上場!オンデック(7360)のIPOの初値予想

更新日: IPO

オンデック

オンデック(7360)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2020年12月11日(金)~12月17日(木)、上場日は2020年12月29日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズで、想定価格は1,270円(1単元12.7万円)です。公募価格は2020年12月18日(金)に決定。

仮条件は1,400円~1,550円と窓を開けて上振れました。予想PERは43.1~47.7倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。以下のレンジを想定しています。

3,000〜4,500円(仮条件の上限比+93.5%~+190.3%)

「オンデック」は、M&Aアドバイザリー事業を展開しています。

監査法人は有限責任 あずさ監査法人で、本社所在地は大阪市中央区久太郎町1-9-28 松浦堺筋本町ビル2Fです。

オンデックとは

オンデックが営むM&Aアドバイザリー事業は、企業が買収や合併を行う際に譲渡希望者と買収希望者の仲介、またはいずれか一方のフィナンシャルアドバイザーとして助言(FA形式)を行うものであり、国内中小企業が当事者となる市場を主たる事業領域としています。

オンデックは「企業の成長と変革の触媒となり、道徳ある経済的価値を創出する。」ことを企業理念と考えています。

M&Aは単なるマッチングではなく、その本質的な意義は2社以上の会社が1つのグループを形成し、企業の成長を実現させていくための手段であり、これを実現させるためにオンデックが提供するアドバイザリー業務はM&Aというプロジェクトの最適な推進を実現する「プロジェクト・マネジメント業務」と認識しています。

M&Aの対象となる事業をそのビジネスモデルから深く理解し、自らが当事者の視点をもって業務にあたっています。

そして、M&Aの成約そのものは当然のこと、M&A後の事業の成功を見据えた利害関係者の調整や、各種論点の整理、課題への対応案の検討等を適切に行い、M&Aのプロフェッショナルとして、提供するサポート品質を高く維持・向上させること、即ち高品質なアドバイザリーサービスの提供を徹底しています。

オンデックのM&Aアドバイザリー事業は仲介形式とFA形式のいずれかで行われますが、売上の大部分を占めるのは仲介形式です。

なお、FA形式の場合は、譲渡企業または買収企業の一方に対して、検討サイド(SELL SIDE又はBUY SIDE)に該当する工程を中心としたサービスの提供を行っています。

従業員数は37名、平均年齢は35.84歳、平均勤続年数は2.34年、平均年間給与は762.3万円です。

オンデックのIPOの諸データ

オンデックの業績推移

業績面では売上高は減収、経常利益・純利益は減益の年度が目立っており、収益化は道半ばです。

主要な経営指標等の推移は下表のとおりです。

回次第8期第9期第10期第11期第12期
決算年月2015年11月2016年11月2017年11月2018年11月2019年11月
売上高(千円)161,572291,846425,909341,700647,580
経常利益(千円)53,826130,464199,84633,874122,001
当期純利益(千円)39,25685,558137,08122,52678,087
資本金(千円)8,0008,0008,000100,000100,000
発行済株式総数(株)800800800827827
純資産額(千円)39,081124,640261,722384,249462,336
総資産額(千円)105,190228,205379,240478,846630,637
BPS(円)48,852155,800327,153154.88186.35
1株配当(円)
EPS(円)49,071106,948171,3529.2331.47
自己資本比率(%)37.254.66980.273.3
自己資本利益率(%)199.5104.571718.4
配当性向(%)
営業CF(千円)△68,725238,033
投資CF(千円)62,768△12,694
財務CF(千円)98,852△20,242
現金等(千円)380,972586,068
従業員数(人)47121828

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は美しい右肩上がりとなっていましたが、足元ではスピード調整の局面となっています。

反発して堅調な推移が続くとIPOにおいて追い風となり、軟調な相場が続けば向かい風となります。

東証マザーズのチャート(過去3ヶ月)

上場規模

オンデックのIPOの規模は最大で約8.0億円であり、東証マザーズとしては小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は300,000株、売出株式数は250,000株、オーバーアロットメント(OA)は82,500株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約23%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は46%です。

株主名保有割合ロックアップ
久保良介35.03%
舩戸雅夫35.03%
Angel Bridge Deal-by-Deal Fund 9号株式会社14.19%
(株)ペイフォワード5.81%
(株)タケオホールディングス3.14%
オンデック従業員持株会2.50%
山中大輔2.31%
中井裕介0.77%
中垣洋祐0.77%
大西宏樹0.43%

※制度ロックアップによる継続保有を含む

初値予想

オンデックの事業はM&Aアドバイザリー事業であり、IPOにおける業種の人気度は高くありません。

予想PERは43.1~47.7倍であり、類似企業と比較すると割安感があります。

コード銘柄名PERPBR配当利回り
2127日本M&Aセンター99.4226.800.38%
2174GCA168.221.624.62%
4792山田コンサルティングGP27.171.673.10%
6080M&Aキャピタルパートナー47.979.770.00%
6196ストライク56.7716.820.43%

上位株主にはVCが名を連ねていますが、万遍なくロックアップがかかっています。

約8.0億円という上場規模は東証マザーズとしては小型です。

東証マザーズの5億~10億円の小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

過去実績

  • カラダノート:+320.0%
  • アクシス:+432.7%
  • ニューラルポケット:+466.7%
  • ティアンドエス:+150.4%
  • KIYOラーニング:+133.0%
  • アイキューブドシステムズ:+202.2%
  • グッドパッチ:+299.6%
  • コマースOneホールディングス:+335.6%
  • 松屋アールアンドディ:-7.9%
  • ミクリード:-8.1%
  • リグア:-2.1%
  • スポーツフィールド:+211.4%
  • ユナイトアンドグロウ:+152.4%
  • ALinkインターネット:+136.5%
  • ジェイック:+117.3%
  • インティメート・マージャー:+110.5%
  • AI CROSS:+65.1%
  • パワーソリューションズ:+155.5%
  • フィードフォース:+140.0%
  • インフォネット:+130.2%
  • バルテス:+175.8%
  • グッドスピード:+25.0%
  • エードット:+121.0%
  • Welby:+246.7%
  • gooddaysホールディングス:+128.1%
  • 識学:+152.8%
  • テノ.ホールディングス:+25.0%
  • AmidAホールディングス:+6.3%
  • Kudan:+276.3%
  • アルー:+46.7%
  • 霞ヶ関キャピタル:+133.7%
  • VALUENEX:+133.7%
  • ブリッジインターナショナル:+92.6%
  • イーエムネットジャパン:+133.3%
  • アズーム:+113.3%
  • チームスピリット:+101.4%
  • アクリート:+100.3%
  • ロジザード:+177.8%
  • エーアイ:+250.0%
  • プロパティデータバンク:+130.3%
  • ログリー:+149.2%
  • ベストワンドットコム:+242.5%
  • HEROZ:+988.9%
  • コンヴァノ:+135.4%
  • ブティックス:+137.8%
  • 和心:+167.9%
  • Mマート:+333.9%
  • すららネット:+113.0%
  • ナレッジスイート:+150.5%
  • イオレ:+169.8%
  • エル・ティー・エス:+313.2%
  • 一家ダイニングプロジェクト:+173.5%
  • サインポスト:+287.7%
  • エスユーエス:+116.1%
  • ユニフォームネクスト:+137.1%
  • Fringe81:+133.1%
  • ビーブレイクシステムズ:+361.1%
  • アセンテック:+197.5%
  • 旅工房:+173.7%
  • テモナ:+215.7%
  • 力の源ホールディングス:+271.7%
  • ファイズ:+220.8%
  • フォーライフ:+31.6%
  • グレイステクノロジー:+130.0%
  • イノベーション:+214.1%
  • リネットジャパングループ:+92.9%
  • G-FACTORY:+54.3%
  • シルバーエッグ・テクノロジー:+191.3%
  • チェンジ:+149.9%
  • バリューデザイン:+111.5%
  • カナミックネットワーク:+186.7%
  • デジタルアイデンティティ:+88.3%
  • ストライク:+125.9%
  • ハイアス・アンド・カンパニー:+189.5%
  • はてな:+278.1%
  • ソーシャルワイヤー:+56.9%
  • アークン:+262.1%
  • 鎌倉新書:+180.6%
  • ネオジャパン:+401.7%
  • パートナーエージェント:+217.5%
  • ピクスタ:+34.8%
  • べステラ:+25.0%
  • パルマ:+70.5%
  • 富士山マガジンサービス:+126.4%
  • ファンデリー:+102.1%
  • マーケットエンタープライズ:+167.0%
  • ジグソー:+236.4%
  • レントラックス:+53.1%
  • 海帆:+76.5%
  • プラッツ:+70.2%
  • 日本動物高度医療センター:+44.2%
  • ハウスドゥ:+47.2%
  • ショーケース・ティービー:+193.9%
  • ヒューマンウェブ:+11.7%
  • コラボス:+137.6%
  • ALBERT:+115.7%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事は野村證券です。その他は、大和証券、みずほ証券、SBI証券、岡三証券、藍澤證券、エース証券、楽天証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名割当株式数割当比率
野村証券467,50085.00%
大和証券22,0004.00%
みずほ証券22,0004.00%
SBI証券5,5001.00%
岡三証券5,5001.00%
東洋証券5,5001.00%
藍沢証券5,5001.00%
エース証券5,5001.00%
楽天証券5,5001.00%
マネックス証券5,5001.00%

岡三グループの岡三オンライン証券でも取扱いの可能性があります。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

オンデックのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいの...

SBI証券が幹事団に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券と...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

Tポイント投資が可能なSBIネオモバイル証券でも取り扱いの可能性があります。

SBIネオモバイル証券(愛称:ネオモバ)が、IPOの取り扱いを開始します。「ひとかぶIPO」というサービスであり、端株での申し...

SMBC日興証券のネット口座は小口個人投資家でもIPOが当選することがあります。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名...
日本を代表する大手証券の一角がSMBC日興証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。対面で...

楽天証券も幹事団に名を連ねています。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選する可能性がある証券会社です。

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次々と先進的なサービスを提供してきており、日本初のサ...

株・投資信託ならネット証券のマネックス

野村證券はIPOの取り扱いが多いのがメリットです。小口個人ですと当たりづらいですけれども、ポチポチ作業を許容できる場合は候補です。

郵政3社、JR九州などの中型株に関しては意外な程に当たりやすいです。

野村證券

大和証券も厳正かつ公平な抽選サービスとなっており、小口投資家でも当選の可能性はあります。

SBIネオトレード証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

現在はお得なキャンペーンを開催しています。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

岩井コスモ証券は、ネット抽選分は小口個人投資家に嬉しい完全公平抽選となっています。

100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取...

東海東京証券は小口個人投資家には嬉しい完全抽選がある証券会社です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いと...

むさし証券もIPOのサービスを提供しています。インターネット口座は売却手数料がリーズナブルです。

むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に...

松井証券も委託幹事団に名を連ねる可能性があります。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初の...

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

  1. 強気:対面証券・ネット証券で全力申込
  2. やや強気:ネット証券・対面証券で申込
  3. 中立:ネット証券、回数制限に問題なくS級銘柄の当落に影響がない対面証券で申込(大量獲得を狙える場合は妙味あり)
  4. やや弱気:ネット口座以外は原則回避(ただし、マイナス覚悟の勝負で申し込むことも) ※安全重視ならSBI証券のみ
  5. 弱気:SBI証券以外は回避(対面証券はバーター取引ならOK)

過去のIPO初値予想の履歴

-IPO

© 2014-2021 The Goal