ラグジュアリーカードのマイルを徹底解説!ポイントをJAL・ANA・ユナイテッド航空・ハワイアン航空に移行可能!

更新日: ANAマイル JALマイル ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード(ブラック)とラグジュアリーカード(ゴールド)

金属製の上級の素材、卓越したコンシェルジュが人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、ポイントをマイルに交換することが可能です。

ラグジュアリー・リワードのポイントは、交換可能なマイルが多いのが特徴となっています。

JALマイル、ANAマイル、ハワイアン航空のマイル(HawaiianMiles)、ユナイテッド航空のマイル(マイレージプラス)に交換可能です。

マイル還元率は最大でチタンカード0.6%、ブラックカード0.75%、ゴールドカード0.9%となります。

ラグジュアリーカードのポイントのマイル移行について、徹底的に解説します。

Luxury Cardのマイル還元率

ラグジュアリーカードのポイント制度のイメージ

ラグジュアリーカードは月間利用金額1,000円ごとに2~3ポイント付与されるのが基本となります。

  • ゴールドカード:1.5%(月間請求合計金額1,000円につき3ポイント)
  • ブラックカード:1.25%(月間合計1,000円につき2ポイント+利用明細ごとに2,000円あたり1ポイント)
  • チタンカード:1.0%(月間請求合計金額1,000円につき2ポイント)

Amazonギフト券、nanacoギフト、EdyギフトID、ANA SKYコインジェフグルメカード等に交換すると、1ポイントの価値は5円です。

マイルへの交換だと1ポイント3マイル、ワインのお買い物クーポンへの交換だと1ポイントの価値が最大11円となります。

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card)は、実は隠れ高還元カードであり、ポイントをワイン購入に使う場合はバ...

ラグジュアリーカードのマイル付与率は0.6%~0.9%なので、メインカードとしてガンガンマイルを貯めたい場合は、物足りない水準です。

  • ゴールドカード:0.9%
  • ブラックカード:0.75%
  • チタンカード:0.6%

しかし、交換可能なマイレージプログラムの種類が多いのがメリットです。わが国を代表するエアラインであるANAとJALの両方に交換できてファンタスティックです。

ANAの飛行機とJALの飛行機

特にJALマイルは対象外というポイントプログラムも多いので、移行可能なのはスペシャル。

更に、ANAと同じスターアライアンスで使い勝手良好なユナイテッド航空、ハワイアン航空のマイルにも交換することが可能です。

特典航空券に必要なマイルに少し足りない場合で、ポイントを交換すれば届くケースなどに、マイル交換を活用するのは有効です。

ラグジュアリーカードのポイントは4つのマイルに移行できる点にエッジ・優位性があり、まさに四天王という様相を呈しています。

少しマイルが不足している時は、スーパーサブとしてマイルに交換できて便利です。

以下、ラグジュアリーカードで移行できるマイルの詳細についてブレイク・ダウンします。

JALマイル

JALの飛行機

ラグジュアリーカードのポイント200pt以上100ポイント単位で、JALマイルに交換できます。年間上限15,000ポイントとなります。

MAXが設定されているのはデメリットですが、ゴールドカードで年間利用額に応じたボーナスポイントが最高還元の状態でも、年500万円の利用分までは移行可能です。

法人や個人事業主の方で、ラグジュアリーカードのビジネスカードによってガンガン経費を決済している方でなければ、多くの方は問題ないでしょう。

JALマイルは交換可能なポイントが少ないので、移行可能なのはラグジュアリーカードの大きなメリットです。

大手クレジットカード会社でも、ポイントをマイル交換できるようにJALと交渉を行った末に却下された会社もあります。

また、アメックスダイナースもJALマイルへのポイント交換はできません。JAL側が提示した条件を飲めないという経営判断だったようです。

実際に私自身、貯まっているマイルはJALが103,939マイル、ANAが497,135マイルで、フライトは同程度であるにもかかわらず、保有マイルは日本航空の方が圧倒的に少なくなっています。

JALの保有マイル数

ANAの保有マイル数

私は日本を代表する翼としてANAとJALの双方が好きであり、永世中立の立場です。どちらも利用しており、主に都合がいい時間帯がある方に乗っています。頻度は概ね同程度です。

しかし、やはりクレジットカード、その他新ソラチカルートを駆使したマイル移行では、ANAの方が間口は広いので、相対的にJALマイルに交換できるポイントは希少性が高いです。

しかも会員サイトの「Luxury Card Online」でサクッと簡単に手続きできてユーザーフレンドリーです。

ログインしてグローバルメニューバーの「ポイント照会・交換」を選択して、「ポイント移行」の欄の「詳細を見る」を選択します。

ラグジュアリー・リワードの画面

続いて「移行先選択」欄からJALを選択して、後は画面の案内に沿って手続きすればOKです。

ラグジュアリーカードのポイント移行画面

途中でJALマイレージバンク会員番号(お得意様番号)を入力する必要があるので、間違えないようにしましょう。


ANAマイル

ANAの飛行機

ラグジュアリーカードのポイント200pt以上100ポイント単位で、ANAマイルに交換できます。年間上限はありません。

アメックス、ダイナースではANAマイルへの交換で年間上限額が設定される改悪が勃発しました。

アメリカン・エキスプレスが、ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」において、マイルへの交換制度を一部変更します。改...
ダイナースクラブカード、銀座ダイナースクラブカード、ダイナースプレミアム、ダイナースクラブ ビジネスカード、三井住友信託ダイナ...

しかし、ラグジュアリーカードは依然として年間上限額がなくて質実剛健です。

自由の国であるアメリカ発のラグジュアリーカードらしく、マイラー垂涎のANAマイル移行の自由さを誇っています。

ANAの飛行機から見る地上

ANAの飛行機の窓からの景色

ハワイなど人気路線のビジネスクラスは、特典航空券の予約が困難を極めるのがデメリットですが、ぼっちだと1年先なら確保することが可能です。

独身ぼっちで本当によかったという局面ですねヽ(´ー`)ノ

ハワイ

ラグジュアリー・リワードのポイントからANAマイルへの交換手順は、JALマイルと同一です。「移行先選択」の画面でANAマイルを選択しましょう。

途中でANAマイレージクラブ会員番号(お客様番号)を入力する必要があるので、間違えないようにしましょう。

ユナイテッド航空のマイレージプラス

ユナイテッド航空のマイレージプラスカードのキャンペーン案内

ラグジュアリー・リワードのポイントは2018年半ばから、ユナイテッド航空のマイレージプラスにも移行が可能になりました!

ラグジュアリーカードのポイント200pt以上100ポイント単位で、マイレージプラスに交換できます。年間上限はありません。

ただし、オンラインでは手続きが不可能で、カスタマーサポートに電話する必要が生じます。

営業時間は9:30~18:00(日・祝・年末年始休)で、フリーダイヤルで通話料無料にて電話できて素晴らしいです。

電話のジェスチャーを取る女性

手続きにはマイレージプラス会員番号が必要になります。まだアカウントがない場合は、予めユナイテッド航空のサイトで取得しておきましょう。

ユナイテッド航空はANAと提携関係にあり、かつ同じ航空連合のスター・アライアンスに属していることから、日本人にとっても使いやすいマイルです。

日本国内ではANA国内線の搭乗に使うことが可能です。800マイル以下の路線は片道5,000マイルだけでOKであり、800マイル以上でも片道8,000マイルで発券できます。

東京発着路線では、800マイルを超えるのは沖縄(那覇・宮古・石垣)だけです。ほとんどのANA国内線を片道5,000マイルで利用できます。

大阪発着路線の場合は関空→石垣だけであり、名古屋発着路線は那覇・石垣だけです。

ユナイテッド航空のマイレージプラス Premier 1Kのタグ

12時間以内の乗り継ぎが発生する場合でも同じマイルで搭乗できるのがメリットです。例えば、秋田→羽田→大阪というフライトが5,000マイルで可能です。

ストップオーバー(12時間以上の滞在)を行う場合は、片道の特典航空券が必要となります。

しかも、マイレージプラスの国内線の特典航空券は、出発地と最終目的地の間の距離で計算されます。したがって、沖縄にタッチしていても、東京・大阪・名古屋→那覇→福岡ならばOKです。

沖縄の海

やるかどうかは別にして、5,000マイルで2区間・3区間をフライトすることも可能です。各地で12時間の滞在を楽しめます。一例は以下のとおりです。

  • 羽田→那覇→福岡→関空
  • 羽田→伊丹→新千歳→静岡
  • 羽田→松山→名古屋→新潟

マイレージプラスはユナイテッド航空だけではなく、スターアライアンス加盟航空会社の好きな特典旅行券とも交換できます。

  • 10,000マイル~: 国内線往復特典航空券
  • 25,000マイル~:グアム、サイパン、パラオ往復特典航空券
  • 30,000マイル~:アジア往復特典航空券
  • 45,000マイル~:オーストラリア往復特典航空券
  • 50,000マイル~:ハワイ往復特典旅行航空券
  • 70,000マイル ~:北米往復特典航空券

ただし、 2019年11月15日搭乗分からユナイテッド航空の特典航空券の必要マイル数は変動制となり、繁忙期は多くのマイルが必要になりました。

スターアライアンス提携航空券、ANA国内線のフライトにマイレージ・プラスを使う場合には変更がありません。

なお、搭乗から30日前の直前発券の場合、追加でマイルが必要なのがデメリット。ANA国内線・提携特典航空券は3,500マイルとなっています。

ユナイテッド航空のマイレージプラスを本腰入れて貯める場合は、マイレージプラスカードの活用をおすすめします。

ユナイテッド航空のMileagePlus(マイレージ・プラス)のマイルを貯められるクレジットカードがあります。Mileageplusカード(マイレ...

一般カードだとダントツでクレディセゾンのMileagePlusセゾンカードがコスパ良好です。

計年会費が6,500円(税抜)で、一般加盟店でのマイル付与率が1.5%と高還元となります。

年間30,000マイル(約300万円の利用)を超えると0.5%になってしまいますが、多くの方は問題ないでしょう。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「マイル・航空系カード」としてMileagePlusセゾンカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

実はマイレージプラスセゾンカードは、クレディセゾンの社員の保有率が高いクレジットカードです。社員が殺到するようなカードはお得です。

マイレージプラスセゾンカードというクレジットカードがあります。ユナイテッド航空のマイル(MileagePlus)が貯まるのが特徴です。年会...

セゾンカードのApple Pay

お得にフライトすることが可能になり、家計が頑健化します。トラベルを豊かに彩ることができます。

コスモ石油では還元率が2%に上がります。アメックスブランドの場合はアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用できます。

また、全国の西友・リヴィンで5%OFF(毎月5日・20日)、会員限定チケットなどセゾンカードの共通特典を利用できます。

マイレージプラスカード セゾン 公式サイト

ハワイアン航空のHawaiianMiles

ハワイアン航空のグッズ

ラグジュアリーカードのポイントは、ハワイアン航空のHawaiianMilesにも移行できます。

200ポイント以上100ポイント単位で、マイレージプラスに交換できます。年間上限はありません。

ただし、オンラインでは手続きが不可能で、カスタマーサポートに電話する必要が生じます。

営業時間は9:30~18:00(日・祝・年末年始休)で、フリーダイヤルが用意されています。手続きにはHawaiianMilesのアカウント番号が必要です。

ハワイアン航空のグッズ

ラグジュアリーカードのブラックカード会員、ゴールドカード会員はハワイアン航空の上級会員資格も獲得でき、航空ラウンジも利用可能でスペシャルです。

ポイントで交換したマイルで特典航空券を獲得して、更に上級会員資格を活用するという二刀流が可能になります!

ハワイアン航空のエアバスA330gata 機の説明

ラグジュアリーカードはハワイ旅行に八面六臂の活躍を見せてくれます。奥さんの機嫌が良くなったり、恋人の評価が上がりますね!


まとめ

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリー・リワードのポイントは、交換可能なマイルが多いのが特徴となっています。

JALマイル、ANAマイル、ハワイアン航空のマイル(HawaiianMiles)、ユナイテッド航空のマイル(マイレージプラス)に交換可能です。

マイル還元率は最大でチタンカード0.6%、ブラックカード0.75%、ゴールドカード0.9%となります。

羽田空港 国際線ターミナル

ラグジュアリー・リワードのポイント制度は、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します(JALマイルの価値)。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

航空マイルに交換して、新しい地平へ雄飛できる機会を手に入れられて武骨で風雅です。

ラグジュアリーカードはライバルのクレカに一歩差をつける流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

-ANAマイル, JALマイル, ラグジュアリーカード
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.