The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

レターパックの購入方法・買えるコンビニ一覧!

更新日: 送料 家計

郵便局のポスト

レターパックとは、郵便窓口・コンビニで売っている郵送代金込みの封筒のようなものです。専用封筒に入れてポストに投函するだけで発送でき、到着のスピードが早くて追跡もついているので、とても便利です。

全国一律料金なので遠方への郵送も安価なのが魅力です。ヤマト運輸の新サービス「宅急便コンパクト」の価格が高めであることから、これまで通りレターパックを使う場面も多いでしょう。

コンビニ等のレターパックが買える場所、購入方法の一覧についてまとめます。


レターパックとは

レターパックには、レターパックプラスとレターパックライトの二種類があります。いずれもサイズは34×24.8cm(A4)で重量は4kg以内です。宛名を書いて、手紙や荷物を封入してポストに投函するだけでOKです。切手は不要です。違いは以下の通りです。

  レターパックプラス レターパックライト
料金 510円 360円
厚さ 厚さ制限なし 3cmまで
お届け方法 対面(受領印 or 署名) 郵便ポストへ投函

料金は高めですけれども、追跡サービスがあってオークションで「送った・送ってない」のトラブルを避けられ、しかも速達扱いで早く届く点がメリットです。ポスト投函でOKなので24時間いつでも送れるのも便利です。

ヤマト運輸がレターパックのライバルとなる宅急便コンパクトを2015年4月1日からスタートしました。

しかし、価格はやや高めで近距離はともかくとして、遠距離だとレターパックの方にお得感があります。

宅急便コンパクトはコンビニも可!メール便の代わりのクロネコヤマト新サービス
「宅急便コンパクト」が2015年4月1日から始まりました。ヤマト運輸がクロネコメール便の代わりに導入したサービスです。宅急便コンパ...

宅急便コンパクトはメール便の廃止の直後に登場するサービスで、メール便の後継的存在ですが、サービス内容はメール便とは大きく異なります。メール便の代わりの配送方法はクリックポストが最有力です。

参考ヤマト運輸のクロネコメール便が廃止!代替はクリックポスト・レターパック・ゆうパケット・普通郵便が有力

追跡なしでいいなら、日本郵政の新サービスの「スマートレター」も便利です。こちらは追跡なしで料金は一律180円で重い荷物を配送する場合は安価です。

スマートレターは小さくて重い荷物の場合はお得!全国一律180円
日本郵便が「スマートレター」という新サービスを始めます。信書が送れるメール便のようなサービスになっています。メール便の代わり...

買えるコンビニ一覧

レターパックの購入方法では、24時間営業のコンビニが最も便利です。「いつでも」は正義ですね。レターパックはどのコンビニでも買えるわけではありません。ほとんどの店舗で買えるコンビニは以下の通りです。

  • ローソン
  • サークルK・サンクス
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

ヤマト運輸の宅急便はクオカードでの支払いが可能ですが、レターパックはクオカードでの購入はできません。また、在庫がない場合や、取り扱っていない小さな店舗もあります。

最も店舗数が多いのは、コンビニ業界2位のローソンです。ローソンはPontaポイントが貯まるのがメリットのコンビニですが、レターパックの購入ではポイントが貯まりません。残念です。Loppiお試し引換券ではレターパック関連の割引はありません。

ローソンの一部店舗では店内に郵便ポストがあり、買ったレターパックをそのまま投函することもできて便利です。

コンビニ4位のサークルK・サンクスはTポイントカードを持っていると、Tポイントを貯めたり使えるのがメリットです。しかし、サークルKサンクスも残念ながらTポイント付与の対象外です。

イオン系のミニストップ、山崎製パンのデイリーヤマザキ、北海道地盤のセイコーマートでも取り扱っています。コンビニによってポイントが貰えたりはないので、近くのコンビニで買いましょう。

逆にレターパックが全店舗で買えないのは、セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ・生活彩家、スリーエフなどです。これらはヤマト運輸と提携しており、宅急便コンパクトが送れることになります。

ただし、セブンイレブン、ファミリーマートは一部店舗ではレターパックを販売しています。

ローソンの店舗

郵便局・金券ショップ(チケットショップ)

郵便局ではもちろんレターパックを買えます。

また、金券ショップでレターパックを販売していることがあります。レターパックプラスの場合490円~500円、レターパックライトの場合340円~350円程度で販売しているお店が多いです。

僅かな金額ではありますが、金券ショップに行った際にレターパックが売っていたら、ストック用に少し買っておくのも方法の一つです。若干レターパックをお得に買えます。


インターネットで買う方法

ネットオークション

ヤフオクや楽天オークションでは、レターパックが出品されています。手間はかかりますが、安価に仕入れることが可能です。ある程度まとまった枚数を購入する場合で手間を厭わない場合はいいでしょう。

楽天オークションは楽天スーパーポイントで買えるのがメリットですが、出品数はヤフオクの方が充実しています。ヤフオクはTポイントを使えます。

楽天オークションは2016年10月31日(月)でサービスが終了します。

ヤフオクではレターパックプラス100枚が48,500円(送料無料)で出品されています。約4.9%割引となります。レターパックライト100枚は34,200円(5%割引)です。そこそこの割引率となります。

切手販売

切手販売」という切手、はがき、収入印紙、郵便書簡、航空書簡、レターパックなどを安く売っているネット通販サイトがあります。

レターパックは40枚以上購入すると送料無料になります。レターパックプラスは40枚以上の購入で1枚あたり501.5円(約1.67%割引)、200枚以上の購入で1枚あたり501.5円(約2.16%割引)となります。

レターパックライトは40枚以上の購入で1枚あたり355円(約1.39%割引)、200枚以上の購入で1枚あたり353円(約1.94%割引)となります。

大量に購入する場合は少し安く買えます。ただし、支払い方法がジャパンネット銀行かゆうちょ銀行への振込か、代金引換となります。

代金引換は代引き手数料がかかって馬鹿らしいので振込となります。振込手数料が無料の銀行を活用しましょう。

他行宛振込手数料無料の銀行一覧!2017年最新版
空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

金券ショップが近くにない場合、ネット通販でクレジットカードを使いたくない場合はいいかもしれません。

切手SHOP

切手SHOP」という日本郵便が運営しているネット通販サイトがあります。5,000円以上の購入で送料無料となります。

料金は定価ですけれども、クレジットカードで決済できるのでクレジットカードのポイントが貯まります。高還元クレジットカードで決済するとお得です。

auユーザーはau WALLETが高還元です。名目還元率で最大3.5%、実質還元率で最大6.5%で買えます。2015年以降にau WALLETにチャージする際のおすすめクレジットカードは以下の通りです。

詳しくは以下にまとめました。

au WALLET プリペイドカードには、このクレジットカードでチャージすべき!還元率6.5%も!
au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場し、じぶん銀行からのチャージで2014年12月末までは...

auユーザーでない場合は、以下のクレジットカードがおすすめです。

楽天カードは、まず楽天バーチャルプリペイドカードにチャージするのがお得です。楽天バーチャルプリペイドカードは、ネット通販でクレジットカードと同様に使えるバーチャルプリペイドカードです。

楽天カードから楽天バーチャルプリペイドカードへのチャージで還元率が2~3%になるキャンペーンが定期的に行われています。今は2%のキャンペーンが行われています。

このキャンペーン期間中にチャージして、チャージした楽天バーチャルプリペイドカードで決済したらまず2~3%割引となります。

次に貯まった楽天スーパーポイントは+Kお試しクーポンで使うと1ポイント2円程度の商品と交換できるので、実質的な還元率が4~6%となります。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-送料, 家計

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.