The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

投資信託のロボットアドバイスサービスアプリ「FUND ME」! by カブドットコム証券

更新日: 証券会社 カブドットコム証券

FUND ME

カブドットコム証券は2016年5月末日、投資信託のロボットアドバイスサービスアプリ「FUND ME」をリリースしました。

スマートフォン・タブレット上で簡単な質問に答えるだけで、わずか30秒で、年齢・性別、投資経験等を踏まえたリスク許容度に応じたポートフォリオを提示するサービスです。

最近よく話題になるフィンテック的なサービスです。女性スタッフが中心となって開発したアプリです。

カブドットコム証券の「FUND ME」の体験談・口コミについてまとめます。


kabu.com Fintech-LabとFUND ME

カブドットコム証券は2016年1月にフィンテック領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして「kabu.com Fintech-Lab」を立ち上げています。

三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション・ラボや米国シリコンバレー駐在チームとの先端情報交換をはじめ、MUFG各社との連携によるイノベーションの創出、社外有識者も活用した知見の集約・情報発信を中心とした活動を行っています。

インターネット専業証券として長年培った先進のIT技術力・ノウハウをベースにブロックチェーン、ビッグデータ、AI(人工知能)、IoT等最新の技術を積極的に活用することで、フィンテックを通した金融サービスを発展させていく計画です。

こうした活動の中で、ロボ・アドバイスツールの開発に取り組んでいます。その一環でまずは簡便的なロボットアドバイスサービスアプリ「FUND ME」が光臨しました。

無料アプリで気軽にサクッと利用できるのが魅力的です。投資初心者が情報収集の第一歩として利用するのに適しています。

アプリ開発においては、30代~40代の女性に振り向いてもらいたいという点を強く意識したそうです。

カブドットコム証券の口座数は100万口座を超えていますが、利用者の男女比は男性が約70%、女性が約30%となっています。

最近は女性の口座開設者も増えてきているそうであり、より一層女性に利用してもらいたいという考えがあるようです。

カブドットコム証券は豊富な投資信託を取り揃えています。購入手数料0円のノーロードファンドを中心に約850本の投資信託があります。

毎月500円以上1円単位で積立できる「プレミアム積立」の対象ファンド数は813と豊富です。しかし、初心者の方にとっては「数が多すぎて何を買えばよいのかわからない」というのが正直なところだと思います。

そうした際には、投資信託の選択をナビゲートしてくれる「FUND ME」のようなアプリは便利です。

個人的には投資信託はIPO・POとのバーター取引、店頭証券とのお付き合いで買う観点しかありませんけれども、個別株投資をしない方は投資信託を純粋に購入する方も多いでしょう。

iPhoneアプリは近日中にリリースされます。Androidアプリの方を実際に使ってみました。

初回のみ同意画面が表示されます。全部読まずに同意してしまいましたヽ(´ー`)ノ

「FUND ME」の同意画面

リスクレベル診断

FUND MEを起動すると、まずはロボットによるリスクレベル診断があります。しゃべってコンシェルのように声が出たり、キャラクターが出たりはしません。

今後はそのような機能も追加するといいかもしれません。

次々に質問だ表示されるので、タップして選択して右下にあるボタンをタップしていく流れです。まずは年齢の質問画面が出ます。

FUND MEの年齢質問画面

次に性別の質問画面が出ます。イメージ的には女性を選ぶと低リスクになりそうですが、日本中の統計を取ると性別によるリスク選好度の違いはどうなんでしょうね。

FUND MEの性別質問画面

次に「金融商品を選択する上で重視することは何か?」という質問が出ます。リスク選好度の調査です。

FUND MEのリスクレベル診断画面

次に「どのような資金で投資しますか?」とうい質問が出ます。一番下だとリスク抑制になりそうです。

FUND MEの投資資金選択画面

次に投資経験の選択画面が出ます。区切りは5年以上か否かと未経験でした。「石の上にも三年」という言葉がありますけれども、FUND MEの基準は5年でした。

上昇相場と波乱相場を一通り経験できる年数かもしれません。7~8年あれば下落相場も経験できることが多いですね。

FUND MEの投資期間選択画面

一時的に大きな損失が発生した場合の行動に関する質問もありました。個人的にはこれはケース・バイ・ケースであり、選べる選択肢がありませんでした。。。

FUND MEの損失発生時の行動画面

最後に投資に関する情報を定期的に取得しているか否かの質問がありました。

FUND MEの投資情報習得画面


ポートフォリオ診断結果

リスクレベル診断が終了すると、ポートフォリオの案の提示があります。私の場合、リスクレベルは5段階中の4段階でした。

FUND MEで提示された資産構成比

国内株式20%・先進国株式20%・新興国株式20%・国内REIT20%・海外REIT20%・先進国債券5%・新興国債券5%・国内債券0%でした。

5段階中のMAXは債券なしになるのでしょうね。

次に株式・REIT・債券を合計した地域別構成比が表示されました。

FUND MEで提示された地域別構成比

次に「ポートフォリオマップ」が表示されます。カブドットコム証券の顧客の投資信託保有状況を、リスクメジャーと件数で、各性・年代別にヒートマップで表示されます。

そして、自分のリスク許容度が他の人と比較してどの程度なのかを視覚的に確認できます。全体的にはリスクメジャー4が多い傾向にありました。多数派に属していましたヽ(´ー`)ノ

FUND MEで提示されたリスクメジャー

リスクメジャー4で提示されたポートフォリオを投資信託で構築すると、将来の資産運用の騰落率が統計的にどのように推移する傾向に有るのかが表示されます。

FUND MEで提示された将来チャート

過去の運用成績はどうだったのかもチャートで表示されます。おそらくインデックスによる統計だと思われます。

FUND MEで提示された過去チャート


ファンド検索

診断結果に基づいてカブドットコム証券で取り扱っている投資信託(ファンド)を検索できます。

毎月少しづつ買っていく「積立投資」か一度に購入する「一括投資」かをまず選びます。これに基いて後で具体的な購入金額が提示されます。

投信の購入方法選択画面

次に購入金額を入力すると、具体的な投信名が表示されます。気に入った投信は保存しておくことができます。

FUND MEで提示された投信

この時に表示される投信は、単純にトータルリターン(1年)が各カテゴリー(国内株式型など)で最も良い投資信託が表示されるようです。

ファンドの表示順は、「純資産が多い順」「お申込手数料(税込)が安い順」でも表示可能です。

「信託報酬が安い順」はニーズが高そうですが、証券会社としては苦しい選択なので難しいところですね。

FUND MEの投信並び替え

アプリ右上のメニューでは、全開の診断結果を確認したり、診断を最初から初めたり、保存ファンド一覧を見たり、履歴を見ることができます。

プレミアム積立、カブコムのお知らせへのリンクも有ります。投資信託のフィルタリング・並び替えの条件をもう少し細かく設定できるようにすると便利になる気がします。

今後の機能追加の方向性としては、注文機能との連携など実際に投資を行う機能を充実させていく方針です。

カブドットコム証券の口座で保有されている株式や債券、外貨などの残高を考慮して、ポートフォリオ全体を再評価する機能が加わることも考えられます。

理想的なポートフォリオに組み直す機能や、定期的に資産内容の変化を確認してリバランスを行う機能なども想定されています。

FUND MEが注文・決済機能を備えると、資産形成ツールとしての利便性が上昇します。

kabu.com APIによる注文執行、リバランス、パフォーマンスレポート機能等を兼ね備えたワンストップ型のサービスにはニーズがありそうです。

カブドットコム証券は、一般信用取引、フリーETF、 IPO・PO・TOB、自動売買、kabuステーションなどメリットが大きいネット証券です。

カブドットコム証券は評判通り一般信用取引などメリット絶大!
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがカブドットコム証券です。特に一般信用取引がリターン向上に資すると評判...

私もカブドットコム証券を活用してリターンを嵩上げしています。カブドットコム証券がなかったら本当に困ってしまいます。

100万の資産運用でも大活躍します。口座開設・維持は無料です。まだ口座をお持ち出ない方はこの機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-証券会社, カブドットコム証券

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.