ラグジュアリーソーシャルアワーがアンダーズ東京で休日に定期開催!大反響!!

更新日: ラグジュアリーカード

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京の休日開催案内)

2019年2月16日(土)、ラグジュアリーカードに新しい歴史が刻まれました。

これまでは月1回の平日開催が基本だったラグジュアリーソーシャルアワー(Luxury Social Hour)が休日に初開催となりました。

また、会場も従来はフォーシーズンズホテル東京のみでしたが、この度アンダーズ東京に初進出となりました。

2019年3月からは毎月第4土曜日に定期開催することになり、より一層参加しやすくなり、更にパークハイアット東京CABINでも開催されて週次開催となり、使いやすくなりました。

ラグジュアリーソーシャルアワーはホテルから「うちで開催しませんか」という引き合いが強いようであり、今後はドンドン全国各地に拡大するといいですね!

ハイアットの高級ホテルのアンダーズが舞台であり、華やかで楽しい雰囲気でした。

初の休日&アンダーズ東京でのLuxury Social Hourの内容

ラグジュアリーソーシャルアワーとは、高級ホテルのレストランの一角で、ワイン2杯とフィンガーフードを楽しめるダイニングイベントです。

これまでは月1回フォーシーズンズホテル東京で開催されていました。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーソーシャルアワーは毎月の定例イベントは平日ですが、やはりビジネスパーソンですとなかなか厳しいという方も多いと思います。

そのような観点で、土曜日に初開催となりました。これは素晴らしい試みだと思います!

2019年3月からは基本的には第4土曜日に開催されます。開催時間は概ね17時~20時となっています。18時~20時(最終受付19時半)という会と、17時~20時(最終受付19時)という会がありました。

アンダーズ東京 Social Hour

2019年3月23日の会場はアンダーズ東京51階の「ザ タヴァン ラウンジ」となります。

料金は1人2,000円(税・サ込)で、2種類のワイン、カナッペが含まれています。

アンダーズ東京のLuxury Social Hourでの提供ワイン(2019年3月)

2019年4月27日からは、ビール・スパークリングワイン・スペシャルカクテル・ソフトドリンクも選択できるよになりました。

ラグジュアリーソーシャルアワーのワイン(2019年4月27日)

同伴者も1人2,000円であり、複数名同伴してもOKです。家族カード会員だけではないので使い勝手が良好ですね!

更にホテルからの特別オファーとして、Luxury Social Hour参加に加えて、レストランのザタヴァンでの食事をラグジュアリーカード コンシェルジュ経由で予約すると、お得な特典を享受できます。

ラグジュアリーアップグレードに加えて、ウェルカムシャンパンが提供されますよ!

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーの会場

ラグジュアリーソーシャルアワーの案内(アンダーズ東京の休日開催)

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーは他の会場と同様に、ブラックカード、ゴールドカード会員が参加できます。チタンカードは対象外です。

アンダーズ東京は虎ノ門ヒルズに位置しています。

虎ノ門ヒルズ

会場は51Fのレストラン・バー「タヴァン」の時と、52階のルーフトップバー<The Triangleエリア>の会があります。

アンダーズ東京のルーフトップバー(The Triangleエリア)

私が行った時はアンダーズ東京の51階にあるメインダイニング「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブルが会場でした。

アンダーズ東京のタヴァン

通常は高い個室料を支払わないと利用できない特別な空間です。

「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブル

室内の中央に大きい木製のテーブルがあります。

「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブルの室内

皇居やスカイツリーを一望できる圧巻の夜景とともに、特製フィンガーフードとワインを堪能できます。

未就学児のお子さんも無料で同伴できます。実際に小さいお子さんをお連れの方もいらっしゃいました。子供は日本の宝ですね!

ルーフトップバー開催時は、広々としていて開放的です。東京タワーが間近に見えて素晴らしい雰囲気となっています。

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーの会場(ルーフトップバー)

開催時間は17時~20時(最終受付19時)でした。17時15分頃に行ったところ、既にかなり混雑していました。

抜群の雰囲気の中ワインを楽しもうという方が多い気がしました。アンダーズ東京のレストランでワイン2杯+フィンガーフードが2,000円(税込)はありえない安さですね!

受付で人数を伝えると、コンパクトな端末でラグジュアリーカードにて決済することになります。コンパクトでオシャレな機械でした。簡単なキャッシュレス決済!

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)の決済機械

「ANdAZ」と書かれたオシャレなチケットを戴けるので、それをワインと交換する流れとなります。

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)のワインチケット

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーのワイン

初回のワインメニューは、白ワインがムートン・カデ・レゼルヴ・ボルドー・ブラン、赤ワインがムートン・カデ・レゼルヴ・メドック・ルージュでした。

ムートン・カデ・レゼルヴ・ボルドー・ブランムートン・カデ・レゼルヴ・メドック・ルージュ

あの五大シャトーの一角「シャトー・ムートン・ロートシルト」を生産しているバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのカジュアルワイン!

ロスチャイルド社の方がいらっしゃって、ラグジュアリーソーシャルアワーの途中ではワインの解説もあり、より一層深くワインを楽しめました。

ロスチャイルド社のスタッフの解説

ムートン・カデは、バロン・フィリップ・ロスチャイルド社がよりカジュアルにワインを楽しんでもらうために生産しているシリーズです。ボルドーの中で輸出量No.1!

ワンランク上のムートン・カデ・レセルブは限られた地域のぶどうの実を使用して生産されており、ボルドーワインの更なる魅力を広めています。

地域と品種の個性を楽しめる本格的な品質を守りながら、現代のライフスタイルに合わせて、より手に取りやすいスタイルへと改善を続けています。まるでトヨタ自動車ですね!

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)の白ワインと赤ワイン

なお、お好みによって白ワイン2杯・赤ワイン2杯もOKです。1杯ずつ飲んだところ、どちらもめっちゃ美味しかったですよ!

現在はビール、ワイン(赤・白)、スパークリングワイン、スペシャルカクテル、ソフトドリンクから2杯好きなドリンクを選べる方式となっています。

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーのフィンガーフード

フードメニューはトマトとゴートチーズのブリスケッタ、キッシュドロレーヌ、鴨のアランチーニでした。たいへん美味しくてワインともよく合いました。

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)のフィンガーフード

フィンガーフードはスタッフが配ってくれる方式でした。途中で足りなくなったからか、微妙に内容が変化しました。

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)のフィンガーフードを配るスタッフ

フィンガーフードは3種類のカナッペとなっており、美味しく食べられます。

アンダーズ東京のラグジュアリーソーシャルアワーのフィンガーフード

参加した感想

休日で参加しやすい日程ということもあり、とても賑わっていました。開始直後の17時過ぎには並ぶほどでした!

「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブル 「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブルでのラグジュアリーソーシャルアワーの様子

雰囲気はまさにラグジュアリーソーシャルアワー!!!

ラグジュアリーソーシャルアワーのキャンドルと松のインテリア

窓際は全面ガラス張りなので、開放的となっています。

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)のオブジェ

外は夜景がたいへん美しく、うっとりするような景色が広がっています。

ラグジュアリーソーシャルアワー(アンダーズ東京)の夜景

あっという間に時間が過ぎ去りました。

「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブルの室内

アンダーズ東京のタヴァンはラグジュアリーアップグレード、ワインバー優待もあります。

ラグジュアリーカードのアンダーズ東京での特典

詳細は以下で徹底的にレポートしています。

ラグジュアリーカードのワインバー優待に、ルーフトップ バー(アンダーズ東京)が光臨しました。デート、二次会、日々の疲れを癒やす...

カクテルゾーンでバーテンダーのレジェンドの特製カクテル

2月16日はイギリスの「Zetter Town House」でヘッドバーテンダーを務めるGuy Mazuch氏が来日中となっており、ラウンジエリアで特製カクテルを提供してくれました。

ガイ・マズク氏はロンドンの人気バーテンダーであり、クリエイティブ業界の中心地で評判のデザイナーズホテルのチーフです。

「Zetter Town House」でヘッドバーテンダーを務めるGuy Mazuch氏

彼が腕を振るうカクテルラウンジはカクテルの祭典「Tales of the Cocktail」を受賞しており、エキセントリックで美しいカクテルで人々を魅了しています。

カクテルゾーンは抜群に良い雰囲気で、デートも二次会もたいへん捗ります。

タヴァンのカクテルゾーン

ピアノ、トランペット、チェロの美しい生演奏もあり、最高の雰囲気となっています。

アンダーズ東京のタヴァンの生演奏

Guy Mazuchさんの近くの席に座ることができて、お話と握手もできました!

アンダーズ東京のタヴァンのカクテルゾーン

カクテルゾーンも窓の外は至高の夜景が広がっており、窓際のソファー席は激しくおすすめです。

アンダーズ東京のタヴァンのカクテルゾーンの夜景

ガイ・マズク氏のカクテルさばきはまさにプロフェッショナルであり、非常に美味しかったです。

今回のワンナイトでは、以下のカクテルを用意してくれました。

  • スルメとコリス(天草)の和風スープから想し、海藻で風味付けした「シーバスリーガル ミズナラ 12年」をベースにした「Drie van Drie」
  • イギリスの夏の牧草地をイメージしたオーツ麦・蜜蝋・花粉を用いて、繊細なフローラルノートが香るカクテル「Meadow」

下の写真の一番左が「Meadow」、その隣が「Drie van Drie」です。おつまみは無料で戴けました。

ガイ・マズク氏のカクテル2種類・おつまみ

まさにグレイテスト・カクテルという様相を呈しており、めっちゃ美味しかったです(*´ω`*)

ウイスキーベースなのにとても飲みやすく、優美で雅やかでした。

ガイ・マズク氏のカクテル2種類・おつまみ

この他、ガイ・マズク氏にオリジナルカクテルも作って頂きました。

バーテンダーのレジェンドがセレクトしたウイスキーベースのカクテルで、エレガントの極み!

ガイ・マズク氏のオリジナルカクテル

タヴァンの入り口には暖炉もあり、たいへん和みます。

 アンダーズ東京のタヴァンの暖炉

まとめ

休日にアンダーズ東京で初めて開催されたラグジュアリーソーシャルアワーは、とても満足度が高いイベントでした。

参加者がかなり多く好評を博していたので、今後は休日にも定期的に開催される可能性があるかもしれません。

まさにラグジュアリーカードの真骨頂を発揮しているような流麗なダイニングイベントであり、お手軽に参加できるのが大きなメリットです。

「ザ ラヴァン グリル&ラウンジ」のキッチンテーブルの室内ソーシャルアワーでワインを注ぐスタッフラグジュアリーソーシャルアワーのワインとフィンガーフードラグジュアリーソーシャルアワーでの赤ワインガイ・マズク氏のカクテル2種類・おつまみアンダーズ東京からの夜景

私はラグジュアリーソーシャルアワーを取引先との堅くない打ち合わせ、夜の会合までの時間調整などに利用しています。

また、時おりレアなワインや有名ワインが提供されることもあるので、時間が合えば参加したいイベントです。

また、Social Hourの開催ホテルはラグジュアリーリムジン、ラグジュアリーアップグレード、ワインバー特典もあるので、ソーシャルアワー→ダイニング特典利用という流れもおすすめです。

現状では関東のみとなっているので、今後は他の地域でも開催するといいですね。

ラグジュアリーカードはハイアットと提携関係にあるようですが、ハイアットリージェンシー大阪は少し中心部から離れているので、リッツカールトン大阪あたりで開催するとナイスかもですね!

ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカード

ラグジュアリーカードは人生がもっと楽しくなる特典が満載であり、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられます。一度使ったらもう手放せません。

私は入会前と入会後では、生活の豊かさが圧倒的に変わりました。サービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

3種類のラグジュアリーカード

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

-ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.