SBIネオトレード証券の口座開設キャンペーンが激熱!

更新日: 証券会社 キャンペーン 金融機関

SBIネオトレード証券との限定タイアップキャンペーン

SBIネオトレード証券は当サイト限定の公式キャンペーンを実施していました(現在は終了)。

※現在は公式キャンペーンのみです。

公式サイトSBIネオトレード証券 公式キャンペーン

以下、かつて開催されていたタイアップキャンペーンについて掲載します。

以前はなんと口座開設と入金だけで、現金2,000円のプレゼントがありました。現金は正義ですね。約2ヶ月間の売買手数料無料キャンペーンと重複して適用されるのでお得です。

まだSBIネオトレード証券にお持ちでない方は口座開設のチャンスです。SBIネオトレード証券の口座開設キャンペーンの内容について解説します。

SBIネオトレード証券のキャンペーンの内容

当サイトからSBIネオトレード証券に口座開設するだけで、もれなく2,000円がプレゼントされます。

1,000円札が2枚分であり、侮れない金額のキャッシュバックを享受できます。

主なメリット

  • コンビニコーヒー20杯
  • マクドナルドのハンバーガー18個
  • 吉野家の牛丼5個
  • おしゃれなカフェランチ2回

既にSBIネオトレード証券に証券総合取引口座をお持ちの方、過去に口座開設したことがある方、法人は対象外です。

大量の取引などは不要で、口座開設だけで2,000円プレゼントのお得なキャンペーンです。通常の入会キャンペーンも重複して適用されました。

The Goal 限定キャンペーンのメリット

  • 2,000円のキャッシュバック
  • その他の公式キャンペーン

口座開設・維持は無料で、口座を持つのに一切費用はかかりません。ネットバンキングでの入金、銀行への出金も無料です。100万の資産運用でも大活躍します。

口座開設して出金するだけで、無条件にて2,000円をゲットできちゃいます。

条件は非常に緩いのでおすすめです。まだSBIネオトレード証券に口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

SBIネオトレード証券 公式キャンペーン

お得な口座開設キャンペーンの詳細

SBIネオトレード証券の口座開設キャンペーンの手順は簡単です。大量の取引、複雑な手間は一切不要です。

まずキャンペーンのページにアクセスして、ページ中央のオレンジ色の「口座開設(無料)はこちら」というボタンを選択します。

SBIネオトレード証券の口座開設申込ボタン

するとキャンペーンの口座開設ページになるので、約款・規程などの「契約締結前書面」に同意し、氏名・生年月日・性別・電話番号・Eメールアドレス等の必要項目を入力・選択していきます。

SBIネオトレード証券の証券口座開設申し込みフォーム

基本的には迷うことはありません。唯一補足説明が必要なのは、「外国PEPs」くらいです。

外国PEPsとは外国の重要な公的地位のことであり、外国政府等において重要な公的地位を現在もしくは過去に有していたり、またはその家族等に該当する場合を指します。

大多数の方には無関係の話なので、「私は外国PEPsに該当しません。」のままで基本的にはOKです。

口座開設には本人確認書類の提出が必要。Webに写真をアップする方式が簡便なのでおすすめです。書面かEメールで提出することにしていた場合は、忘れずに送りましょう。

口座開設完了後は、ログインする為に必要なIDが簡易書留(転送不要扱い)にて郵送されるので、忘れずに受け取りましょう。

翌月末に取引口座に2,000円が入金されます。2,000円を入金するまでに口座解約した場合は、キャンペーンの対象外です。

公式サイトSBIネオトレード証券 公式キャンペーン

SBIネオトレード証券のメリット

SBIネオトレード証券は取引手数料がGMOクリック証券よりも若干低く、国内株式の売買手数料がネット証券の中でも最安値水準の証券会社です。

「業界最安値水準」という言葉はやや使われすぎている側面があり、どのネット証券も謳っています。この点、SBIネオトレード証券も最安値水準です。

SBIネオトレード証券の手数料の安さ

みんかぶの「ネット証券ランキング手数料部門」では、5年連続で1位となっています。

SBIネオトレード証券の現物取引は、投資スタンスに合わせて2つの手数料体系から選択できます。

1注文ごとに手数料が発生する「一律(つどつど)プラン」、1日の約定代金合計額に応じた手数料体系の「定額(おまとめ)プラン」があります。

一律(つどつど)プランの売買手数料(税抜)は下表のとおりです。

約定代金手数料(税込)
5万円以下50
10万円以下88
10万円超~20万円以下100
20万円超~50万円以下198
50万円超~100万円以下374
100万円超~150万円以下440
150万円超~300万円以下660
300万円超880

注文毎の約定代金に応じた現物株式の取引手数料の比較では、SBIネオトレード証券は幾多のネット証券の中でも手数料が最安値水準です。

1日の約定代金合計額で手数料が決まる「定額(おまとめ)プラン」の売買手数料(税抜)は下表のとおりです。

約定代金手数料(税込)
50万円以下0
50万円超~100万円以下0
100万円超~150万円以下880
150万円超~200万円以下1,100
以降100万円単位超過ごとに440円ずつ増加

こちらも50万円超の部分に関しては、SBIネオトレード証券はGMOクリック証券を下回って最安値水準です。

信用取引の手数料プランは、注文ごとの約定代金に応じた手数料の「一律(つどつど)プラン」と、1日の約定代金合計額に応じた手数料の「定額(おまとめ)プラン」の2つです。

信用取引の「一律(つどつど)プラン」では、無条件で手数料0円とエッジが効いています。

もちろん現引き・現渡手数料はありませんし、auカブコム証券のように金利・貸株料を値上げすることもありません!

証券会社名10万20万30万50万100万300万500万
SBIネオトレード証券0000000
SMBC日興証券0000000
DMM 株8080808080800
GMOクリック証券89130170170240240240
SBI証券90135180180350350350
楽天証券90135180180350350350
マネックス証券951401901903551,0001,000
岡三オンライン証券993003003005001,0001,200
auカブコム証券手数料無料も、高額の現引・現渡手数料、高い金利・貸株料

SMBC日興証券も信用取引の売買手数料が0円と強烈。ただし、金利や貸株料などはSBIネオトレード証券の方がリーズナブルですし、現物取引手数料はSBIネオトレード証券の方が安いです。

1日定額制の信用取引手数料(税抜)についても、立花証券と並んで安値水準となっています。

証券会社名10万20万30万50万100万300万500万
SBIネオトレード証券0000000
立花証券0000000
楽天証券00008583,0005,000
松井証券00001,0003,0005,000
SBI証券00004771,2772,077
岡三オンライン証券00007001,3001,900
GMOクリック証券02002002004001,2002,000
岩井コスモ証券801592404008002,4004,000
丸三証券2402402404008002,4004,000
むさし証券1,2001,2001,2001,2001,2001,2002,400
マネックス証券2,5002,5002,5002,5002,5002,5005,000

信用取引の1日定額制の売買手数料(税抜)も、リーズナブルな水準です。

証券会社名10万20万30万50万100万300万500万
SBIネオトレード証券0000000
楽天証券00008583,0005,000
松井証券00001,0003,0005,000
SBI証券00004771,2772,077
岡三オンライン証券00007001,3001,900
GMOクリック証券02002002004001,2002,000
マネックス証券2,5002,5002,5002,5002,5002,5005,000

信用取引では、手数料のほかに「金利(信用取引の買い方のみ)」や「貸株料(信用取引の売り方のみ)」などの諸経費がかかります。

長期の取引にとって、意外な負担になりがちなこのコストも、SBIネオトレード証券なら業界最低水準の2.3%(制度信用取引、買い方)となっています。

各社の多額の取引を達成した場合の優遇プランを除くと、ネット証券の中でも低い水準です。ただし、GMOクリック証券の2.1%の方が低いです。

ネット証券の現物株式取引、信用取引の手数料については、以下で徹底的に比較しています。

ネット証券での売買手数料は着実に自分の資産に跳ね返ってきて、資産形成においてマイナス要素となります。個人投資家にとっ...

SBIネオトレード証券では、立会外分売も取引可能です。

また、会員サイトには「IPO・PO」という項目も用意されており、IPOの取扱いもあります。

SBIネオトレード証券会員画面のトップページ

SBIネオトレード証券はらお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

まだSBIネオトレード証券に口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

公式サイトSBIネオトレード証券 公式キャンペーン

-証券会社, キャンペーン, 金融機関

© 2014-2021 The Goal