The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ケネディクス・レジデンシャル投資法人がPO(公募増資)!

更新日: PO(公募増資・売出)

住宅街

ケネディクス・レジデンシャル投資法人(3278)が、最大で約90.5億を調達するPO(公募増資)を行います。

仮条件は2.5%~5.0%ディスカウントであり、発行株増加は約15.5%です。

価格決定期間は7月30日(水)~8月4日(月)であり、価格決定日は高い確率で初日(7月30日)です。申込期間は価格決定日の翌営業日~2営業日後までです。受渡期日は、価格決定日から1週間程度の日です。



ケネディクス・レジデンシャル投資法人は住居特化型の東証リートです。スポンサーはケネディクス株式会社です。地域別取得額比率は以下の通りです

  • 主要5区:40.1%
  • 中部・近畿地区:21.2%
  • 東京23区:18.6%
  • 関東地区:9.5%
  • その他:10.7%

基幹物件はKDX代官山レジデンスであり、東京以外だとKDX堺筋本町レジデンスです。KDXレジデンスシリーズを展開しています。

分配金利回りは4.84%であり、NAVは1.15倍です。J-REITの平均分配金利回りは3.46%です。

NAV
Net Asset Valueの略であり、イメージ的には株で言うPBRのような指標。バランスシートの含み損益を純資産に反映させて、時価ベースで純資産額を算出するために利用する。J-REITの場合はNAV=純資産額-保有不動産簿価+保有不動産鑑定額で算出される場合が多い。

最新期の有利子負債比率は51.4%、長期有利子負債比率は86.96%です。一般論としては、有利子負債比率は低いほど財務状態はよく、長期有利子負債比率が高いほど、リファイナンス等の財務リスクは軽減されます。

チャートは2月5日をボトムとして右肩上がりの展開となっています。

ケネディクス・レジデンシャル投資法人のチャート
GMOクリック証券より)

ケネディクス・レジデンシャル投資法人は非貸借銘柄で制度信用売りはできません。

逆日歩が発生しないカブドットコム証券の一般信用売建可能数量(在庫株数量)は0口となっています。在庫は毎営業日更新されます。

SMBC日興証券とメリルリンチ日本証券が共同主幹事です。その他は、野村證券、みずほ証券、大和証券、UBS証券で申し込めます。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-PO(公募増資・売出)
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.