The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ファミリーマートでクレジットカードを使えるかを徹底解説!サイン不要でポイントが得られる!

投稿日: クレジットカード

ファミリーマート

ファミリーマートというコンビニがありますね。クレジットカードを使えるか使えないかは重要な問題です。

ファミマはTマネーという電子マネーを利用できますけれども、事前にチャージする必要があり、残高を定期的に確認して補充するという面倒な手間が生じます。

クレカ払いが簡便です。また、サインが必要か否かも論点です。サインが必要だと時間がかかって面倒ですね。また、カード利用時にポイントが得られるかも大事です。

ファミリーマートでのクレジットカード払いについて、徹底的に解説します。


国際ブランド

ファミリーマートではJCB、VISA、Mastercard、アメックス、ダイナースクラブ/DISCOVER、銀聯(UnionPay)の6大国際ブランドのクレジットカードで支払いが可能です。

国際ブランド

五大陸を網羅しています。日本では銀聯は微々たるシェアですので、事実上のオールジャパンです。

銀聯はクレジットカードのみOKでデビットカードはNGです。他の国際ブランドはデビットカード、国際ブランド搭載型プリペイドカードでもOKです。

三井住友銀聯プラチナカード

三井住友VISAカード、楽天カード、ヤフーカード、エポスカード、ビューカード、セゾンカード、P-oneカード、三菱UFJニコス(MUFGカード・DCカード・ニコスカード)など、どのクレジットカード会社が発行していても、国際ブランドが6つに該当していれば利用可能です。

ファミリーマートのライバル企業が発行しているセブンカードプラス、イオンカード、JMBローソンPontaカードVisa、OMCカード等も使えます。

ファミリーマート

大多数のクレジットカードでポイント・マイル・キャッシュバック等は満額付与されます。

一部ガソリン系クレジットカードやビジネスカード等で、そもそもいくら使ってもポイント等が全く貯まらないカードがあります。そうしたクレカではファミリーマートでのお買い物もポイントが貯まりません。

ファミリーマートとポケットカードが提携して発行している「ファミマTカード」だと、ファミリーマートでのお買い物が1%~3.5%と高還元になります。

ファミマTカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ファミマTカード(クレジットカード)のメリット・デメリット・ポイントの使い方まとめ
ファミマTカードというクレジットカードがあります。最高3%の高還元、ファミリーマートでの割引・Tポイントアップ、TSUTAYAレンタル...

また、JALカード特約店なので、JALカード決済だと2%のJALマイルを獲得できます。

おすすめのJALカードを徹底的に比較!個人的口コミまとめ
JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。JALマ...

注意点としては、Apple Pay払いだとマイル2倍にならないので、必ずクレジット決済しましょう。JALカード一覧は下表のとおりです。

カード名 発行会社 国際ブランド 独自機能
JAL・JCBカード JCB JCB    
JALカード OPクレジット JCB、小田急カード 小田急ポイント
JALカード Suica JCB、ビューカード Suica
JALカード DC
(Visa/Mastercard)
三菱UFJニコス(DCカード)  Visa
Mastercard
 
JALカード TOKYU POINT ClubQ 三菱UFJニコス(DCカード)、
東急カード
Visa
Mastercard
TOKYU POINT
JALアメックス 三菱UFJニコス Amex  
JALダイナースカード 三井住友トラストクラブ Diners Club  

都心部ですとファミマ、セブンイレブン、ローソン等のコンビニが至近距離で並んでいるケースがあります。

そのような場合、JALカード会員ですとファミリーマートを優先的に使うというストラテジーが有効です。

JAL・JCBカード プラチナ

支払い回数

1・2・3・4・5・6・7・8・9の数字

ファミリーマートでのクレジットカード払いでは、支払い回数は1回のみです。2回払い・3回払い等の分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払いはできません。

ただし、自動リボ払いコースに登録している場合や、リボ専用カードの場合は、1回払いでも自動的にリボ払いとなるので、この場合はリボ払いが可能です。

また、1回払いで支払った後に、会員サイトやカスタマーセンターへの電話で、リボ払いに変更することが可能なクレジットカードも多いです。いわゆる「後からリボ払い」です。

リボ払いは金利ないし手数料が発生するので、できる限り避けるのが望ましいですけれども、どうしても資金不足で支払いを先送りしたい場合でも、以上の方法を使えばファミリーマートでお買い物できます。

三井住友VISAダイナースプレミアムANAダイナースプレミアムなどごく一部には、リボ払いにして上手く運用すると、むしろ得するカードもあります。ただし、これは類稀な例外です。

ダイナースのブラックカードは少額のリボ払いでなんと3%ANAマイル還元になります。卓越した高還元に昇華します。

ダイナースクラブ プレミアムカードのポイント制度は秀逸!還元率が日本一!オリジナルの交換商品も
ダイナースクラブカードのブラックカードは「ダイナースクラブ プレミアムカード」という名前です。「ダイナースプレミアム」と略され...

サイン

万年筆でのサイン

ファミリーマートでクレジットカードで支払う場合でも、4千円未満の支払いならサインや暗証番号の入力は不要です。

4,000円以上のお会計はサインが必要ですが、コンビニでそのような大金を支払う機会はほとんどない方が多いでしょう。事実上はほぼサインレス・スタイルでの支払いが可能です。

クレジットカードの使い方は他の店舗と同一です。レジにいる店員さんに、クレジットカードを渡すだけでOKです。

「クレジットカード払いで」と伝えてもOKですが、何も言わずにカードを渡すだけで意思が疎通する場合が多いです。

「1回払いとなりますがよろしいですか?」とか「クレジットカード払いでしょうか?」など聞かれたら、はいと答えるか頷きましょう。

ファミリーマート

ファミマの店員さんは受け取ったカードをレジのカード読み取り装置に通して、カード会社と通信して支払いの処理が完了する流れとなります。

ちなみにファミリーマートに限らず、セブンイレブン・ローソン等のコンビニ、各種スーパーもサイン・暗証番号入力は不要の店舗が多いです。

客の人数が多く忙しい時間帯はレジに列ができることも多いので、できる限りスピーディーに決済を終わらせるためにサインレスシステムを導入しています。

クレジットカードで支払いができないもの

×という印を持ってダメを示すイラスト

ファミリーマートではありとあらゆるアイテムをクレジットカードで支払えるわけではありません。以下の項目はクレカ払いが不可能です。

  • 公共料金等の各種代金お支払い
  • Famiポート取扱い商品・サービス(チケットを除く)
  • プリペイドカード類(POSAカード、クオカード、テレホンカード等)
  • 宅急便・宅急便コンパクト送料
  • 切手・はがき・印紙類
  • ゴミ処理券等の金券類
  • 一部の自治体指定ごみ袋
  • 電子マネーチャージ
  • コピー、FAX

4枚のクオカードヤマト運輸(クロネコヤマト)のトラックFamiポート

これ以外の品物の支払いでクレジットカードが使えなかった場合、クレジットカードが故障しているか、支払い遅延などでカード利用が止められているか、利用限度額を突破しているか等の問題が考えられます。

ごくまれにファミリーマートの端末が故障している可能性もありますが、レジは複数台あるお店が大多数なので、その場合は別のレジで決済ができるでしょう。

あらゆるレジが故障している可能性もありますけれども、非常に稀有なレアケースです。大多数の場合はクレジットカードが使えます。

クレジットカードと併用できない支払い方法があります。Tマネー・Tポイント、交通系電子マネー、Edy、QUICPay、iD、au WALLET、現金などとの併用はNGです。

区分 名前
電子マネー TマネーApple PayAndroid PayiDQUICPay楽天EdyWAON
交通系電子マネー SuicaモバイルSuicaPASMOICOCATOICAmanaca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん、PiTaPa
プリペイドカード 国際ブランド搭載型プリペイドカード(ソフトバンクカード等)
ポイント Tポイント

例えば308円の支払いで、208円をクレジットカードで支払って、残りの100円を現金払いにすることはできません。

また、複数枚のクレジットカードの併用はできません。1枚のみとなります。例えば1,000円の支払いのうち、700円はリクルートカード、300円はライフカードといった支払い方はNGです。

クレジットカード払いの場合でも、別途Tポイントカードを提示したら、Tポイントを貯めることができます。

まとめ

ファミリーマートのイートインスペース

ファミリーマートではJCB、VISA、Mastercard、アメックス、ダイナース、銀聯クレジットカードが使えます。

支払い回数は原則として1回のみですが、少しの工夫でリボ払いなどで支払うことも可能です。ただし、原則としてリボ払いは避けましょう。

4千円未満ならサイン・暗証番号の入力は不要です。大多数の支払いは4,000円未満に収まるでしょう。

タバコのカートンを複数購入する場合、公共料金や税金の支払いなど以外では、私はまだコンビニで4,000円を超える支払いをしたことはありません。

公共料金、マルチコピー機、切手・ハガキ、金券類、電子マネーへのチャージなど、一部にクレジットカードが使えない対象もあります。

ファミマTカード(クレジットカード)

ファミリーマートでお得になるクレジットカードの筆頭は「ファミマTカード」です。

ファミマTカードは年会費が無料で、ファミリーマートでお得な仕組みが満載のクレジットカードです。

火曜と土曜は「カードの日」となっており、ファミリーマート全店でのお買い物がお得になります。

ファミマTカードを提示してお買い物すると、ショッピングポイントが3倍となり、Tポイントが200円(税込)あたり3ポイント付与されます。還元率1.5%です。

さらにクレジット払いにすると、クレジットポイントが2倍となり、Tポイントが200円(税込)あたり2ポイント付与されます。還元率1.0%です。

ショッピングポイントとクレジットポイントを合わせて合計2.5%です。日常的に飲みがちなコンビニコーヒーもガンガンお得になります。

ファミリーマートのコーヒー

ファミリーマートのアイスコーヒー

ファミランクがシルバーになるとファミリーマートでのお買い物はいつでも還元率が合計1.5%、ゴールドは合計2.0%になります。

ファミランクのポイント優遇は、「カードの日」とも重複して適用されるので、火曜と土曜はブロンズは2.5%、シルバーは3.0%、ゴールドは3.5%になります

女性はレディースデーで水曜はポイント2倍、25歳以下はいつでもポイント2倍となります。

ファミリーマートをよく使う方にとっては、ファミマTカードは身震いする程にお得なカードです。

毎日のお買い物がお得になって、その分、他のことにお金が使えるようになります。生活を楽しく豊かに彩ることができます。

その他、ファミマTカードの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ファミマTカード(クレジットカード)のメリット・デメリット・ポイントの使い方まとめ
ファミマTカードというクレジットカードがあります。最高3%の高還元、ファミリーマートでの割引・Tポイントアップ、TSUTAYAレンタル...

ファミマTカードは、2018年2月28日(水)までお得な入会キャンペーンを行っています。最大4,000円分のTポイントがプレゼントされます。

キャンペーン期間中に新規入会もしくは切替申込みして、発行日の翌月末日までに10,000円(税込)以上利用すると、Tポイントが2,000ポイントプレゼントされます。

更にカード発行日から3ヶ月後の発送分までの利用代金明細書に、携帯電話料金の請求があったら+1,000ポイント、電気料金の支払いがあれば+1,000ポイントが上乗せされます。

ファミマTカードの公式キャンペーン

また、JALカード特約店なので、JALカード決済だと2%のJALマイルを獲得できます。

JALマイラーにとっては慈愛さえ感じるようなお得さがあり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

JALの飛行機

マイル付与率は、JALカードのショッピング利用時の還元率が2倍になる「ショッピングマイルプレミアム」に加入している場合は、100円ごとに2マイルです。マイル付与率2%です。

JALカードには、普通カード、JAL CLUB-AカードJAL CLUB-AゴールドカードJALカード プラチナの4種類があります。

CLUB-Aゴールドカード以上のJALカードは自動付帯であり、それ以外のカードは年会費3,240円(税込)となります。

JALカードガイドブック

ショッピングマイルプレミアム未加入の場合は、200円ごとに2マイルです。マイル付与率1.0%です。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

クラス 1マイルの価値(目安) 還元率
普通席 1.5円 3.0%
1.6円 3.2%
1.7円 3.4%
1.8円 3.6%
1.9円 3.8%
2円 4.0%
ビジネスクラス 2.5円 5.0%
3円 6.0%
4円 8.0%
5円 10.0%
6円 12.0%
ファーストクラス 7円 14.0%
8円 16.0%
9円 18.0%
10円 20.0%
11円 22.0%
12円 24.0%
13円 26.0%
14円 28.0%
15円 30.0%
16円 32.0%

国際線のビジネスクラス・ファーストクラスでマイルを利用すると、JALカードのファミマでの利用は驚異的な高還元に昇華します。

JALカードは大量のマイルがプレゼントされるお得なキャンペーンも魅力的となっています。

使い過ぎる等の理由で、クレジットカードは使いたくないという場合は、残高の範囲でしか使えないクオカードがおすすめです。詳細は以下で丹念に分析しています。

クオカードを徹底的に安く買う方法・無料で手に入れる方法まとめ
クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、書店、CD・DVDストア、ガソリンス...

銀行預金の範囲内でのみ使えるデビットカードも、ファミリーマートの有力な支払い方法の一つです。

名前特徴
楽天銀行デビットカードJCBブランドは還元率1%で楽天スーパーポイントが貯まる。デビットカードの中では還元率が日本一。JCBは年会費無料
セブン銀行 デビット付きキャッシュカード一般加盟店では還元率0.5%でnanacoポイントが貯まる。セブンイレブンでは1.5%。年会費無料
イオン銀行キャッシュ+デビット一般加盟店では還元率0.5%、イオンでは1%でWAONポイントが貯まる。イオングループで月2回5%OFF等の特典。年会費無料
住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード還元率0.6%。月1万円以上利用でスマートプログラムのランクアップ。年会費無料
ソニー銀行のSony Bank WALLET優遇プログラム Club S のステージに応じて、利用額の0.5%~2.0%がキャッシュバック。上限は20万円/月。年会費無料
三菱東京UFJ-VISAデビット利用金額の0.2%がキャッシュバック(誕生月は+0.1%)。年100万円のショッピング保険あり。年10万円以上の利用で年会費無料
SMBCデビット利用金額の0.25%がキャッシュバック。ショッピング保険は海外のみ。年会費無料
みずほJCBデビット利用金額の0.2%がキャッシュバック。みずほマイレージクラブの「うれしい特典」。ショッピング保険は海外のみ。年会費無料
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード

スルガ銀行ANA支店。AMC機能あり。年100万円以上の利用で3,000マイル、年200万円だと8,000マイル。年会費無料

デビットTカード スルガバンク

還元率0.5%でTポイントが貯まる。年会費無料。

事前にチャージした範囲内でしか使えない国際ブランド搭載型プリペイドカードという選択肢もあります。

名前特徴
LINE Payカード還元率2%でLINEポイントが貯まる。
ファミマTカードで火・土にファミリーマート店頭でPOSAカード購入→チャージで3%還元
ソラチカルートでポイントを90%のANAマイルに交換可能
au WALLETauユーザーが利用可能。MasterCard加盟店で還元率0.5~5.5%。ポイント二重取りが可能
ソフトバンクカードソフトバンクユーザーが利用可能。Visa加盟店で還元率0.5~1%でTポイントが貯まる。
ソフトバンクスマホユーザーならYahoo!ショッピングが毎日ポイント10倍
おさいふPontaPontaと一体型。JCB加盟店で還元率0.2%還元。ポイントアップキャンペーンも定期的にあり。
エポスVisaプリペイドカードエポスカード保有者が利用可能。ポイントをチャージしてVisa加盟店で利用可能。還元率0.5%
オリコプリペイドカードオリコカードのオリコポイントをチャージしてVisaかMasterCard加盟店で利用可能。還元率0.25%
三井住友VISAプリペイド三井住友VISAカードのポイント移行が可能。Visa加盟店で利用でき、還元率0.25%
ANA VISAプリペイドカード0.5%のANAマイルが付与。Visa加盟店で利用可能。ANA VISAカードANA MasterCardならチャージ無料
dカード プリペイドVisa加盟店で0.5%のdポイント。ローソンではその他に3%還元。dポイントでチャージ可能

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-クレジットカード
-,

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.