ネット証券で一番安いのは?証券会社の株の手数料を比較!信用と現物の一覧

更新日: 証券会社 金融機関

座ってスマホ・タブレット・パソコンを見る人々

ネット証券での売買手数料は着実に自分の資産に跳ね返ってきて、資産形成においてマイナス要素となります。

個人投資家にとっては株式取引の売買手数料が低ければ低いほど望ましいので、大歓迎となります。どの証券会社の手数料が安いのか気になりますよね。

そこで各インターネット証券の株の手数料(税抜)について、徹底的に比較します。信用と現物を一覧にし、手数料の違いについて解剖します。

現物取引手数料(1約定ごと)

まずは最もスタンダードな現物取引手数料(1約定ごとプラン)について比較します。

スタンダードプラン、取引毎手数料コースなど各社によって名前が異なりますが、注文の約定金額に対して手数料を計算する料金体系に関する比較です。

証券会社名 5万 10万 20万 30万 50万 100万 300万 500万
むさし証券 75 75 95 175 175 320 440 750
DMM株 50 80 90 180 180 340 600 800
ライブスター証券 50 80 90 180 180 340 600 800
GMOクリック証券 88 88 98 241 241 436 834 834
SBI証券 50 90 105 250 250 487 921 921
楽天証券 50 90 105 250 250 487 921 921
東海東京証券 50 90 105 250 250 487 921 921
立花証券 100 100 150 225 325 575 1,100 1,100
岡三オンライン証券 99 99 200 350 350 600 1,500 2,100
SMBC日興証券 125 125 180 250 400 800 2,000 3,000
auカブコム証券 90 90 180 250 250 990 2,790 3,690
岩井コスモ証券 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000
マネックス証券 100 100 180 250 450 1,000 3,000 5,000
丸三証券 200 200 200 300 500 1,000 3,000 5,000

※むさし証券はトレジャーネット、丸三証券はマルサントレード(以下同様)

※マネックス証券は成行注文、スマホ・ケータイからの注文

SBI証券と楽天証券は、約定代金5万円以下の場合は50円(税抜)となります。

約定代金 1位 2位 3位
5万円 SBI証券
楽天証券
DMM 株
ライブスター証券
むさし証券 GMOクリック証券
10万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
SBI証券
楽天証券
20万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
30万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
50万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
100万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
200万円 ライブスター証券 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
300万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
400万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
500万円 むさし証券 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券
1000万円 ライブスター証券
DMM 株
GMOクリック証券 SBI証券
楽天証券

むさし証券とライブスター証券のデットヒートとなっており、約定代金が小さいゾーンはむさし証券が圧巻のNo.1となっています。

埼玉地盤で埼玉県では店舗数No.1のむさし証券は、インターネット口座の手数料は著しくリーズナブルです。知名度は高くありませんけれども、キラリと光る魅力があります。

大正8年創業の歴史がある「むさし証券」という証券会社があります。もうすぐ100周年です。顧客に支持されて、大正・昭和・平成と時を...

2位のライブスター証券は手数料の安さが光るネット証券でGMOクリック証券よりも少し安い手数料が魅力的となっています。

「ライブスター証券」というネット証券があります。株式の取引手数料が現物/信用のどちらも、1約定ごとでも1日ごとでも破格の低コスト...

むさし証券に勝っている優位性としては、1日定額プランも安い点です。定期的に切り替えたい場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

2018年に登場したDMM 株は、5万円以下のゾーンはライブスター証券よりも安く最安値です。5万円超はライブスター証券と同一です。

FX、CFDを展開してきたDMM.com証券が国内株式取引サービス「DMM株」を開始しました。幾多のネット証券の中でも最安値水準の格安手数料...
DMM.com証券の国内株式取引サービス「DMM株」は、お得な口座開設キャンペーンが開催されています。既に証券口座をお持ちの方も、活用...

GMOクリック証券は参入依頼、リーズナブルな取引手数料と使いやすい取引ツールで良好な評価を獲得してきました。凄腕投資家でも活用している方が多いです。

GMOクリック証券が、2015年12月14日(月)の取引より、株式現物取引手数料を引き下げました。10万円以下の小口の約定代金における売買...

貸株サービスがある点がむさし証券、ライブスター証券と比較した場合の優位性です。

GMOクリック証券が2016年10月17日(月)より日本株の「貸株」を開始します。保有している株式をGMOクリック証券に貸し出すことで、貸株...

現物取引手数料(1日定額)

続いて1日の約定金額の合計に応じて手数料が決まる1日定額制の売買手数料について比較します。

アクティブプラン、いちにち定額コース、一日定額手数料コースなど各社によって名前が違っています。

証券会社名 10万 20万 30万 50万 100万 300万 500万
ライブスター証券 400 400 400 400 600 1,400 2,200
SBI証券 0 0 0 0 762 1,562 2,362
GMOクリック証券 213 213 278 399 797 1,538 2,076
岩井コスモ証券 80 159 240 400 800 2,400 4,000
岡三オンライン証券 0 0 0 0 800 1,800 2,800
丸三証券 240 240 240 400 800 2,400 4,000
楽天証券 0 0 0 0 858 3,000 5,000
立花証券 200 200 300 500 900 2400 3000
松井証券 0 0 0 0 1000 3000 5000
むさし証券 1,200 1,200 1,200 1,200 1,200 1,200 2,400
マネックス証券 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500

むさし証券、ライブスター証券、GMOクリック証券が席巻していた1約定ごとプランと比較すると、大手ネット証券が顔を出しています。

約定代金 1位 2位 3位
10万円 SBI証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
岩井コスモ証券 岡三オンライン証券
20万円 岡三オンライン証券 岩井コスモ証券 SBI証券
楽天証券
30万円 岩井コスモ証券
丸三証券
GMOクリック証券 SBI証券
楽天証券
50万円 GMOクリック証券 ライブスター証券 丸三証券
100万円 ライブスター証券 SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
200万円 ライブスター証券 SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
300万円 むさし証券 ライブスター証券 GMOクリック証券
400万円 ライブスター証券 GMOクリック証券 SBI証券
500万円 GMOクリック証券 ライブスター証券 むさし証券
1000万円 SBI証券 GMOクリック証券 岡三オンライン証券

10万円以下のゾーンはSBI証券、楽天証券、松井証券がなんと無料(0円)です。

昔と比べると10万円以下の単元株も増えてきましたし、ETFはほとんどが1単元10万円以下で購入できます。完全無料で売買できるのは大きなメリットです。

10万円以下で買付可能な銘柄は1,120銘柄もあり、ETF・ETNは除くと全体の約30%を占めています(2017/8/17時点)。

SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資者保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

松井証券は10万円以下手数料無料の他、一般信用売りが可能でIPOに申し込めるのが大きなメリットです。

松井証券というネット証券があります。5大ネット証券の一角であり、日本を代表する証券会社です。松井証券は日本株の取引の仕組みにメ...

以前には松井証券に取材に行き、松井証券株式会社 営業推進部 課長代理の服部さんにインタビューしました。

まつのすけと松井証券 服部さん

サービス内容から役立つ情報ツールまで徹底的に取材しました。

松井証券の社内

「あったらいいな」という仕組みを他社に先駆けて導入する先進性が素晴らしいと感じました。

日本を代表する大手ネット証券の一角が松井証券です。約100年の歴史があり、大正・昭和・平成と時を紡いできました。日本初のボックス...

松井証券もお得なキャンペーンを実施しています。

大手ネット証券の一角で約100年の歴史を誇る松井証券は、お得なキャンペーンを開催しています。口座開設キャンペーンはもちろん、開設...

楽天証券はSBI証券と並んで、リーズナブルな取引手数料と豊富な商品ラインナップ・サービスを両立させている総合ネット証券です。

楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最...

2017年12月25日からは、岡三オンライン証券がなんと20万円以下まで手数料無料となりました。

岡三オンライン証券が2019年12月23日から、国内株式取引手数料を引き下げます。現物取引、信用取引(制度・一般)の両方が対象です。1...

その他、岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券という岡三証券グループのネット証券があります。創業95年を超える歴史を誇る老舗証券会社のネット証券であり、安...

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

また、低い約定代金では岩井コスモ証券も検討しています。岩井コスモ証券は一般信用売り、IPOが魅力的なネット証券です。

岩井コスモ証券という証券会社があります。2015年に創業100周年を迎えた老舗の証券会社です。岩井コスモ証券にはネット取引があり、幅...
100年以上の歴史を誇る老舗総合証券の一つが岩井コスモ証券です。対面口座だけではなく、ネット専用口座もあります。IPOの取り扱い数...

1日定額プランでは、50万円以下のゾーンは、意外にもライブスター証券・GMOクリック証券があまり安くありません。


信用取引手数料(1約定ごと)

続いて信用取引の1約定ごとに手数料が決まる体系での売買手数料は下表のとおりです。

証券会社名 10万 20万 30万 50万 100万 300万 500万
SMBC日興証券 0 0 0 0 0 0 0
ライブスター証券 0 0 0 0 0 0 0
立花証券 0 0 0 0 0 0 0
DMM 株 80 80 80 80 80 80 0
GMOクリック証券 89 130 170 170 240 240 240
SBI証券 90 135 180 180 350 350 350
楽天証券 90 135 180 180 350 350 350
むさし証券 75 95 175 175 320 440 750
マネックス証券 95 140 190 190 355 1,000 1,000
岡三オンライン証券 99 300 300 300 500 1,000 1,200
東海東京証券 90 135 180 180 330 330 330
auカブコム証券 手数料無料も、高額の現引・現渡手数料、高い金利・貸株料
岩井コスモ証券 80 400 400 400 800 1,000 1,000
丸三証券 200 200 300 500 1,000 3,000 5,000

信用取引は買いも売りも一律で手数料無料のSMBC日興証券、ライブスター証券が圧倒的な最安値となっています。

SMBC日興証券のインターネット口座「ダイレクトコース」は、なんと株式の売買手数料が0円にすることができます。信用取引の売買手数料...
「ライブスター証券」というネット証券があります。株式の取引手数料が現物/信用のどちらも、1約定ごとでも1日ごとでも破格の低コスト...

日興では2019年3月18日からは一般信用売りが導入されて、より一層便利で使いやすくなりました。

SMBC日興証券が2019年3月18日(月)から、 信用取引サービスにおいて一般信用売建取引を開始しました。逆日歩リスクが無い点が大きなメ...

三井住友FG傘下の証券会社だけあって主幹事のIPOが豊富であり、大型株やREITだと当たる実績が多いIPOも魅力的です。

SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です。...

10万円以下と500万円以上のゾーンを除くと、どの価格帯でもその次がライブスター証券とDMM株、3位がGMOクリック証券と分かりやすいランキングとなっています。

約定代金 1位 2位 3位
10万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
むさし証券 岩井コスモ証券
20万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
30万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
50万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
100万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
200万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
300万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株 GMOクリック証券
400万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株
GMOクリック証券 SBI証券
楽天証券
500万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株
GMOクリック証券 SBI証券
楽天証券
1000万円 SMBC日興証券
ライブスター証券
立花証券
DMM 株
GMOクリック証券 SBI証券
楽天証券

制度信用金利はSMBC日興証券よりもDMM 株、ライブスター証券が低いです(大口優遇の適用がない場合)。

証券会社名 買いの金利 売りの貸株料率
DMM 株 2.10% 1.10%
SMBC日興証券 2.50% 1.15%
GMOクリック証券 2.75% 1.10%
ライブスター証券 2.30% 1.10%
むさし証券 1.35% 1.15%
SBI証券 2.80% 1.15%
マネックス証券 2.80% 1.15%
楽天証券 2.85% 1.10%
松井証券 3.10% 1.15%
auカブコム証券 2.98% 1.15%
岡三オンライン証券 2.60% 2.00%

したがって、厳密には信用買いの場合、約定代金300万円以上ならDMM 株が最安値です。

信用売りの場合は500万円以上でもライブスター証券とGMOクリック証券が同一です。

立花証券もちらほらと顔を出しています。立花証券は取引手数料が無料になるキャンペーンを開催しています。

上手く活用すると、取引コストを低減して、その分、複利効果を発生させて資産形成に役立てることができます。

立花証券という証券会社があります。対面取り引きの口座の他、インターネット口座である「ストックハウス」のサービスも提供していま...

また、約定代金が大きく一定期間、建玉を維持する場合は、金利の差も重要になってきます。

この点、信用取引の金利にエッジ・優位性があるのがむさし証券です。無条件で買い方金利が1.35%という圧倒的な低金利となっています。

例えば500万円の買い建玉を作った場合、むさし証券のトレジャーネットとSBI証券を比較すると、4日目から金利差でコストが逆転します。

むさし証券とSBI証券の信用買い取引のコスト比較

一定期間買い建玉を保持する場合は、むさし証券は低コストです。

大正8年創業の歴史がある「むさし証券」という証券会社があります。もうすぐ100周年です。顧客に支持されて、大正・昭和・平成と時を...
むさし証券という証券会社があります。対面口座とネット口座があり、ネット口座のトレジャーネットは、安価な手数料と金利に定評のあ...

むさし証券は大手証券と比較すると知名度は高くないものの、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

リーズナブルな取引手数料と金利で、資産形成に八面六臂の活躍を見せてくれます。

むさし証券 公式キャンペーン

ただし、東海東京証券は買い方金利が0.9%と更に低くなっています。こちらも有力な選択肢です。

東海東京証券という準大手証券会社がありますね。東海東京証券はインターネット口座もあります。店頭口座はハードルが高いという方に...

信用取引手数料(1日定額)

信用取引の1日定額制の売買手数料について比較します。1日の約定金額の合計に応じて手数料が決まるプランです。

証券会社名 10万 20万 30万 50万 100万 300万 500万
ライブスター証券 0 0 0 0 0 0 0
立花証券 0 0 0 0 0 0 0
楽天証券 0 0 0 0 858 3,000 5,000
松井証券 0 0 0 0 1,000 3,000 5,000
SBI証券 0 0 0 0 477 1,277 2,077
岡三オンライン証券 0 0 0 0 700 1,300 1,900
GMOクリック証券 0 200 200 200 400 1,200 2,000
岩井コスモ証券 80 159 240 400 800 2,400 4,000
丸三証券 240 240 240 400 800 2,400 4,000
むさし証券 1,200 1,200 1,200 1,200 1,200 1,200 2,400
マネックス証券 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500 2,500 5,000

SMBC日興証券、ライブスター証券、GMOクリック証券が席巻していた1約定ごとプランと比較すると、大手ネット証券が顔を出しています。

約定代金 1位 2位 3位
10万円 SBI証券
楽天証券
松井証券
GMOクリック証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
立花証券
岩井コスモ証券 丸三証券
20万円 SBI証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
立花証券
岩井コスモ証券 GMOクリック証券
30万円 SBI証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券 岩井コスモ証券
丸三証券
50万円 SBI証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券 SBI証券
100万円 ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券 SBI証券
200万円 ライブスター証券
立花証券
岡三オンライン証券 GMOクリック証券
300万円 ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券
むさし証券
SBI証券
400万円 ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券
岡三オンライン証券
SBI証券
500万円 ライブスター証券
立花証券
GMOクリック証券 岡三オンライン証券
1000万円 ライブスター証券
立花証券
岡三オンライン証券 GMOクリック証券

現物株式と同様に信用取引も、50万円以下のゾーンは5つのネット証券が無料(0円)。僅かな金利・貸株料のみで取引可能です。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • 岡三オンライン証券
  • ライブスター証券
  • 立花証券

50万円以上のゾーンは全てライブスター証券、立花証券が完全無料で最安値となっています。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。やはり手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント


現物と信用が合算される定額サービス

抱き合う親友

以下のネット証券の1日定額コースは、現物株式取引と信用取引の約定代金が合算されて計算されます。

  • 岩井コスモ証券
  • 丸三証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • むさし証券
  • マネックス証券

現物取引と信用取引の両方を合算して手数料が算出される場合、それぞれ個別に計算するよりも有利になる場合があります。

ただし、高くなる場合もあります。例えば楽天証券、松井証券は48万円+47万円=95万円だと手数料が発生します。

他方、SBI証券だと現物取引48万円、制度信用取引47万円、一般信用取引46万円だと、それぞれが50万円以下なので完全無料となります。SBI証券は1日最大150万円まで完全無料とファンタスティックです!

1日定額制プラン限定とはなりますが、4つのネット証券を駆使すると、1日最大350万円まで無料で取引することが可能になります。

証券会社名 現物取引 信用取引 合計
岡三オンライン証券 50万円 50万円 100万円
SBI証券 50万円 制度50万円
一般50万円
150万円
松井証券 合計で50万円 50万円
楽天証券 合計で50万円 50万円
合計 350万円

小口個人投資家の方には、この4つの証券会社の活用がおすすめです。

SBI証券は当サイト限定でお得なタイアップ・プログラムを実施しています。なんと3,000円分で、ネット証券としては破格の内容です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券は現物取引と信用取引の約定代金50万円ずつ、1日あたり最大100万円までの手数料が0円です!

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と1回以上の取引だけで3,500円+特別レポートがプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券

楽天証券、松井証券は現物・信用合わせて1日50万円迄ですが、それでも大きなメリットがあります。

現物取引ではなく、信用取引&現引・現渡という選択

スマホを見て驚く笑顔の女性

株式やETFを売買する場合、初心者は買う時は株式やETFを普通に現物買いし、売る時は現物売りします。

しかし、これは高コストな取引方法であり、もっと安く株式を売買する方法があります。

信用買い&現引

信用買いが約定した後に、建玉の返済画面で「現引き」あるいは「品受」と呼ばれている注文をすると、信用買いの建玉を現物の株式に手数料無料で交換できます。

証券会社によって「現引き」か「品受」かは名前が異なります。

一般的には現物取引の手数料よりも信用取引の手数料の方が安価な証券会社が多いため、現物買いよりも、信用買い&現引きの方が手数料が安くて済むケースが多いです。

よし!というポーズの女性のイラスト

株式を売る際は、普通に株式を現物売りする方法もありますが、「信用売り」して、信用建玉画面から「現渡し」あるいは「品受」と呼ばれている注文をすると、株式を普通に売ったのと同じ結果となります。

信用売り&現渡し

買いと同様に売りも、普通の現物売りよりも信用売り&現渡の方が手数料が安くて済むケースが多いです。

注意点としては、信用取引を約定した当日に決済した場合でも、1日分の金利もしくは貸株料が発生することです。しかし、それを考慮しても信用取引の方が現物よりも低コストのことがほとんどです。

ガッツポーズする外国人女性

例外は松井証券など、現物取引と信用取引の1日の合計売買金額に応じて手数料が発生する手数料体系・コースの場合です。

現物取引も信用取引も手数料が同じなので、金利が発生する分、信用取引が不利になります。

また、証券会社によっては現物取引の方が手数料が安価な売買価格帯があることがあります。ただし、多くの価格帯では信用取引の方が安価です。

信用取引&現引・現渡の手順

まずは株式を買いたい場合は信用買い、売りたい場合は信用売りをします。

地方市場の銘柄などで信用買いができない場合は、現物買いのみです。また、非貸借銘柄の場合は信用売りはできません。非貸借銘柄の場合は大人しく現物売りをしましょう。

SBI証券auカブコム証券松井証券岩井コスモ証券、大和証券では一般信用売りができます。制度信用売りはできない銘柄でも、一般信用売りは出来る場合があります。

信用取引注文が約定したら、信用取引の建玉画面にいきます。証券会社によって画面は異なりますが、どの証券会社にも建玉一覧の画面があります。

以下の画面は信用取引(1約定ごとプラン)で、手数料が安価でツールが使いやすいGMOクリック証券です。

「株式」→「信用建玉一覧」と進み、現引きしたい建玉を選択して、返済注文画面で「現引」か「品受」を選択肢ます。

GMOクリック証券の現引き入力画面

現引・現渡は基本的にはいつでも注文可能です。約定する時間は証券会社によって異なります。

ネット証券最大手のSBI証券の場合、営業日の0:00~15:30までに発注された注文は当日注文として取扱われます。当日約定となります。15:30以降は翌営業日注文となります。

現引・現渡注文の取消は、営業日の15:30から翌営業日の8:00までの間は可能です。営業日の8:00から15:30までに発注した注文は取消できません。

証券会社によっては当日約定が可能な時間が15時だったり、15時15分だったりします。引成注文をしている場合は、15時15分や15時半までだと金利が1日分で済むのでありがたいです。

スマートプラスの「STREAM」は売買手数料が無料

スマートプラスの「STREAM」

スマートプラスという金融商品取引業者があり、「STREAM」という株取引サービスを提供しています。

スマホアプリ内でのユーザー同士の交流・SNS的な機能もあるのが特徴となっています。

投資者保護基金の対象であり、万が一の破綻時も1000万円までは確実に保護されます。

スマートプラスのSTREAMは現物取引手数料、信用取引手数料のどちらも無条件で無料です。

STREAMでも注文はSOR(スマート・オーダー・ルーティング)となり、東京証券取引所、東証立会外取引(ダークプール)の2箇所から有利であると判断された価格で約定します。

東証よりも有利に約定できた場合、その半額が手数料となります。得した場合しか発生しないので、屈指の低コストで株式の売買が可能です。

信用取引の際には、金利と貸株料は発生します。スマートプラスのSTREAM上でのアクションに応じて付与されるソーシャルステータスに応じた変動制となっており、上野ランクになるほど金利が低下します。

  • 買方金利:1.89%~3.49%
  • 売方金利:0.00%
  • 貸株料:1.15%

複数のニュースソース、適時開示に、銘柄ごとの掲示板、Twitterなど多様な情報源が用意されており、情報収集も可能なユニークなサービスです。

公式サイトスマートプラス「STREAM」なら取引手数料が完全無料!

LINE証券は購入手数料が無料

LINE証券

LINE証券はその名の通りLINEグループと野村ホールディングスが提携したネット証券です。スマホでサクサクと取引できるのが魅力的。

主なメリット

  • 1株数百円から投資できる単元未満株取引
  • 株式を7%OFF等のお得な価格で購入できるタイムセール
  • 現物取引の買付手数料は無料(売却時は税抜90円~)
  • 直感的でシンプルなデザイン
  • LINE Pay・LINEポイントに対応
  • 厳選された投資信託を購入可能

LINEポイントを1ポイント1円としてLINE証券に入金し、株式取引・投信購入に使えるのがメリットです。

公式サイトLINE証券 公式ページ

まとめ

パソコンを操作する女性

主要なネット証券の現物株式取引、信用取引の手数料について、徹底的に比較しました。最後に株式取引の手数料比較について、結論をまとめます。

現物取引手数料(1約定ごと)

現物取引手数料(1売買ごと)をよく使う場合は、むさし証券、ライブスター証券、DMM株、GMOクリック証券がリーズナブルです。

むさし証券は600万円を超えると割高になるので、それ以上の取引が多い場合はライブスター証券DMM株が候補となります。

現物取引手数料(1日定額プラン)

現物取引手数料(1日定額プラン)は群雄割拠となっており、売買価格帯によってお得なネット証券が目まぐるしく入れ替わります。

50万円以下無料である点は、SBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券にエッジ・優位性があります。4社に口座を開いたら、1日最大350万円までの取引が無料になります。

1日50万円超の部分については、全体的な安さの安定度でライブスター証券、GMOクリック証券がリーズナブルです。

信用取引手数料(1約定ごと)

信用取引手数料(1回ごと)の場合は、SMBC日興証券が完全無料で圧倒的な優位性があります。ただし、制度信用買い方金利は2.5%と若干高めなのがデメリットです。

ライブスター証券、立花証券もリーズナブルであり、300万円以上ならDMM株も無料となります。

ライブスター証券は当サイト限定の限定タイアップキャンペーンを実施しています。なんと口座開設と入金だけで、現金2,000円のプレゼン...
立花証券という証券会社があります。対面取り引きの口座の他、インターネット口座である「ストックハウス」のサービスも提供していま...

長期間、建玉を維持する場合は、制度信用買い方金利が0.9%の東海東京証券、1.35%のむさし証券もお値打ちです。

信用取引手数料(1日定額)

信用取引手数料(1日定額)の場合、GMOクリック証券、ライブスター証券が安定的に安いです。

10万円以下はSBI証券、楽天証券、松井証券、GMOクリック証券が無料です。

これをよく使う場合は、50万円以下はSBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券、50万円を超える分はライブスター証券立花証券という使い方がお得です。

ライブスター証券は当サイト限定の限定タイアップキャンペーンを実施しています。なんと口座開設と入金だけで、現金2,000円のプレゼン...

以上のネット証券を上手く活用すると、取引コストを著しく抑えて、着実な資産形成が可能になります。100万の資産運用でも大活躍します。

取引頻度が多い方向け

取引頻度・売買代金が多い方ですと、各証券会社で提供している信用取引の優遇サービスで一定水準をクリアするとお得になります。

売買手数料無料、信用取引の金利・貸株料の低下などのメリットがあります。

大口優遇は楽天証券が秀逸

数千万円や数億円といった一定の取引金額をクリアすると、取引手数料の割引を受けられたり、信用取引の金利が低下する証券会社があります。

その中で最もエッジが効いているのは楽天証券です。

楽天証券の超割コースは、下表の5つの条件のうち1つでも達成すると「大口優遇」が適用されて、手数料が優遇されます。

区分 大口優遇の取引項目 達成条件
毎月判定 貸株平均残高 5,000万円以上
投資信託平均残高 5,000万円以上
毎日判定 本日の新規信用建玉平均残高 5,000万円以上
本日15時時点の信用建玉残高
信用新規建約定金額1ヶ月間の
合計(毎月26日~翌月25日)
5億円以上

大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用されるので便利です。他社は1ヶ月間というネット証券ばかりです。

タブレットを手に持つ笑顔の女性

一度でも1日の新規建玉残高(当日中に決済してもOK)、もしくは15時時点での信用建玉残高が5000万円以上になったら、3ヶ月も手数料の優遇を受けられます。

信用取引手数料は約定金額にかかわらず無料となります。現物取引手数料は下表のとおりです。

約定金額 手数料(税抜)
10万円まで 無料
20万円まで 100円 / 1回
50万円まで 238円 / 1回
100万円まで 426円 / 1回
150万円まで 509円 / 1回
3,000万円まで 806円 / 1回
3,000万円超 851円 / 1回

更にポイント還元が1%から2%にアップするというメリットもあります。メールでも適用の連絡が来るので安心・安全です。

超割コース大口優遇の適用メール

資金量が多い方の場合、キーエンス(6861)、任天堂(7974)、SMC(6273)、ファーストリテイリング(9983)等の値嵩株をクロス取引すると簡単に条件をクリアできます。

1日信用取引でもOKなので、特別空売り料がない銘柄だとコストなしで大口優遇を達成することも可能です。

大口優遇の期間中に再び1日でも条件をクリアしたら、その月末から3ヶ月後まで期間が延長されます。

楽天証券 超割コースの延長のお知らせメール

大口優遇を達成できる方の場合、楽天証券は非常に低コストで取引できるのでおすすめのネット証券です。

公式サイト楽天証券 公式キャンペーン

-証券会社, 金融機関

© 2014-2020 The Goal