The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン」を発行!ヘリコプター・マネーの中では仮想通貨に要注目

更新日: 銀行 金融機関

コインと葉っぱ

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」を2017年の秋に広く一般の利用者向けに発行すると報道されました。

ヘリコプター・マネーの発動がいよいよ現実的になっており、三菱東京UFJ銀行が日銀を公然と批判している異例の状況下で、タイムリーな報道(リーク)となっています。財務省・金融庁、メガバンクの動きには今後注目となります。

MUFGコインは1コイン1円で交換できるようになります。発足当初は円ペッグの仮想通貨となる予定です。

各企業が続々と独自の仮想通貨を発行し、それらが仮想通貨市場などで、円とペッグしない独自のレートで取引されるようになると、価格形成が非常に興味深いことになります。


三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」は、ユーザーが三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を1コイン1円の交換レートでコインに交換して、スマホアプリに取り込んで使うことになる予定です。

ユーザー同士でコインをやり取りしたり、空港で外貨に換えて引き出すことが想定されています。三菱東京UFJ銀行の既存のサービスよりも手数料が大幅に低下することがメリットとなります。

コインを取り込んだスマホをかざすことで現金を引き出せるATMも導入される方向となっており、2018年春から設置される予定となっています。

コインの山

有名な仮想通貨「ビットコイン」で利用されている取引記録の技術「ブロックチェーン」を活用しています。将来的には三菱東京UFJ銀行に口座を持たない方もMUFGコインを使える仕組みも検討されています。

ちなみにクレジットカードのライフカードはポイントをビットコインと交換できます。

ライフカードがポイントをビットコインに交換可能に!
ライフカードがクレジットカード業界で初めて、カード利用で貯めたポイントを仮想通貨「ビットコイン」に交換できるサービスを開始し...

ユーザー同士で飲み代の徴収や会費などでやり取りする送金や、空港で外貨に換えて引き出すサービスは、既に低コストのサービスが銀行以外から提供されており、インパクトには乏しいです。

ユーザー同士の送金サービスには、LINE PayやYahoo!マネーがあります。フィンテック的なサービスが続々と投入されています。

LINE Pay カードのメリット・デメリット・使い方まとめ
LINEが、オフライン店舗でも利用できるプリペイドカード「LINE Pay カード」の発行を開始しました。同時にLINEの各種サービスなどで貯...
Yahoo!マネー(ヤフーマネー)はヤフオク!の売上金受取で1%還元が最大のメリット!
Yahoo! JAPANが新しい電子マネー「Yahoo!マネー」(ヤフーマネー)を開始します。ヤフオク!で売却した金額をヤフーマネーにチャージする...

空港で低コストで外貨を得る方策としては、FX会社のマネーパートナーズが「外貨両替」を提供しています。

マネーパートナーズは評判がいい外貨両替が便利!外貨出金も可能
マネーパートナーズというFXがあります。100通貨単位で取引ができ、建玉を「現受け」して通貨で受け取ることもできます。海外旅行の際...

また、セディナカードを海外ATMでキャッシングすると、日本帰国前にネットで繰り上げ返済が可能なので、極めて低コストです。

セディナカードのメリット・デメリットまとめ!クラシック・Jiyu!da!・ファースト・プラチナを徹底解説
セディナカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナンシャルグループの(株)セディナが発行しています。ハウスカードの...

MUFGコインの報道された用途については、LINE Pay、マネパの外貨両替、セディナカード等を利用すれば既に低コストで同じことが可能です。

三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行の口座感では、ネットバンキングだと既に振込手数料は無料です。

三菱東京UFJ銀行のATM手数料・コンビニATM手数料・振込手数料を無料にする方法まとめ
最近はネット銀行も増えてきています。しかし、口座振替は都市銀行・ゆうちょ・JAバンク等しかできないというケースが依然として多い...

しかし、これらは日本国内の決済サービスの域を出ません。MUFGコインの場合は、銀行が発行する通貨という色彩を帯びている点に発展性があります。

MUFGコインが三菱東京UFJ銀行が管理していない第三者機関による市場で流通し、他の企業が提供するアプリ等(ビットコインにおけるウォレット)の中で管理できて、独自の市場価格が掲載されるようになると、非常に面白いことになります。

その時に円とMUFGコインの交換レートはどのような価格で取引されるのか。格付け会社の格付けでは銀行は国の格付けと同じが上限となっています。

MUFGコインが果たして円と1対1あるいはそれより低い価格で取引されるのか、あるいは円よりも高い価格で取引されるのか。他のグローバル企業が発行する仮想通貨だとどうか。

ヘリコプター・マネーは既に事実上は投入されているという論者もいますし、今後はより一層その方向性に進む可能性が高いです。

2020年代・2030年代のわが国における重要なテーマは、資産価値の保全になる可能性があります。

そのような状況になった場合、手段の一つとして、MUFGコイン等のグローバル企業が発行する独自通貨が浮上していく可能性があります。

MUFGコインはしばらくは大してインパクトがある話ではありませんけれども、将来的には大きな話へと発展していく萌芽は秘めています。今後の動向に注目します。

三菱東京UFJ銀行のデメリットは預金金利が低いことです。

マイナス金利の状況でも普通預金が高金利の銀行があります。詳細は以下で徹底解説しています。

マイナス金利でも普通預金が高金利の銀行ランキング!
マイナス金利の導入以降、普通預金の金利は極限まで低下しています。メガバンクやゆうちょ銀行は普通預金だけではなく、定期預金でも...

おすすめのネット銀行については、以下にまとめています。

おすすめのネット銀行を比較!2017年最新版
2020年代が間近に迫った2017年現在、インターネットの普及がより一層進んでいます。スマホ・タブレットの普及でパソコンには馴染みが...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-銀行, 金融機関

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.