エポスカードのポイント投資を解説!メリット・デメリットを分析

更新日: ポイント エポスカード

エポスポイントの画面

エポスカードの「エポスポイント」でポイント投資が可能になりました。

ポイント投資には、現物株式の購入、投資信託の購入、疑似運用などの種類があり、エポスポイントは疑似運用の方式です。

株式・投信そのものに投資するのではなく、成果が投資信託に連動する疑似運用方式となっています。

エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドエポスプラチナカード会員で、会員サイト「エポスNet」に登録している方が利用できます。

エポスポイント投資について、楽天ポイント・Tポイント・エポスポイント、松井証券・インヴァスト証券など多様なポイント投資を実践した経験にもとづいて解説します。

エポスポイント投資とは

エポスポイント投資とは、エポスカードの利用などで貯まるエポスポイントで、疑似的に投資できてポイントの増加を目指せるサービスです。

クレディセゾンの特許第6357521号「ポイント管理システムおよびポイント管理方法」を使用しているというスキームです。

ポイント運用サービスを利用中のエポスポイント残高は、丸井グループの証券会社であるtsumiki証券が提供している投資信託の基準価格に連動して増減します。

エポスポイント投資では4種類のコースが用意されており、それぞれ以下の投信の基準価格と連動します。

コース名 連動投信 エポスカード提唱のキャッチフレーズ
はじめてコース セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド はじめての方は、まずはここから。
株式・債券が半分ずつのバランス型、安心感があります。
よくばりコース セゾン資産形成の達人ファンド あれもこれも欲しい方におすすめ。
世界の成長が取り込めます。
わくわくコース ひふみプラス みんなと同じはいや、そんな方におすすめ。
これから成長する「原石のような会社」の詰め合わせです。
げんせんコース コモンズ30ファンド 旅行に行くなら、国内!そんな方におすすめ。
持続的に成長する日本の「いい会社」が入っています。

はじめてコースは国内外の株式・債券に分散投資するのが特徴です。値動きがマイルドな債券が含まれているので、価格変動率が低く初心者向けです(ローリスク・ローリターン)。

ただし、世界的に金利が低下(債券価格が上昇)している状況下では、債券部分については高値掴みの恐れがあるのがデメリットです。

残り3つは最終的には主に株式へと投資するコースとなり、ハイリスク・ハイリターンです。アクティブ投信なので信託報酬(保有コスト)は高めとなっています。

エポスポイント投資の類似サービスで、特許権を持つ「セゾンカードの永久不滅ポイント運用」での実績をご参考までに紹介します。

はじめてコース以外の3つと類似しているパフォーマンスなので、価格変動のイメージをつかめます。

私は永久不滅ポイント運用では株式主体の疑似投資を行っており、約3年6ヶ月のトラックレコードがあります。

2016年12月に100ポイントを運用したところ、約11ヶ月間で108.54ポイントに増えました。+8.54%と着実なリターンを獲得できました。

クレディセゾンの永久不滅ポイントのポイント運用サービスの運用結果(2017年11月6日時点)

ただし、その後の約4ヶ月間では108.54→104.26と4.28ポイント減少しました。

永久不滅ポイントの投資信託での運用結果(2018年3月14日時点)

その後はVOO(アメリカ株の疑似運用)にも投資して、2019年11月8日時点では+11.56%となりました。

永久不滅ポイントの投資信託での運用結果(2019年11月8日時点)

コロナウイルスの影響で株式市場が大きく下落して、反発して変動率が低下した2020年5月20日時点では+3.16%となっています。

永久不滅ポイントの投資信託での運用結果(2020年5月20日時点)

このように増えたり減ったりするリスクがありますが、長期投資すれば世界経済の成長とともに、ポイント数は増えることが期待できます。

エポスポイント投資の単位・手数料・上限・約定スケジュール

100ポイント以上100ポイント単位で投資でき、手数料は無料です。投資信託のような購入手数料はないので安心です。

投資中のポイント1pt=エポスポイント1ptなので、わかりやすくてユーザーフレンドリー。

投資できるエポスポイントの上限は30,000ポイントとなっており、スマホアプリ「セゾンポイントモール」に登録している方なら、誰でも利用可能です。

14:00までの注文が当日受付となり、当日の基準価額をもとに投資が開始して、翌営業日の7:00頃に±0という形で反映されます。

したがって、投資したポイントは翌日の運用実績に基づき、翌々日の7時にファースト・インパクトが生じます。

エポスポイント投資のスケジュール

エポスポイントは限りなく現金同様の使い道がありますが、換金そのものは不可能です。

したがって、資金決済法・金融商品取引法などの規制を受けないことから、ポイント投資が可能になっています。

投資したポイントは必要になったらエポスポイントに戻すことが可能です。


メリット

エポスポイント投資のメリットは、現金を支出したり、証券会社に口座を開くことなく、簡単に投資を試せる点にあります。

エポスポイント投資による投資体験

現金での投資となると、ハードルが高いという方が多いでしょう。株価・投信の基準価格は10%・20%変動するのが当たり前であり、油断するとあっという間に損失が膨らむリスクもあります。

しかし、使う予定のないポイントでポイント投資した場合は、不況で乱高下したり負けたとしても、それ程メンタルへの打撃・ダメージが小さいのが大きなメリットです。

私はポイント投資の一番のメリットはそこで、冷静に売買できるので、底値圏で投げ売りして大きな損失が生じないことがメリットだと思います。

エポスポイント投資を始めるには、まずエポスカードのスマホアプリをダウンロードしてログインしましょう。

そして、メニュー下部の「ポイント投資」を選択し、ガイダンスを見た後に投資先を選択するだけです。

エポスカードのスマホアプリ

「ポイントで投資する」ボタンをタップすると投資できるポイント数が確認でき、最終画面では投資後のエポスポイント残高も表示されます。

エポスポイント投資の注文確認画面

ポイントの投資/引き出し履歴は、エポスポイント投資トップ画面の右上のメニュー内にある「履歴」から確認できます。

エポスポイント投資を止める際には、エポスポイント投資のホーム画面の下部にある「ポイントを引き出す」をタップし、投資中のポイントをすべてエポスポイントに戻せばOKです。

エポスポイント投資のポイント引き出し画面

いつでもサクッと投資をやめて、翌々営業日には戻ったポイントを使うことが可能です。

エポスポイント投資の実施・ストップのメカニズム

実際に数日間エポスポイント投資を行ったところ、+2ポイント(+0.5%)という着実な成果を出せました。

エポスポイント投資で+2ポイント

デメリット

エポスポイント投資には長所がある反面、短所も存在しています。

損するリスクあり・低コストインデックス投信がない

定期預金や個人向け国債のような確定利回り商品ではないので、損するリスクがあります。

コース名 連動投信 年間最大下落率(設定来)
はじめてコース セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド -35.23% (2008年)
よくばりコース セゾン資産形成の達人ファンド -45.22% (2008年)
わくわくコース ひふみプラス -21.23% (2018年)
げんせんコース コモンズ30ファンド -18.50% (2015年7月
~2016年6月)

「わくわく」と「げんせん」は最大下落率が低めですが、それはリーマンショックの時期はまだ投信が設定されていなかったからです。リスク自体はよくばりとほぼ同様です。

リーマンショックのような最悪のケースでは、はじめてコースは35%程度、その他のコースは45%程度マイナスとなるリスクがあります。

また、信託報酬が0.1%~0.3%程度の投資信託が増えている中で、コストが高い投信ばかりとなっています。

信託報酬は基準価額に影響するので、エポスポイント投資にも影響してきます。株式のみにインデックス投資したい方にとっては辛い選択肢となっています。

一般カードのエポスカードでは利用不可能

エポスカード、エポスゴールドカード、エポスプラチナカード

ゴールドカード以上に限定されており、一般カードのエポスカードでは利用できないのがデメリットです。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」には多種多様な種類があります。プロパーカードおよび他社と提携したクレジットカー...

小数点以下が切り捨て

ポイントの増減によって発生した小数点以下のポイントは切り捨てとなります。

例えば300.99で投資を止めた場合、0.99の分は無駄になってしまいます。

エポスカードを退会した場合はパーなので忘れないようにする必要

エポスカードを退会すると運用中のポイントに限らず、残っているエポスポイントは失効します。

したがって、退会する前に運用中のポイントを引き出して使うのがベターです。

しかし、エポスポイント投資を行っていることを忘れてしまった場合、気づかずに解約してしまうリスクもあります。

もしポイント投資を行う場合は、存在を忘れてしまわないようにしましょう。

投資したポイントはキャンセル不可

投資信託は申し込んでも所定の時間まではキャンセルできる証券会社が大多数ですが、エポスポイント投資の場合はキャンセルができません。

翌日以降に運用中のポイントから引き出しを行う必要が生じて、損するリスクがあります。

ただし、運用口座へのポイント振り替えが必要で、クレジットカードで貯めたポイントを自動で投資にまわす仕組みはありません。

こうした手間が不要で自動に投資をしたい方は、「インヴァストカード」がおすすめです。年1回の利用で年会費が無料になるので、年会費は実質無料と評価できます。

インヴァストカード

インヴァストカードは毎月の手間が全く不要で、自動的にマネーハッチというスキームを通してトライオートETFに投資できる点にエッジ・優位性があります。

インヴァスト証券とジャックスが提携して、「インヴァストカード」というクレジットカードを発行しています。カード利用時に貯まるポ...

インヴァストカードはお得なキャンペーンも魅力的です。

ジャックスが発行している「インヴァストカード」というクレジットカードがあります。年会費が無条件で無料であるにもかかわらず、基...

まとめ

エポスカードのポイント運用サービス

エポスカードのポイント運用サービスは、1つのインデックス投信、3つのアクティブ投信にお手軽に分散投資することが可能です。

中長期的には日本や世界経済の成長の果実を享受できることが期待できます。

特に投資初心者で、リスクが有る資産運用に興味はあるけれども、なかなか現金で行うのは抵抗がある場合は、ポイントで運用を体験できるメリットがあります。

他方、ポイント投資ゆえの注意点も存在しています。

主なデメリット

  • 損するリスクあり
  • コストが高い投信のみ
  • 一般カードのエポスカードでは利用不可能
  • 小数点以下が切り捨て
  • エポスカードを退会した場合は無効

日本の投資教育は欧米に比べ不充分と言われており、資産形成・資産運用をどうしたらよいか困っている方が多いという評判・口コミもあります。

エポスポイントを使い気軽に長期投資を体験できるのは、ユニークで面白いサービスであり、エッジ・優位性があります。

エポスカード、エポスゴールドカード、エポスプラチナカード

エポスカードの種類の中でスタンダードの「エポスカード」は、年会費無料のクレジットカードで使いやすく、全国10,000店舗以上のお店で優待特典が受けられます。ゲーム以外にもフル活用可能。

エポスカード
国際ブランド
  • Visaのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • 楽天Edyのロゴ
  • モバイルSuicaのロゴ
  • SMART ICOCAのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • Kyashのロゴ
  • 楽天ペイ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • ETC
  • プリペイドカード
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険(有料オプション)
年会費 ポイント還元率
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%(リボ払いは1%)
ポイント名 限度額 発行スピード
エポスポイント 10万~100万 最短即日発行
  • マルイで年4回10%OFF
  • 全国10,000店舗以上でお得な優待特典
  • 充実の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • エポスバーチャルカードが無料
  • 手数料無料にできるリボ払いで+0.5%還元
  • カードの利用通知サービス

膨大な数の優待・割引を享受できるので、使わなくてもお得なクレジットカードの筆頭で質実剛健です。

ユナイテッド・シネマ / シネプレックス等の映画館、ビッグエコー・シダックス等のカラオケの割引は特に使いやすいです。

年4回、エポスカードの利用でマルイのネット通販、マルイでのお買い物が10%OFFとなる「マルコとマルオの7日間」は、エポスカードも対象です。

丸井(マルイ)では「マルコとマルオの7日間」というセールがあります。マルイでのお買い物がお得なセールです。エポスカードで決済す...

エポスカードは、海外旅行傷害保険が充実しています。最も利用頻度が高い傷害治療費用は270万円、疾病治療費用も200万円と高額補償で自動付帯なのが魅力的です。

エポスカードは、海外旅行傷害保険が充実しています。自動付帯であり、カード利用や事前の届け出などの煩わしい条件は一切ありません...

付帯保険以外でも海外で多様なトラベルサービスを利用でき、海外旅行で八面六臂の活躍を見せてくれます。

エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。海外旅行傷害保険が充実しており、海外サポートも充実しています。丸井でのシ...

エポスカードは電子マネーのチャージにも強いクレジットカードです。楽天EdyモバイルSuicaSMART ICOCAへのチャージが、ポイント還元の対象です。

ネット通販でのセキュリティに優れているエポスバーチャルカードも使えます。

エポスバーチャルカードは、クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。

本体のエポスカードとは別の番号によってインターネットで決済できます。もちろんポイントはエポスカード同様に付与されます。

万が一エポスバーチャルカードの情報が流出しても、エポスカード本体の番号を知られることはありません。

エポスカードは「エポスバーチャルカード」を発行することができます。バーチャルカードとは、インターネットでのお買い物にクレジッ...

本体のカードの方も利用ごとにメールを送ってもらう設定もできるので、不正利用をいち早く察知できてセキュリティも高いです。

エポスカードの「カードご利用のお知らせ」メール

2018年8月31日にはエポスカード払いで投資信託を購入できる証券会社「tsumiki証券」が開始しました。クレジットカードで投信を買えるのは日本初の仕組みとなります。

丸井グループがエポスカード決済で投資信託を購入できる証券会社を設立します。インターネットでクレジットカード払いで投信を買えま...

エポスカードは資産運用できるクレジットカードの筆頭です。投資ができるカードは類稀であり、一歩先に進んだ画期的なスペックを備えています。

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。

特に必要な作業はありません。無条件で2,000円を得られるお得な入会キャンペーンです。

なお、インターネットでの入会時に「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカード 公式キャンペーン

実際にエポスカードを活用したところ、お得な優待特典を多数受けられて役立ちました。

エポスカードというクレジットカードがあります。日本初の「クレジットカード」で、年会費無料です。上位カードのエポスゴールドカー...

日本全国10,000店舗以上でお得な優待・割引を享受でき、エポスカードを持つと家計が頑健化します。日々の生活を豊かに彩ることができます。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「年会費無料カード」としてエポスカードを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

エポスカードを利用していくと、最強のクレジットカードと評価できるエポスゴールドカードのインビテーションが届く可能性があるのもメリットです。

ゴールドカードランキングの上位に位置付けられるハイ・クオリティー・カードです。また、私は最強のクレジットカードの1枚だと考えています。

年会費永年無料・ポイント有効期限無期限・ボーナスポイント・ゴールドカードのオリジナル特典など絶大なベネフィットがあり、ゴールドカードとしては異例なほどにコストパフォーマンスが高いカードです。

丸井の人気クレジットカード「エポスゴールドカード」は、自分から申し込むことも可能ですが、インビテーションが届いた場合は、年会...
エポスカードという丸井のクレジットカードがあります。エポスカードの種類の中には、「エポスゴールドカード」いうゴールドカードが...

家族にエポスゴールドカードの招待ができるエポスファミリーゴールドという制度もあります。これで入会した場合は家族の年会費もずっと無料です。

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」には、長らく家族会員制度がなく家族カードの発行はできませんでした。しかし、2018...

年会費無料のゴールドカードは稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの一角です。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてエポスゴールドカードを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

エポスゴールドカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

最上位カードのエポスプラチナカードは、年100万円利用したら実質的に無料で使えてコスパ良好で、年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

2018年8月31日にはエポスカード払いで投資信託を購入できる証券会社「tsumiki証券」が開始しました。クレジットカードで投信を買えるのは日本初の仕組みとなります。

丸井グループがエポスカード決済で投資信託を購入できる証券会社を設立します。インターネットでクレジットカード払いで投信を買えま...

エポスカードはお得なキャンペーンを行なっています。Webから入会すると2,000円相当のエポスポイントがプレゼントされます。

特に必要な作業はありません。無条件で2,000円を得られるお得な入会キャンペーンです。

なお、インターネットでの入会時に「おしごと」の下にある「ご紹介番号」に「19121522852」をご入力いただくと、更に紹介特典で500ポイントが上乗せされます。

公式サイトエポスカードの公式キャンペーン

エポスポイント以外のポイント投資については、以下で解説しています。

ポイント投資のサービスがメジャーになってきました。楽天ポイント、ドコモのdポイント等で可能になっており、大手共通ポイントのTポ...

エポスカード以外にも投資が可能なクレジットカードが存在しています。

投資ができる仕組みのクレジットカードがあります。貯めたポイントを資産運用に充当できたり、投資信託を購入できるクレカがあります...

-ポイント, エポスカード

© 2014-2020 The Goal