The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

森ヒルズリート投資法人がPO(公募増資)!両建て作戦進行中?

更新日: PO(公募増資・売出)

六本木ヒルズ

森ヒルズリート投資法人(3234)が、手取り概算金上限249.8億を調達するPO(公募増資)を行います。

仮条件は2.5%~5.0%ディスカウントであり、発行株増加は約13.4%です。

ブックビルディング(需要申告)期間は、7月10日(木)~価格決定日です。価格決定期間は7月23日(水)~25日(金)であり、価格決定日は高い確率で初日(7月23日)です。

申込期間は価格決定日の翌営業日~2営業日後までです。受渡期日は、価格決定日から1週間程度の日です。


森ヒルズリート投資法人は東証リートです。オフィスビルを中心とした総合REITであり、スポンサーの森ビルから、泣く大人も黙るかもしれない港区を中心に物件を取得しています。

六本木ヒルズの一部区画に投資しているのが華やかであり、この度、新たに森ビルが六本木ヒルズの区分をNOI4%で本REITに売却するという話があるようです。真壁六郎太さんのTwitterで知りました。物件を考えると4%はまあまあの利回りですね。

NOI
Net Operating Incomeの略であり、賃料から、管理費、固定資産税などの直接的経費をマイナスしたもの。減価償却費のような支出を伴わない費用、支払利息のような金融費用、修繕費などの資本的な支出は考慮しないため、事業によって生み出される単純なキャッシュフローである。

六本木ヒルズの毛利庭園photo by Kentaro Ohno

森ヒルズリート投資法人はかつては投資主軽視のとんでもない増資をして2010年頃には価格は大きく落ち込みましたが、ここにきて運営はまともになってきている印象ですね。底からは4倍以上に化けました。

森ヒルズリート投資法人のチャート(2006年~2014年)
GMOクリック証券より)

分配金利回りは2.94%であり、日本ビルファンド、ジャパンリアルエステイト、ヒューリックリートに次いで4番目に低い水準です。

NAVは1.77倍であり、これも高めの水準で、市場では高く評価されています。

NAV
Net Asset Valueの略であり、イメージ的には株で言うPBRのような指標。バランスシートの含み損益を純資産に反映させて、時価ベースで純資産額を算出するために利用する。J-REITの場合はNAV=純資産額-保有不動産簿価+保有不動産鑑定額で算出される場合が多い。

森ヒルズリート投資法人は貸借銘柄で信用売りができるので、POサヤ取り投資が可能です。逆日歩には注意が必要です。

逆日歩が発生しないカブドットコム証券の一般信用売建可能数量(在庫株数量)は0口となっています。在庫は毎営業日更新されます。19時~20時に一般信用売に申込み、抽選という流れです。また、注文を取り消しで在庫が発生する場合があります。

在庫がゼロになっているのは、純粋な空売りか、ひとまず両建てにして一般信用を確保しておき、機を伺って買いの方を外す作戦かのどちらかでしょう。

SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、UBS証券、野村證券、大和証券などでBBに申し込めます。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-PO(公募増資・売出)
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.