The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

エクスプレス予約とモバイルSuicaの併用には注意!EX-ICカードとの同時通過が不可

更新日: アップルペイ 電子マネー・ポイント

エクスプレス予約のICカードとおサイフケータイ、Apple Pay搭載iPhone

モバイルSuicaApple PayのSuica(以下、両方を合わせて「モバイルSuica」)は、エクスプレス予約のICカード代わりとなります。

スマホ1台でスイスイと東海道・山陽新幹線の改札を通過できます。ただし、エクスプレス予約のICカードと、モバイルSuicaを併用して通過することはできません。

在来線の乗り換えで新幹線に乗車する場合でスムーズに改札を通過するためには、モバイルSuicaにエクスプレス予約を登録する必要があります。

モバイルSuicaでエクスプレス予約を使う場合の留意事項について解説します。


エクスプレス予約とモバイルSuica

エクスプレス予約は早期割引だとリーズナブルなのが特徴で、手間をかけずに大幅なディスカウントを享受できる点にエッジ・優位性があります。

21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」に乗車可能な「EX早特21」の料金は下表のとおりです。

駅名 東京・品川 新横浜
名古屋 8,800(-2,290) 8,600(-1,850)
京都 10,800(-3,110) 10,700(-2,550)
新大阪 11,000(-3,450) 10,900(-3,220)
新神戸 11,400(-3,700) 11,300(-3,470)

3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車がお得になる「EXグリーン早特」は下表のとおりです。

駅名 東京・品川 新横浜
名古屋 11,830(-2,850) 11,180(-2,860)
京都 13,860(-4,830) 13,540(-4,490)
新大阪 14,400(-4,830) 14,070(-4,830)
新神戸 14,710(-5,170) 14,390(-5,160)

私はエクスプレス予約で「EXグリーン早特」を愛用しています。普通席の料金と大差ない価格でグリーン車に乗れるのが嬉しいです。

一例として東京→京都は紙のきっぷだと通常13,910円で、エクスプレス予約のグリーン早特は13,860円です。

エクスプレス予約の方がスマートEXより早期予約の枠が広い例 (エクスプレス予約の画面)

ただし、枠が限定されており、繁忙期には予約できないこともあります。早特の枠は年会費無料のスマートEXより、エクスプレス予約の方が広いです。

東京→京都でグリーン早特を予約しようとしたところ、スマートEXでは売り切れでエクスプレス予約だと可能だったことがあります。

以下はスマートEXの画面で「スマートEXグリーン早特」がありませんでした。

エクスプレス予約の方がスマートEXより早期予約の枠が広い例 (スマートEXの画面)

エクスプレス予約は年1,080円(税込)のコストがかかりますけれども、個人的には年1回早特を利用すれば十分にペイできてお得だと考えています。

JR東海のエクスプレス予約の使い方まとめ!新幹線がICカードやスマートフォンでお得に乗れる!
エクスプレス予約とは、携帯電話、パソコン、スマートフォンから、東海道・山陽新幹線(東京~博多)の指定席が予約できるサービスです...

エクスプレス予約に入会すると、まずは「EX予約専用ICカード」が送られてきます。

エクスプレス予約(旧・プラスEX)

EX予約専用ICカードを新幹線の改札にタッチすることで、スムーズに通過できます。

エクスプレス予約での新幹線の改札通過

在来線と新幹線の乗り継ぎの場合、EX-ICカードと交通系ICカード(SuicaPASMOTOICAmanacaICOCA、SUGOCA、Kitaca等)を重ね合わせてタッチすればOKです。

エクスプレス予約で改札を通過

しかし、モバイルSuica(Apple PayのSuica)とカードタイプのエクスプレス予約専用ICカードを重ねても、エラーが発生して新幹線と在来線の乗り継ぎはできません。

エクスプレス予約で新幹線の改札を通過する際にエラー発生

自動改札機の脇にいるスタッフに声をかけて手続きするか、機械できっぷを受け取って通過する必要があります。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機エクスプレス予約のきっぷ

EX予約専用ICカードの代わりとしてモバイルSuicaをエクスプレス予約で登録すると、スマホ1つで東海道・山陽新幹線と在来線の乗り継ぎができるようになります。

エクスプレス予約とモバイルSuicaの併用には注意!EX-ICカードとの同時通過が不可
モバイルSuica、Apple PayのSuica(以下、両方を合わせて「モバイルSuica」)は、エクスプレス予約のICカード代わりとなります。スマホ1...

以下はスマートEXを登録したモバイルSuicaで新幹線の改札を通過した写真ですが、エクスプレス予約でも同様に通過できます。

スマートEXで東海道新幹線の改札を通過したところ

モバイルSuicaをエクスプレス予約で利用する手順

エクスプレス予約のICカードが届いてから手続きすることになります。できれば申し込んだらすぐに登録できるようになると便利ですね。

Android・ガラケーの場合、モバイルSuicaのアプリメニューまたは「Suicaアプリケーション」のチケット購入・Suica管理画面の「エクスプレス予約(JR東海)」を選択します。

Apple PayのSuicaの場合、「チケット購入・Suica管理画面」にある「エクスプレス予約(JR東海)」を選択します。

Apple PayのSuicaの「チケット購入・Suica管理画面

するとモバイルSuica用のエクスプレス予約の会員登録画面に遷移するので、画面の案内に沿って手続きすればOKです。

既にWebでエクスプレス予約の会員登録を行っていた場合でも、改めて「会員登録画面」の手続きが必要です。まずメールアドレスを入力して「OK メール送信」をタップします。

エクスプレス予約の会員登録画面

するとメールが送られてくるので、メール内のリンクをタップして、クレジットカード番号・有効年月・生年月日を選択して「OK 次の画面へ」をタップします。

エクスプレス予約のクレジットカード番号等の入力画面

ただし、モバイルSuicaを既にスマートEXで登録していた場合は、エクスプレス予約も登録することはできません。

まずはスマートEXの会員サイトにログインして「お客様情報の変更・退会」からモバイルSuicaの情報を削除しましょう。

その後すぐにエクスプレス予約に登録しようとしたところ、一度は「入力された会員IDはご利用できません。」という謎のエラー画面が出ました。

エクスプレス予約のモバイルSuica登録のエラー画面

ただし、もう一度トライしたらすんなり登録できたので、このようなエラーが出たら少し時間を置いて再チャレンジすればOKです。

エクスプレス予約の会員登録完了画面

なお、会員IDは既に登録していた場合は同じIDですので、そこが変わる心配はありません。

モバイルSuicaに登録してもICカードは利用可能

モバイルSuicaにエクスプレス予約を登録すると、ケータイやスマートウォッチだけで東海道新幹線に乗れるようになります。

元々の会員ICカードは無効にはならないので、そのまま利用することも可能です。

荷物は増えますが、ICカードも携帯すると、万が一の携帯電話の紛失などの際にも、新幹線には乗ることができます。

モバイルSuicaのエクスプレス予約の決済用クレジットカード変更

エクスプレス予約は複数のクレジットカード会社で利用できます。

モバイルSuicaでエクスプレス予約を使う場合、1枚のクレジットカードしか登録できません。

別のクレジットカードで決済したい場合、別のカード会社で改めてエクスプレス予約に申し込み、モバイルSuicaかSuicaアプリで新規登録手続きを行えばOKです。

なお、以下の予約がある場合、モバイルSuica電話機の登録変更はできません。

  • 当日乗車予定のIC乗車サービスの予約
  • 現在乗車中または出場処理がされていない予約
  • 乗車日を経過しシステム処理中の予約

モバイルSuicaの登録を解除

やはりEX-IC予約専用カードで使う場合や、モバイルSuicaを使わなくなった場合、簡単に解除できます。

エクスプレス予約にログインして「お客様情報の変更・初期化」から「会員登録の初期化」を行うと、モバイルSuica電話機の登録が自動的に解除されます。

もしくはモバイルSuicaを退会するか、Apple PayのSuicaでSuicaカードを削除(サーバー退避)すると、エクスプレス予約の登録も解除となります。

スマホの機種変更時は再登録が必要

モバイルSuica、Apple PayのSuicaは、機種変更で新しい携帯電話・iPhone・Apple Watchに移した場合、Suica ID番号が変わります。

iPhone 7とiPhone X(裏面)

したがって、モバイルSuica/Apple PayのSuicaをエクスプレス予約に使っていた場合は、機種変更の登録手続きが必要になります。

以下の再設定操作で機種変更後の新しいiPhone等のSuicaとエクスプレス予約の会員情報が連携されます。

  1. Suicaアプリケーションを起動
  2. エクスプレス予約に利用するSuicaを選択
  3. 「チケット購入・Suica管理」をタップ
  4. 「エクスプレス予約(JR東海)」をタップ
  5. 接続確認画面で「同意する(接続)」をタップ
  6. エクスプレス予約パスワードを入力し「ログイン」をタップ
  7. 機種変更登録確認画面で「機種変更登録」をタップ

ただし、この操作を完了しても、既に予約済みの当日乗車分チケットは、新しい端末では乗車ができないので、券売機での発券が必要です。この点に注意しましょう。

機種変更登録操作後に予約を行った当日乗車分チケットは、機種変更後の新しいiPhoneやApple Watchで乗車できます。

スマートEX、エクスプレス予約を使っている場合は、新幹線に乗る当日はSuicaの移行作業を行わないのが無難です。

どうしても当日になる場合は、発券作業が必要なので余裕を持って駅に行きましょう。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機

スマホ等の紛失時はICカードかクレカがあればOK

モバイルSuicaでエクスプレス予約を利用していて、スマホやスマートウォッチが故障・紛失などで使えなくなった場合でも、新幹線に乗ることは可能です。

EX-IC専用カードがあれば、それをタッチすればOKです。ただし、カードを持ち歩くのが面倒でモバイルSuicaを使っている方も多いですよね。

その場合はエクスプレス予約に登録してあるクレジットカードがあればOKです。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機の「カード」に決済用クレジットカードを入れれば、紙のきっぷを発券できます。

エクスプレス予約のきっぷ受け取り機

ログインパスワードの入力が必要となります。

エクスプレス予約のパスワード入力画面

時間はほとんどかかりません。画面をタッチして紙で受け取る予約を選択して、パスワードを入力するだけです。領収書も同時に出ます。

EX予約のきっぷ受け取りエクスプレス予約のきっぷ

万が一の紛失・故障などに備えるためには、エクスプレス予約に登録している決済用クレジットカードは持ち歩くのが安全です。

まとめ

東海道新幹線

モバイルSuica、Apple PayのSuicaは事前に手続きすると、エクスプレス予約のICカード代わりとなります。

スマホ1台でスイスイと東海道・山陽新幹線の改札を通過できます。

ただし、エクスプレス予約のICカードと、モバイルSuicaのSuicaを併用して通過することはできません。

在来線の乗り換えで新幹線に乗車する場合でスムーズに改札を通過するためには、モバイルSuicaにエクスプレス予約を登録する必要があります。

スマホの機種変更などの際には、新幹線に乗車する当日に手続きができないケースがあるので、モバイルSuicaの登録・変更作業は前日までに行うのが無難です。

エクスプレス予約を活用すると、早特割引が特にお得です。多種多様なクレジットカード会社で利用できます。

その中で新幹線の乗車でポイントがたまり、グリーン車に普通車の価格で乗れるグリーンプログラムが適用されるのはJRカードのみです。

グリーンプログラムが不要であれば、幅広いクレジットカードでエクスプレス予約を利用可能です。代表的なカードは下表の通りです。

会社 カード名 還元率 年会費(税込)
JCB リクルートカード 1.20% 無料
JCB EIT 1.00% 無料
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.50% 2,160円
To Me Prime PASMO 0.50% 50万円以上利用で無料
JCBオリジナルシリーズ 0.5%-0.85% 無料~5万円
JCB LINDA 0.50% 無料で維持可能
三菱UFJニコス DCカード Jizile 1.50% 無料
MUFGカード ゴールド 0.5-1.1% 1,028円で維持可
MUFGカード・プラチナ・アメックス 0.5-1.35% 21,600円
イオン銀行 イオンカードセレクト 0.5-1.5% 無料
ベネッセ・イオンカード 0.50% 無料
アメックス アメックス・グリーン 0.3-1.0% 12,960円
アメックス・ゴールド 0.3-1.0% 31,320円
SPGアメックス 1.0-1.25% 33,480円
ダイナース ダイナースクラブカード 0.3-1.0% 23,760円
銀座ダイナースクラブカード 0.3-1.0% 27,000円
ANAダイナースカード 1.0% 29,160円
三井住友カード 三井住友VISAデビュープラスカード 1.00% 無料で維持可
三井住友VISAクラシックカード 0.50% 無料で維持可
三井住友VISAクラシックカードA 1-1.65% 無料で維持可
三井住友VISAアミティエカード 0.5-1.15% 無料で維持可
三井住友VISAエブリプラス 0.5-1.65% 無料
三井住友VISAエグゼクティブカード 0.5-1.15% 1,080円で維持可
三井住友VISAプライムゴールドカード 0.5-1.3% 1,620円で維持可
三井住友VISAゴールドカード 0.5-1.3% 4,000円で維持可
三井住友VISAプラチナカード 0.5-1.3% 52,920円で維持可
ANA VISAカード 最大1.8% 811~86,400円
ANA Mastercard 最大1.48% 811~15,120円

東海道新幹線に年1回乗るか微妙という場合は、年会費無料のスマートEXが便利です。

スマートEXのメリット・デメリット、エクスプレス予約・プラスEXとの比較まとめ
「スマートEX」というサービスが2017年9月30日より始まります。Suica・PASMO・ICOCA・manaca・TOICAなどの交通系ICカードで、東海道・...

JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線)にリーズナブルに乗るには、モバイルSuica特急券が便利です。詳細は以下で徹底解説しています。

モバイルSuica特急券(モバトク・スーパーモバトク)まとめ!
モバイルSuicaは、新幹線の切符や特急券も買えます。「モバイルSuica特急券」という名前で「モバトク」と呼ばれています。更にお得な...

今後は会員登録が全く不要でそのままSuica・PASMO等の交通系ICカードで新幹線に乗れるサービスも導入予定です。

JR東日本の「タッチでGo!新幹線」のメリット・デメリット、モバイルSuica特急券との比較を徹底解説
JR東日本が事前の購入手続きや会員登録不要で、在来線のようにSuica等の交通系ICカードで新幹線に乗車できるサービスを開始します。「...

モバイルPASMOが商標出願されており、パスモもスマホ・スマートウォッチで利用できるようになる可能性があります。

モバイルPASMOが商標出願!メリット・デメリット・お得な使い方を徹底解説
「モバイルPASMO」が商標出願されました(2107-122035)。「腕時計型携帯情報端末、スマートフォン」を対象としており、iPhone、Android...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-アップルペイ, 電子マネー・ポイント
-

Copyright© The Goal , 2018 All Rights Reserved.