The Goal

某機関投資家で働いていた元会社員・現経営者のブログです。経済、IPO、キャッシュレス、クレジットカードなどについて発信

羽田空港国際線ANAラウンジを徹底解説!シャワー・場所・混雑・早朝・食事まとめ

更新日: ANAマイル マイル・マイレージ

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の入り口

日本を代表する航空会社のANAは国際線でANAラウンジ、ANA SUITE LOUNGEという2つの航空ラウンジを提供しています。

手荷物検査後のエリアにあり、搭乗ギリギリまでくつろぐことができます。美味しい食事、充実のアルコール、シャワーもあり、快適度が高いラウンジです。

羽田空港国際線のANAラウンジについて、食事やドリンク、利用条件、場所、営業時間、混雑を徹底的に解説します。多数の写真を掲載しているので、利用イメージが掴めます!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の利用資格

ANAスーパーフライヤーズカード(ラウンジカード)

羽田空港国際線のANAラウンジは、ANAグループ・スターアライアンス便などの出発時に利用できます。

到着時には利用不可となっていますが、羽田空港ではTIATシャワールームを利用可能です。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)を利用できる主な方は以下の通りとなります。

  • ANAダイヤモンド、プラチナ、SFC会員
  • 国際線プレミアムエコノミー以上の搭乗者
  • ANAミリオンマイラーのラウンジアクセスカード
  • 4,000円を支払うANAグループ便の搭乗者

プラチナ以上のステイタス会員・ミリオンマイラーは同行者1名も利用でき、3歳未満の幼児は同伴者としての数にカウントされません。

ご参考までにANA SUITE LOUNGEの利用基準についても掲載します。◎は同伴者1名も無料で利用できます。

区分 名前 ANAラウンジ ANA SUIT
シート ファーストクラス
ビジネスクラス -
プレミアムエコノミー -
ステイタス ダイヤモンド
プラチナ -
ブロンズ(マイルまたは
アップグレードポイント)
-
SFC
スターアライアンスゴールド -
ANA Million Miler Program
「Lounge Access Card」
その他 ANA SUITE LOUNGE 利用券
有料ラウンジサービス -

最も手っ取り早いのはプレエコ以上のシートでのフライトです。お得な格安パッケージツアーもあります。

公式サイトANAビジネスクラス・プレミアムエコノミーで行く格安ツアー

もしくはANAの「Y/B/M/U/H/Q/V/W/S」クラスに搭乗する際には、ANAウェブサイトで事前に申し込むと4,000円で利用できます。当日の空港カウンターだと6,000円となります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の場所と営業時間

羽田空港国際線のANAラウンジは、110番ゲート付近、114番ゲート付近の二箇所に設置されています。

  • 保安検査・出国審査後、右方向→110番ゲート付近のANAラウンジ
  • 保安検査・出国審査後、左方向→114番ゲート付近のANAラウンジ

フード、ドリンクの内容は同一なので、基本的には搭乗口に近い方を使えばOKです。

メインは110番近辺のANAラウンジとなっており、営業時間も1日20時間とパワフルな水準となっています。

114番はサテライトラウンジという位置づけで、午後1時半~午後8時の昼・夕方の時間は閉まっています。

項目 ANAラウンジ(南側) ANAラウンジ(北側)
場所 110番ゲート近辺 114番ゲート近辺
営業時間 5:00〜25:00 6:30〜13:30
20:00~25:00
座席数 417席 302席
シャワールーム数 7室 6室
(シャワーが横からの最新タイプ)
ヌードル料理 番号で呼び出し デジタル端末で呼び出し
(カウンター近くにいなくてOK)
シェフサービス × だし茶漬け(9:00~10:30)

混雑している傾向にあるのは、空港中央近辺にある110番ゲートのラウンジなので、できる限り快適に過ごしたい場合は114番ゲート近辺のANAラウンジがおすすめです。

また、ヌードルバーでの呼び出し方法、シャワータイプも114番ゲート近辺の方が優れています。

更に、114番付近の方は、9時~10時半の時間帯にシェフが直接サービスする「シェフサービス」を提供しており、出来たてのだし茶漬けを戴けます。

最初は114番近辺のANAラウンジで過ごして、搭乗時間間際になったら、110番近辺のANAラウンジに移るという選択肢もあります。

2つのANAラウンジ間の距離は徒歩5~6分程となっており、移動の負担感はありません。

110番ゲート近辺のANAラウンジの場所(南側)

羽田空港ANAラウンジの逆側(110番ゲート近辺)

サウスサイドのANAラウンジは出国審査の終了後、右方向に歩けばOKです。すぐに110番ゲートが出てきて、向かい側に航空会社ラウンジの入り口があります。

羽田空港国際線ターミナル 110番ゲート付近の廊下

「航空会社ラウンジ」の案内に従って通路を進み、突き当たりのエスカレーターに乗れば、ANAラウンジに着きます。

羽田空港国際線ターミナル 110番ゲート付近の航空会社ラウンジの入り口

ANA SUITE LOUNGEとは横並びになっており、左側がANAラウンジ、正面右側がANA SUITE LOUNGEとなっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線110番ゲート近辺)の入り口

正月には角松も飾られており、季節の風物詩も楽しめます。

羽田空港国際線のANAラウンジとANAスイートラウンジの入り口

114番ゲート近辺のANAラウンジの場所(北側)

ノースサイドにある114番ゲート付近のANAラウンジは、出国審査後に左方向に進めばOKです。

114番ゲートを通過して146番ゲート手前あたりの場所に有ります。

TIAT LOUNGE ANNEXの入り口

JAL サクララウンジ スカイビュー、カードラウンジの「SKY LOUNGE ANNEX」「TIAT LOUNGE ANNEX」と同じ建物にあり、4階が「ANAラウンジ」となっています。

羽田空港国際線ターミナルのラウンジ案内

こちらもANAスイートラウンジとANAラウンジの両方が設置されています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線114番ゲート近辺)の入り口

羽田空港国際線ANAラウンジ内の雰囲気・インテリア

羽田空港国際線のANAラウンジは、他の空港と同様に秀逸なクオリティとなっています。

ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウンを基調でスマートです。スタイリッシュで凛としており、オシャレで洗練されています。

居るだけでリッチな気分になる快適な空間が広がっていてスペシャルですよ!

ライバルのJALサクララウンジ(羽田空港国際線)と比較すると、モダンで若々しい雰囲気となっています。

110番ゲート付近

受付からラウンジ内までの通路が長く、プロレスラーの入場シーンのように気持ちが高ぶります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の廊下

ラウンジ内は奥行きがあり、左右に広くなっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)

入り口付近の右の方にはすぐにフードコーナーがあることから、混んでいる傾向にあります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のフードコーナー

窓際席で飛行機を眺めながらの食事は格別ですね!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の窓際カウンター席ANAラウンジ(羽田空港国際線)入り口右手のコーナーANAラウンジ(羽田空港国際線)の窓際カウンター席

ANAラウンジに入ってから左手に進んだ方のエリアは、相対的に空いています。落ち着きたい場合は左方向がおすすめですよ!

カウンターテーブル、ソファー席など多様なタイプのチェアーがあります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のカウンター席 ANAラウンジ(羽田空港国際線)のソファー席

ビジネス向けの電源付きカウンター、食事向けのテーブル、外の景色を快適に見れる窓際席など多様な椅子があります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の奥の方のエリア

左奥の方のソファースペースはゆったりとした雰囲気です。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の左手エリアソファー席

窓際スペースは優雅な雰囲気となっています。インテリアもオシャレ!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の左手エリア (窓際)

電源コンセントがある席も豊富なので、ガッツリとPC作業を行うことも可能。ビジネスパーソンに嬉しいですね!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のアイスコーヒーと電源コンセント

室内はベージュとダークブラウンが主要カラーとなっており、和の素材もモチーフに取り入れた洗練されたデザインとなっています。

ゆったりと余裕のある空間で、フライトまでの一時を過ごせます。ただし、20時~24時頃は混雑している傾向にあります。

114番ゲート付近のANAラウンジ

114番ゲート付近のANAラウンジは正方形となっており、ソファー席中心の陣容です。

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)

ソファー席は電源コンセントが2口ついており、充電に縦横無尽の活躍を見せてくれます。

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)の窓際ソファー席

入り口から近いフードプレゼンテーションコーナー近辺のゾーンが混んでおり、奥の方が空いています。

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)の奥の方羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)の奥からトイレ・喫煙室方面 羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)の窓際席

バリバリ仕事のPC作業を行う場合は、集中できるカウンター席があります。

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)のカウンター席

観葉植物インテリアもあり、和みます。

食事メニューは種類豊富!

ANAラウンジ(国際線)は、食事が国内線よりも格段に豪華になっています。

メニューのラインナップが豊富であり、野菜、汁物、タンパク質、炭水化物、デザートとフルスペックの食事を楽しめます。

ジャンル 料理の一例
サラダバー フレッシュサラダ(ベジタリアン対応)
オニオンスライス(ベジタリアン対応)
コーン、オリーブ、チーズ
参と大根のジュリアン(ベジタリアン対応)
まるごと北海道ポテトサラダ
シーザーサラダドレッシング
ノンオイル青じそドレッシング
スープ 味噌汁、その他以下のうち1種類
日光湯葉のスープ生萎の香り
蕪の和風ポタージュ
もずくとオクラの野菜あっさりスープ
オニオンコンソメスープ
ポルチーニスープ
温かい料理 フライドポテト
ANAオリジナルチキンカレー
※その他、以下のうち3種類
スクランプルエッグ
ソーセージ
ジャージャー麺
お好みソース焼きそば
塩焼きそば
鶏から揚げ
揚げ鮫子
焼売
夏野菜のラタトゥイユ
ポテトニョッキと温野菜のパジル風味 南瓜そぼろあん
ハンバーグ
鶏肉とカシューナッツ妙め
夏野菜のオリープオイルソテー
プレッド クロワッサン
プチバケット
セミハードライ麦パン
アプリコットデニツシュ
※上記のうち3種類
サンドウィッチ ハムチーズサンド、 ツナサンド、タマゴサンドのうち1つ
ポテトサンド、野菜サンド
おにぎり
巻物
稲荷
※パターンの一例
おにぎり2種類
(五穀米 鮭、 ツナマヨ、明太子、 もち麦梅ごまちりめん、玄米青じそひじき、 鮭など)
巻物(三色巻き、明太マヨネーズ巻きなど)
いなり寿司
ご飯 長野県産あきたこまち(金芽米)
そば・うどん きつねそば、 うどん
とろろわかめそば、うどん
かき揚げそば、うどん
カレーそば、うどん
とんこつラーメン
デザー ト
シリアル
杏仁豆腐とフルーツ
カフェボール、チョコ
モカサプレ、キャラメルシナモンサブレ
コーンフレーク
ヨーグルト

110番ゲート付近のANAラウンジ

こちらには、フードプレゼンテーションコーナーが左右に1つずつ(合計2ヵ所)にあります。

左側の方がコンパクトにまとまっていますが、料理は完全に同一となっています。

左側のほうが入り口から遠いので空いている傾向があるため、右側が混んでいたら左側の利用をおすすめします。

右方向にあるダイニングエリア

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の食事コーナー

ANAラウンジ(羽田空港国際線)に入ってから、右手方向に進むと食事コーナーがあります。

生野菜、ポテトサラダ、サンドイッチなどコールドミートコーナー。

羽田空港国際線のANAラウンジの生野菜、ポテトサラダ、サンドイッチなどコールドミートコーナー

オリーブ、ヨーグルト、シリアル、キャラメルシナモンサブレ、リンツのチョコレート。この他、チーズやおつまみミックス等も。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のおにぎり・三色巻き・いなり・味噌汁

羽田空港国際線のANAラウンジのデザートコーナー・オリーブ

汁物は味噌汁のほか、スープ1種類があります。訪問した日はカブの和風ポタージュでした。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の蕪の和風ポタージュ

揚げ餃子、フライドポテトは無難な美味しさの万能選手です。

羽田空港国際線のANAラウンジの揚げ餃子、フライドポテト

ミートボールは懐かしい味でした^^

羽田空港国際線のANAラウンジのミートボール

永遠の定番・五目炒飯!

羽田空港国際線のANAラウンジの五目炒飯

おにぎりは昆布、明太子、梅、ツナマヨなど時期によって入れ替わります。

いなり寿司、三色巻き(玉子・しいたけ・チキンマヨなど)は各1種類ずつ。

羽田空港国際線のANAラウンジのおにぎり 羽田空港国際線のANAラウンジののいなり寿司、三色巻き

ブレッドコーナーには4種類のパンが存在。鰹フレークブレッド、さつまいもデニッシュ、ソルトバケット、ANAロゴの入ったカフェボール。

羽田空港国際線のANAラウンジのパン

ANAラウンジの名物はオーダー制のヌードルバーであり、きつね、山菜、かき揚げ、カレーの各そば/うどん、とんこつラーメン等をオーダーできます。

脇にはサントリーのミネラルウォーターのサーバーも。

羽田空港国際線のANAラウンジのヌードルバー

注文すると番号札が渡されて、番号で呼ばれる方式となります。

ラウンジ内にANAオリジナルチキンカレーもあるので、山菜やかき揚げうどんにカレーをかけることも可能ですよ!

左手奥にあるダイニングエリア

右手のフードプレゼンテーションコーナーは入り口から近いので混雑傾向にあります。

ヌードルバーはありませんが、左方向の食事コーナーは空いている傾向にあります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のフードコーナー(入り口左方向)

左方向を利用して、ヌードル利用時のみ少し歩くというストラテジーも有効です。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のコールドミート・パン・揚げ物等(入り口左方向)ANAラウンジ(羽田空港国際線)のパン・おつまみミックス・揚げ餃子ANAラウンジ(羽田空港国際線)のおにぎり・三色巻き・いなり・味噌汁

美味しいお米とANAチキンカレーのコラボは絶品。お酒ともよく合います!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のカレー・ご飯

ただし、こちらの方は汁物がインスタントの味噌汁のみとなっています。通常の味噌汁・スープをい食べたい場合は、左側のコーナーから取ってくる必要があります。

114番ゲート付近のANAラウンジ

114番ゲートラウンジのフードコーナーは、中央に一つとなっていてシンプルです。

食事メニューは、110番ゲート付近のANAラウンジと同一なので、有利・不利はありません。

ANAラウンジ(羽田空港国際線114番ゲート近く)のフードコーナー羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)のパン・おにぎり・いなり・三色巻き 羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)のコールドミート

114番近くのANAラウンジならではのメリットとしては、9:00~10:30の時間帯にライブ感あふれるシェフサービスを受けられます。

成田空港は握り寿司3種類なのですが、羽田空港はだし茶漬けとなっています。できれば寿司がいいですかね^^

でも、だし茶漬けも秀逸。毎朝、シェフが厨房で仕込む、味わい深い無添加の出汁と三重県産のあおさ海苔の融合で薫り高い一品です。

トッピングとして、明太子・鮭・梅から好きな具材を選べますよ!

羽田空港の国際線ANA LOUNGEのシェフサービス(だし茶漬け)
(ANA公式サイトより)

場所は日本酒がある場所の近辺です。なお、好みによって具材を追加してもOKなので、明太子・鮭・梅をすべて入れたミックス茶漬けも戴けます。ゴージャスですね!

食事例

やはりビールは飲みたくなってしまいます。1杯目はビールとスパークリングワイン。朝から飲むのは至福(*´ω`*)

ANAラウンジ(羽田国際線)のビール、スパークリングワイン

サラダ、味噌汁、揚げ餃子、ミートボール、ポテト、チキンカレーはいずれも無難な美味しさで満足できました。

ANAラウンジ(羽田国際線)のサラダ、味噌汁、餃子、ミートボール、ポテト、カレー

お酒の2回戦は、贅沢な日本酒4種、白・赤ワインの飲み比べ!!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の白ワイン・赤ワイン・日本酒

蕪の和風ポタージュ、サンドイッチ、おにぎり、五目チャーハン、わかめなど改装京サラダとレタス。

蕪の和風ポタージュ、サンドイッチ、おにぎり、五目チャーハン、わかめなど改装京サラダとレタス

とんこつラーメンはシンプルでいて侮れない旨味があり、日本酒が進みました。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のとんこつラーメン

食後のはずかなぜかビール・生野菜・揚げ餃子が追加され(笑)、パン・チーズ・ヨーグルト、お菓子・カプチーノを戴きました。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のビール・生野菜・揚げ餃子、パン・チーズ・ヨーグルト、お菓子・カプチーノ

食事は炭水化物・糖質が充実していますが、野菜やタンパク質のおかず類もあり、十分に満足できました。

ドリンクのメニュー(種類はアルコールも豊富)

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のビール・コーヒー・ソフトドリンク等のドリンクコーナー

アルコールメニューは、生ビール、ワイン(スパークリング・白・赤)、日本酒、梅酒、焼酎、ウイスキー・ウォッカ・ジン等の洋酒など豊富なラインナップです。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のワイン・洋酒コーナー

日本酒は専用コーナーが設けられており、4種類と充実しています。訪問日は広島と鳥取の日本酒が各2種類ずつと飲ん兵衛に嬉しい!

具体的には、純米酒 吟仕込、夜の帝王 特別純米酒、諏訪泉 杉の雫、千代むすび 純米吟醸 強力50がありました。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の日本酒ANAラウンジ(羽田空港国際線)の日本酒 (2) ANAラウンジ(羽田空港国際線)の日本酒 (1)

生ビールはアサヒスーパードライ(右側コーナー)、キリン一番搾りとサッポロ黒ラベル(左側コーナー)でした。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のコーヒーマシンとビールサーバーANAラウンジ(羽田空港国際線)のビールサーバー

ソフトドリンクでは、コールドドリンクのドリンクバーマシン、冷蔵庫のトマトジュース・野菜ジュース牛乳、ティーパックのお茶類が揃っています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の冷蔵庫ANAラウンジ(羽田空港国際線)のコーヒーマシン・お茶

コーヒーはANAスペシャルブレンド、ANAオリジナルダークローストの2種類がありますよ!

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワー

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールームへの通路

羽田空港国際線のANAラウンジは、入り口からラウンジまでの通路の途中にシャワールームが設置されています。合計7部屋であり、受付で申し出ればOKです。

こんな時におすすめ

  • 夜のフライトで就寝前にサッパリしたい場合
  • 前日にシャワーを浴びていなかった場合
  • 夏などで汗をかいていてサッパリしたい場合

朝8時頃に利用したところ、さすがに待ち時間はゼロでした。

ただし、夜間は混雑して待ち時間が発生することも多々あり、フライトまで間に合わなくなるリスクもあるので、入室と同時に申し込むのがおすすめです。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールーム

搭乗券と引き換えにシャワールームのカードキーが貸与されるので、入り口のセンサーにかざせば入室できます。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールームの鍵を解錠するシーン

シャワールームはトイレ付きで、洗面台、扇風機、ドライヤー、イス、荷物置き用の台、デジタル時計とフルスペックになっています。

シャワーを浴びるゾーンと洗面台・トイレ・脱衣所コーナーとは、ガラス扉で仕切られているのでビショビショ濡れる心配はありません。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワー室

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールームのトイレ・洗面台

シャワーヘッドは、天井近辺から降り注ぐレインタイプと、可動ヘッドの2つがあり、利便性が高くなっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワーを出したシーン

もちろんバスタオル、タオル、フェイスタオル、バスマットは完備。マリオットのホテルでも採用されているTHANNのシャンプー・ボディーソープでサッパリできます。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワーのシャンプー・ボディソープ・コンディショナー

アメニティ類は、ヘアブラシ、クシ、歯ブラシ、カミソリ、コットン、メイク落とし、洗顔ミルク、化粧水、乳液、シェービングクリームと充実。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールームのアメニティ

スリッパもあり、持ち帰りOKとユーザーフレンドリーです。

エコノミーでフライトする場合は機内で靴をぬいでスリッパを使うこともできますし、海外のホテル滞在にも便利です。

ダイソンのドライヤーもあり、快適に髪を乾かすことが可能で風雅。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワールームのダイソンのドライヤー

114番ゲート近辺のANAラウンジのシャワールームでは、横からのボディシャワーもあり、ランダムに回転するタイプでマッサージのような感触があります。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のシャワー(114番ゲート近辺)

マッサージ機はなし

ANAラウンジはサクララウンジとは異なり、マッサージ機は設置されていません。有人のマッサージサービスもありません。

この点についてはライバルのJALサクララウンジと比較したデメリットとなります。

サクララウンジ(羽田空港国際線)のマッサージチェアのコーナーメディカルマッサージチェア「3S匠」

ただし、空港ラウンジではマッサージ機は不要という方も多数いらっしゃるでしょう。

そのような方にとっては無関係の話です。

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)の廊下

その他、クローク・ロッカーもないので、荷物を預けることもできません。

その他の設備

羽田空港国際線のANAラウンジは、便利な附属設備が多数あり、搭乗前の時間を快適に過ごせます。

携帯電話の通話室・コピー機・プリンター

羽田空港国際線のANAラウンジには、公衆電話、携帯電話で通話できる個室ブースが設置されています。

電話用のブースの中は黒が基調のスペースとなっており、ライトの照明が利いていておしゃれな雰囲気となっています。

羽田空港国際線のANAラウンジの通話ブース

木目調の通話コーナーもあり、こちらは落ち着いた雰囲気です。

ANAラウンジの通話ブース(通路脇)

入り口の通路脇にあり、手すりや小物を置ける台もあるので、便利に通話することが可能で風雅です。

通話ブースに扉はないので、機密性が高いビジネス上の会話を行う場合はその点に留意が必要です。

また、コピー機もあり、プリントアウトも可能です。

ANAラウンジ(羽田空港国際線ターミナル)のコピー機

喫煙室

ラウンジ内には喫煙室も設置されており、いちいち外に出る必要はありません!

煙草を吸う方にとって利便性が高くなっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の喫煙ルーム

新聞・雑誌・無料Wi-Fiサービス

各種新聞・スポーツ新聞・雑誌コーナーが、入り口近辺・左奥の2ヵ所あり、待ち時間に読むことが可能です。

新聞&スポーツ新聞が充実しており、英字新聞もあります。雑誌は少な目となっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の雑誌・新聞類ANAラウンジ(羽田空港国際線)の雑誌・新聞類(奥の方のエリア)

もちろん無料Wi-Fi(無線LAN)のサービスもあり、手持ちのスマホ・タブレット・パソコン等でインターネットを楽しめます!

あらかじめラウンジで電子書籍などをダウンロードしておくと、機内でじっくり読めますね。また、貸出用のノートPCもあります。

更にANAラウンジデジタルサービスがあり、ニュース・ガイドブック・本(3,000文字)・雑誌・漫画・デジタルコンテンツを無料で楽しめます。

ANAラウンジ デジタルサービス

トイレ

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のトイレ入り口

羽田空港国際線のANAラウンジのトイレは、ベージュと黒が基調となっており、落ち着いてシックな雰囲気となっています。ラウンジ入り口近辺、左手奥の二箇所に設置。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のトイレ 

トイレも区切られていて、落ち着いて用を足すことが可能となっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のトイレ(小便器と大便器)

もちろんウォシュレットも完備されている他、トイレットペーパーのストックもあるので、不足している心配はほぼ皆無です。

個室タイプのトイレもあり、バリアフリーにも対応。ウォシュレットもあり、多様なニーズに対応しています。

奥の方にはフィッティングルームもあり、着替えもはかどります。気温差がある地域に行く場合で、コート預かりサービスを使わない時は便利ですね。

羽田空港国際線ANAラウンジまとめ

羽田空港国際線のANAラウンジ(114番ゲート付近)

東京・羽田空港はANA国際線の主要空港の一つであり、国際空港評議会が発表している空港旅客数ランキングでも4~5位で推移しています。

多い利用者に対して空港のキャパシティが狭いので、上質のラウンジは希少価値が高くなっています。

こうした情勢下において、ANAラウンジはさすが全日本空輸ならではのハイ・クオリティを誇っています。

快適な空間、必要十分な食事・ドリンク、上質なソファー・設備、シャワールームなど、充実の内容となっています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)の食事コーナー

食事の側面では炭水化物だけではなく、鶏肉とカシューナッツ妙め・ハンバーグ・鶏から揚げ・揚げ鮫子・焼売・ラタトゥイユ・野菜ソテーなど、ホットミールもあります。

ヌードルバーもあり、出来たてホヤホヤのラーメン・蕎麦・うどんを食べられます。

ドリンクは一通り揃っており、特にわが国が誇る國酒である日本酒は4種類と充実しています。

ANAラウンジ(羽田空港国際線)のビール・ワイン・味噌汁・サラダ・餃子・カレーANAラウンジ(羽田空港国際線)のチャーハン・サンドイッチ・スープ・煮物・4つの日本酒・白赤ワイン・とんこつラーメン

お洒落で洗練されており、スペシャルな航空ラウンジとなっています。時間帯によっては混雑している点がデメリットです。

飲食を楽しんでシャワーを浴びたら、小1時間はあっという間に過ぎ去ります。

ANAラウンジを出たらすぐに搭乗口なのが絶大なメリットで、ギリギリまでラウンジでくつろげます。

このようなスペシャルなANAラウンジを、ANA国際線プレミアムエコノミー、ビジネスクラスを使う場合は利用できます!

お得な格安パッケージツアーもあります。自分へのご褒美で贅沢な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

公式サイトANAビジネスクラス・プレミアムエコノミーで行く格安ツアー

全日空のフライトを更にお得にするためには、ANAカードの活用がおすすめです。

ANAプレミアムポイントが5万ポイント以上になり、スーパーフライヤーズカード(SFC)を発行したら、ずっとANAラウンジが使い放題になってファンタスティックです。

スーパーフライヤーズ会員になるために、OKA-SINタッチなどのSFC修行は行う価値があります。

7枚のANAカード

ANAカードには、ショッピングマイル、フライトボーナス、継続ボーナス、ボーナスマイルなど、カード利用でザクザクとANAマイルがたまる仕組みがあります。

世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

ANAカードはANAがJCB三井住友カード三井住友トラストクラブアメリカン・エキスプレスと提携して発行・運営しています。

また、大手鉄道会社との提携カードもあり、ビューカードTo Me CARD東急カード、ニモカと提携して交通系ICカード一体型カードもあります。

カード名 運営会社 国際ブランド 独自機能
ANA JCBカード
ANA JCB ZERO
JCB JCB  
ANA To Me CARD PASMO JCB JCB、To Me CARD PASMO
メトロポイント
ANA VISAカード 三井住友カード  Visa   
ANA Mastercard Mastercard
ANA VISA Suicaカード 三井住友カード
ビューカード
Visa Suica
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 三井住友カード
東急カード
Mastercard PASMO
TOKYU POINT
ANA VISA nimocaカード 三井住友カード
nimoca
Visa nimoca
ANAアメックス アメックス Amex  
ANAダイナース 三井住友トラストクラブ Diners Club  

グレードの側面ではANA一般カードANAワイドカードANAワイドゴールドカードANA プラチナ プレミアムカードの4段階となっており、多様なニーズに対応しています。

数多くの種類があるANAカードの相違点は、以下で集約して比較しています。

ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚があり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています。あまり...

その中でおすすめのANAカードについては、以下で徹底的に解説しています。

ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚があり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています。あまり...

以前ANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

なお、ANA一般カードのうち、三井住友カード、JCBが発行しているクレジットカードはリーズナブルな年会費で維持できます。

以下のANAカード7枚を保有すると、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルを得られます!

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、三井住友カード、JCBのANAカード7枚を発行するのも手です。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

なお、ANAカードマイルプラス(特約店)以外では、ワイドゴールドカード以下のANAカードのショッピングマイル還元率は、原則として1%です。年間利用ボーナスやリボ払いでの上乗せはあります。

SPGアメックスというクレジットカードは、通常のカードショッピングのみでANAマイル還元率1.25%である点がメリットです。

カードの保有枚数が増えてOKならば、ANAカードの他にSPGアメックスを保有して使い分けるという選択肢もあります。

SPGアメックス

しかも付帯特典が充実しており、SPGアメックスは年会費を上回る価値があります。主なオリジナルのメリットは4つです。

ウェスティンホテル東京マリオット東京セントレジスホテル大阪クラブラウンジが秀逸なザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町, ラグジュアリーコレクションなどのホテルにお得に宿泊できます。

SPGアメックスを持っているだけで、上級会員であるマリオット ボンヴォイのゴールドエリート会員の資格も得られます。

ゴールドエリート特典

  • 無料の部屋アップグレード
  • 14時までのレイト・チェックアウト
  • 宿泊で得られるポイントが1米ドルごとに12.5ポイント(+25%のボーナスポイント)
  • ウェルカムギフト(SPGとマリオットのポイントがプレゼント)

宿泊実績を積めばヒルトン・オナーズのゴールド会員ともステータスマッチが可能です。

マリオットのプラチナチャレンジという制度を利用すれば、Marriott Bonvoyのプラチナエリート会員資格も容易に取得できます。

公式サイトSPGアメックス 公式キャンペーン

-ANAマイル, マイル・マイレージ

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.