The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

個人向け国債のキャンペーンまとめ

更新日: キャンペーン 個人向け社債

個人向け国債

個人向け国債は 安全資産である金融商品の代表です。数多くの金融機関で購入できますが、現金、ポイント、ギフトカードなどをプレゼントするキャンペーンを行っている金融機関もあります。

キャンペーンを利用して個人向け国債を購入するとお得です。キャッシュバックは嬉しいですよね。ありとあらゆる証券会社のキャンペーンについて解説します。


個人向け国債とは

国債は、国にお金を貸して、年2回金利が得られる金融商品です。満期には元本が返ってきます。

個人向け国債は個人の国債保有を促進するために導入され、1万円単位で始められ、1年経過したら中途換金もできるなど優遇があります。原則として個人のみが保有できます。

個人向け国債には、以下の3種類があります。

  1. 個人向け利付国庫債券(変動・10年)
  2. 個人向け利付国庫債券(固定・5年)
  3. 個人向け利付国庫債券(固定・3年)

1年経過したら、日本国がデフォルトしない限りは元本割れのリスクはありません。現在は全種類が毎月発行になっています。毎月購入可能で便利です。

個人向け国債のキャンペーンまとめ

大手証券

大手証券はいずれも個人向け国債のキャンペーンを行っています。野村証券のみ50万円で1,000円のキャッシュバックがあります。その他の証券会社は100万円からです。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は300万円以上です。

金額 野村證券 大和証券 SMBC日興証券 みずほ証券 三菱UFJ証券
50万 1,000 - - - -
100万 3,000 3,000 3,000 3,000 -
200万 6,000 6,000 6,000 6,000 -
300万 9,000 9,000 9,000 9,000 9,000
400万 12,000 12,000 12,000 12,000 12,000
500万 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000
600万 24,000 24,000 24,000 24,000 24,000
700万 28,000 28,000 28,000 28,000 28,000
800万 32,000 32,000 32,000 32,000 32,000
900万 36,000 36,000 36,000 36,000 36,000
1000万 50,000 50,000 50,000 50,000 50,000
2000万 100,000 100,000 100,000 100,000 100,000
3000万 150,000 150,000 150,000 150,000 150,000
5000万 250,000 250,000 250,000 250,000 250,000
1億円 500,000 500,000 500,000 500,000 500,000

いずれの証券会社も1000万円以降は、100万円増額ごとに5,000円追加です。

野村證券はインターネット経由(野村ホームトレード)で購入した場合は、上の表の金額+500円になります。キャッシュバックの金額は野村ホームトレードがNo.1です。

大和証券はダイワのポイントプログラムが上の表とは別に100万円ごとに100pt追加されます。500万だと500pt、1000万だと1000ptです。IPO抽選の優遇(交換ポイントの残高に応じて当選確率が変動するサービス)に魅力がありますね。

準大手証券

東海東京証券は大手証券と全く同じ金額のキャンペーンを展開しています。頑張っています。

金額 岡三証券 東海東京証券 SMBCフレンド証券 いちよし証券
50万 - - - -
100万 3,000 3,000 3,000 3,000
200万 6,000 6,000 6,000 6,000
300万 9,000 9,000 9,000 9,000
400万 12,000 12,000 12,000 12,000
500万 20,000 20,000 20,000 16,000
600万 24,000 24,000 24,000 20,000
700万 28,000 28,000 28,000 24,000
800万 32,000 32,000 32,000 28,000
900万 36,000 36,000 36,000 32,000
1000万 4万(5万) 50,000 40,000 40,000
2000万 8万(10万) 100,000 80,000 80,000
3000万 12万(15万) 150,000 120,000 120,000
5000万 20万(25万) 250,000 - 200,000
1億円 40万(50万) 500,000 - 400,000

岡三・いちよし・SMBCフレンドは、1000万円以降は、100万円増額ごとに4,000円追加です。東海東京は5,000円追加です。

岡三証券は、固定5年もしくは変動10年を1000万円以上購入の場合、現金進呈が25%増額となります。

SMBCフレンド証券は、現金ではなく三井住友VJAギフトカードがプレゼントされます。上限は4000万円購入(プレゼント20万円)です。

個人向け国債を取り扱っている財務省photo by Dick Johnson

インターネット証券

ネット証券では、SBI証券マネックス証券、楽天証券がよく口座開設キャンペーンを行っていますが、今月はSBI証券のみが行っています。

金額 SBI証券 マネックス証券 楽天証券
50万 1,000 - -
100万 2,000 - -
200万 4,000 - -
300万 6,000 - -
400万 8,000 - -
500万 10,000 - -
600万 12,000 - -
700万 14,000 - -
800万 16,000 - -
900万 18,000 - -
1000万 20,000 - -
2000万 40,000 - -
3000万 60,000 - -
5000万 100,000 - -
1億円 200,000 - -

マネックス証券は口座開設キャンペーンを開催しており、債券100万円以上の購入で3,000円、200万円以上の購入で6,000円プレゼントされます。個人向け国債も対象です。

SBI証券のキャッシュバックの上限は50万円です。カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、岡三オンライン証券、ライブスター証券では個人向け国債の取扱いがありません。

地場証券

岡三にいがた証券は大手証券と同じ水準です。香川証券は何とあらゆる購入金額で日本一の金額です!播陽証券はクオカードまたは三井住友VJAギフトカードです。

金額 岡三にいがた証券 香川証券 播陽証券 益茂証券
50万 - 2,000 1,000 -
100万 3,000 4,000 2,000 黒龍大吟醸 合瓶(720ml )
200万 6,000 8,000 4,000 同上
300万 9,000 12,000 6,000 黒龍大吟醸 升瓶(1800ml)
400万 12,000 16,000 8,000 同上
500万 20,000 25,000 10,000 同上
600万 24,000 30,000 12,000 同上
700万 28,000 35,000 14,000 同上
800万 32,000 40,000 16,000 同上
900万 36,000 45,000 18,000 同上
1000万 50,000 55,000 20,000 同上
2000万 100,000 105,000 40,000 同上
3000万 150,000 155,000 60,000 同上
5000万 250,000 255,000 100,000 同上
1億円 500,000 555,000 200,000 同上

その他

以下の証券会社は個人向け国債を取り扱っていますが、キャンペーンについては公表されていません。

丸三証券、東洋証券、水戸証券、極東証券、エイチ・エス証券、岩井コスモ証券、高木証券、エース証券、立花証券、安藤証券、リテラ・クレア証券、むさし証券、日本アジア証券、ワイエム証券、西日本TT証券、池田泉州TT証券、あかつき証券、丸八証券、藍澤證券、アーク証券、明和證券、浜銀TT証券、ふくおか証券、阿波証券、三縁証券、光世証券、日の出証券、証券ジャパン、池田泉州TT証券、石動証券、今村証券、いよぎん証券、臼木証券、宇都宮証券、永和証券、岡安証券、おきなわ証券、木村証券、共和証券、光世証券、坂本北陸証券、篠山証券、静岡東海証券、上光証券、荘内証券、大山日ノ丸証券、髙木証券、ちばぎん証券、中銀証券、東武証券、長野證券、新潟証券、西村証券、野畑証券、三津井証券、武甲証券、二浪証券、三木証券、百五証券、ひろぎんウツミ屋証券、ふくおか証券、水戸証券、三豊証券、八幡証券、山形證券、山和証券、ゆたか証券、リーディング証券、六和証券

まとめ

個人向け国債のキャンペーンで最もお得なのは、香川証券です。あらゆる購入金額でNo.1です。個人向け国債のキャンペーンでは、野村證券は一番ではありませんでした。

「数字は人格である」という名言を残し、「ノルマ証券」の異名を誇る野村証券としては、香川証券に負けるわけにはいかないでしょう。次に野村證券の担当者に会う際にはお伝えしておきます(笑)

2位は、ネット経由での野村證券か、大和証券です。野村は+500円、ダイワはダイワポイントがつきます。

+500円とポイントを考慮しない場合は、野村證券、大和証券、SMBC日興、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、東海東京証券、岡三にいがた証券が同額で首位です。

次に高額なのは、岡三証券、いちよし証券、SMBCフレンド証券です。岡三証券は1000万以上で5年・10年の場合は、首位と同じ金額です。

最後がSBI証券です。店頭証券に口座開設するのが煩わしい場合は、SBI証券でいいかもしれませんね。

個人向け国債キャンペーンの裏技

個人向け国債は直近2回分の利息(税引後相当額)を支払えば中途換金できるため、1年後に解約したら±0になります。

これを利用して、個人向け国債を購入して1年後に解約すると、キャンペーンのキャッシュバックだけをゲットできるという裏技もあります。

この裏技を使うと、野村、大和、SMBC日興、みずほ、三菱UFJモルガン・スタンレー、東海東京の場合、100万~400万は1年で0.3%の利回りとなります。500~900万は0.4%、1000万円以上は0.5%です。

野村はネット経由で+500円、大和はポイントの加算もあります。

個人向け国債は大丈夫なの?

日本の財政状態については諸説がありますが、日本は円建て債券しか発行していないので、インフレ誘導で債務の実質価値を下げることが可能です。いわゆる「インフレ税」です。

20世紀を代表する経済学者・ミルトン・フリードマンはインフレを「法案の要らない課税」と述べました。

したがって、現時点では日本国債のデフォルトは考え難いです。個人向け国債の元本や利息が戻ってこない事態はないと考えます。もっとも、インフレ放置による実質的債務棒引きの可能性は否定できません。

また、日本国の財政が危機的状況に陥った場合は、長期金利は大きく上昇する可能性が高いです。

その場合は、個人向け国債変動10年は半年ごとに金利が変動して長期金利の上昇とともに上昇するため、日本の財政危機に個人向け国債変動10年は一定程度リスクヘッジできます。

Kinle本、FOLIO(フォリオ) vol.4では「ニッポンの財政破綻」を特集しており、日本国債ディーラー、アナリストが財政破綻の可能性と財政破綻対策について赤裸々に述べています。

日本国債に精通しているプロが挙げている財政破綻対策の一つに個人向け国債変動10年が挙げられています。

元日本国債ディーラーで数多くの書籍の著者、久保田博幸さんの動画も参考になります。

SBI証券でのIPO投資もおすすめ

個人向け国債よりもお得でノーリスクの投資手法があります。SBI証券でのIPOチャレンジポイントを貯めてのIPOです。

個人向け国債だけではなく、こちらにも取り組むのをおすすめします。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-キャンペーン, 個人向け社債

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.