M&Aキャピタルパートナーズが株主優待新設!

更新日: 株式

クオカード(薔薇柄)

M&Aキャピタルパートナーズ(6080)が株主優待を新設しました。株主優待の内容は、100株以上一律でクオカード3,000円です。

M&Aキャピタルパートナーズは東証マザーズ上場企業であり、非貸借銘柄です。権利確定日は9月末です。

クオカードは、コンビニ、すかいらーくグループやデニーズ等のファミレス、マツモトキヨシ等のドラッグストア、ジュンク堂やMARUZEN等の本屋、ENEOS等のガソリンスタンド、他で利用可能なので利便性が高いですね。

参考QUOカードを徹底的に安く買う方法・無料で手に入れる方法まとめ

QUOカード(クオカード)が使えるお店・お得な使い方・無駄にしない方法まとめ

コンビニでは、ヤマト運輸の宅急便・メール便もクオカードで決済できます。たまに経験値が足りない店員さんがイメージで「使えない」と言ってくることがありますが、100%確実に使えます。

M&Aキャピタルパートナーズの最新株価

M&Aキャピタルパートナーズとは

M&Aキャピタルパートナーズは、国内の中堅・中小企業を中心にM&Aの仲介事業を手掛ける手綯しています。

経営者の高齢化や後継者不足などから、中堅・中小企業の事業承継問題が深刻化する中、同社は中堅・中小企業オーナーに対するアウトバウンド(ダイレクト)・マーケティングを展開しています。M&Aを活用した問題解決などを提案し、M&Aの譲渡企業を発掘していています。

また、インターネットやセミナー、協業先からの紹介など、インバウンド・マーケティングも併用し、M&Aニーズの開拓を進めています。

具体的には、譲渡を希望する企業の概要を踏まえ譲受企業を選定し、譲渡企業と譲受企業の間に立って、「基本合意契約」の締結に向けた調整を行います。また、「基本合意契約」締結後の買収監査(デューデリジェンス)のサポートや、「最終契約」の締結に向けた助言などのアドバイザリー業務を提供します。

譲渡企業と譲受企業の双方から、「基本合意契約」締結時に成功報酬の10%を着手金として受取り、「最終契約」締結時に残りの成功報酬を受領しています。

売上高・利益

売上高・利益ともに美しい右肩上がりが続いていますが、伸びは鈍化しつつあります。

決算期売上高営業利益経常利益純利益
2009/09(実)486279279190
2010/09(実)43019419499
2011/09(実)571263262149
2012/09(実)1,073579577301
2013/09(実)1,157601600331
2014/09(予)1,541776760427

キャッシュ・フロー

純利益を大きく上回る営業キャッシュを計上しています。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2009/09(実)----
2010/09(実)----
2011/09(実)----
2012/09(実)5390-14539
2013/09(実)345-501-17-156

 利益率・CFマージン

業種柄、利益率・ROE・キャッシュフローマージンはかなり高めです。

最新のROEを分解すると純利益率27.71%、総資産回転率0.99倍、財務レバレッジ1.31倍です。財務レバレッジはかなり低めであり、高ROEは高収益性に由来します。良い高ROEです。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2009/09(実)57.4%39.1%--
2010/09(実)45.1%23.0%--
2011/09(実)45.9%26.1%--
2012/09(実)53.8%28.1%50.2%-
2013/09(実)51.9%28.6%29.8%36.0%
2014/09(予)49.3%27.7%--

 一株利益・一株配当・配当性向

新興市場の成長企業らしく配当は出していません。

決算期一株利益一株配当配当性向
2009/09(実)31.90.00%
2010/09(実)16.60.00%
2011/09(実)25.00.00%
2012/09(実)50.50.00%
2013/09(実)55.50.00%
2014/09(予)66.70.00%

指標

M&Aキャピタルパートナーズの株主優待利回り(100株)は年1.18%です。

予想配当利回りは0%(配当性向0%)であり、配当+優待利回りは年1.18%です。

PBR8.78倍、予想PER34.92倍、自己資本比率76.5%、有利子負債は0円、現金等は10.5億円、営業CFは3.4億円です。

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-株式
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.