三菱UFJ銀行のつみたてNISAは評判通りか?投資歴14年の口コミ!

更新日: 銀行 金融機関 投資信託・ETF

2018年からつみたてNISA(積立NISA)という制度が開始しました。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。

節税メリットがあり、投資の利益にかかる税金(通常は約20%)が無税となります。

言わずと知れたMUFGの三菱UFJ銀行も、「つみたてNISA」を提供しています。

三菱UFJ銀行のつみたてNISAは、厳選された低コストの投資信託が揃ったラインナップ、口座開設・維持手数料無料が魅力的です。

つみたてNISAの概要

積立てのイメージ写真

前提としてつみたてNISAとは、投資で得た利益(キャピタルゲイン・インカムゲイン)が非課税となる制度です。

非課税期間は20年であり、毎年の投資上限枠は年40万円です。1年40万円×20年で合計800万円分が非課税となります。100万円の資産運用でも活用できる制度です。

若年層らの投資促進のために創設するNISA(少額投資非課税制度)に新しい枠組みである「積立NISA」が導入されます。非課税となる限度...

現行のNISAとの併用は不可能であり、NISAとつみたてNISAはどちらかを選択することになります。iDeCoとの併用はOKです。

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。2017年もあったNISA(ニーサ)とは選択制となります。その他、個人型確定拠...

NISAの非課税期間は5年、年間の上限枠が120万円です。ちなみに従来から存在していたNISAについては、以下で精緻に分析しています。

NISAという株式・投信・REIT等のキャピタルゲイン・配当の税金が0円になる制度が2014年から始まりました。正式名称は「少額投資非課税...

19歳までの子供限定の非課税投資制度「ジュニアNISA」もあります。年間非課税投資枠は80万円(5年で最大400万円)です。

非課税期間は最長5年間で、18歳までは途中払出しに制限があるのが、NISAにはない制約となっています。ジュニアNISAの詳細については、以下で徹底解説しています。

2016年から「ジュニアNISA」という制度が開始しました。成人が対象にNISAに続く、少額投資の非課税制度です。2019年も存続しています...

私は「NISA完全ガイド」という本に出たこともあります。

NISA完全ガイド

その経験も活かして、以下三菱UFJ銀行のつみたてNISAの特徴について、丹念に解説します。

三菱UFJ銀行のつみたてNISAのメリット

三菱UFJ銀行の「つみたてNISA」なら、毎月1,000円から積み立てが可能になります。

銀行からの通知物を郵送ではなくWebで閲覧する「Eco通知」を利用している方が、インターネットバンキングから申し込んだ場合、1,000円から利用可能です!

野口英世の紙幣1枚からお手軽な積立投資が可能になるので、投資に使えるお金があまりない方にとっても便利です。

例えば1,000円×10個の投資信託を設定して、合計で月1万円購入といった積み立てNISAの使い方もあります。

ライフプランに合わせて無理のない範囲で資産運用にチャレンジすることが可能です。

商品ラインナップは購入時手数料無料(ノーロード)で、長期投資に適した投資信託として一定の要件を満たす投信が厳選されています。

知名度抜群のひふみ投信と運用成績が同一のひふみプラスもノーロードで購入することが可能です。

ひふみ投信は2019年6月末基準では、多くの時期でTOPIX(配当込)を凌駕するパフォーマンスを叩き出しています。

期間ひふみ投信TOPIX(配当込)
過去1ヵ月2.1%2.8%
過去3ヵ月-1.2%-2.4%
過去6ヵ月10.8%5.2%
過去1年-13.2%-8.2%
過去3年41.0%33.1%
設定来351.8%78.3%

これは2019年6月末だけではなく、多くの時期で同様の状況となっていました。

ただし、2018年後半に小型株が崩れてからは、TOPIXに劣後する時期も見受けられるようになってきました。

実際に私もひふみ投信に少額を投資したところ、約5年3ヶ月が経過した2018年6月末時点で約+198%という驚異的なリターンとなっています。

ひふみ投信のトータルリターン

もし100万円を投資していたら、298万円になった計算です。

公式サイトひふみ投信の詳細

取扱商品は厳選された12本!秀逸なクオリティ

三菱UFJ銀行のつみたてNISAの取扱ファンドは12本のみとなっており、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・松井証券・カブドットコム証券などのネット証券と比較すると、異例の少なさとなっています。

しかし、少ないからダメという訳では全くありません。各資産分類(アセットクラス)ごとに評判・口コミが良好な厳選された投信が用意されています。

初心者の方が迷うこと無く選べてユーザーフレンドリーな側面があります。投資信託は基本的には低コストのインデックス投信が無難です。

この点、三菱UFJ銀行のつみたてNISAは、買ってもいいと言える低インデックス投信が厳選されており、キュレーション的です。

「商品数が多すぎて選べない」という初心者の声に配慮しつつ、特色があるアクティブ投信もあり、投資経験者のニーズにも応えられる商品構成となっています。

カテゴリーファンド名運用会社
国内株式つみたて日本株式(日経平均)三菱UFJ国際投信
つみたて日本株式(TOPIX)
iFree JPX日経400インデックス
年金積立Jグロース日興アセットマネジメント
内外株式ひふみプラスレオス・キャピタルワークス
海外株式つみたて先進国株式三菱UFJ国際投信
つみたて新興国株式
iFree S&P500インデックス大和投資信託
フィデリティ・欧州株・ファンドフィデリティ投信
バランス型つみたて8資産均等バランス三菱UFJ国際投信
つみたて4資産均等バランス
野村6資産均等バランス野村アセットマネジメント

MUFGグループだけではなく、他の運用会社の投信も取り揃えています。

日本株はTOPIX・日経平均・JPX日経400があり、好みに応じて選択できます。評判・口コミが良好なアクティブファンドも揃っています。

米国に厚めに投資したい場合は、アメリカの代表的な500の企業に分散投資できるiFree S&P500インデックスが便利。面倒な場合は、つみたて資産均等バランス等のバランス型投信も選択肢です。

宇宙から見た地球

つみたてNISAの対象となるには厳しい条件をクリアする必要があり、金融庁が対象商品として公表しているのは159ファンドです(2018年10月31日時点)。

アクティブ投信はインデックス投信よりも条件が厳しく、5年以上の運用実績、50億円以上の残高、資金流入超過の期間が3分の2以上などの条件が加わります。

区分条件
ETF指定インデックスに連動
売買手数料が1.25%以下
信託報酬率が0.25%以下
取引所が指定するもの
最低取引単位が1,000円以下
資産残高1兆円以上(外国取引所ETFのみ)
指定インデックス投信指定インデックスに連動
販売手数料が0%
信託報酬率:国内資産対象は0.5%以下、海外資産対象は0.75%以下
アクティブ投信販売手数料が0%
信託報酬率が国内資産対象は1.0%以下、海外資産対象は1.5%以下
純資産額が50億円以上
運用実績が5年以上
3分の2以上の期間で資金流入超
主な投資対象の資産が株式
投資対象は、「株式」「株式および公社債」「株式およびREIT」「株式、公社債およびREIT」のいずれか

指定インデックスとは、つみたてNISA制度で投資可能として規定されたインデックスを指します。単品でも投資可能なのは以下のインデックスのみとなります。

投資対象インデックスの名称
日本・TOPIX
・日経225
・JPX日経400
・MSCI Japan Index
全世界・MSCI ACWI Index
・FTSE Global All Cap Index
先進国・FTSE Developed Index
・FTSE Developed All Cap Index
・S&P 500
・CRSP U.S. Total Market Index
・MSCI World Index
・MSCI World IMI Index
新興国・MSCI Emerging Markets Index
・FTSE Emerging Index
・FTSE RAFI Emerging Index

三菱UFJ銀行のつみたてNISAは、金融庁が課した厳しい条件をクリアした投資信託の中でも、更に絞り込まれた精鋭揃いとなっています。

サッカーで喩えると、レアル・マドリードとバルセロナが1つのチームになったような様相を呈しています。

つみたてNISA対象商品の中でも優れた低コストインデックス投信、評判・口コミが良好なアクティブ投信のひふみ投信などの取扱いもあります。

ひふみ投信は提携証券会社で申込むと「ひふみプラス」という名前になりますが、運用の中身は同一です。

投資知識がない初心者の方でも、簡単に世界中の株式に分散投資できて、中長期的にはインフレに負けない無難な投資成果が期待できます。

インデックス投信の積立投資を行うと、10年~数十年継続した場合は多くの時期にプラスになっています。

つみたてNISA早わかりガイドブックの積立投資のリターン(過去実績)
(引用:金融庁のつみたてNISA早わかりガイドブック)

三菱UFJ銀行のつみたてNISAなら税制優遇のもとで、長期間に渡って低コストでインデックス投信の積み立てを行うことができます。


三菱UFJ銀行のつみたてNISAの手数料

三菱UFJ銀行は口座開設・維持手数料は無料です。オンラインバンキングも無料となっています。

ちなみにNISA、ジュニアNISA、iDeCoは銀行や証券会社にとっては収支は厳しくてほとんど収益が上がっていません。

逆に言うと個人投資家にとっては極めて有利な制度です。微益を通り越して赤字の可能性すらあると思います。

スマホを見る女性

これら単体では採算度外視の様相を呈しており、見込み顧客の獲得に動いているからできることです。

政府は財政状況が芳しくない中、市民に自助努力での資産形成を促す趣旨で、確定拠出年金の加入者を増やして、税制面でのインセンティブを増やす取り組みを行っています。

こうした情勢下、三菱UFJ銀行は顧客のニーズを正確に捉えて、ユーザーにとって良いクオリティの素晴らしい制度を用意していると考えます。

三菱UFJ銀行のつみたてNISAまとめ

三菱UFJ銀行のつみたてNISAは、厳選された秀逸な商品ラインナップ、手数料無料で利用できる点、1,000円から積立投資が可能な点が卓越したメリットです。

日本を代表するメガバンクであり、金融機関に課せられている分別管理の義務なども、パーフェクトにこなしてくれます。法令違反で分別管理を怠るような事態は考えられません。

つみたてNISAは非課税の積立サービスであり、個人投資家の裾野拡大に資する制度であることから、三菱UFJ銀行も採算を度外視して積極的に取り組んでいます。

「商品数が多すぎて選べない」という初心者の声に配慮しつつ、特色があるアクティブ投信もあり、投資経験者のニーズにも応えられる投資信託が揃っています。

なお、三菱UFJ銀行はデビットカードもお得です。クレジットカードやネット銀行に抵抗がある方におすすめですよ!

国際ブランドはJCB、Visaの2種類が揃っており、好みに応じて選択できます。

三菱UFJ-JCBデビットというデビットカードがあります。三菱UFJ銀行が発行しているJCBデビットカードです。JCB加盟店で使えて便...
三菱UFJ-VISAデビットというデビットカードがあります。三菱UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。VISA加盟店にて利用...

VisaとJCBの違いについては、以下で精緻に分析しています。

三菱UFJ銀行のデビットカードには、三菱UFJ-JCBデビット、三菱UFJ-VISAデビットの2種類があります。年会費は同一ですが、ポ...

大手ネット証券ですと、SBI証券はNISA枠ぎりぎり注文、毎日の積立設定、0.05%~0.2%のSBIポイント獲得の可能性が特徴です。

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税メ...

楽天証券のつみたてNISAは、楽天スーパーポイントを投信購入に使えて、また楽天カード払いでの積立も可能である点が特徴です。

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税メ...

マネックス証券の積立NISAは、資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」との連携が特徴的です。

2018年から積立NISA(つみたてNISA)という制度が開始します。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税メ...

野村證券のつみたてNISAは商品数が6つと極限まで絞り込んでシンプルなのが特徴です。

2018年からつみたてNISA(積立NISA)という制度が開始しました。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税...

カブドットコム証券の積立NISAは、NISA割で現物株式手数料も安くなる点が魅力的です。

2018年からつみたてNISA(積立NISA)という制度が開始しました。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税...

イオン銀行のつみたてNISAは、厳選された低コストの投資信託が揃ったラインナップ、イオン銀行のスペックが魅力的です。

2018年からつみたてNISA(積立NISA)という制度が開始しました。正式名称は「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度」です。節税...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-銀行, 金融機関, 投資信託・ETF
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.