会員サイトやアプリもラグジュアリー!LUXURY CARDは上質の極み

更新日: クレジットカード ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)とロレックス デイトジャスト

ラグジュアリーカードのゴールドカードを使い始めて数日が経過しました。早速お店で使い始めており、特典も利用開始しています。

中長期的にはアメックスやダイナースのような高級クレジットカード・ブランドへと発展していくポテンシャルを秘めていると感じました。

ラグジュアリーカードは会員サイト、公式アプリもスマートでハイセンスとなっており、オシャレで見るのが楽しいです。

UI(ユーザーインターフェース)、UX(ユーザーエクスペリエンス)に優れています。

ラグジュアリーカードは「Black Card」社の日本法人であるBlack Card I株式会社がプロデュースしており、アプラスがカード発行・管理等の業務を担当しています。

アプラスは新生銀行グループのクレジットカード会社であり、黒衣の役割を担っています。アプラスは高級カードの黒子役を得意としており、他にはポルシェカード等でも同様の役割を果たしています。

ラグジュアリーカードの会員サイトにアクセスするには、アプラスの会員サイト「NETstation APLUS」に新規登録する必要があります。

IDはメールとハガキでカード到着前に事前に案内されます。ログインパスワードはクレジットカード番号の下8桁(数字)となります。

NETstation APLUSのログインIDのご案内

事前に記載されているログインIDがわからなくなってしまった場合や、気に入らない場合は、改めてIDを発行することが可能です。

NETstation APLUSにアクセスして「新規登録」を行います。もちろん、料金は無料です。

NETstation APLUS.

規約に承諾して、カード番号・有効期限、氏名、生年月日、メールアドレス等を入力します。

NETstation APLUS登録画面

するとラグジュアリーカードの会員サイト「Luxury Card Online」にアクセスできるようになります。ログイン画面はホワイトがベースでシンプルで洗練されています。

ラグジュアリーカードの会員サイトへのログイン画面

ログイン後のトップページは以下のとおりです。グローバルメニューとしては、キャッシング、請求明細照会、未請求ご利用明細、ポイント照会・交換、各種変更・登録申請があります。

その下にカード利用枠、現在のカード利用可能額照会へのリンク、アドレス、サービス登録状況が載っています。

ラグジュアリーカード会員サイト画面

ラグジュアリーカード・オンラインのトップページの下部には「おススメ情報」という欄があり、LUXURY CARD サービス・インフォメーションへのリンクがあります。

ここからラグジュアリーカードのベネフィットガイドに行くことができます。

その更に下には、顧客情報の変更、カード内容の変更・追加カード申請、カード利用明細書WEBサービス、本人認証サービスへの登録リンクがあります。

ラグジュアリーカード サービス・インフォメーションへのリンク画面

ラグジュアリーカードの特典ページは、背景はホワイトがベースでブラック、シルバーがベースカラーとなっていてオシャレです。ここらへんはデザイナー魂が発揮されている感があります。

上部センターには「LUXYRY CARD」という美しいフォントの文字があり、その下にはグローバルメニュー、カード画像、お知らせ欄となっています。

ラグジュアリーカード サービス・インフォメーション トップ画面

ベネフィットのカテゴリーは以下の6つでした。

  • コンシェルジュ(CONCIERGE)
  • ダイニング(DINING)
  • トラベル(TRAVEL)
  • ポイントプログラム(REWARDS)
  • ライフスタイル(LIFESTYLE)
  • 付帯保険(INSURANCE)

お知らせ欄にはお知らせの他、「LUXURY CARD VIP」(HOTEL & TRAVEL)、LUXURY MAGAZINEが配置されています。

LUXURY CARD VIPにはラグジュアリーカードのトラベル関連ベネフィットの概要が集結しています。

米国で発行されている冊子は大作ゲームの攻略本のようなボリュームとなっていてパワフルです。

金属製であること、Mastercardのワールドエリートのステータスが話題のラグジュアリーカードは、クレジットカードとしての特典も充実...

日本の秀逸な旅館・小規模ホテルの特典「The Ryokan Collection」もあります。

上質の金属製の素材が人気を博しているラグジュアリーカードには、「The Ryokan Collection」というベネフィットがあります。日本を代...

日本ではインターネットで閲覧する形式となっています。冊子だと見やすいというメリットがありますが、コストがかかりすぎますし、出先で確認できません。個人的にはネットでOKです。

LUXURY CARD VIP(HOTEL & TRAVEL 2016)

ラグジュアリーマガジンは広告は極限まで抑えられており、純粋な読み物として楽しいコンテンツが満載です。

世界の厳選した最新情報が掲載されており、3ヶ月に一度発行される季刊となっています。

「ラグジュアリーカード」というクレジットカードがあります。Mastercard最上位のワールドエリートのステータスを持ち、金属製である...

卓越すべきなのは写真の素晴らしさです。掲載されている写真はいずれも超一流であり、見ているとリッチな気分になれます。

ラグジュアリーマガジンの目次

ベネフィットガイドでも上質の写真がふんだんに採り入れられており、ゴージャスな雰囲気となっています。一例として、ラグジュアリーカードのダイニング関連ベネフィットは以下のとおりです。

ラグジュアリーカードのダイニング関連ベネフィット

ラグジュアリーカード サービス・インフォメーションの各ページでは、ページの下部に「関連ページ」が表示されるのも良い点です。

求めている情報と類似の情報に自然とアクセスできる導線が構築されています。

ラグジュアリーカード サービス・インフォメーションの関連ページ

ラグジュアリーカードには会員専用スマートフォンアプリも用意されています。外出先でもサービス・優待情報の確認ができます。

もちろん、24時間365日体制のコンシェルジュに電話したら何でも回答してくれますが、出先で情報を網羅的に一覧で把握したい時もありますよね。

そういう場合にアプリは便利です。飛行機の中、移動中などに膨大な数の特典をサクッとチェックできます。個人的には紙よりも会員サイト・アプリでUPしてくれた方がいいです。

コストも低いのでその分、他のサービスを充実させることもできますし。

会員専用スマートフォンアプリのお知らせ

LUXURY CARD公式アプリはiPhone等のiOS、Androidアプリが用意されています。

ラグジュアリーカード会員アプリ ダウンロード画面

インストールして起動すると、初回ログイン時はIDとパスワードの入力が必要となります。

ラグジュアリーカードの公式アプリの初回起動時画面

ログインすると、自分のカード画像と各種特典へのリンクがあります。

  • コンシェルジュ
  • ダイニング
  • トラベル
  • ポイントプログラム
  • ライフスタイル
  • 付帯保険
  • LUXURY MAGAZINE
  • VIP HOTEL&TRAVEL 2017
  • TICKETS

ラグジュアリーカード公式アプリトップページ

Ticketsはアプリを提示したら受けられるベネフィットが出ます。お気に入りも登録できるので、よく使う特典をブックマークすると便利です。

ラグジュアリーカード公式アプリのチケット画面

アプリもクオリティ抜群の画像がふんだんに採り入れられており、見るのが楽しいです。文字通り「ラグジュアリー」です。

ラグジュアリーカード公式アプリのトラベル

アプリ下部のメニューは「Menu」、「Message」、「LC Online」、「Contact」、「SNS」の5つがあります。

LUXURY VIP、LUXURY MAGAZINEはアプリでも確認できます。目次もあり、ショートカットもできます。

ラグジュアリーカード公式アプリのLUXURY CARD VIP画面 ラグジュアリーカード公式アプリのラグジュアリーマガジン画面

「Contact」にはコンシェルジュの連絡先、利用明細・住所変更・ポイント交換などのカスタマーサポートの電話番号・メールアドレスが記載されています。いつでも確認できます。

ラグジュアリーカード公式アプリのコンシェルジュの連絡先画面

「Others」には会員限定イベントや新情報のアナウンスがあります。時折アプリ起動時にポップアップでも案内があります。

ポップアップという代物は大抵はウザイのですけれども、ラグジュアリーカードの公式アプリに関しては、秀逸な情報のみが出てくるので、むしろ知らせてくれてありがたいという感情が込み上げてきます。

ポップアップがありがたいというのは滅多にありませんので、ラグジュアリーカードが提供する情報が素晴らしいことの証左だと考えています。

ラグジュアリーカード公式アプリの会員限定イベント画面 ラグジュアリーカード公式アプリのワイン・オリーブオイル先行販売画面

ラグジュアリーカードは会員サイト、アプリも秀逸なクオリティとなっています。使っていて楽しいクレジットカードです。

最大の特徴は金属製の卓越した素材です。著名な芸能人やカリスマモデルの保有者が増えているようです。オシャレさが異次元ですので、それも納得です。

ラグジュアリーカードのメディア露出は他のクレジットカードとは一線を画しており、ライフスタイルマガジン、ファッション的な媒体が多いそうです。

2枚のラグジュアリーカード

日本では東京国際フォーラムで開催されたアートフェア東京に、ラグジュアリーカードがイベント協賛し、ブースでカードを展示したそうです。

ファッショナブルの側面では卓越したクオリティであり、カード本体の上質感はプラスチック製のクレジットカードとは次元が違う秀逸さでした。

ラグジュアリーカードのファースト・インプレッション、素材の感想については、以下にまとめています。

「Mastercard Gold Card」というクレジットカードがあります。金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードのゴールドカードです...

ラグジュアリーカードの素材の良さ、上級の質感は半端ない水準であり、賛否両論がありますけれども、ドヤ顔が捗るのは間違いありません。

保有することに幸せや喜びを感じられて、使うのがワクワクするクレジットカードです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードはライバルのクレカに一歩差をつける流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

本物の高貴なクレジットカードであり、珠玉のベネフィットの良さには、ただもう溜息をつくばかりです。人類垂涎の至高の芸術作品といっても過言ではありません。

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-クレジットカード, ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.