【評判】じぶん銀行の口コミ2019!メリット・デメリット・auユーザーの特典まとめ

更新日: 銀行

じぶん銀行のキャッシュカード

じぶん銀行はメリットが大きく、上手く使うと家計を大きく助けることが出来ます。

「じぶんプラス」という会員プログラムの活用で、ATM手数料・振込手数料を無料にすることができ、定期預金のキャンペーンが高金利です。

auユーザー向けには「auのプライムバンク」という特典サービスが提供されており、WALLETポイントが貯まる仕組みがあります。

じぶん銀行のメリット、デメリット、auユーザーの特典について、実際にフル活用した経験談に基づき口コミとしてご紹介します。

じぶん銀行とは

じぶん銀行は、「SMART×MOBILE=SMILE」をスローガンとしており、ケータイで便利に取引できるサービスが充実しています。

KDDIと三菱UFJ銀行が2008年に設立したネット銀行です。2018年4月2日(月)に300万口座を突破しており、評判・口コミが良好なオンラインバンキングです。

じぶん銀行の取引画面

運転免許証を持っていれば、スマホで運転免許証の両面を撮影して必要事項を入力して送信するだけで、口座開設が可能です。

スマホだけで可能で書類の郵送は不要です。これは便利ですね。パソコンから普通に申し込むこともできます。

口座開設・維持手数料は無料であり、口座保有に一切費用はかかりません。auと契約していない方でも口座開設可能です。

定期預金のキャンペーンが高金利

効果を入れた瓶から葉が出ている写真

じぶん銀行は定期的に定期預金キャンペーンを開催しています。特に3ヶ月や6ヶ月といった短期の定期預金で高金利のキャンペーンを行うことが多いです。

ネット銀行だけあってじぶん銀行の定期預金キャンペーンはお得です。現在の定期預金金利は下表の通りです。メガバンクやゆうちょ銀行の3倍~5倍の高水準です。

預入期間 金利
1ヶ月(年利) 0.030%
3ヶ月(年利) 0.040%
6ヶ月(年利) 0.030%
1年(年利) 0.050%
2年(年利) 0.030%
3年(年利) 0.030%
5年(年利) 0.030%

定期的に定期預金の金利がアップするキャンペーンを開催しています。主に夏と冬のボーナスシーズンに実施。

一例として2018年6月1日~7月31日、2018年12月5日~2019年1月31日は、じぶん銀行の1年ものの円定期預金が0.20%となる「円定期預金の特別金利キャンペーン」が開催されていました。

低金利の状況だからこそ、キャンペーンによる金利の上乗せには拘りたいですね。少しでも高い金利の定期預金に預けるのがお得です。

何も働かなくても、定期預金に申し込むだけで利息が得られるのは嬉しいですね。

これからじぶん銀行に口座開設する方は、定期預金キャンペーンを活用するとお得です。定期預金は1000万円までなら預金保険保護の対象でノーリスクなのがメリットです。

コンビニのATM手数料がお得

東京駅構内のセブン銀行ATM

じぶん銀行は会員プログラム「じぶんプラス」のステージが2以上だと、ATM手数料が安価です。詳細は後述します。

以下の銀行のATM手数料が、なんと入金はステージ2以上だと無制限で無料、出金はランクに応じて最大で月11回まで無料です。

無料回数を超えた場合、1回あたり108円(税込)のATM手数料が発生します。

ステージ2以上の場合、ゆうちょ銀行は入金・出金それぞれ月1回まで無料、2回目以降は1回あたり216円(税込)です。

ゆうちょ銀行のATM

これらの銀行を利用すれば、手数料0円で資金移動が可能です。

コンビニ・ゆうちょ・三菱UFJ銀行のどれかは、日本全国でどこにでもあるので、とても便利です。

この無料回数の範囲なら、夜の10時でも、朝の7時15分でも無料でATMで入出金できます。

実際にコンビニで出金すると、手数料は無料になっています!

じぶん銀行のATM出金の明細

じぶん銀行は最大11回までコンビニATM手数料を無料にできて便利です。

じぶん銀行 公式サイトはこちら

振込手数料もお得

スマホを見る女性

じぶん銀行本支店宛の振込手数料(自行の本支店宛振込手数料)は無料です。

また、じぶん銀行と三菱UFJ銀行との間は、振込手数料が無料になります。

じぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込も、三菱UFJ銀行からじぶん銀行への振込みも無料です。

メインバンクが三菱UFJ銀行の場合は、無料で資金移動し放題になります。

じぶん銀行と三菱UFJ銀行間の振込手数料が無料の図

実際に三菱UFJ銀行からじぶん銀行に振込をしてみました。振込手数料は0円です!

三菱UFJ銀行からじぶん銀行への振込み受付画面

じぶん銀行から他の銀行への振込手数料は、1回あたり3万円未満は174円(税込)、3万円以上は278円(税込)です。

三菱UFJ銀行以外にも振込手数料を無料にしたい場合は、住信SBIネット銀行ソニー銀行などの活用が便利です。

空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

2016年11月13日からは「じぶんプラス」が始まり、商品・サービスの利用状況に応じて無料回数が変動します。

じぶん銀行からじぶん銀行・三菱UFJ銀行への振込手数料、三菱UFJ銀行からじぶん銀行への振込は、じぶんプラスの開始以降も、無条件で何回でも無料である点は続きます。

じぶんプラスで振込手数料・ATM手数料の無料回数が変動

じぶん銀行のスマホアプリ

じぶんプラスとは、じぶん銀行の利用状況に応じて5つのステージが用意されていて、ステージごとに振込手数料・ATM手数料無料などの優遇が受けられる制度です。

ATM手数料は最大月11回、じぶん銀行・三菱UFJ銀行以外の他行への振込みは、最大月15回まで無料となります。預入れと残高照会は何回でも無料です。

auユーザーだけではなく、じぶん銀行に口座がある全ての方が対象となります。もちろん、ドコモやソフトバンクユーザーも対象です。

楽天銀行のハッピープログラム、住信SBIネット銀行のスマートプログラムに似た制度です。

楽天銀行には「ハッピープログラム」という制度があります。2015年10月までは楽天関連サービスの取引が必要で使い勝手が悪い側面があ...
住信SBIネット銀行は、2016年1月から、利用状況に応じて様々な優遇が受けられる「スマートプログラム」が開始しました。住信SBIネット...

適用されているステージは、じぶん銀行スマホアプリ、もしくは会員サイトログイン後の画面で確認できます。

ステージ優遇・達成条件

じぶんプラスのステージは1から5までの5段階です。数字が大きくなる程に上位ステージとなっています。ステージごとの特典は下表の通りです。

ステージ名 ATM引出し手数料
無料回数
振込手数料
無料回数
じぶんプラス1 月0回 0回
じぶんプラス2 月3回 0回
じぶんプラス3 月4回 月1回
じぶんプラス4 月8回 月8回
じぶんプラス5 月11回 月15回

特に嬉しいのは「じぶんプラス3」以上だと振込手数料が無料になるサービスです。

無駄な手数料をカットできると家計改善に直結するので、手数料0円は嬉しいですね!

じぶん銀行の振込結果

毎月20日時点の「預かり資産残高」と「取引条件の該当状況」によって、翌月のステージが決まります。

口座開設日から2ヶ月後までは「Welcome期間」となり、取引状況にかかわらず、「じぶんプラス3」以上となります。

最大で3ヶ月間はお得なステージのベネフィットを享受できます。一例としては以下の通りです。

  • 2019年12月1日に口座開設:2020年2月末まで「じぶんプラス3」以上
  • 2020年1月5日に口座開設:2020年3月末まで「じぶんプラス3」以上

振込手数料が無料になるのは「じぶんプラス3」以上となります。じぶん銀行を使っていく上では、3以上、できれば4か5のステージを維持したいところです。

じぶんプラスの条件の詳細・攻略方法、預け入れ資産残高ごとのステージ適用条件については、以下で徹底解説しています。

auユーザー限定でATM手数料と他行宛て振込手数料が無料になる「プレミアムバンク for au」が終了して、2016年11月13日から「じぶんプ...

2018年12月からは「じぶんプラス1・4・5」のステージ別の特典内容、「じぶんプラス2」のステージ判定方法が変更されました。

じぶんプラス1のATM手数料、2の判定条件は改悪となり、じぶんプラス4・5の振込手数料は改善となります。詳細は以下で精緻に分析しています。

変更点、12月以降の制度内容の詳細は以下で精緻に分析しています。

じぶん銀行には「じぶんプラス」という制度があり、取引状況に応じて振込手数料・ATM手数料を無料にすることが可能です。2018年12月か...

ヤフオク等のネットオークションでの振込に便利

オークションの落札イメージ(木槌)

じぶん銀行の使い道で最も便利なのは、ヤフオクなどのネットオークションでの振込みに使うことです。

三菱UFJ銀行、じぶん銀行への振込みが無料になります。特に三菱UFJ銀行を振込先銀行に指定している出品者は多いです。

三菱UFJ銀行への振込み用銀行として、じぶん銀行は価値があるネット銀行です。


カブドットコム証券の出金口座に最適

カブドットコム証券

カブドットコム証券というネット証券があります。

一般信用取引、フリーETFトレーリングストップなどの多彩な注文方法などのメリットが有ります。詳しくは以下で徹底解説しています。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがカブドットコム証券です。特に一般信用取引がリターン向上に資すると評判...

「リスクがある株式投資はイヤだ」とお考えの方でも、ほぼノーリスクで株主優待を取得できる一般信用取引はおすすめの投資手法です。詳しくは以下でまとめています。

3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、いわゆる「株主優待タダ取り...
1年間で最も株主優待の権利確定企業が多いのは3月末です。早いものでもう4月になりました。毎月必ず権利確定日の企業があるのは株主優...

カブドットコム証券は、手数料無料で出金できるのが、三菱UFJ銀行、じぶん銀行、イオン銀行、池田泉州銀行・中京銀行しかありません。

じぶん銀行だとコンビニ・ゆうちょのATM手数料が無料なので、資金移動が便利です。

じぶん銀行の入出金履歴

セキュリティが充実

じぶん銀行には、インターネットバンキングへのログインをロックする機能があります。この機能を使っていると、パソコンでのログインができなくなります。

この「インターネットバンキングロック」をONにしていると、ログインしようとしてもエラー画面が出ます。

じぶん銀行のインターネットロック機能

また、ATMでの現金出金、残高照会をロックしておき、出金する時のみスマホアプリでロックを解除する「ATMロック」機能があります。

この機能を使えば、じぶん銀行のキャッシュカードを無くしたり、盗まれたり、偽造されてもATMで現金を下ろすことはできなくなります。

自分が下ろす前にスマホアプリで解除したらおろせるようになります。

じぶん銀行アプリのセキュリティ機能画面

これらのセキュリティ機能を活用すると、不正利用のリスクを減らすことができます。

iPhone等のiOS端末の場合、指紋認証機能(Touch ID)によって簡単にロック解除が可能です。

万が一、不正利用されてしまった場合の補償も充実していて安心・安全です。

偽造・変造・盗難キャッシュカード・ローンカードによるATM出金取引は全額補償されます。ケータイ・パソコン・テレホンバンキングによる振込取引も全額補償されます。

紛失キャッシュカード・ローンカードによるATM出金取引は、ATMロック利用時は年300万円まで、使っていない場合は年間50万までの被害額が補償されます。

ネット銀行への資金移動は定額自動入金サービスが便利

じぶん銀行を活用する場合でも、メガバンクや地銀・信金・他のネット銀行なども利用する場合もあるでしょう。

そういう場合にじぶん銀行への資金移動に便利なサービスがあります。毎月、所定の日に指定した金額を自動で入金する「定額自動入金サービス」です。

他行の自分名義の口座から指定の金額をじぶん銀行に自動的に移すサービスです。毎月6日か26日が引き落とし日となり、4営業日後にじぶん銀行の口座に入金されます。

単位は1万円以上1000円単位となっています。振込手数料が無料なのがメリットです。ただし、金額や振込のタイミングをその都度変更することはできません。

タブレット端末を見る笑顔の女性

初回の引落としは登録完了の9営業日以降最初に到来する引落日となります。

引落日が金融機関休業日の場合には、翌営業日の引落としとなります(※入金スケジュール)。

利用上限件数は5件です。6件以上の定額自動入金はできません。

大手ではゆうちょ銀行がかつては利用できませんでしたが、2016年7月10日より利用可能になりました。利用可能な金融機関は以下のとおりです。

住宅ローンもあり

住宅のリビング

じぶん銀行は三菱UFJ銀行と提携して、住宅ローンも提供しています。家計に優しい低金利となっているのが魅力的。

日本の銀行で初めて、申し込みから契約までネットで完結するのが特徴です。スマホでも契約可能です。来店も、契約書の記入や捺印も一切不要です。

収入印紙代も不要になる点が地味にお得です。ただし、連帯保証人を立てる場合など契約内容によっては、契約書での手続きとなる場合があります。

全期間引下げプランの変動金利は、なんと0.457%という低金利です。

しかも、ガン保障特約(50%)の保険料は全額じぶん銀行が負担です。ガン保障特約(50%)とは、がんと診断されたら残りの期間の住宅ローン残高が1/2となる補償です。

また、一般団信の保険料、保証料、一部繰上返済手数料、返済口座への資金移動は無料で便利です。

日本人の約2人に1人ががんと診断されている情勢下では魅力的な付帯保険ですね!更に手厚い保障がついた11疾病保障団信も選択できます。

じぶん銀行は三菱UFJ銀行と提携して、住宅ローンも提供しています。ネット銀行らしい低金利が魅力です。日本の銀行で初めて、申し...

「auのプライムバンク」でauユーザーは最高にお得

auショップ

au携帯電話・auひかり等のauユーザーは、「auのプライムバンク」というお得なサービスがあります。

お得にWALLETポイントをザクザクと貯めることができます。

各種料金の引き落とし先をじぶん銀行に変更するとポイント

各種料金の引き落とし先をじぶん銀行に変更するとポイントの特典

新口座開設したau契約者の方には、1ヶ月あたり最大で200ポイント、2年間で最大4,800ポイントのWALLETポイントがプレゼントされます。

条件 2年 判定期間
au利用料金かau WALLETクレジットカード代金をじぶん銀行から口座引落 50 1,200 前月21日-当月20日
au WALLETプリペイドカードにじぶん銀行口座からチャージ 50 1,200 前月21日-当月20日
以下いずれか1つ
・預金等の預かり資産残高が100万円以上
・カードローン(じぶんローン)の残高
・外貨預金残高が10万円以上
・仕組預金残高が10万円以上
・じぶん銀行FXの取引
100 2,400 20日時点(FXのみ前月21日-当月20日)
合計 200 4,800  

カードローンau限定割

通常は年2.2%~年17.5%のカードローン金利が最大で年0.1%優遇されます。2.1%~17.4%となります。

他社からの借り換えなら年0.5%も優遇されます。年0.5%は大きいですね。借り換え金利が、1.7%~12.5%となります。

じぶん銀行のカードローンau限定割

カードローンau限定割の条件は以下2つです。

  • お申込時にau IDを登録
  • 登録するau IDに、利用中のauの携帯電話や固定通信サービス(※)を設定

※au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TV Box、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかり ちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)が対象となります。

au WALLET へのチャージが可能!2ヶ月は5%還元

じぶん銀行からau WALLET プリペイドカードへチャージが出来ます。

クレジットカードを持っていない方でも、銀行口座があれば、家のPCやスマホからサクッと簡単にチャージできます。

じぶん銀行のキャッシュカードとau WALLET

au WALLETとは、nanaco楽天Edyと同じプリペイド式の電子マネーです。

au WALLETのカードにお金をチャージして、お店での買い物に使えます。0.5~3.5%のWALLETポイントがつくのがメリットです。

クレジットカードのように店員さんに渡したり、Webサイトにカード番号や有効期限等を入力したら、決済できます。

au WALLET プリペイドカードは、クレジットカードのMastercardの加盟店、WebMoney加盟サイトで使えます。4%の手数料がかかりますが、海外でも使用できます。

au WALLETはプリペイド式なので、じぶん銀行でチャージする場合は使い過ぎる心配がありませんし、審査もありません。

auはMastercard搭載型プリペイドカード「au WALLET(ウォレット)」を発行しています。充実した入会キャンペーン、特約店で高還元率、...

じぶん銀行からauウォレットへのチャージ方法については以下でまとめています。

au WALLET(au ウォレット)にじぶん銀行経由でチャージすると、初回10%、年内は5%の還元になります。これは驚異的にお得ですよね。...

auユーザーの場合、じぶん銀行の口座開設の翌月末までは、じぶん銀行口座からau WALLET プリペイドカードへのチャージで+5%がポイントバックされます。

「チャージで貯まる!WALLETポイント還元プログラム」というキャンペーンです。最大5万円のチャージまで適用され、2,500円相当のポイントを得ることができます。

口座開設の1度だけですけれども、5万円のチャージで2,500円もお得になるので、嬉しいプログラムです。チャージの手順は以下の通りです。

  1. じぶん銀行口座を開設
  2. じぶん銀行のWebサイトにログイン
  3. au IDを登録
  4. au WALLET プリペイドカードにじぶん銀行からチャージ

なお、au WALLETへのチャージは、楽天カードリクルートカード(VISA)Orico Card THE POINTがおすすめです。詳細は以下で徹底解説しています。

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場しました。じぶん銀行からのチャージで2014年12月末...

au WALLETプリペイドカードへのリアルタイムチャージ

au WALLETプリペイドカード

2018年4月5日(木)からは、au WALLETプリペイドカードの残高不足時に、その場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」がローンチしました。

リアルタイムチャージは、au WALLETプリペイドカードでの決済時に残高不足となった場合、足りない分はじぶん銀行の普通預金口座から即時チャージ&引落しが実施されるサービスです。

チャージ残高が足りない場合は不足金額が自動的にチャージされて、支払いがフィニッシュするので便利です。

リアルタイムチャージが可能な金額は、じぶん銀行の普通預金口座の残高の範囲内となります。

お買い物前にau WALLETプリペイドカードのチャージ残高を気にする必要がなくなります。

じぶん銀行のキャッシュカード

じぶん銀行の預金額の範囲内でお買い物ができるようになるので、au WALLETプリペイドカードがMastercardのデビットカードのように利用可能になります。

じぶん銀行はデビットカードがありませんが、実質的なじぶん銀行デビットカードという使い方が可能です。

ただし、デメリットはポイント還元がない点です。au WALLETで最大限に得するためには、クレジットカードによるチャージがベストです。

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場しました。じぶん銀行からのチャージで2014年12月末...

au WALLETプリペイドカード保有者同士でチャージ残高が送金できる「個人間の送金サービス」も開始しました。

au WALLETアプリから、相手の携帯電話番号と氏名カナ(2文字)を入力するだけで送金することが可能です。

au WALLETプリペイドカードのチャージ残高をじぶん銀行に払い出す機能も加わり、チャージ残高を現金化することが可能です。

ただし、2万円未満は200円、2万円以上の場合は1%の手数料が発生します。 

au WALLET クレジットカードのじぶん銀行指定でポイント2倍

au WALLETクレジットカード本体

au WALLET クレジットカードというauが出しているクレジットカードがあります。

au WALLETはプリペイド式の電子マネーでした。au WALLETクレジットカードは、普通のクレジットカードです。

au WALLETクレジットカードは還元率1.0%でその他の特典もあるクレジットカードです。以下で徹底解説しています。

参考au WALLETクレジットカードのメリット・デメリット・使い方まとめ

ゴールドカードのau WALLET ゴールドカードも登場しました。au料金が10%還元、毎年1万円分のクーポンプレゼントなどが魅力的です。

じぶん銀行をお支払口座に設定したau WALLET クレジットカードで、au利用料金を支払うとお得になるキャンペーンが定期的に開催されています。

au WALLET クレジットカードとau WALLET ゴールドカード

現在は、じぶん銀行を支払口座(引落し口座)としたau WALLET クレジットカードの利用料金に含まれるau利用料金分がポイント2倍となります。

ポイント2倍の内訳は以下の通りです。キャンペーンによる独自の上乗せは1倍(1%)です。

  • au WALLET クレジットカードのお支払いポイント付与:200円(税込)ごとに2P
  • 本特典のポイント付与:1,000円(税込)ごとに10P

以下2つの条件を満たしているとポイントアップの対象となります。

  1. じぶん銀行口座を開設し、じぶん銀行のウェブサイト内でau IDを登録
  2. 口座開設から5ヶ月以内に、じぶん銀行を支払口座(引落し口座)に設定したau WALLET クレジットカードでau利用料金を支払う

特典の提供期間は、ポイントプレゼントされた月を1ヶ月目として、1年間(12ヶ月間)となります。

口座開設した3ヵ月後にau利用料金の支払いがあった場合、キャンペーン期間が9ヶ月間に経るようなことはなく、1年間特典を受けられます。

au WALLETプリペイドカードとクレジットカードの違いについては、以下で精緻に比較しています。

au WALLET(auウォレット)にはプリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。auとの契約時のキャンペーンでは、au WALLETプリ...

スマホだけでATMでの入出金が可能!

セブン銀行のATM

2017年3月27日から、セブンイレブン等に設置されているセブン銀行のATMで、キャッシュカードがなくても入出金できるようになります。

「スマホATM」というサービスであり、じぶん銀行に口座を保有していれば、スマホだけでセブン銀行ATMで入出金取引が可能です。

ATMの画面に表示されたQRコードを読み込んで認証を行う方式となります。iPhone・Androidで使えます。

サービス利用登録等の手続きや、新しい専用アプリのダウンロードなどは不要です。既存のじぶん銀行のアプリがあれば利用できます。

セキュリティが心配になるところですけれども、ICカード利用時と同水準の高いセキュリティが確保されるとのことです。

じぶん銀行のスマートフォン取引

サービスの利用にあたっては、スマホ認証サービスの設定が必要になります。キャッシュカード裏面にある確認番号と届け出た電話番号の携帯電話があれば設定できます。

QRコードを読取るためには、スマートフォンのプライバシー設定で、カメラへのアクセスを有効にする必要があります。

スマホ認証は、「トランザクション認証」機能を導入しています。振込内容の改ざんによる不正送金を防止するための強固なセキュリティ機能です。

じぶん銀行のスマホ認証は、このトランザクション認証をスマホの銀行取引アプリに取り入れています。

スマホATMはカードなしで現金の出し入れが可能な画期的なサービスです。一歩先に進んだ仕組みであり、銀行の入出金の基準を変えて一新する程のインパクトがあります。

デメリットは入出金に必要な操作が多く、キャッシュカードを入れて4桁の暗証番号を入力するほうが簡便で時間が短い点です。スマホATMの詳細は以下で丹念に解説しています。

KDDI(au)と三菱UFJ銀行のネット銀行である「じぶん銀行」が「スマホATM」という斬新なサービスを開始しました。キャッシュカードの...

アジア地域の銀行専門誌から最優秀ネット銀行賞を受賞

じぶん銀行は2017年3月17日(金)に、「The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017」で「Best Digital Only Retail Bank in Japan」(日本における最優秀ネット銀行賞)を受賞しました。

「The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017」は、アジア地域の銀行専門誌「The Asian Banker」が主催しています。

透明性の高い評価プロセスを通じて、アジア・オセアニア、中央アジア、中東、およびアフリカの42カ国250以上の金融機関を審査して、優れた金融機関を表彰するアワードです。

The International Excellence in Retail Financial Services Awards 2017でのじぶん銀行の受賞

同アワードにおいて、じぶん銀行は以下の3点が評価され、日本における最優秀ネット銀行賞を受賞しました。

第一に、じぶん銀行は、インターネットバンキング・アクセスの約8割がスマートフォン経由となっています。

全ての銀行サービス(各種預金や住宅ローンを含む)をスマホで提供し、日本の銀行の中で最も高いスマホアクセスを実現しています。

第二に、じぶん銀行の預金残高は、国内金融機関中位の規模となっています。物理的な支店網無しで、開業から10年経たずに同規模に事業拡大しており、モバイルバンキングのユーザー数は日本最大規模となっています。

じぶん銀行は同業他社を上回る財務指標の成長率を達成しています。独自性あるビジネスモデルが好調な業績に繋がり、粗利・利益共に二桁成長を実現しています。従業員1人当たりの収益率が高く、The Asian Bankerによると、その生産性も印象的とのことです。

AI外貨自動積立サービス

米ドル

2018年3月11日からは、人工知能(AI)を活用した「AI外貨自動積立」を利用可能になりました。

AIを活用して外貨普通預金の自動積立を行うサービスの提供は日本の銀行では初めての快挙です。

「AI外貨自動積立」は、深層学習(ディープラーニング)などのAI技術に加えて、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術にも強みを持つAlpacaJapanとじぶん銀行が共同開発したサービスです。

AIが月内で、より安値(円高)で購入することが可能と判断した日(月に1回)に、ユーザーが設定した通貨および金額(円)に基づき、円普通預金口座から外貨を購入し、外貨普通預金口座に預入れます。

AIが過去に判断した購入日、購入レート、および月間の最安値と平均レートを表示する月間成績は、じぶん銀行ウェブサイトでご確認いただけます。

AI外貨自動積立サービスの画面イメージ

また、AIが購入判断したことをメールおよびプッシュ通知でタイムリーに知らせてくれます。

2017年6月より開始した「AI外貨予測」は、アイコンを使ったわかりやすい表示や、的中率76.9%の「AI外貨予測アラート」などが好評を博しています。

更に「AI外貨自動積立」によって、より幅広いニーズに対応できるようになって便利になりました。

外貨預金に興味はあっても預入れのタイミングを判断できないユーザーや、預入れの判断をAIに任せてみたいユーザーなどにおすすめの機能です。

じぶん銀行の外貨預金は預入時の為替手数料が無料であり、コスト0円で円から外貨に交換できます。

 KDDI(au)と三菱UFJ銀行のネット銀行である「じぶん銀行」は、外貨預金に強みのあるネット銀行です。2018年12月10日(月)取引分から...

PayBにも対応

Apple Payとおサイフケータイ

じぶん銀行はスマートフォン決済サービス「PayB」の支払いにも利用可能です。

PayBアプリをダウンロードして会員登録・口座振替設定を行うと、コンビニ等振込票のバーコードを読み取ると、PayBに登録したじぶん銀行の口座から支払うことができます。

PayBの取扱銀行は、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、十六銀行、百五銀行であり、ネット専業銀行としてはじぶん銀行が初です。

ロボアドバイザー WealthNavi for じぶん銀行

地球と小銭のイメージ

2018年3月からは「WealthNavi for じぶん銀行」というロボアドバイザー・サービスの提供を開始しました。預入れた資産を自動的に管理・運用してくれるサービスです。

設定した投資方針と口座に入金した金額に基づき、自動で最適なポートフォリオが設定されて、Vanguard等の低コストでクオリティが高いETFで分散投資されます。

ロボットによる金融テクノロジーによって、常にポートフォリオをモニタリングして、リバランスなどのメンテナンスを必要に応じて行なってくれます。

昨今話題のフィンテックを金融領域に活用したサービスです。資産運用に時間をかけずに世界の成長の果実を享受することが可能になります。

特定口座にも対応しており、面倒な計算や確定申告をパスすることも可能である点にエッジ・優位性があります。

WealthNaviのサービス内容の詳細については、以下で徹底的に解説しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーによる自動資産運用サービスがあります。ロボアドバイザーの診断結果に基づいて、...

なお、WealthNaviに直接口座を開設すると、手数料の低減などオリジナルの特典や、お得なキャンペーンを享受できます。コストやキャンペーンの側面では直接の口座開設をおすすめします。

WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザー・サービスがあります。預かり資産1400億円を達成(2019年4月1日時点)している国内N...

じぶん銀行スマホデビットが登場

じぶん銀行スマホデビット

じぶん銀行とJCBが提携して2019年4月3日から、スマホデビットサービス「じぶん銀行スマホデビット」の発行を開始しました。

Androidアプリの「じぶん銀行アプリ」で即座にモバイルデビットカードが発行できるようになります。年会費・発行手数料などは無料です。

スマートフォンをかざすだけでQUICPay+加盟店で支払いが可能で、インターネット上のJCB加盟店でも利用可能です。

紙への記入が不要なペーパーレスで、実物のプラスチックカードを発行する必要がないため、カード、チップ等の発行費用もエコとなります。

じぶん銀行スマホデビットのメリット

ポイントカードを出す必要がある店舗では、モバイル決済の利点が損なわれる点、加盟店数が少ないのがデメリットです。

お店での支払いの都度、暗証番号を入力したりサインすることが不要で、迅速な支払いが可能となって便利です。じぶん銀行がますます使い勝手よく進化します。

じぶん銀行とJCBが提携して2019年4月3日から、スマホデビットサービス「じぶん銀行スマホデビット」の発行を開始しました。スマートフ...

まとめ

じぶん銀行は、定期預金のキャンペーンが高金利、三菱UFJ銀行への送金手数料が無料、カブドットコム証券のじぶん銀行への出金手数料が無料、セキュリティが万全などのメリットがあります。

じぶんプラスのランクによって他行宛振込手数料、ATMの出金手数料も毎月一定回数無料になります。

auユーザーの場合、「auのプライムバンク」によって諸々のベネフィットを享受できます。

2017年3月27日からはキャッシュカードがなくても、スマホがあればセブン銀行のATMで入出金が可能になります。セブン銀行ATMしか使わない場合は、お財布に入れるカードの枚数を減らせます。

じぶん銀行のデメリットは特に見当たりません。しいて言うならば、キャッシュカードが1枚増えること、銀行口座の管理が増えることくらいです。このデメリットは大したことはありません。

チャンピオンのトロフィーを掲げるアスリート

日本経済新聞の第13回金融機関ランキングでは、ネットバンキング部門で、じぶん銀行がNo.1となっています。

日経の金融機関ランキングは、約4,000名の個人に対する調査に基づいています。じぶん銀行は客観的に高く評価されています。

2016年11月13日以降は、じぶんプラスの導入によって、じぶん銀行はauユーザーのためのネット銀行という色彩から、万人に開かれたネット銀行へと変貌しました。

特に大きなメリットは月1~5回の他行宛て振込手数料が無料である点です。今後はドコモやソフトバンク、格安SIM・MVNOユーザーにとっても、じぶん銀行は有意義な銀行です。

じぶん銀行 公式サイトはこちら

じぶん銀行以外では住信SBIネット銀行がおすすめです。スマートプログラムで前月末の商品・サービスの利用状況に応じて、無料の回数が決まります。

この点はじぶん銀行と同じですが、条件が格段に緩く、誰でも簡単にランク3は達成可能なのがメリットです。

項目 ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
ATM利用手数料(出金) 月2回 月5回 月7回 月15回
他行宛振込手数料無料 月1回 月3回 月7回 月15回
ボーナスポイント 最大200p 最大200p 最大200p 最大200p

若年層優遇の制度もあり、30歳未満だと無条件でランク2となります。ランク3以上の判定条件は30歳以上の方と同一です。

住信SBIネット銀行はまずSBI証券に口座開設して、その後にSBI証券の会員サイトから申し込むのも選択肢です。

こうすれば当サイト限定のSBI証券のタイアップ・プログラムを利用でき、3,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

当サイト限定タイアップ特典で住信SBIネット銀行と同時口座開設

口座開設・キャンペーンの手順については、以下にまとめています。

口座開設数No.1のネット証券であるSBI証券と当サイトの限定タイアップキャンペーンが始まりました!SBI証券は入会金・口座開設費用は...

その他、楽天銀行ソニー銀行イオン銀行ジャパンネット銀行セブン銀行スルガ銀行ANA支店もおすすめです。詳細は以下で精緻に分析しています。

2020年代が間近に迫った現在、インターネットの普及がより一層進んでいます。スマホ・タブレットの普及でパソコンには馴染みがない方...

その中でも特におすすめの銀行を5行に絞ったランキングは以下となります。

スマホの普及でインターネットがより身近なものになり、全国津々浦々にネット銀行を利用する方が増えています。オンラインバンキング...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。52枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-銀行
-,

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.