The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

介護三銃士の一角、メッセージ

更新日: 株式

看護師

長期的なテーマ性がある業界として、介護に注目しています。高齢化の進展に伴って介護の需要は右肩上がりになることは自明の理でしょう。

そうした中でまだ、例えば銀行・保険・ゼネコンのような圧倒的な全国区の巨人はいません。依然として群雄割拠の状況です。

もちろん政治・規制によっては大きなダメージを被る可能性はありますけれども、成長すると突き抜ける可能性がある業種です。そうした介護関連企業の株式については、私は3銘柄を保有しており、介護三銃士と位置づけています。


メッセージ

介護三銃士のうち、最もウエイトが高いのがメッセージ(2400)です。大手介護企業の一角となります。「アミーユ」の施設名で、低価格帯の有料老人ホームやグループホームなどケア付き住宅を運営しています。

2014年3期の売上構成比は、アミーユ事業(介護付有料老人ホーム事業)49.2%、地域包括ケア事業(サービス付高齢者向け住宅施設の運営と訪問介護・通所介護などの在宅介護サービス)46.1%、給食事業2.9%、その他(介護用品販売事業、FC事業等)1.8%です。

今期の第1四半期の連結業績は、売上高は前年同期比9%増、営業利益は16%増と堅調な推移です。今後はサービス付高齢者向け住宅施設「Cアミーユ」の拡大に注力する方針です。

アミーユの入居率は96%と高水準を維持しています。Cアミーユの既存物件の入居率も87%と高水準をキープしています。

売上高・利益

売上高は美しい右肩上がりです。利益面でも大局的には右肩上がりの傾向です。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2010/03(実) 31,926 4,637 4,720 2,658
2011/03(実) 35,285 5,652 5,952 2,982
2012/03(実) 38,632 5,872 6,246 3,360
2013/03(実) 67,202 5,349 4,792 2,254
2014/03(実) 74,205 6,653 6,448 3,427
2015/03(予) 80,000 8,000 7,500 4,100

キャッシュ・フロー

基本的には純利益を常に上回る営業CFを生み出しています。一般論としては安定感があります。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2010/03(実) 3,619 -4,088 2,107 -469
2011/03(実) 4,943 -1,113 -1,483 3,830
2012/03(実) 5,250 -3,192 -1,706 2,058
2013/03(実) 3,702 -1,643 -3,516 2,059
2014/03(実) 5,681 -942 -2,962 4,739

 利益率・CFマージン

マージンはジャパンケアサービスグループの子会社化によって一時的に落ち込みましたが、回復基調となっています。

現在は利益率を高水準に保つのが重要というよりは、売上高をどんどん上げていくステージにいるので問題ないと思います。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2010/03(実) 14.8% 8.3% 11.3% 17.0%
2011/03(実) 16.9% 8.5% 14.0% 16.8%
2012/03(実) 16.2% 8.7% 13.6% 16.7%
2013/03(実) 7.1% 3.4% 5.5% 10.2%
2014/03(実) 8.7% 4.6% 7.7% 14.3%
2015/03(予) 9.4% 5.1% - -

 一株利益・一株配当・配当性向

配当性向は30%を目安に利益に忠実に配当額を毎年変更するタイプの企業です。

決算期 一株利益 一株配当 配当性向
2010/03(実) 132.4 34.0 26%
2011/03(実) 148.5 44.0 30%
2012/03(実) 167.4 53.0 32%
2013/03(実) 112.3 36.0 32%
2014/03(実) 170.7 53.0 31%
2015/03(予) 204.2 63.0 31%

指標

メッセージは株主優待は行っていません。予想配当利回りは1.61%(配当性向31%)です。

PBR3.1倍、予想PER19.15倍、自己資本比率43.6%です。

最新のROE(14.3%)を分解すると純利益率4.62%、総資産回転率1.35回、財務レバレッジ2.29倍です。財務レバレッジは標準的であり、売上から利益を作る利益率は高め、資産から売上を作る回転率(資産効率)は高めです。

バリュエーションは高めですが、この銘柄は高めでもなお保有したい銘柄です。+50%近い含み益が出ていますが、継続ホールドの予定です。

ボラティリティは高めなのでその点には留意が必要です。その後、損保ジャパンがTOBを実施して上場廃止となりました。過去2年間のチャートは以下の通りでした。

メッセージのチャート

株式投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!12年使った経験の口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(400万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株式

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.