポイント(1%)を貯めています。

オリコカードザポイントのオリコモール利用でのポイント加算

驚異的にAmazonで特別ポイントが貯まるのでお得感があります。Amazonをよく利用する方にとっては、オリコカード ザ ポイントは家に寝かせておくだけでもお得なカードです。

オリコポイントの履歴

直近の1年間ではネット通販のボーナスのみで、なんと5,371ポイントも獲得できました。

オリコモールのボーナスポイントの恩恵に授かって、恐ろしい程にドンドンとオリコポイントを得られました。積もれば大きな効果があります。

なお、オリコカード ザ ポイントを保有して、オリコモールを経由すると決済はオリコカードでなくても1.0%のオリコポイントが得られます。

オリコモールを経由して、JCB CARD WAmazonカードで決済すると、JCB CARD Wは合計2.5%還元、Amazon Mastercardゴールドは3.5%還元になります。

JCB CARD WはOki Dokiランド経由でないと1.5%還元なので、そこに1%のオリコポイントが加わる形となります。

区分 JCB CARD W Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
各カードのポイント 1.5%のOki Dokiポイント 1.5%のAmazonポイント
(プライム会員なら2%)
2.5%のAmazonポイント
オリコカード ザポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント 1.0%のオリコポイント
合計還元率 2.5% 2.5%(プライム会員なら3%) 3.5%

クレジットカードが増えても良い場合は、以下の二刀流だとAmazonでのお買い物が最高にお得になります。

入会後6ヶ月間は還元率2.0%!ネット通販なら更にUP

オリコカード ザ ポイントは、入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2.0%になります!

日本では最高峰の高還元に昇華してファンタスティックです。私もカードが届いてから半年間はビシバシ使いました!

オリコカードザポイントの冊子

年会費無料で2.0%クレジットカードは希少です。なお、Ponta Premiun Plusは年5万円以上利用した場合、特定月は2%還元となります。

オリコカード ザ ポイントは、入会後6ヶ月間は日本屈指の高還元クレジットカードとなります。

6カ月間特別加算(1%)の上限は5,000オリコポイント(50万円利用分迄)です。これを超えたら入会後半年以内でも、還元率は1%のみになるので注意しましょう。

アーロンチェア・家具・家電のような高額なものを買ったり、海外旅行・インプラント・各種自由診療・引越し・結婚・出産など、半年以内に大きな支払いが予定されている場合は、大きなメリットがあります。

オリコカード ザ ポイントの場合、クレジットカード決済ができる自治体にふるさと納税をする場合も2%お得になります。

この2%の特典は、オリコモールでの特別ポイント加算と併用できます。オリコカード ザ ポイントへの入会後、半年間は例えばAmazonでのお買い物は3%に跳ね上がります!

オリコモール 還元率
Amazon 3.00%
楽天市場 2.50%
Yahoo!ショッピング 3.00%
ロハコ 3.50%
ヤフオク! 3.00%
ベルメゾンネット 3.00%
楽天ブックス 3.00%
楽天トラベル 3.00%
じゃらんnet 3.00%
セブンネットショッピング 4.00%
ニッセンオンライン 3.50%
ビックカメラ.com 3.50%

入会後6ヶ月というのは、会員登録が完了した月の翌月からとなります。できる限り上旬にカードが発行されるほど、2%の期間は長くなります。

入会キャンペーンの上限は50万円利用分までなので、ギリギリ届くかどうかという場合は、最短で8営業日発行というスケジュールを考慮して申し込むとよりお得になります。

空前の低金利の時代には、2%は驚異的な高還元。類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、深くたくましい重厚な特典です。

公式サイトオリコカードザポイント 公式キャンペーン

オリコポイントのお得な使い方

オリコカード ザ ポイントで貯めたオリコポイントは、会員サイト「オリコポイントゲートウェイ」で多様な商品・ポイント・マイルに交換でき、現金同様の利便性があります。

便利な交換先

ギフト券・ギフトコード、他のポイント、マイル、商品券などへの交換が便利です。ポイント交換先の代表例は以下の通りです。

区分 交換商品 オリコポイント 交換先 価値
クーポン Amazonギフト券 500pt 500円分 1pt→1円
iTunesギフトコード 500pt 500円分 1pt→1円
Google Play ギフトコード 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
nanacoギフト 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
EdyギフトID 1,000pt 1,000円分 1pt→1円
ファミリーマートお買い物券 500pt 500円分 1pt→1円
すかいらーくご優待券 5,000pt 5,000円分 1pt→1円
ポイント移行 オリコプリペイドカード
チャージ
500pt 500円分 1pt→1円
Tポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
Pontaポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
楽天スーパーポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
dポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
WAONポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
au WALLET ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
ベルメゾン・ポイント 1,000pt 1,000pt 1pt→1円
マイル ANAマイル 1,000pt 600マイル 1pt→1円
JALマイル 1,000pt 500マイル 1pt→1円
商品 UC ギフトカード 5,500pt 5,000円分 1pt 0.9円

ANAマイル、JALマイルに移行手数料・参加登録費なしで移行できます。ANAマイルの方が交換レートは高めです。

Tポイントにはリアルタイムで交換できます。即座に残高に反映されて、本当に早くて快適です。実際に交換したところ、即時反映でした。

オリコポイントからTポイントへの移行

等価でTポイントに移行可能なので、オリコポイントが貯まるカードは、Tポイントがお得に貯まるクレジットカードの筆頭です。

Amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINEギフトコードは、交換を申し込むとオリコからメールですぐに送られてきます。

即時交換が可能なのは便利ですね。使いたい時にすぐに使えます!

楽天スーパーポイントは電子マネーのEdyとも交換可能です。2%~5%UP(1対1.02~1.05)のレートで交換できるキャンペーンを定期的に開催しています。

2018年9月27日支払い分からは、楽天カードの利用代金をポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始しました。

楽天カードの利用代金を楽天スーパーポイントで支払える「楽天カード ポイントで支払いサービス」が開始します。2018年9月12日から実...

ポイントでデビット支払い」というサービスもあり、楽天銀行デビットカードの支払いに充当することも可能です。

1ヶ月あたりダイヤモンド会員は50万円、それ以外は10万円迄という上限がありますけれども、楽天カードが実質的に現金還元のクレジットカードと評価できるようになりました。

なお、ポイントを利用代金に充当する手間も面倒な場合は、請求額から自動的に割り引かれる自動キャッシュバックのクレジットカードがおすすめです。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

ユニークなところでは2017年8月26日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるようになりました。

楽天証券で2017年8月26日から、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになります。お買い物やクレジットカード、ポイントカ...

また、楽天証券に口座がなくても投資が可能な「ポイント運用 by 楽天PointClub」もあります。

楽天スーパーポイントを利用して投資ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が2018年10月3日(水)12時に開始しました。サービス利...

2018年10月27日から楽天カードのクレジット決済で投信積立が可能になり、1%の楽天スーパーポイントを貯めることも可能になりました。

楽天カードのクレジット払いでポイント還元を受けながら、楽天証券で投資信託の積立ができるサービスが開始しました。還元率は通常の...

楽天ポイントが貯まるオリコカード ザ ポイントは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。

投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

マイルへの交換

ANAマイル・JALマイルのいずれも、参加登録費や移行手数料は無料です。マイル移行にコストは一切かかりません。

ANAマイルには1対0.6のレートで交換できます。一般カードでANAマイルを貯める場合は、ANA VISAカードANA Mastercardが、ソラチカカードとの併用で高還元になります。

ANA To Me CARD PASMO JCBというクレジットカードがあります。愛称は「ソラチカカード」です。ANAカードには幾多のカードがありますけ...

年会費を抑えたい場合は、ソラチカカード&リーダーズカード(マイル還元率1.018%)、ANA東急カードDCカード Jizile(ANAマイル1.125%還元)が候補となります。

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカードANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

dポイントに交換してLoppiお試し引換券で使うと1ポイント1円超!

dカードGOLDと3枚のdポイントカード

オリコポイントはdポイントにも1,000ポイント単位で等価交換できます。

dポイントは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、お茶、お酒、コーヒー、お惣菜、ヨーグルト、お菓子、カップ麺などの多様な商品と交換できます。

この交換レートが激烈にお得となっており、dポイント1ポイントで1.5~3円相当の商品と交換できます。

特に酒類が充実しているので、お酒を飲む方にとってdポイントは驚異的にお得なポイントです。

Loppiお試し引換券に交換できるのはPontaポイントというイメージが強いですが、dポイントでもPontaポイントと同じポイント数で利用できます。

いちいちPontaポイントに交換しなくても、dポイントを使ってLoppiお試し引換券を利用可能です。便利です^^

Loppi

カードを読み込むと画面中央に表示される「クーポンを発券する」の「一覧から発券する」から、Loppiお試し引換券を発行できます。

Pontaポイントと同様にLoppiお試し引換券を使えるのはナイスです。非常にお得なレートでローソンの商品と交換できます。

Loppiにdポイントカードを通すと、会員画面が出ます。画面中央に「クーポンを発券する」という欄があるので、そこの「一覧から発券する」をタッチするとジャンルから選べます。

Loppiのdポイントカード会員画面Loppiお試し引換券の商品交換画面お試し引換券で交換した商品Loppiお試し引換券で交換したビール・ハイボールLoppiお試し引換券で交換した商品

面倒に感じる方も多いと思いますが、ローソンの端末をピコピコとタッチすればOKです。簡単で時間は1~2分しかかかりません!

一度やってみたら次からはお気軽にサクッと交換できます。Loppiお試し引換券については以下で徹底解説しています。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度...

ドコモユーザーの場合は、dポイントPonta(ポンタ)と相互交換・利用ができます。

dポイントからPontaポイントに交換する場合は、5,000 dポイント→5,000 Pontaポイントとなります。交換手数料として250 dポイントが必要となります。

つまり、5,250 dポイント→5,000 Pontaポイント、または10,250 dポイント→10,000 Pontaポイントとなります。

Pontaと交換すると、ローソン、高島屋、ケンタッキー、GEO、昭和シェル石油などのPonta加盟店でもポイントが使えるようになります。

Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天スーパーポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。P...

オリコプリペイドカードへのチャージ

「オリコプリペイドカード」というVisa/Mastercardブランドのプリペイドカードに、オリコポイントをチャージすることもできます。

国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同様に利用できるプリペイドカードです。

500オリコポイントから1ポイント単位で交換可能です。1オリコポイント=1円のレートでチャージできます。一度の交換の上限は49,000ポイントです。

オリコカード利用で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして利用すると、更に利用金額の0.25%が得られます。

オリコカードザポイントとオリコプリペイドカード

例えば通常の1%の還元率で得たオリコポイントをオリコプリペイドカードにチャージして使うと、更に利用金額の0.25%のキャッシュバックがあります。

合計還元率は1.0025%(1%+1%の0.25%)になります。

オリコは「オリコプリペイドカード」(Orico Prepaid Card)を発行しています。国内外のVisaかMastercard加盟店でクレジットカード同...

オリコカードのポイントは会員サイトでサクッと簡単に交換できます。他のポイントに交換する際には、安全のためにSMSでの認証があります。セキュリティがしっかりとしていて安心できます。

オリコカードのポイント交換の際のSMS認証

その他、オリコポイントの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

オリコカードにはオリコポイントと暮らスマイルというポイント制度があります。ポイントが2つに分かれていて、やや把握に時間がかかり...

電子マネー

オリコカード ザ ポイントは電子マネーでもお得なカードです。オリコカード ザ ポイントにはポストペイ型の電子マネーiDQUICPayが搭載されています。

カードと一体型なので便利です。後払い方式で事前のチャージが不要である点が、使いやすくてメリットです。

オリコカードザポイントの裏面

iDとQUICPayは同じポストペイで使い方は似ています。使える店舗や細かい点で相違点があります。違いの比較については、以下で徹底解説しています。

後払い方式(ポストペイ型)の電子マネーには、「iD」と「QUICPay」(クイックペイ)があります。どちらを使うのか迷う場合もありますよ...

クレジットカードは使えないけどiDは使える店舗では、オリコカード ザ ポイントをかざしてiDを使えば、オリコポイントが貯められます。

オリコカード ザ ポイントがあればiDが使えるのは、iPhoneを使っている方には便利です。

iD

また、少額の決済でクレジットカードを使うのが微妙な場合や、サインか暗証番号の入力が必要な店舗でそれが面倒な場合にも便利です。

後払い型の電子マネーの良い点は、事前にチャージしておく必要がないので、残高を気にする必要がないのがメリットです。クレジットカードと同じ感覚で使えます。

ドラッグストアでのiD決済

iDは利用可能店舗は多いものの、おサイフケータイで使うには、ドコモとネット通信の契約をしてFeliCa対応のAndroidやガラケーを持つか、クレジットカードのdカードを保有する必要がありました。

2016年4月12日以降は、アプリをバージョン13.00にアップデートすると、おサイフケータイ機能があるSIMフリーのスマホでも利用可能になりました。

ドコモとの契約やSIMフリーのおサイフケータイがなくても、iDが使えるのはメリットとなります。

iDはコンビニ・スーパー・ディスカウントショップ・レストラン・ドラッグストアで使えるので現金同様で便利です。主な店舗は下表の通りです。

ジャンル 店名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマート
スーパー等 イトーヨーカドー、イオングループ、ダイソー、ドン・キホーテ、ジャパン、サミット、平和堂、ユニー、オークワ、イズミ
ドラックストア ツルハドラッグ、スギ薬局、セイジョー、薬王堂、ドラッグセガミ、クスリのアオキ、くすりの福太郎、富士薬品(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)
カフェ タリーズコーヒー、プロント、コメダ珈琲店
食事 マクドナルド、吉野家、モスバーガー、ロッテリア、ガスト・バーミヤン・ジョナサン、すき家、CoCo壱番屋、海鮮三崎港、すし三崎丸とんかつ浜勝、ステーキのどん、北海道、チムニー、和民、白木屋、月の雫、東方見聞録、花の舞、笑笑、魚民、旨い屋、かっぱ寿司
本・CD/DVD 紀伊國屋書店、丸善、ブックオフ(一部)、タワーレコード、八重洲ブックセンター(一部)、ブックファースト(西日本)
家電 ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ドコモショップ
カーライフ ENEOS(セルフSS)、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)、オリックスレンタカー
タクシー 東京無線タクシー、阪急タクシー、阪神タクシー、キャビック、さくらタクシー、チェッカーキャブ
カラオケ 歌広場、カラオケの鉄人、シダックス、BIG ECHO
ファッション メガネスーパー、洋服の青山、紳士服のフタタ、Paris Miki、Levis、CASUAL HOUSE 306、プレミアムアウトレット
トラベル INTERCONTINENTAL TOKYO BAY、knt!近畿日本ツーリスト、スパリゾートハワイアンズ、通天閣、東映太秦映画村、東京サマーランド、箱根小涌園ユネッサン、富士急ハイランド、ROUTE INN、としまえん、豊島園 庭の湯
その他 やまや、RIZAP、ルネサンス、Paris Miki、45デジタルコンビニ、快活CLUB、美容室アッシュ、雑貨屋ブルドッグ、ユーホーム

この他にも数多くの店舗で利用可能です(※使えるお店の一覧)。

QUICPayもiDとは異なる店舗で使えるので、どちらも利用できるのはメリットになります。QUICPayの方の使えるお店は下表のとおりです。

ジャンル 店名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、ローソンストア100、ローソンマート
スーパー イトーヨーカドー、イオングループ、ジャパン、オーケー、アピタ、ピアゴ、阪急オアシス、アークス、平和堂
百貨店等 ドン・キホーテ、阪急メンズ大阪/東京、近鉄百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、JRセントラルタワーズ/JRゲートタワー/ゲートウォーク、なんばCITY、なんばパークス、ル・トロワ、阪急西宮ガーデンズ
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)
ドラックストア ツルハドラッグ、スギ薬局、ココカラファイン、富士薬品グループ(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)、くすりの福太郎、ドラッグユタカ
カフェ タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、コメダ珈琲店、甘味喫茶おかげ庵
食事 マクドナルド、ロッテリア、吉野家、すき家、壱番屋、すかいらーくグループ、ロイヤルホスト、かっぱ寿司、はま寿司、リンガーハット、牛角、サガミチェーン、鳥どり、海鮮三崎港、味の民芸、バーガーキング
本・CD/DVD TSUTAYA、蔦屋書店、HMV、古本市場、明林堂書店、八重洲ブックセンター
家電 ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオン、ヨドバシカメラ、PC DEPOT
タクシー 東京無線タクシー、チェカーキャブ、さくらタクシー、日本交通、国際自動車、朝日交通、昭和グループ、明和グループ、名古屋近鉄タクシー、宝交通、東和交通、日の丸自動車
ホテル アパホテル
空港 ANA FESTA、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、大分空港
レジャー MOVIX、ジャンカラ、スーパージャンカラ、USJ、富士急ハイランド、スパリゾートハワイアンズ、京セラドーム大阪、快活CLUB、福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、アドベンチャーワールド、コロナワールド、東京タワー、阪神甲子園球場、キッザニア東京・甲子園
ファッション ユニクロ、ライトオン、マックハウス、マックハウスプラザ、OUTLET-J、コナカ、メガネスーパー
その他 auショップ、モッズ・ヘア、カクヤス

また、モバイルSuicaSMART ICOCAへのチャージでもポイントが付きます。Apple PayのSuicaGoogle PayのSuicaも同様です。

ただし、モバイルSuicaでは年会費が発生するので、Suicaへのチャージは年会費がかからないビューカードがおすすめです。主要なビューカードは下表のとおりです。

カード名 年会費(税抜) 一般加盟店 Suicaチャージ 備考
ビックカメラSuicaカード 477円(年1度の利用で無料) 1.0% 1.5% ビックカメラでSuica払いならポイント二重取り
「ビュー・スイカ」カード 477円 0.5% 1.5% 定期券一体型。家族カードあり
JRE CARD 477円 0.5% 1.5% アトレ等のJRE CARD優待店で約3.5%還元
ルミネカード 953円 0.5% 1.5% ルミネで5-10%OFF
ビューゴールドプラスカード 10,000円 0.5% 1.5% 年1回のプレゼント・東京駅ラウンジ等の特典
大人の休日倶楽部ミドルカード 2,386円 0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線5%OFF等
大人の休日倶楽部
ジパングカード
3,968円
(夫婦会員6,780円)
0.5% 1.5% 大人の休日倶楽部パス、JR東日本線・JR北海道線30%OFF等
JALカードSuica 2,000円 0.5-2% 0.5-1% JRE POINTをJALマイルに移行可
JALカード特約店では2倍
JALカードSuica
CLUB-Aカード
10,000円 0.5-2% 0.5-1% JAL CLUB-Aカード特典
JALカードSuica
CLUB-A ゴールドカード
19,000円 0.5-2% 0.5-1% ビューゴールドプラスカード特典
JAL CLUB-Aカード特典

年会費無料が魅力なのはビックカメラSuicaカード、定期券とクレカ一体型がよければ「ビュー・スイカ」カードです。

菊地崇仁さんとまつのすけ

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんは、ビックカメラSuicaカードがSuicaチャージにおすすめとおっしゃっていました。

菊地崇仁さん
仕事をやめて保有カードを処分したとしても、ビックカメラSuicaカードは残ります。

クレジットカードのレジェンドがプライベートでも保有するのがビックカメラSuicaカードです!

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

ルミネカードは年会費が上がりますが、ルミネで5~10%割引という特典があります。アトレ・シャポー・グランデュオ・エスパル・フェザン等のJRE CARD優待店をよく利用する方は、JRE CARDがお得です。

特に拘りがなければ年1回の利用で年会費無料のビックカメラSuicaカードがおすすめです。私も保有しています。その他ビューカード一覧については以下で徹底解説しています。

ビューカード(VIEW CARD)というクレジットカードがあります。JR東日本グループが発行するクレジットカードです。一般カード、提携カ...

WAONPASMOへのチャージはできません。楽天Edyにはチャージはできますが、ポイントが付きません。楽天Edyへのチャージはリクルートカード(VISA)か楽天カードがおすすめです。

楽天Edyとは、プリペイドの電子マネーですね。「シャリーン」という電子マネーらしい決済音が鳴ります。店頭だけではなく、一部の自販...
楽天Edyというプリペイド型の電子マネーがあります。利用可能店舗が日本最大級を誇っています。日常的なコンビニ等での支払いでEdyを...

nanacoには2015年12月17日(木)からチャージできるようになりましたが、ポイント付与の対象外です。

nanacoへのチャージは、リクルートカードYahoo!JAPANカード楽天カードが高還元です。

nanaco(ナナコ)という電子マネーがありますね。セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどのセブン&アイグループの店舗で...

その他、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード、チャージの利用限度額、金券類の利用限度額を高くできるカードについては以下で徹底解説しています。

nanaco(ナナコ)というセブン&アイグループの電子マネーがあります。セブン-イレブン店頭で、国民年金保険料・健康保険料、固定...

Apple Payに対応!お買い物・Suicaチャージが可能

オリコカードとApple Pay

オリコカードをApple Payを利用できるのも大きなメリットです。QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

オリコカード ザ ポイントはMastercard、JCBブランドなので、店舗でのお買い物だけではなく、Walletアプリ内でのSuicaへのチャージ、オンライン・アプリ決済も可能です。

もちろん、JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにカードを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行うことも可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

QUICPayの利用分はもちろん、Suicaチャージ・Suicaグリーン券などSuica利用分もポイント付与の対象です。通常のQUICPayと同じ取扱いとなります。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、Mastercard、アメックスが便利に使えます...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健な仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchは、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)を利用可能です。しか...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下で分析しています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

au WALLET プリペイドカードへのチャージでポイントが付与

オリコカードザポイントとau WALLET

Mastercardブランドのオリコカード ザ ポイントは、au WALLETプリペイドカードへのチャージで1%のポイントが付きます。

チャージ時に1.0%のオリコポイント、au WALLETでの支払い時に0.5%のWALLETポイントが貯まり、還元率は合計で1.5%になります!

オリコカード ザ ポイントとau WALLETプリペイドカードを以下のように使い分けると便利です。

オリコカード ザ ポイントでクレカ決済

au WALLETプリペイドカードが使えない公共料金やクリックポスト、本人認証が必要なネット通販サイト、ガソリンスタンドなどでは、オリコカード ザ ポイントでクレカ決済します。

また、オリコモールにあるネット通販サイトで買い物する場合は、ボーナスポイントが得られるので、オリコモールを経由してオリコカード ザ ポイントを利用します。

au WALLET プリペイドカードで決済

上記以外のお店で買い物する場合は、オリコカード ザ ポイントでチャージしたau WALLETで決済するようにします。

こうすると、チャージ分の1%のオリコポイントとau WALLET利用時の0.5%のWALLETポイントで合計1.5%が貯まり、オリコカード ザ ポイント単体で使うよりもお得になります。

au WALLETにはポイントアップ店があり、例えばセブン-イレブン・イトーヨーカドー・マツモトキヨシなら+0.5%となります。こうした特約店では合計還元率は2%以上にアップします。

オリコポイントをWALLETポイントにも交換可能

au WALLETプリペイドカード

1,000オリコポイントは1,000WALLETポイントとして交換可能できるので、auユーザーであればより一層便利に使うことができます。

Mastercard加盟店での利用分に対しても0.5%以上のWALLETポイントを獲得できます。WALLETポイント特約店なら1%以上得することができます。

オリコカード ザ ポイントで貯めたオリコポイントをWALLETポイントに交換して、au WALLETチャージして、リアルのマスターカード加盟店で使うこともできます。

みずほ銀行のATM手数料無料化にも役立つ

みずほ銀行のATM

みずほ銀行には「みずほマイレージクラブ」という会員プログラムがあります。無料で利用でき、入会して一定の条件をクリアすると、手数料の割引が受けられます。

みずほ銀行のATMに関しては、無料で使い放題となります。無制限は気持ちがいいですね。

また、コンビニATM(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM)のATM時間外手数料やATM利用手数料(税抜100円/200円)が月4回まで無料となります。

更に、みずほ銀行の本支店あて振込手数料、カード発行手数料(新規・切替・再発行)も無料になります。

みずほ銀行のキャッシュカード

引落口座をみずほ銀行に設定して、3千円以上オリコカードを利用すれば、この条件の一つをクリアできます。

三大メガバンクの一角にみずほ銀行がありますね。みずほ銀行のキャッシュカードでの入出金では、時間外のATM手数料、提携金融機関のAT...

デメリット

オリコカード ザ ポイントは年会費無料でポイント高還元とメリットが大きいカードですが、デメリットもごく僅かながらあります。

現金還元の選択肢がない

オリコポイントはオリコプリペイドカードにチャージしてMastercard加盟店で利用できるので、現金同様の利便性があります。

ただし、キャッシュバックや請求金額への充当はできないのがデメリットです。

ポイントやマイルを貯められるクレジットカードは、日常のお買い物や課金で得することができます。しかし、ポイント等を貯めて交換が...

ポイント交換が必要

オリコカード ザ ポイントは貯めたポイントを直接は使えず、他のポイントや商品に交換する必要があります。

「ポイント交換の手間はかけたくない」という場合は、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

自動的に1%OFFになるBooking.comカードP-oneカード(standard)等がおすすめです。

もしくは、直接、リアルの店舗やネットショッピングにて1ポイント1円で使えるポイントが貯まるクレジットカードがいいでしょう。

ポイントの有効期限

オリコポイントの有効期限は1年間となっています。最近はポイントの有効期限は2年間というクレジットカードも多い中で1年なのはデメリットです。

しかし、オリコポイントは500ポイントから交換できるので、このデメリットは大きな話ではありません。

500ポイントは一般加盟店でも年間50,000円(1ヶ月あたり約4,200円)、Amazon等のオリコモール対象のネット通販なら最低で年25,000円(1ヶ月あたり約2,100円)以上の利用で貯められます。

ネットショッピングのときにオリコモールを経由していればボーナスポイントがザクザクと貯まるので、すぐに500ポイントは貯まります。

オリコモールでのAmazonの1%の上乗せだけで、余裕でポイント交換に必要な500ポイント以上を獲得しています。

オリコポイント照会

オリコポイント照会画面

一般加盟店でも、ケータイ・インターネット料金、電気・ガス・水道などの公共料金、ネット通販をオリコカード ザ ポイントで支払っていれば、月4,200円はすぐに届きます。

よりポイントの有効期限が長く、年会費無料で基本還元率1%のクレジットカードとしては、JCB CARD Wがあります。39歳以下の方が発行できるカードです。

年会費が無条件で無料でポイント還元率も高く、お得なクレジットカードの代表例が、JCB CARD W、Orico Card THE POINT(オリコカードザ...

旅行傷害保険がない

高知龍馬空港の青空と夕焼け

国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険がないこともオリコカード ザ ポイントのデメリットです。

しかし、使う機会があるようでない保険が色々と付いているよりも、保険なしでその分、年会費無料で高還元の方がよいとも言えます。

旅行保険はありませんが、紛失・盗難・インターネットでの不正利用の際には補償されます。この補償があれば個人的には問題ないと考えます。

年会費無料の旅行傷害保険が自動付帯するカードは他にあります。そういうカードをサブカードで持てば問題ありません。

おすすめはエポスカード横浜インビテーションカードJCB EITです。無料で最高2000万円の海外旅行保険が付きます。異なるカード会社が発行しているカードは、死亡・高度障害以外の補償は上乗せされます。

まとめ

オリコカード ザ ポイントは年会費無料の高還元カードがほしい方や、ネットショッピングでお得になるクレジットカードがほしい方にピッタリのクレジットカードです。

年会費完全無料で、ネット通販の主要サイトでは還元率2%以上となります。

ポイント還元率が高くてコストパフォーマンスに秀でており、1番人気のオリコカードです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「ネット通販でお得なカード」としてオリコカード ザ ポイントを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

入会から半年間はなんとポイント還元率が+1%となり、一般加盟店で2%、オリコモール経由でのネット通販では3%以上となります!

半年以内に大きな出費がある方、カード一体型のiD・QUICPayでお得に買い物したり食事したい方、キャンペーンでオリコポイントをゲットしたい方にも向いています。

オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)です。年会費無料、...

オリコカードの種類一覧の中で最強のオリコカードはやはりプラチナカードですが、年会費無料カードでも秀逸なコストパフォーマンスを発揮しています。

お得な入会キャンペーンも魅力的なハイ・クオリティー・カードです。

オリエントコーポレーションの人気No.1クレジットカードは、「オリコカードザポイント」です。アルファベット名は「Orico Card THE PO...

オリコカード ザ ポイントは虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、活用すると家計が頑健化して、生活を豊かに彩ることが可能になります。

お得な生活を送れて、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

以下の公式キャンペーンページからのご加入で、入会キャンペーンが適用されます。カード発行手数料・初年度の年会費は永年無料です。

オリコカード ザ ポイント 公式キャンペーン

-クレジットカード, オリコカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.