The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ゆうちょPayのメリット・デメリット・使い方まとめ!ゆうちょ銀行のスマホQRコード決済サービス!

更新日: 銀行 家計

スマートフォンを見るショッピング中の女性

ゆうちょ銀行がスマホによるQRコード決済サービス「ゆうちょ Pay」を導入します。2019年2月頃のローンチ予定です。

利用代金がゆうちょ銀行の普通預金口座から即座に引き落とされるサービスです。スマートフォンでデビット決済が可能なイメージです。

ゆうちょPayは「銀行Pay」の仕組みを利用しており、横浜銀行、福岡銀行で導入されており、今後はりそな銀行等のりそなグループ、熊本銀行、親和銀行などに導入される予定です。

横浜銀行・熊本銀行・親和銀行は相互に加盟店を利用できるようになり、ゆうちょ銀行も同様の取り組みが期待できます。

ゆうちょPayのメリット、デメリット、お得な使い方について、注意点を完全網羅して、わかりやすく徹底的に解説します。


使い方

ゆうちょPayの使い方は簡単です。ゆうちょ銀行の口座保有者がスマホにアプリをインストールして、アプリで読み取り画面を表示して、店舗のタブレット端末などに表示されたQRコードを読み取ればOKです。

独自割引が人気のモバイル決済サービス「Origami Pay」とほぼ同じ支払い方法となります。

Origami Payの支払画面Origami Payで支払いが完了した端末画面

支払額がゆうちょ銀行の口座から即時で引き落とされるのが特徴であり、この点はデビットカードと同様です。ゆうちょ銀行のキャッシュカードにはJ-Debitを搭載可能です。

ゆうちょ銀行にはデビットカードもあります。J-Debitの加盟店で利用可能です。JCB・VISA・Mastercardなどの主要国際ブランドのデビッ...

ただし、VisaやJCBのデビットカードはないので、加盟店が限定的で不便です。

ゆうちょPayの登場によって、より幅広い加盟店で預金口座で決済することが可能になります。

ゆうちょ銀行のキャッシュカード(デビットカード)

店舗側は専用端末が不要で、iPad等のタブレット端末にダウンロードしたパートナー用アプリに金額を入力するだけでOKです。

低コストでモバイル決済サービスを導入できるのがメリットであり、特にd払いやオリガミペイなどを既に導入している店舗は、アプリを追加でインストールすればいいだけなので、導入のハードルが高くありません。

スーツ姿の笑顔のOL

ゆうちょPayの利用時は初回のみ利用登録が必要です。口座名義、記号・番号、生年月日、暗証番号などを入力する必要があります。

支払いの際には暗証番号の入力が必要なのが特徴です。この点はオリガミペイやd払いよりも厳重になっています。


メリット

クレジットカードが無くても使える

ゆうちょPayはクレジットカードがなくても使えるのがメリットです。クレジットカードのような審査が不要でキャッシュレスの決済が可能になります。

銀行Payを導入している他の銀行と同じように、未成年の学生でも利用可能になると思われます。

おサイフケータイやApple Payがないスマホで便利

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

d払いはアプリをインストールできるスマートフォン・タブレット(Android・iOS)ならどれでも利用可能です。OSの要件は厳しくありません。

  • Android OS:4.2以上
  • iOS:8.0以上

おサイフケータイ、Apple Payがないスマホ、昔の端末をずっと使っている方は、モバイル決済手段が一つできることになります。

機種変更時の手続きが簡便

2台のおサイフケータイ

おサイフケータイが面倒なのは、機種変更時のデータ移行です。

特に事前にチャージするプリペイド式の電子マネーの場合は、データ移行を忘れて残高がパーになる事態を避ける必要が生じます。

Apple Payはこの点が上手く工夫されていて、機種変更時も自動的に前に使っていたクレジット4枚を一気に登録できます。

また、クレジットカードを再びカメラで読み込ませて、メッセージ等で本人認証するだけでOKで簡便です。

iPhone Xを購入してiPhone 7から環境を移管しました。Apple Payも移行することになります。機種変更の際にアップルペイで行う手続き、...

ゆうちょPayは銀行Payなので、データ移行の手間が小さく、機種変更後の新しいスマホで再度アプリをダウンロードして、設定したID、パスワードを入力するだけでOKです。

バックアップから復元した場合は、ID・パスワードの入力だけで再利用が可能です。

なお、利用になるスマートフォンを売却する場合や処分する場合は、旧端末からアプリを必ず削除しましょう。初期化するのが無難です。

煩わしい小銭・紙幣の管理が不要に

貨幣

お買い物や飲食代金などの決済を行うと、支払額1,537円といった端数になることが多いです。

そういう時に千円札で支払うと、小銭が山のように出てお財布が重くなってしまいます。したがって、できる限り手持ちの小銭をうまく組み合わせて、お釣りが出ないようにしますよね。

しかし、小銭をいちいち探すのは手間がかかるし、時間もかかります。混んでいる時だと無言のプレッシャーも感じますよね。

また、現金で支払いをしていると、どんどんお財布の中のお金が減っていくので、定期的にATMでおろして補充する必要があります。

ATMが混んでなければいいのですが、お昼や夕方などの時間帯は長蛇の列になっていることも多いです。

銀行ATMに並ぶ列

日常の支払いをd払いのようなキャッシュレス決済サービス払いにすると、財布の中の現金はあまり減らないので、ATMを使う頻度は減少します。いちいちATMに並んでおろす時間と手間が省けます。

何の意味のない無駄な時間と手間を省いて、その時間を好きなことや楽しいことに使って、人生を楽しむことができます!

スキミング等のリスクが低減!セキュリティ

ゆうちょPayの場合は店員さんにクレジットカードを渡す必要がありません。クレジットカードの情報も店舗には渡りません。

したがって、クレカをスキミングされたり、カード情報を写真撮影されて不正利用されるリスクがなくなります。

デメリット

スマートフォンを見て考える女性

ポイント還元がない可能性が大

ゆうちょPayは横浜銀行などの既存サービスと同様だと、クレジットカード、デビットカード、d払い楽天ペイのようなポイント還元がありません。

やはり使っても1円も得しないのであれば、アプリをインストールして登録してといった手間が面倒になります。

それならば現金払いでいいかという考えも浮上するのがデメリットです。

利用可能店舗が限定的

ゆうちょPayは対応している独自の加盟店でのみ利用可能です。

同じ銀行Payのスキームを利用している横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行などの相互連携も行う予定なので、相互に加盟店を開放する取り組みが行われる可能性もあります。

ただし、やはり共通ポイントの楽天スーパーポイントが使える楽天ペイ、dポイントが使えるd払いの存在感は大きく、どこまでゆうちょPayの加盟店が拡大するか不透明です。

限られた店舗でしか使えないと、いちいち使えるお店を覚えるのが面倒なので、なかなか利用が進まないと思われます。

やはり日常的に使う機会が多いコンビニ、スーパー、ドラッグストア、ファーストフード、カフェ等での対応がどこまで進むかに注目です。

日本全国津々浦々に店舗がある巨大企業のゆうちょ銀行のパワーで、一気に加盟店が拡大すると便利になります。

郵便局・ゆうちょ銀行・かんぽ生命のロゴとイメージイラスト

ガラケーでは利用不可能

スマートフォンの普及が進行していますけれども、ガラケーを愛用している方も多いでしょう。

フィーチャー・フォンでは利用できないのがデメリットです。

また、Windowsスマホ、ブラックベリーでも利用できません。日本ではこれらのシェアは著しく低いですが、これらを使っている方は使えません。


類似サービスとの比較

d払い以外にも特定の加盟店での決済ができるモバイル支払いサービスが、雨後の筍のように続々と誕生しています。

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天の会員情報に登録してあるクレジットカードを活用して、リアルの店舗で決済できます。

スマホを操作する手間は乗じますが、クレジットカードをお財布から取り出す手間がありません。

クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバック等に加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

楽天カードを登録している場合、通常の1%に加えて0.5%が加算されて、楽天ペイ加盟店でのお買い物が1.5%還元になります。

楽天が決済サービス「楽天ペイ」を開始しました。リアルの店舗で、スマートフォンの操作で支払いができます。クレジットカードのポイ...

d払い

d払い

ドコモが2018年4月からモバイル決済サービス「d払い」を開始しました。

アプリの画面上に表示させたバーコードかQRコードを、レジでのお会計時に提示するだけで支払いが可能なモバイル決済手段です。

ドコモの電話料金合算払いを街のお店の支払いでも使えるようになり、クレジットカードを持てない方にとって便利になります。

ドコモの契約がない場合でも、クレジットカード払いならd払いを利用可能です。

リアル店舗は0.5%、インターネットは1%のdポイントが貯まるのがメリットです。

dポイント、ドコモ口座の残高でお買いものすることも可能です。その他、詳細は以下で精緻に分析しています。

ドコモが2018年4月25日(水)からモバイル決済サービス「d払い」を開始しました。スマートフォンの「d払い」アプリをお店のレジで提示す...

Origami Pay

アプリにクレジットカードを登録して、アプリでのクレカ決済を行えるサービスです。

リアル店舗ではVisa・Mastercard、オンラインショップではVISA、MasterCard、AMEX、Diners Club、JCBのクレカを利用可能です。

リアル店舗でのお会計時にOrigamiで支払う旨を伝えて、専用端末(iPad)に表示されたQRコードをアプリで読み取ると支払いが完了します。

複数のクレジットカードを登録できるので、使用するクレジットカードを変更することも可能です。

Origami Payは、ローソン、丸井グループのSC・モディ、白遊空間、ロフト、パルコ、PARCO_ya、阪急メンズ東京、ロクシタン、アーバンリサーチ、コンバース、AOKI、ポーターなどで利用可能です。

2017年6月1日からは、ケンタッキー・フライド・チキン(首都圏・関西の一部の店舗)でも利用可能になりました。

ケンタッキーフライドチキン (2)

2017年8月25日からは、和民、坐・和民、ミライザカ、TEXMEX FACTORYで使えるようになりました。

Origamiアプリのトップ画面には周辺地図が表示され、加盟店舗情報などを確認できます。

Origami Payは楽天ペイ、d払いとは異なり、決済額に応じてポイントが貯まる仕組みはありません。クレジットカードのポイント等のみです。

しかし、2%OFFや50%オフなど、店舗が独自の割引を行っている場合があります。

ロフトではOrigami Payで支払うと無期限で2%OFFになります。また、10%OFFキャンペーンを定期的に開催しています。ちなみにロフトではロフトカードというクレカもお得です。

魅力的な雑貨が数多く揃っていて人気があるLoft(ロフト)。そんなロフトを使う方におすすめのクレジットカードが、ロフトカード(Loft C...

2017年11月24日(金)以降の月末のプレミアムフライデーは、Origami Payを利用すると、多くの店舗にて10%OFFで利用できるようになりました。

2017年の12月は毎週金曜日に開催されました。具体的には12/1(金)・12/8(金)・12/15(金)・12/22(金)・12/29(金)です。2018年以降は毎月の月末金曜日です。

ただし、対象外店舗や割引率が異なる店舗があります。AOKI、ORIHICA、X-girl、XLARGE、Styles、SodaBar、MILKFED.、Mid-Century MODERN、COMMUNITY MILLは10%OFFの対象外で通常の2%OFFです。

また、ケンタッキーフライドチキン、阪急メンズ東京は11月24日が対象外で、12月以降から10%OFF(阪急メンズ東京は10万円以上は2%OFF)を享受できます。

従来からあったおサイフケータイに加えて、Apple Payが登場して、Android、iPhone、ガラケーで便利にモバイル決済が可能となりました...

LINE Pay

また、LINEも「LINE Pay」というスマホでの決済サービスを提供しています。「モバイル決済 for Airレジ」の導入置店で、アプリでのバーコード決済が可能です。

銀行でのチャージが可能なので、クレジットカードがなくても使えるのが特徴です。

 LINE→「その他」→「LINE Pay」→「コード」と進むと、QRコードが表示されるので、対応している店舗のレジでそれを提示します。

店舗が端末でQRコードを読み込むと決済が完了します。

ビックカメラ、ユナイテッドアローズ、メガネスーパー、エアポートトレーディングなどで導入されています。

LINE Pay マイカラープログラムによって、LINE Payの支払いで最大2%のLINEポイントを得られます。バッジカラーが最低ランクのホワイトだとポイント還元がない点に注意が必要です。

2018年8月1日~2019年7月31日の1年間はコード決済なら還元率が+3%となり、最大で5%還元を享受できます。

また、LINE PayにはJCB搭載型プリペイドカード「LINE Pay カード」があり、これの利用では最大2%と高還元になります。

LINEが、オフライン店舗でも利用できるプリペイドカード「LINE Pay カード」の発行を開始しました。同時にLINEの各種サービスなどで貯...

Apple Pay

日本で最も有名なアプリ決済サービスはApple Payでしょう。シェア6割のiPhoneに搭載されて、ニュース等でも大々的に報じられています。Apple Payの内容、仕組み、使い方については以下にまとめています。

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuicaに類似した...

Apple Payは利用に対応クレジットカードが必要です。利用可能なクレジットカードについては以下にまとめています。

iPhone X / 8 / 8 Plus、Apple Watch Series 3は前モデルに続いて、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」(アップルペイ)...

Apple Payでは店でのお買い物の他、Suicaの利用も可能です。

Suica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店でお買い物ができます...
iPhone、Apple Watchによるモバイル決済サービス「Apple Pay」では、Suicaも利用できます。iD、QUICPayでのお買い物の他、Suicaチャー...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay(アップルペイ)を1年間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました。おサイフケー...

Apple Payはクレジットカードの登録・設定が極めて簡便なのがメリットです。他方、使えるクレジットカードの種類・国際ブランドは限定的でややこしい側面があります。

楽天ペイのようにポイントの上乗せはありません。7以降のiPhone、Series 2以降のApple WatchなどのiOS端末限定のサービスです。

Google Pay

Google Pay(旧Android Pay)

2016年12月13日(火)から、日本でも「Android Pay」(アンドロイドペイ)が使えるようになりました。現在は「Google Pay」という名前です。

電子マネー、ポイントカード、ギフトカードを登録でき、一元管理することが可能なのがメリットです。

スマホのAndroid Payに追加した電子マネーには、Googleアカウントに登録したクレジットカードやデビットカードによってアプリ上でチャージできて便利です。

対象端末はOSがAndroid 4.4(KitKat)以降のAndroid端末で、かつ、おサイフケータイ対応の端末です。

当初は楽天Edy楽天ポイントカードなどに対応しており、nanacoWAONSuicaQUICPayも加わりました。

Android Payの楽天Edy画面

Google Payの楽天Edyの利用では、0.5%のポイントかANAマイルも貯まって便利です。

貯まるポイントは楽天スーパーポイントPontaポイント、エポスポイント、ヨドバシゴールドポイント、マツキヨポイント、エディオンポイント、.moneyなどから選べます。

Android Payの楽天EdyでANAマイルを貯める設定画面

Android Payの導入にあたっては、三菱UFJ銀行、三菱UFJニコスと協力しており、アプリやWebでの決済にも対応予定です。

2018年5月24日にはGoogle PayにSuicaが導入されて、鉄道、バス、Suica加盟店でのお買い物などでSuicaを利用可能になりました。

Google Pay(旧 Android Pay)という電子マネー・ポイントの一元管理アプリがあります。2018年5月24日からは、Google PayでSuicaを発行...

JCBカードANA JCBプリペイドカードジャックスカードKyash Visaカード等で、事前チャージ不要で便利な後払い方式のQUICPayも利用可能です。

Google Pay(旧 Android Pay)という電子マネー・ポイントの一元管理アプリがあります。2018年10月9日からは、Google PayでQUICPayを発...

ドンドンと対応する電子マネー、共通ポイントカードの種類が増えており、今後の更なる発展も期待できます。その他、詳細は以下で徹底解説しています。

2016年12月13日(火)にGoogleの「Android Pay」(アンドロイドペイ)が日本に光臨して、2018年2月21日は「Google Pay」に名称変更しまし...

スマホ決済サービスとの比較は下表のとおりです。

項目 d払い 楽天ペイ Origami Pay LINE Pay Apple Pay
独自のお得 0.5%のdポイント 0.5%の楽天ポイント 店舗独自の割引 - -
端末 iPhone・Android iPhone・Android iPhone・Android iPhone・Android iPhone
クレカ Visa・Mastercard 楽天カード

その他VISA/Mastercard

Visa・Mastercard Visa
Mastercard
JCB
Amex
Diners
Visa
Mastercard
JCB
Amex
加盟店の代表例 ローソン
ナチュラルローソン
ローソンストア100
マツモトキヨシ
ポプラ・生活彩家
くらしハウス
スリーエイト
ハイウェイ彩家
サツドラおよび北海道くらし百貨店
髙島屋
タワーレコード
koe
ツルハドラッグ
くすりの福太郎
ウォンツ
ドラッグストアウェルネス
レデイ薬局
JINS
ワタミグループ
ユナイテッドアローズ
ビューティ&ユース
グリーンレーベル リラクシング
Green Parks、AMERICAN HOLIC
earth music&ecology
アーバンリサーチ
ウエルシア薬局
ハックドラッグ
ダックス
ハッピードラッグ
なんばCITY、なんばパークス
ローソン
ナチュラルローソン
ローソンストア100
和民/坐・和民
ミライザカ
モンテローザグループ
(白木屋・魚民・笑笑など)
すかいらーくの宅配
ピザーラ
丸善・ジュンク堂書店
ビッグエコー
coen
koe・earth music&ecology(一部)
はるやま、フォーエル
Perfect.Suit.FActory
AOKI
メガネスーパー
楽天カフェ
楽天クリーニング
楽天クリムゾンクラブ
ステップスポーツ
ファミリープレイ
GATHERING TABLE PANTRY
馬喰町店
アート引越センター
アリさんマークの引越社
モディ
白遊空間
ロフト
パルコ
PARCO_ya
無印良品
フランフラン
DEAN & DELUCA
DEAN & DELUCA CAFE
旭川空港
阪急メンズ東京
ロクシタン
アーバンリサーチ
コンバース
AOKI
ポーター
和民
ケンタッキー(一部)
ローソン
とらのあな
西武新宿ぺぺ/Brick St.
ローソン
ビックカメラ
ジャンカラ
ココカラファイン
セイジョー
セガミ
和民/坐・和民
TEXMEX FACTORY
ミライザカ
ユナイテッドアローズ
メガネスーパー
エアポートトレーディング
iDもしくはQUICPay加盟店
備考 携帯料金合算払い
ドコモ口座の残高を利用可
  複数のクレジットカードを登録可能 銀行チャージも可能  

まとめ

KITTE丸の内

ゆうちょPayはレジでのお会計時にスマホでQRコードを読み取るだけで支払いが可能なモバイル決済手段です。

即座に預金口座の残高から利用額が引き落とされるので使い過ぎる心配がありません。クレジットカードを持てない方にとって便利になります。

ただし、ポイント還元がない可能性が高いのがデメリットです。やはり相対的にはVisaデビットカードやJCBデビットカードの方がお得で便利です。

4つのデビットカード

なんといってもデビットカードは、限られた加盟店だけではなく、原則として膨大なVisaもしくはJCB加盟店でお買い物も出来て、ポイント等の還元もあるのがメリットです。

日本国内だけでなく海外の加盟店でも使えますし、海外のATMでの現地通貨の引き出しも可能です。

ただし、デビットカードは高コストなので、海外ATMでの通貨引出しは最も低コストであるセディナカードがベストです。

年会費無料で基本還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)であり、1%で楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCB、シルバー(VISA)、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカー...

セブン銀行のデビットカードは、セブン‐イレブンではなんと1.5%の高還元です。そごう・西武、セブンネットショッピング、デニーズ等は1%、それ以外の加盟店も0.5%還元でnanacoポイントが得られます。

セブン銀行が2016年10月17日(月)から「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」の発行を開始しました。セブン銀行のICキャッシュカ...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行から「イオン銀行キャッシュ+デビット」が登場しました。イオン銀行のICキャッシュカード、電子マネーWAON、JCBデビットカ...

ただし、楽天市場や、マクドナルド・ミスタードーナツ・出光・大丸・松坂屋・ツルハドラッグなどの楽天ポイントカード加盟店を使わない場合は、楽天銀行のデビットカードは使い勝手が悪いです。

イオン銀行のデビットカードの方は、イオングループの店舗が近くにないとメリットが著しく減退します。

現金還元を重視しており、ポイント還元ではなくキャッシュバックがいい場合は、ネット銀行だとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」が候補となります。

優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされます。上限は20万円/月です。

Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。VISA加盟店で...

住信SBIネット銀行のデビットカードはいつでも0.6%の還元で、会員制度スマートプログラムのランクアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行はVisaデビット付キャッシュカードを発行しています。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚になったカードで...

メガバンクのデビットカードなら、還元率が低くても、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のデビットカードが候補となります。

三菱UFJ-VISAデビットというデビットカードがあります。三菱UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。VISA加盟店で利用可...
SMBCデビットというデビットカードが2016年10月21日から発行開始しました。三井住友銀行と三井住友カードが発行しているVISAデビット...
みずほJCBデビットというデビットカードが2017年1月4日から発行開始します。みずほ銀行とJCBが提携して発行するJCBデビットカードです...

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落と...

ただし、やはりデビットカードは還元率が低めなのがデメリットです。年会費無料で還元率が1.5%のクレジットカードがあります。

ポイント還元率に関しては、デビットカードはクレジットカードに負けます。高還元率のクレジットカードを日常の生活で使っていけば、家計が堅牢化します。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

年会費が無料で1%~1.5%還元のクレジットカードもゴロゴロあります。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが年会費です。年会費がかかるカードはNGという方も多いですね。特にサブカードとして...

マイルが貯まりやすいクレジットカードは以下をご参照ください。

航空マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1マイルの価値が数円に昇華します。国内線特典航空券...

高級カードになるとコース料理1名分無料サービス、空港ラウンジなどの充実した特典が魅力的です。

おすすめのゴールドカードについては、ゴールドカードのランキングをご参照ください。年会費無料のゴールドカード年会費が安い格安ゴールドカードもあります。

これらの中でも特に優れたゴールドカードは以下で丹念に論述しています。

アメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最上位カー...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

おすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に優れたカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

クレジットカードの頂点であるブラックカードについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

その他クレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカ...
クレジットカードには多種多様な種類があり、膨大な数のクレカが発行されています。あまりの多さに探しきれない程ですし、評判・口コ...

日本有数のクレジットカードの専門家でいらっしゃる岩田昭男さんのおすすめクレカについては、以下で徹底的に解説しています。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

67枚のクレカをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんのおすすめカードには、珠玉のクレジットカードが集結しています。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

多様な項目での最強のクレジットカードについては、以下で論述しています。

クレジットカードには多種多様な種類があります。年会費無料カード、高還元カード、一芸に秀でた特化型カード、航空系カード、ゴール...

国際ブランドごとのおすすめクレジットカードについては、VISAMastercardJCBアメックスダイナースにまとめています。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-銀行, 家計

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.