The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

MNP一括0円に期待!Nexus6とiPhone6Plus、Nexus5の比較まとめ

更新日: スマートフォン 通信費

Nexus6

Googleが大型スマートフォン・ファブレットである「Nexus 6」を発表しましたね。これらはAndroid 5.0を搭載しています。Android 5.0のコードネームは「Lollipop」(ロリポップ)です。日本語の語感には独特の響きが出ています。

Nexus5はLG製でしたが、Nexus6はモトローラ製です。たった15分の充電で6時間使える急速充電が可能です。5.96インチWQHD(1440×2560ドット)解像度の有機ELを搭載しています。株式市場の住民の立場からは、ディスプレイ関連の情報を見ると、嗚呼JDIと思ってしまいます。

Nexus6のCPUはSnapdragon805(2.7GHz・クアッドコア)、RAM3GBであり、 Nexus5の異次元サクサク感が着実に進歩していそうです。擬音語で形容すると、iPhoneはヌルヌル、Nexusはサクサクです。iPhoneは女性的、Nexusは男性的です。

Nexus 6はワイモバイルのMNPだと安く買える在庫処分市が2016年2月に開催されています。

最新モデルのNexus 5X、Nexus 6PのMNP一括0円については以下で徹底解説しています。

GoogleがプロデュースしているAndroidのフラッグシップモデルの最新作、Nexus 5X、Nexus 6Pは価格が高騰しています。iPhoneよりは安価...


Nexus5とNexus6のスペック・価格比較

Nexus6とNexus5のスペックの比較は以下の通りです。全般的に性能が上がり、解像度も大きく上昇しました。価格も上がり、サイズ・重量も上がっています。価格も大きく上昇しました。

機種名Nexus 5Nexus 6
OSAndroid 4.4 KitKatAndroid 5.0 Lollipop
ディスプレイ5インチフル HD IPS(1920✕1080、445ppi)5.96インチ有機EL(2,560✕1,440ピクセル、493ppi)
CPUQualcomm Snapdragon 800(2.3GHzクアッドコア)Qualcomm Snapdragon 805(2.7GHzクアッドコア)
GPUAdreno 330Adreno 420
RAM2GB3GB
ストレージ16GB、32GB32GB、64GB
メインカメラ800万画素(f値2.4)光学手ブレ補正1300万画素(f値2.0)光学手ブレ補正
インカメラ130万画素200万画素
バッテリー容量2,300mAh 通話時: 最長17 時間 インターネット使用時: 最長8.5時間(Wi-Fi)、7時間(LTE)3,220mAh 通話時: 最長 24 時間 インターネット使用時: 最長9.5時間(Wi-Fi)、10時間(LTE)
SIMフリー価格40,937円(16GB) 46,080円(32GB)75,170円(32GB) 85,540円(64GB)

Android5.0では、Googleの提唱するレイヤー表現が施されたシンプルな「マテリアルデザイン」となり、従来より約90分以上長持ちする「Project Volta」が導入されています。

その他、通知画面のレイアウト変更、ロックスクリーンへの通知・起動、端末を他人に短時間貸すときに便利なゲストアカウント機能などが変更点です。

マルチタスク対応が向上しており、文書の編集、ウェブの閲覧、映画鑑賞、音楽鑑賞といったタスク間の切り替えがスムーズにできます。通知機能で特定の相手や特定の通知だけが表示されるように設定すれば、操作の中断や煩わしさを軽減できます。

カメラは光学式手ブレ補正が可能な1300万画素でf2.0レンズです。明るい場所でも暗めの場所でもきれいな写真が撮れること、HDR+を採用した Google カメラの自動調整で、ハイレベルな仕上がりも簡単であることがPRされています。


Nexus 6とiPhone 6 Plusのスペック・価格比較

Nexus6とiPhone6plusの主なスペックと価格の比較は以下の通りです。解像度はNexus6の方が大きく上回っています。ただ、Retinaディスプレイは単純な解像度よりもよく見えますね。

機種名Nexus 6iPhone 6 Plus
OSAndroid 5.0 LollipopiOS 8
ディスプレイ5.96インチ有機EL(2,560✕1,440ピクセル、493ppi)5.5インチRetina HD(1,080×1,920、401ppi)
CPUQualcomm Snapdragon 805(2.7GHzクアッドコア)Apple A8(1.4GHzデュアルコア)
GPUAdreno 420PowerVR GX6650
RAM3GB1GB
ストレージ32GB、64GB16GB、64GB、128GB
メインカメラ1300万画素(f値2.0)光学手ブレ補正800万画素(f値2.2)光学式手ぶれ補正
ビデオ4Kムービー撮影(30fps)1080p HDビデオ撮影(30fps) スローモーションビデオ(120fps or 240fps) 連続オートフォーカスビデオ
インカメラ200万画素120万画素、バーストモード
バッテリー容量 電池持ち3,220mAh 通話時: 最長 24 時間 インターネット使用時: 最長9.5時間(Wi-Fi)、10時間(LTE)2,915mAh 通話時: 最長 24 時間 インターネット使用時: 最長12時間(Wi-Fi/LTE)
カラーダークブルー、クラウドホワイトシルバー、ゴールド、スペースグレイ
SIMフリー価格(64GB)85,540円110,800円(旧8万9800円)
縦幅159.26mm158.1mm
横幅82.98mm77.8mm
厚さ10.06mm7.1mm
重さ184g172g
通信IEEE802.11ac(MIMO)、NFC、Bluetooth4.1IEEE802.11a/b/g/n/ac、NFC(Apple Pay専用)、Bluetooth4.0
センサーGPS、加速度計、ジャイロ、磁力計、周囲光センサー、気圧計指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
その他防水あり指紋認証あり(Touch ID)

スペックだけではNexus6が良さそうですが、OSが異なると単純な比較はできません。実機を触って比較するのが一番です。インターネット使用時のバッテリー持ちはiPhone6plusの方が最長時間は長いです。

確実に比較できる重さ・サイズについては、やはりNexus 6が5.96インチとiPhone 6 Plusよりも大きいことから、縦・横・厚さのいずれもiPhone6plusより大きく、かつ重くなっています。

持ちやすさはiPhone 6 Plusでしょう。ただし、ファブレットのサイズだと片手操作は不可能であり、両手でもつならどちらも大差ないかもしれません。

Nexus 6は防水性能があり、Androidのジェスチャーアプリが便利です。iPhone 6 Plusは指紋認証があります。iPhoneの指紋認証(Touch ID)は極めて快適であり、一度これに慣れるとパスコードを入力したり、登録した軌跡通り指を動かすのが煩わしくなります。

参考iPhone6 plusとAndroidスマホの比較まとめ

価格はNexus6の方がiPhone 6 Plusよりも14,260円安くなっています。

私はiPhone6、6 plus、5Sを比較した結果、スマホのベストサイズは4.7~5インチだと思っており、Nexusの最新型が大型化したのが残念です。Nexus5SないしNexus5 UltraないしNexus5 2を出してほしかったです。

Nexus 6のMNP一括0円の時期

携帯キャリアではY!mobile(ワイモバイル)が日本の通信事業者として唯一発売します。価格はGoogleのネット通販と同じであり、32GBが75,168円、64GBが85,536円です。分割の場合は、32GBは3,132円×24回、64GBが3,564円×24回です。

発売後、数カ月程度経過したら、MNP一括0円が登場する可能性があります。数ヶ月待てる場合は、3月まで待つと最もお得に購入できます。

参考MNPはやはりお得!iPhone5S一括0円復活!2014年のラストチャンスか!?

おそらく2015年3月か遅くても2016年3月には、Nexus 6にMNP一括0円の案件が出てくる可能性があります。一括0円まで行かなくても、2~4万円のキャッシュバックや商品券プレゼントの案件は出てくるでしょう。

Y!mobileは中途解約時のペナルティが高いため、契約期間をまっとうする覚悟が必要です。それがOKなでNexus6を安く買いたい場合は、待ってみるのも手かもしれません、

Nexus5も発売後はしばらく経ったら、現在のY!mobileで一括0円が出ました。現在も一部の店舗でMNP一括0円となることがあります。Y!mobileのオンラインショップではMNPで実質0円となっています。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-スマートフォン, 通信費
-,

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.