中国でラグジュアリーカード・チャイナが発行開始!銀聯カードでダイヤモンドという刻印!

更新日: ラグジュアリーカード

パンダ

ラグジュアリーカードがついに中国にも進出しました。特徴的なのは国際ブランドがMastercardではなくUnionPay(銀聯カード)である点です。

日本・米国と同じく、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類です(以下、カード画像はluxurycard.com.cnから引用)。

中国でのラグジュアリーカード

チタンとブラックには「PLATINUM」、ゴールドカードには「DIAMOND」という刻印があるのが特徴です。

日本のラグジュアリーカードと比較した上で、LUXURY CARDの今後の展開について考察します。

中国でのラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの運営元であるBlack Cardが、中国国務院傘下の中央企業(国有企業)である中国中信集団公司のグループ企業の一つの「中信銀行」と提携して発行しています。

ラグジュアリーカード・チャイナのうち、チタンカードとブラックカードは、「LUXURY CARD」という文字がカード右上にあり、左上には中信銀行とプラチナという文字が刻まれています。

銀聯カードのカードランクの中では、プラチナカードに属しています。

チタンカード(中国)ブラックカード(中国)

キャッチフレーズをGoogle翻訳にかけると、チタンカードは「軽い贅沢以上の工芸」、ブラックカードは「低価格の高級カード」でした。

ゴールドカードは「ダイヤモンド」と記載されています。キャッチフレーズは「華麗な眩しい有名な指導者」となっています。

もちろん日本と同様に24金コーティングであり、ダイヤモンド製ではありません。

銀聯カードのカードランクの中では、ダイヤモンドカードに属しています。

ゴールドカード(中国)

ゴールドカードというのは世間一般的にはプラチナカードの下となります。

中国ではUnionPayの中でダイヤモンドカードに属しており、ダイヤモンドという記載があります。ダイヤモンドカードという新ジャンルを切り拓いています。

日本でも24金製をベースとしつつ、ほんの少しだけダイヤモンドを使って「ダイヤモンドカード」とリブランディングすると、より一層高級感が増しますね。個人的に期待します。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードの日本法人は小回りが効く会社なので、ユーザーの要望に積極的に取り組む姿勢とラグジュアリーソーシャルアワーの時に社員の方から伺いました。

会員の要望が大きくなってくると「ダイヤモンドカード」が具現化するかもしれません。コンシェルジュ利用時やSocial hourの際にはお伝えしようと思います。

年会費

日本のラグジュアリーカードの年会費はチタンカードは54,000円(税込)、ブラックカードが108,000円(税込)、ゴールドカードが216,000円(税込)です。

米国発行のラグジュアリーカードの場合、年会費はMastercard Titanium Cardが195米ドル、Mastercard Black Cardが495ドル、Mastercard Gold Cardが995ドルとなっています。

中国のLUXURY CARDは、チタンカードが2,000元、ブラックカードが6,800元、ゴールドカードが2万元となっています。

2018年1月27日時点のUSD/JPY(108.70円)、CNY/JPY(約17.20)のレートで換算すると、米国発行のラグジュアリーカードが最もリーズナブルです。

日本と中国を比較すると、チタンカードは日本の方が19,601円高く、ブラックカードは8,957円安く、ゴールドカードは127,992円安くなっています。

カード名 年会費(円)
日本 中国 米国
チタンカード 54,000 34,399 21,197
ブラックカード 108,000 116,957 53,807
ゴールドカード 216,000 343,992 108,157

中国は日本よりも格段に激しい格差社会ですので、以下の構図が成り立ちます。

  • マス層:中国より日本がお金持ち
  • 富裕層:日本より中国がお金持ち

したがって、最も安いチタンカードは中国の方が相対的にリーズナブルで、最も高いゴールドカードが相対的に高価というのは、商売上はナイスな価格設定だと思います。

ちなみに日本での富裕層の割合については、以下で解説しています。

野村総合研究所(NRI)が、日本における2017年の純金融資産保有額の世帯数と資産規模を、各種統計等から推計しました。2018年12月時点...

もちろん、各国の経済環境(金利・使われ方)、クレジットカード会社をめぐる収益状況(金融規制)、クレジットカードの特典は日米中で全く異なります。

したがって、どこの国でも性能が原則として同一であるスマホ等とは異なり、年会費を単純に比較することにはさほど意味はありません。

特典

中国での3つのラグジュアリーカード

中国でのラグジュアリーカードでも、ベネフィットとしては、やはり24時間対応のコンシェルジュ・サービスが第一に挙げられています。

24/7という記載となっており、24時間1週間が強調されています。日本では24時間365日というPRが一般的ですね。

後は「プライベート」という文言が強調されています。中国では訴求力が高い言葉なのかもしれません。

その他、誕生日月は4倍のポイント、グローバルエアポートラウンジ、高級ホテルでの優待特典、VIPハンドブック、ラグジュアリーカードベストセレクションがあります。

ブラックカードはフィットネス特典を月8回無料で利用できます。ホテルや有名フィットネスクラブを利用できるんでしょうね。

ゴールドカードはフィットネス特典が無制限で無料となります。

日本のクレジットカードではフィットネス関連はおまけで割引がついている程度のカードが多いので、中国でのラグジュアリーカードの特色です。

車での送迎

ゴールドカードはメルセデスベンツ高級車の空港送迎サービスが、1年に10回無料で利用できます。

これはゴージャスなので日本でも導入してほしいです。1年に10回までは不要で、1年に1~2回でもOKです。

他方、日本のラグジュアリーカードの方が優れているのは、ダイニング関連のベネフィットです。

圧倒的に満足度が高いレストランから自宅へのリムジン送迎サービス「ラグジュアリーリムジン」は、中国でのサービスにはありません。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...

まとめ

アメリカで産声を上げて、センセーションを巻き起こして、アメックスと並ぶステータスカードの代名詞に一気に登り詰めたラグジュアリーカードが、米国、日本に続いて中国にも光臨しました。

3種類のラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの海外展開の最初の国は我らが日本でした。

Luxury Cardの具体的な会員数、収支等に関する公開情報は出ていませんけれども、日本で不調だったら中国進出もなかったかもしれません。

アメリカだけではなく日本でも順調に会員数が増加して、うまくビジネスが進んでいると感じました。

今後はイギリス、ユーロ圏、オーストラリア等でも発行を開始して、本格的なグローバル展開があるかもしれません。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

皮膚感覚でも、ブラックカード以上のラグジュアリーカードは、エッジが効いているダイニング特典が卓越しています。

東京・大阪・京都近辺に在住している方ですと、満足度が極めて高いサービスが満載です。

今後は札幌・仙台・愛知・福岡など他の主要都市にも進出していく可能性があります。更なる発展に期待します。

ラグジュアリーカード (チタンカード)

チタンカードは都市部で最大限に享受できるダイニング特典がない代わりに年会費がリーズナブルなので、現時点でも関西・関東以外の方にはおすすめのクレジットカードです。

ラグジュアリーカードはMastercard最上級の「ワールドエリート」のステータスを誇っており、幾多のカードの中でもおすすめのマスターカードの筆頭に位置付けられるステータスカードです。

LUXURY CARDはライバルのクレカに一歩差をつける流麗な制度が満載であり、人生がもっと楽しくなるクレジットカードです。一度使ったらもう手放せません。

「LUXURY」の名を見せつけるような華麗な特典が豊富であり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

3種類のラグジュアリーカード

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。

ラグジュアリーカード(チタンカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

その他、ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。バリューの雨を降らせるレインメーカーといっても過言ではありません。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。52枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-ラグジュアリーカード

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.