ラグジュアリーカードの素材のブログ的口コミ!金属製は雄偉という感想を抱きました。

更新日: ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードが入った郵送物

彗星のごとく登場したラグジュアリーカードというクレジットカードがあります。

Mastercard最上級カード「ワールドエリート」のステータスと金属製の材質が好評を博しています。

ラグジュアリーカードの最上級カードであるゴールドカード(Mastercard Gold Card)のインビテーションをいただくことができて、無事審査が通過して発行できました。

また、ビジネスカードではブラックカード(Mastercard Black Card)を保有しています。

2枚のラグジュアリーカードのファースト・インプレッションでは、他社におけるブラックカード相当で卓越したカードであるという感想を持ちました。

実際にMastercard Gold Cardを手にした私の個人的口コミについて、ブログとしてまとめます。

ラグジュアリーカード ブラックの素材

ラグジュアリーカード(ブラックカード)の箱

私はビジネスカードにおいて、ラグジュアリーカード ブラック(Mastercard Black Card)を発行しました。ETCカードに申込むと同時に届きます。

ETCカードは封筒、クレジットカード本体は段ボール箱に入っており、開けるとベネフィットガイドとケースが入っています。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)の箱

ケースは重厚感・高級感に満ち溢れており、まさに「ブラックカード」という様相を呈しています。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)が入ったケース

箱を開けるとカードがしっかりと封入されていました。以下はカードを少し右側にずらして撮影しました。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)一式

挨拶文、会員専用スマホアプリの案内、ポケットガイド、ユーザーマニュアル、会員規約も封入されています。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)の挨拶文、会員専用スマホアプリの案内ラグジュアリーカード(ブラックカード)のユーザーマニュアル、会員規約

挨拶の文では手書きのサインの印字がオシャレです。外資系企業の文書によくありますが、人間味があふれていて好きです。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)入会の挨拶文

ポケットガイドはブラックカードらしく黒一色でした。ゴールドカードは黄色でしたので、カードの色に合わせています。

裏面には「Life Without Limits」という言葉。「人生に限界はない」は、かっこいいですね!

ラグジュアリーカード(ブラックカード) のポケットガイドの裏面

実際に手にとって強く感じたのは、質実剛健でダイナミックであり、力強さが虎に翼、弁慶に薙刀の威力がある点です。

ラグジュアリーカード(ブラック)とETCカード

垂涎の素材力を誇っており、カードの真髄を極める究極のエレガンスを体現しているクレジットカードだと感じました。

ラグジュアリーカード ブラックとアメックス・ビジネス・プラチナとダイナースプレミアムのビジネス・アカウントカード

質実剛健な力強さではアメックス・プラチナ、ダイナースプレミアムを上回る魅力があり、上質感は随一となっています。

ラグジュアリーカードのブラックカードはマットな質感が質実剛健であり、その名の通り黒いボディにMastercardのワールドエリートのプラチナ色のロゴが映えています。

国際ブランドが新しいタイプになって、より一層研ぎ澄まされた感があります。シャープで力強い1枚です。

ラグジュアリーカードのブラックカード

光の加減によってはワールドエリートのロゴが光り輝き、ゴージャスな様相を呈しています。

バスケットで例えるとパワー・フォワードのようなクレジットカードであり、パワフル&華麗なゴール下で得点を量産するようなイメージがあります。

ダイナースやアメックスにもない卓越したダイニング特典が最大のメリットであり、カッコ良さに加えて類稀なベネフィットを享受できます。武骨で突出しています。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

深淵なブラックボディはまさに「黒のカリスマ」であり、「シャイニング・ブラック・カード」と形容できるハイ・クオリティー・カードです。

その豪勢で高雅な佇まいはLUXURY CARDの才気煥発。力強さが「スラムダンク」的であり、ファンタスティックな1枚です。

公式サイトラグジュアリーカードのブラックカード

ラグジュアリーカード ゴールドの素材

個人用カードでは、ラグジュアリーカード ゴールド(Mastercard Gold Card)のインビテーションを頂き、無事に審査を通過して発行しました。

前提としてLuxury Cardのインビテーションについては、以下で徹底的に解説しています。

ラグジュアリーカードにはチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類があります。このうちゴールドカードはインビテーショ...

ラグジュアリーカードの入会申込書の返信用封筒は大型サイズで豪華です。小さい定形郵便のサイズで、申込書などの必要書類を折り曲げる手間がありません。

申込書の返信用封筒もラグジュアリーでした。インビテーションには特典ガイドと申込用紙が封入されています。

ラグジュアリーカードの入会申込書の郵送物

返信用封筒の裏面には送る書類の確認項目も分かりやすく記載されており、ユーザーフレンドリーです。

カード会員申込書、預金口座振替依頼書・自動振込利用申込書、本人確認書類の3点を送ることになります。本人確認書類はもちろん原本ではなく、A4用紙にコピーすればOKです。

ラグジュアリーカードの入会申込書の郵送物裏面

特筆すべきなのはシール貼り付けである点です。のり付けする必要が無いのは素晴らしいです。ノリが手についてしまってベタベタしたりすると面倒ですのでありがたいです。

封筒の中面はブラックの背景にシルバーで「LUXURY CARD」という文字が記載されていてオシャレです。

ラグジュアリーカードの入会申込書の返信用封筒のシール

入会申込書の記入例も分かりやすくてUIが優れています。記入を迷う項目は一つたりともありませんでした。

ラグジュアリーカードの入会申込書記入例

入会申込書の記入例では、年収の欄が2000万円になっていたので、審査に不安がよぎりました。私の年収は2000万円に到底未達。。

ラグジュアリーカードの申込用紙(年収の例と注意書き)

しかし、審査ばかりは人事を尽くして天命を待つしかありませんので、これまで10数年に渡って築いてきたクレジットヒストリーを信じて、後はベネフィットガイドを見ながらイメージを膨らませました。

ベネフィットガイドには「Your're Invited.」と書かれています。ラグジュアリーカードを持つ人は「選ばれた人」であるということでいい言葉だと思います。

ラグジュアリーカードのベネフィットガイド

申込書の返送から約1週間ほど経ったある日・・・。

ラグジュアリーカードの発行・管理業務を担当しているアプラスから、「NETstation APLUSの会員登録完了のお知らせ」というメールが届きました。

NETstationAPLUSの会員登録完了のお知らせ

会員サイトへのIDが記されていました。審査が通過したと判断できたので、めっちゃ嬉しかったです。

アメックス・ビジネス・プラチナの審査は設立間もない法人での申し込みで大苦戦したこともあり、年収がそれ程は高くないことから、不安要素を抱えての申し込みだったので感謝でした。

その数日後、親展で「アプラスからの重要なお知らせ」という郵便はがきが届きました。

アプラスからの重要なお知らせ

開けると、インターネット総合サービス「NETstation APLUS」のログインIDのご案内でした。改めてログインIDが記されているとともに、受取の手順、会員サイトの便利なサービスについて記載されていました。

NETstation APLUSのログインIDのご案内

そして申し込みから2週間強が経過して、ラグジュアリーカードからダンボール箱が届きました。存在感があるサイズで、一目でカードが入っていることがわかりました!

ラグジュアリーカードの郵便物

テンションMAXでワクワクテカテカしながら箱を開けました。ラグジュアリーカードのゴールドカードらしいイエローの箱が入っていました。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)が入った箱

「LUXURY CARD」という文字はゴールド色で、光があたる角度によってはキラキラと光って美しかったです。

ラグジュアリーカードが入った箱の「LUXURY CARD」という文字

フタをパカっとオープンすると、まずはポケットガイドと緩衝材が見えました。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)が入った箱の蓋と中身

その下にはラグジュアリーカードのゴールドカード(Mastercard Gold Card)が光臨!!

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の箱を開けたところ

24金のコーディングが施されており、材質もクレジットカードの中で最上級です。最初の感想はとにかく「美しい」です。

外見に不自由な私の180度真逆という様相を呈していました。ゴールドというものはキラキラできれいなんだと改めて再認識しました。

手に取ったラグジュアリーカード(ゴールドカード)

金の延べ棒を鑑賞すると凄いなーと感じます。それと似たような感情が込み上げました。

率直に申し込ますと純金のカードと最初に聞いた時、「24金?何それ?美味しいの?」と思っていました。

転売できないという制約がつくならば、「金より団子の方がええわ」と強気の姿勢でした。

しかし、ラグジュアリーカードのゴールドカードを見た瞬間、私の考えはあまりにも浅はかであり、ゴールドの魅力を如実に過小評価していたことが分かりました。

光の加減によっては美しく光り輝き、キラキラします。半端ではないオーラをまとっていました。どれ程頑張ってもオーラが出ない私の真逆でした。

ラグジュアリー・カード(ゴールドカード)が輝いているところ

Mastercardのロゴ変更に伴って新デザインに変更され、純金のようなキンキラ度合いが格段に向上して、まさに「ギンギラギン」という色彩を帯びて華やかになりました。

光に呼応してカード表面が反射しており、周囲を取り込んで色合いが変幻自在です。接写すると見事に顔とスマホが映ります。傑出した高級感があり、大事に使おうと思いました。

新旧のラグジュアリーカード(ゴールドカード)

Mastercard ワールドエリートのシルバーの箔押しロゴもオシャレで洗練。周囲の円が立体的で、地球が2つ重なっているイメージとなっています。

ダイナースプレミアムの「Premium」というキラキラのロゴ、JCBの箔押しロゴに匹敵するカッコ良さで、実物を見た瞬間に一目惚れしてしまいました。

Mastercard ワールドエリートの新ロゴ

ラグジュアリーカードがゴールドカードを最上位カードにした意味が分かりました。私はチタンカードもブラックカードも実物を見ています。

3種類のラグジュアリーカードを全て見て手に取った経験則からは、やはりゴールドカードが上質でした。

ジュエリーショップでは24金が一番上に来ており、古くは古代エジプトからゴールドというものの価値は人類に認められてきました。

ゴールドカードが最上位カードという超変革に納得がいきました。24金のコーディングを施しており、材質もクレジットカードの中で最上級です。

24金コーティングが施されているだけあり、光の当たる角度、背景色によって色合いが変化します。

角度によってキラキラ具合が変化して表情が変わり、セクシーでラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)新券面ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

24金仕上げのMastercard Gold Cardの新券面は、2017年に新たな特許(米国特許第9,466,019号、D748,725 & D761,356)を取得しています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。

美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業が、類まれな高級感溢れるクレジットカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

カード裏面もオシャレな模様です。非常にファッショナブルなクレジットカードです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の裏面

カード裏面の右側には「WORLD ELITE」という文字とMastercardのロゴがあります。ロゴも角度によっては光り輝きます。

Mastercardのホログラムと「WORLD ELITE」という文字

Mastercard Gold Cardの側面はシルバーでした。テーブルに当てるとコツンという金属音が鳴ります。

ラグジュアリーカードの側面

ラグジュアリーカードは特許技術で金属製であるにもかかわらず、通常のクレジットカードと同じ薄さを実現しています。ICチップも通常のクレカよりも小さくてスマートです。

特殊な技術が用いられており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ラグジュアリーカードは金属製ということで、通常のプラスチックカードよりも重いという評判・口コミがありました。

そこで比較。まずは当時プラスチック製だったアメックス・ビジネス・プラチナを計測すると約5gでした。

計測に使ったのは郵便物の重さを測る1,300円の安物ですので、少々の誤差はあるかもしれません。

アメックス・ビジネス・プラチナの重量は約5g

続いてダイナースクラブ プレミアムカードの重さを測ると、こちらも約5gでした。他のプラスチック製クレジットカードも重量は約5gというカードばかりでした。

ダイナースプレミアムの重量は約5g

満を持してラグジュアリーカードのゴールドカードを計測すると、なんと約21gでした。プラスチック製カードの4倍とパワフルです。

重いのでお財布が重くなるのはデメリットです。しかし、差はたったの15gであり、重くなったような感覚や負担感はほとんどありません。全く苦なくお財布に入れて持ち運べる重さです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の重量は約21g

他の高級カードと比較しても、ラグジュアリーカード ゴールドは素材パワーが卓越しており、頑健・堅牢・強靭といった属性が著しく向上しています。

アメックス・プラチナと横並びにすると、アメックスにはクラシックな毛並みの良さがありますが、圧倒的な金属製の質感、24Kゴールドのオーラはラグジュアリーカードにエッジがあります。

ダイナースプレミアム、JCB THE CLASS等のブラックカードと比較しても、素材の上質感、存在感はやはりラグジュアリーカード ゴールドの方が上です。

ラグジュアリーカードと4枚の高級カード

Mastercard Gold Cardは金属製であることから、指で触れると一瞬あとが残ります(以下の黒丸部分)。

すぐに消えますが、ここらへんもプラスチック製とは違う質感がありました。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)を指で触ったところ

入っていたポケットガイドには、コンシェルジュの連絡先、ベネフィットやポイント制度の概要がコンパクトにまとまっていました。読みやすかったです。

Mastercard Gold Card ポケットガイド

ラグジュアリーカードのコンシェルジュは秀逸なクオリティです。

ラグジュアリーカード コンシェルジュ

ダイニングサービスでは、ラグジュアリーリムジンラグジュアリーソーシャルアワーなどユニークなサービスがあります。

LUXURY CARD DINING

LUXURY CARD LIFESTYLEでは、スポーツジム、国立美術館無料入場、医師紹介サービスなど実用的なベネフィットが紹介されていました。

LUXURY CARD LIFESTYLE

その他、入会の挨拶文、カード付帯保険の案内、ユーザーマニュアルが入っていました。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)の案内・カード付帯保険の案内・ユーザーマニュアル

挨拶文には代表取締役のサインがありました。アメックス・ビジネス・プラチナは副社長でしたので、より偉い方が登場しました^^

証券会社の支店長が万年筆でサインした手紙も、もらうと上質感があって嬉しいものです。味わいがあります。

デジタル・IT・オンラインの時代で書くことがあまりなくなっているからこそ、直筆風サインの魅力が上がっている感があります。

ラグジュアリーカードの入会の挨拶文

パスワードのお知らせ、クレジットカード入会日・引落し銀行・利用限度額などの案内、カード会員規約も同封されていました。私の場合は利用限度額は300万円でした。

ラグジュアリーカードの発行案内・会員サイトのパスワード・会員規約

なお、ラグジュアリーカードで利用限度額が1000万円という方もいらっしゃいます。高い利用可能枠を確保できるため、高額決済も可能になっています。

海外旅行、引っ越し、自動車の購入、結婚、出産、留学、自由診療、グレート・ヴィンテージの高級ワインの一気通貫購入など、多額の支...

会員専用スマートフォンアプリのお知らせも。ラグジュアリーカードは会員サイトやアプリが充実していて、かつ見やすいです。

ラグジュアリーカードの会員アプリの案内

ラグジュアリーカードの素材まとめ

ラグジュアリーカード(ブラックカードとゴールドカード)

ラグジュアリーカードは、3種類すべてのカードに金属製デザインと構造で特許を取得した技術が採用されています。

ラグジュアリーカードの素材は異次元に上質であり、一般的なクレジットカードはいくらブラックカードでも所詮プラスチックという感覚すら浮上するのが恐ろしいところです。

ラグジュアリーカードは、著名な芸能人やカリスマモデルの保有者が増えているようです。オシャレさが異次元ですので、それも納得です。

ラグジュアリーカードのメディア露出は他のクレジットカードとは一線を画しており、ライフスタイルマガジン、ファッション的な媒体が多いそうです。

日本では東京国際フォーラムで開催されたアートフェア東京に、ラグジュアリーカードがイベント協賛し、ブースでカードを展示したこともあるそうです。

ラグジュアリーカード(ゴールドとブラック)、アメックスプラチナ、ダイナースプレミアム

他の高級カードと比較しても、Luxury Cardには突き抜けた高級感が備わっており、ゴージャス&ラグジュアリーです。

お財布にゴールド、ブラックの2枚のラグジュアリーカードを入れると、光り輝くゴールドカード、パワフルで落ち着いたブラックカードのコントラストが素晴らしかったです。

光り輝くラグジュアリーカード(ゴールド)とマットなブラックカードが入ったお財布

もちろんチタンカードも同様に上質の極みという様相を呈しています。

ラグジュアリーカード(チタンカード)ラグジュアリーカード(チタンカード)の裏面

ゴールドカードは光に反射して光り輝くのが特徴です。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

お財布から出すと光り輝いていることがよくあります。眩い煌めきを誇っています。

お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードの素材の良さ、上級の質感は半端ない水準であり、賛否両論がありますけれども、ドヤ顔が捗るのは間違いありません。

保有することに幸せや喜びを感じられて、使うのがワクワクするクレジットカードです。

ファッショナブルの側面では卓越したクオリティであり、素材はプラスチック製のクレジットカードとは次元が違う秀逸さでした。高級感は際立っています。

ラグジュアリーカード(ブラック)とラグジュアリーカード(ゴールド)

3種類のラグジュアリーカードを見て触れた感想としては、アメックス・プラチナやダイナースプレミアムに勝るとも劣らぬカッコ良さでした。

店頭で見せると羨ましがられて一目置かれる秀逸なクオリティです。文字通り「LUXURY」です。

ラグジュアリーカードの看板

もちろんステータスの高さ、素材のクオリティだけではなく、充実したベネフィットが豊富です。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

-ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.