LINEポイントクラブを解説!ランク・メリット・デメリットまとめ

更新日: ポイント Pay

LINEポイントクラブ

LINE Pay マイカラーが2020年5月1日9:59に終了し、2020年5月1日10:00から「LINEポイントクラブ」にリニューアルします(公式ページ)。

0.5%~2.0%だった還元率が、スマホ決済では1.0%~3.0%となるのがメリットです。

ただし、Visa LINE Pay クレジットカードがないと還元を享受できないのが最大のデメリットです。

また、還元がLINE Payでのコード決済のみが明示されており、JCB加盟店で使えるLINE Pay カードには適用されない可能性があるのが改悪要素となります。

LINE Payは制度を頻繁に変更する傾向にあるので、開始までにスペックが変わったり、またコロコロとすぐに切り替わる可能性はあります。

LINEポイントクラブの利点・欠点、LINE Pay マイカラーからの変更点・改善と改悪について、注意点を完全網羅してわかりやすく徹底的に解説します。

LINEポイントクラブのメリット

LINE Payの還元率が最大3%

「LINEポイントクラブ」は、過去6ヶ月間に獲得した「LINEポイント」の総量を基準に、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのランクとなります。

ランクの判定基準

  • 過去6ヶ月のLINEポイント獲得数
  • プラチナはVisa LINE Payクレジットカードの保有&LINE Payアカウントへの登録が必要

ランクごとに「チャージ&ペイ」の還元率が1%~3%と変動します。

チャージ&ペイとは、Visa LINE Payクレジットカードの情報を「LINE Pay」に登録することで、事前チャージなしにコード払いできる決済方法です。

事前に銀行口座や現金でLINE Pay残高にチャージしなくても良いのがメリットで、クレジットカードがないと使えないのがデメリットです。

チャージ&ペイの支払い金額は、クレジットカード料金としてまとめての支払い(後払い)となります。

LINEポイントクラブのランクはウォレットから確認できます。

LINEポイントクラブの画面

特典クーポンのプレゼント

また、マイランクに応じてLINE Payで使える特典クーポンがもらえます。

ランク 必要ポイント 還元率 クーポン
レギュラー 0 1.0% 1枚
シルバー 100 1.5% 3枚
ゴールド 500 2.0% 6枚
プラチナ 5,000 3.0% 10枚

特典クーポンの例としては、コンビニ・スーパー・ドラッグストア等で100円OFFになるクーポンが配布されます。

対象店舗

ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラ、東急ストア、サミット、ウエルシアグループ、クスリのアオキ、コクミンドラッグ、ココカラファインなど

また、家電量販店・デパート・カラオケなどで5%OFFになるクーポンもあります。

対象店舗

ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオングループ、GEO、ビッグエコー、近鉄百貨店、パルコ、アインズ&トルペ、アカチャンホンポ

更に飲食店舗も揃っており、ニーズに応じて活用できます。

飲食店

吉野家、松屋、すき家、スシロー、リンガーハット、日高屋、塚田農場、ミライザカ等

それぞれのランクで利用できるクーポンは同じですが、利用できる枚数が異なる方式です。

LINEポイントクラブのゴールドの特典クーポン

LINEポイントクラブの特典クーポン(コンビニ)

上位ランクのハードルが低い

ライバルのPayPayは還元率をアップさせるための条件が、月50回の決済・月10万円の利用と著しくハードルが高く、常人であればほぼ不可能なのが欠点です。

PayPayステップ・お得情報の画面

他方、LINEポイントプログラムの場合、3%還元となる最上級のプラチナでも必要ポイントは5,000にとどまっているので、ハードルは高くありません。

半年間に必要な利用額を還元率ごとに算出すると、下表のとおりとなります。

  1.0% 1.5% 2.0% 3.0%
シルバー 10,000 6,700 5,000 3,400
ゴールド 50,000 33,400 25,000 16,700
プラチナ 500,000 333,400 250,000 166,700

例えば今の還元率が1%の場合でも、月83,400円利用すれば半年後にプラチナに届きます。翌月のマイランクはアプリですぐに確認可能です。

LINEポイントクラブの翌月のマイランク

Visa LINE Pay クレジットカードを日常的に使っていれば手が届く水準です。

また、LINEトラベル、LINEで今、LINEショッピング等でLINEポイントを貯められます。Gポイントモッピー、ポイントタウン、Pexのポイントを交換することも可能です。

マイランクは過去6ヶ月間のポイント獲得数に応じて決まり、毎月1日10:00に更新されます。

LINEポイントプログラムの判定期間とランク適用期間

LINEポイントクラブのデメリット

Visa LINE Pay クレジットカードがないとメリット僅少

LINEポイントクラブの最大の欠点は、Visa LINE Pay クレジットカードがないと、1%~3%還元を受けられない点です。

LINEポイント還元の対象が「チャージ&ペイ」となっており、銀行口座からのチャージでコード決済を使った場合は対象として明示されていません。

クレジットカードの審査に通過しない方、まだ未成年の方の場合、涙で枕を濡らすことになってしまいます。

Visa LINE Pay クレジットカードの審査は厳しくないことが想定されますが、銀行系クレジットカードである三井住友カードが発行しており、過度な楽観視はできません。

JCBプリペイドカードは1%~3%対象外

LINE Pay マイカラーでは、JCB加盟店なら原則として使える「LINE Pay カード」も、0.5%~2%還元の対象でした。

したがって、使い勝手がよく、月間還元対象の上限に到達しない方の場合はメイン決済としても活用できるクオリティでした。

しかし、新しいLINEポイントプログラムでは還元の対象が「チャージ&ペイ」に限定されているので、LINE Payカードは還元の対象外。また、チャージ&ペイではない「LINE Payの残高からのコード決済」もLINEポイント還元の対象外です。

新しいVisa LINE Pay クレジットカードの場合、2021年4月末までは3%還元なので、当座は幅広いVisa加盟店で3%還元となります。

しかし、それ以降はコード決済の対象店舗のみでしかポイントを獲得できません。

まとめ

2020年5月1日10:00から「LINEポイントクラブ」が開始します。最大3%のLINEポイント還元、クーポンが魅力的な会員プログラムです。

過去6ヶ月のLINEポイント獲得数によって4つのランクが決まる制度になります。

ランク 必要ポイント 還元率 クーポン
レギュラー 0 1.0% 1枚
シルバー 100 1.5% 3枚
ゴールド 500 2.0% 6枚
プラチナ 5,000 3.0% 10枚

最上級のプラチナはLINE Pay クレジットカードの保有&LINE Payアカウントへの登録が必要です。

ランク算定ポイントがプラチナの条件をクリアしていても、クレカを紐付けていないとゴールドになります。

LINEポイントクラブのゴールド

ランクごとに「チャージ&ペイ」の還元率が1%~3%と変動し、LINE Payで使える特典クーポンの枚数が変化します。

2020年4月までは0.5%~2.0%だった還元率が、スマホ決済では1.0%~3.0%となるのがメリットです。

ただし、LINEポイント還元の対象が「チャージ&ペイ」となっており、Visa LINE Pay クレジットカードがないと1%~3%還元が砂漠の蜃気楼となります。

また、還元がLINE Payでのコード決済のみであり、JCB加盟店で使えるLINE Pay カードには適用されないのがデメリットです。

なお、LINE Payは制度を頻繁に変更する傾向にあるので、すぐに変更される可能性があります。

LINE Payにはインセンティブプログラム「マイカラー」があります。LINE Payカードの改悪の結果として可動した会員プログラムです。LIN...

新しいLINEポイントプログラムを活用したい場合は、LINE Pay謹製のクレジットカードがマストアイテムとなります。

LINE Payと三井住友カードが提携して、2020年4月13日からVisaブランド搭載の「Visa LINE Payクレジットカード」を発行開始しました。J...

LINEの利用に抵抗がある方の場合、基本的には還元率1.2%以上になる高還元クレジットカードがおすすめです。LINEポイントが貯まるクレジットカードもありますよ!

LINEポイントというLINEのポイント・プログラムがあります。LINE Payの残高として、コード決済加盟店やLINE PayカードにてJCB加盟店で...

年会費無料カードで還元率が1%以上のクレジットカードも多数存在。特におすすめクレジットカードについては以下にまとめています。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

各共通ポイントを得やすいクレジットカードもあります。

飛行機に乗る機会がある方なら、マイルが貯まるクレジットカード航空系クレジットカードがお得です。

JALマイルが貯まるクレジットカードANAマイルが貯まるクレジットカードの他、ダークホースとしてはマイレージプラスカードもバリューが高いです。

ポイントやマイルに興味がない方は、キャッシュバックのクレジットカードがお値打ち。ポイントを貯めて交換という作業も省きたい場合、自動キャッシュバックのクレジットカードだと手間フリーです。

クレジットカードの諸々のファクターに着目してランキングを作成しました。

クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

高級カードになるとコース料理1名分無料サービス、空港ラウンジなどの充実した特典が魅力的です。

空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しているクレジットカードがあります。トラベル関連のベネフィットで着実に役立つサービス...

おすすめのゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードもあります。

これらの中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に論述しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に特筆に値するカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

多様な項目での最強のクレジットカード、その中で特にお得な一枚については、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

-ポイント, Pay

Copyright© The Goal , 2014-2020 All Rights Reserved.