ドトールバリューカードの内容&dポイントと二重取りができるのかを解説!

更新日: 家計 ポイント プリペイドカード

ドトールバリューカード

ドトールバリューカードというプリペイド式のカードが2015年5月29日(金)から開始しました。

非接触ICチップを搭載したプリペイドカードであり、ドトールで利用可能です。チャージでポイント付与などのメリットがあります。

ドトールバリューカードの内容、dポイントとポイント二重取りができるかについてまとめます。

ドトールバリューカードとは

ドトールバリューカードのカード発行手数料は300円(税込)です。ただし、カード購入時に300円分のポイントがもらえるので、実質無料となります。年会費は無料です。

ドトールバリューカードには、1,000円以上、1,000円単位でチャージすることができます。チャージした金額は、ドトールでの飲食で利用できます。

2017年9月16日からはエクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールでも利用可能になります。エクセルシオール カフェデザインも登場します。

ドトールバリューカード(エクセルシオール カフェデザイン)

ドトールバリューカードは、ドトールグループのコーヒー店でお買い物した際に100円毎に1ポイントが得られます。還元率1%です。

また、1回に2,000円以上チャージした場合は、チャージ金額の5%分のポイントが得られます。合計で還元率6%となります!

貯まったポイントは、10ポイント10円単位でドリンク、フード、コーヒー豆などの商品で利用できます。

年間購入金額が2万円以上で「ゴールドランク」となり、翌年は2,000円以上チャージ時の還元率が7%にアップします。

5万円以上の場合は「プラチナランク」となり、チャージ時の還元率が10%となります。

ドトールの会員サイト「マイドトール」に登録すると、クレジットカードによるチャージも可能です。オンラインチャージすると初期設定ではメールでその旨の通知があります。

ドトール バリューカードのオンラインバリューチャージ完了のお知らせ

対応している国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBであり、アメックスとダイナースは対象外です。

リクルートカード(1.2%)、P-one Wiz(1.5%)、DCカード Jizile(1.5%)などの高還元クレジットカードでチャージするとその分もお得です。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高...

当初の取り扱い店舗は5つから開始して順次拡大していき、2015年10月からは全国のドトールコーヒーショップで利用できるようになりました。

ドトールはクレジットカードが使えず、電子マネーも駅構内の一部店舗でSuicaが使えるだけでした。

クレカ・電子マネーにかなり弱いコーヒーショップでしたが、今後はプリペイドカードでお得に決済できます。小銭が出ないのもメリットですね。

残高・ポイントには有効期限があり、最終利用日より残高は3年、ポイントは1年が経過すると失効します。

ドトールバリューカードの残高が合計金額に足りなかった場合、不足分を現金等で支払うことができます。残高は店舗のレシートや、マイドトール(会員ページ)の残高照会で確認できます。

ドトールバリューカードの裏面

ドトールバリューカードの裏面には、カード番号、PIN番号が記載されています。残高照会へリンクされているQRコードもあります。

毎月1日(ボーナスポイントデー)のチャージがお得

ドトールのカフェラテ

2017年6月1日からは、毎月1日が「ボーナスポイントデー」となりました。ドトールバリューカードに毎月1日にチャージすると、10ポイントが得られます。

店頭での現金チャージだけでなく、会員サイト「マイドトール」でのクレジットカードによるチャージもボーナスポイントの対象です。

ポイントプレゼントは1日1回のみとなります。店頭とマイドトールの両方でチャージしても10ポイントだけです。

1回のチャージ金額が2,000円以上だと、チャージ金額の5%分が得られて、商品購入時にも1%のポイントが付与されるので、毎月1日にチャージして利用するようにすると、合計で8%還元となります!

dポイントでのチャージも可能

dポイントカード

2017年6月1日からは、ドコモの共通ポイント「dポイント」を使って、ドトール バリューカードにチャージできるようになりました。

クレジットカードとdポイントカード一体型カードの「dカード」、「DCMX」のユーザーが対象です。

交換レートは1対1であり、3,000 dポイントを3,000円分のドトール バリューカード残高に交換できます。

dポイントクラブの会員サイトから交換できます。1ヶ月に3,000ポイントが上限です。dカードはローソンでの約5%還元、dポイントクラブのステージ優遇が魅力的なカードです。

ゴールドカードである「dカード GOLD」は最大10万円のケータイ補償があるのも大きなメリットです。

「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。...

dカード ゴールドの最高10万円のケータイ補償でよしとして、有料の補償オプションは外すという選択肢もあります。その場合、ゴールドカードの高価な年会費の多くの部分が浮きます。

  • AppleCare+:年7,404円(年会費の約74%)
  • ケータイ補償サービス for iPhone:年9,000円(年会費の90%)
  • ケータイ補償サービス(Androidスマホ):年6,000円(年会費の60%)

しかもこれは1人分の話です。dカード ゴールドのケータイ補償は家族会員のスマホ・ガラケーも補償対象です。

夫婦2人でケータイを購入して、有料補償に入らなかったら、年会費よりも大きな金額をコスト削減することが可能になります。マイナス年会費!

  • AppleCare+:年14,808円(年会費より4,808円お得)
  • ケータイ補償サービス for iPhone:年18,000円(年会費より8,000円お得)
  • ケータイ補償サービス(Androidスマホ):年12,000円(年会費より2,000円お得)

また、月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」のベネフィットの一つに、ドコモのケータイ料金、ドコモ光の費用が10%ポイント還元...
dカードというドコモのクレジットカードがあります。種類はdカード、dカード GOLDの二種類です。2015年11月19日まではDCMXと...

dポイントはドトールバリューカード以外では、ローソン、マクドナルド、高島屋、タワーレコード等のリアル店舗の加盟店で利用でき、JALマイルにも交換できます。

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しま...

キャンペーン等で貯まる期間・用途限定のdポイントの使い道については、以下で丹念に論述しています。

dポイントというドコモの共通ポイントがあります。加盟店が拡大の一途を辿っており、大手共通ポイントの一角として存在感がUP...

dポイントとの二重取りの可否

dポイントのアプリ

ドトールコーヒーはdポイントの加盟店であり、dポイントカードの提示で200円(税込)あたり1ポイントが得られます。

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモポイントから進化しま...

ドトールバリューカード購入時の0.5%に加えてdポイントも二重取りできるのかが気になりますよね。

残念ながら、ドトールバリューカードとdポイントカードの併用は不可能。バリューカードを使った場合は、dポイントの付与はありません。

ドトールを定期的に利用する方ならドトールバリューカードがお得になりますが、たまにしか使わないという場合はdポイントの提示でいいでしょう。

Apple PayのWalletアプリと2枚のdポイントカード

dポイントカードにはクレジットカード一体型のdカードもあります。dカードで決済すると、合計還元率が最大5%となるお得な店舗が揃っています。

高島屋ノジマなど、決済で3%以上の還元になるお店もあります。ドコモオンラインショップでの購入は2%還元でお得です。

マツモトキヨシノジマでは合計で約5%還元となりパワフルです。スターバックスカードへのオンラインチャージも、還元率4%で大変オトクです。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「コンビニでお得なカード」としてdカードを挙げられていました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのコンビニでお得なカードとしてdカードを挙げていらっしゃいました。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはも...

dカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティ・カードです。

一般カードとゴールドカードのどちらもキャンペーンが充実しています。入会時だけではなく、入会後もバリューが高いです。

dカードというクレジットカードがあります。ローソン、マツモトキヨシ、高島屋など多様な店舗でのお買い物がお得になるクレジ...

カード決済で貯まるdポイントはローソン等の加盟店にて1ポイント1円で使えるため、ドコモユーザーでなくてもメリットが大きいカードです。

公式サイトdカード 公式キャンペーン

dカードのゴールドカードである「dカード GOLD」は、年会費が高いのがデメリットですが、ドコモユーザーであればむしろ得するお得なカードです。

本人カードの年会費は10,000円(税抜)です。家族カードの年会費は1人目無料、2人目以降は1,000円(税抜)。カードの基本還元率は1%です。

dカード GOLDの家族カードはごく一部を除いて大部分が本会員と同じ特典を享受できてバリューが高いです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」には家族カードがあります。1名は年会費無料なのでバリューが高いです。家族でドコモ...

カードの基本性能も良好であり、加えてdポイントクラブにはない優待も付帯して、月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップするのが大きなメリットです。

ドコモのゴールドカード「dカード GOLD」のベネフィットの一つに、ドコモのケータイ料金、ドコモ光の費用が10%ポイント還元...

ドコモの携帯電話料金やドコモ光の料金合計が月10,000円ですと、dポイントが1,000ポイント(年間12,000ポイント)得られるので、年会費とほぼトントンとなります。

ahamoの場合は+5GBの特典が大きなメリットです。

実はdカード ゴールドはドコモの社員がほとんど持っているクレジットカードです。社員が殺到するようなカードがお得なのは間違いありません。

ドコモユーザーには大きなメリットがあり、携帯電話の支払いにおすすめのクレジットカードiPhone等のスマホ購入におすすめのクレジットカードの筆頭です。

最大10万円のケータイ補償も大きなメリットです。高価なスマホを持っている場合でも、修理や保証に関する付帯オプションに入らなくてもよくなります。

「dカード」というドコモが発行しているクレジットカードがあります。ドコモ関連のベネフィットが充実しているのが特徴です。...

もちろん、Xperia、Galaxy等のハイエンドなAndroidも同様に、有料のケータイ補償に入らないという選択肢が浮上します。

ドコモの紙袋とケータイ

iPhone等のハイスペックスマホは端末代・修理代はいずれも高額です。しかし、dカード GOLDの会員は紛失・全損時の補償が10万円までと極めて高額ですので、iPhoneもそれなりの額をカバーできます。

iPhone等のスマホ購入におすすめのクレジットカードと高く評価できます。

画面がヒビ割れで破損したiPhone

iPhoneをお持ちの場合は、dカード GOLDを保有してAppleCare+は入らないという選択肢もあります。

iPhone 5sと6と6sと7とX(裏面)

「AppleCare+ for iPhone」の料金は種類によって異なり、年間11,800円~29,800円(税抜)です。

AppleCare+ではなくdカード GOLDのケータイ補償でOKと考えるなら、メリットが大きくなります。Xperia、GALAXY等の高価なAndroidも同様です。

年100万円以上の利用で10,000円(税抜)分の携帯電話・dショッピング・d Fashion・dブック等の割引クーポンが得られます。年200万円以上使う場合は年2万円(税抜)相当もお得になります。

年100万円以上クレジットカードを利用する場合は、「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費をカバーできます。

その他、充実した海外旅行保険ショッピング保険空港ラウンジがメリットです。

フライトの際には大混雑する待合室ではなく、空港ラウンジでドリンク(一部ラウンジはアルコールも)を飲みながら快適に待ち時間を過ごせます。

IASS EXECUTIVE LOUNGE 2のビールと柿の種羽田空港のパワーラウンジ ノース

保険も充実しており、海外旅行傷害保険は安価なプラチナカードを上回ることもある充実の補償です。

大手携帯電話会社のドコモは「dカード GOLD」というゴールドカードを発行しています。ドコモ料金10%還元・最大10万円のドコ...

年間300万円までのショッピング保険もあります。自己負担は1事故あたり3,000円のみです。

dカード、dカード GOLDには「お買物あんしん保険」が付帯します。いわゆるショッピング保険であり、国内外で購入した商品に万...

その他、dカード、dカード ゴールドの詳細は以下で徹底解説しています。ドコモのスマホを使っていて、携帯料金が多めの方はゴールドカードに大きなメリットがあります。

dカード ゴールドというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カードは...

ちなみにdカードのETCカードは利用でフルにポイントを獲得でき、一般カードは年1回の利用で無料、ゴールドカードは無条件で無料です。

一般カードとゴールドカードの相違点については、以下で精緻に分析しています。

dカード、dカード GOLDというクレジットカードがあります。NTTドコモと三井住友カードが提携して発行しています。三井住友カ...

どちらもドコモのクレジットカードらしいハイ・クオリティです。クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。

ドコモのdカードご担当者4名とまつのすけ

以前NTTドコモに取材に行き、dカードをご担当なさっているスマートライフビジネス本部 金融ビジネス推進部の井芹さん、梶浦さん、久保田さん、井崎さんにインタビューしました。

dカードの特徴・歴史、dポイント、充実の特典、海外サポート、ゴールドカードのベネフィット、付帯保険、セキュリティの取組み、スマホアプリなどについて取材しています!

日本で大人気クレジットカードの一つがdカードです。ローソン・マツモトキヨシ・髙島屋・ノジマなどで高還元のクレジットカー...

dカード、dカード GOLDには虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、優美なスペックが燦然たる輝きを放っていると改めて感じました。

家族でドコモに加入していたり、ドコモ光も含めた利用料金が多めの方は、dカード ゴールドは作成しないと損といっても過言ではないハイ・クオリティー・カードです。

あまりにもお得なので私も申し込みました!

dカード ゴールド 申込完了画面

すぐに審査も通過して、申し込んでから10分後に入会手続き完了のお知らせメールが届きました。

dカード ゴールド審査完了のお知らせメール

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3...

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げていらっしゃいました。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの...

現在、dカード GOLDはお得な入会キャンペーンを行っています。コンビニ・スーパー等の加盟店で現金同様に使えるiDキャッシュバックが最大13,000円分プレゼントされます。

dカード GOLDはドコモユーザーにとってメリットが大きいクレジットカードです。以下の公式ページからご入会すると、キャンペーンが適用されます。

公式サイトdカード GOLD 公式キャンペーン

複数枚のドトールバリューカードの合算が可能に

2枚のドトールバリューカード

2017年8月1日からは、「ドトール バリューカード」の残高合算サービスが始まりました。

複数のドトールバリューカードを1枚のカードに合算できるようになります。残高合算後も、それぞれのカードは継続利用可能です。

合算は会員サイト「マイ ドトール」で手続きすることになり、店頭では手続きできません。

他の人からプレゼントされた場合など、複数枚のドトールバリューカードがある場合は便利です。

ドトールの福袋の中身(2016年)

ドリンクチケットが廃止

ドトールコーヒー

ドトールバリューカード導入に伴い、ドリンクチケットが廃止されます。これは残念なお知らせです。

ドリンクチケットは、220円分×11枚綴りのチケットで2,200円(税込)で購入できました。還元率10%でした。

チケット1枚で220円のドリンクが飲めますし、230円以上のドリンクを飲みたい場合は差額を支払えばよかったので、非常にお得なチケットでした。

これが廃止されるので、今後はバリューカードで基本は6%割引(5%+1%)となります。年間5万円以上利用した場合のみ、11%(10%+1%)となり改善となります。

年間5万円は1日あたり約137円であり、一週間あたり約959円です。かなりのヘビーユーザーでないと厳しいですね。

ただし、ドリンクチケットは購入店のみしか利用できませんでした。ドトールバリューカードはチャージした店以外でも利用できるので、その点での利便性は向上しています。

ドトールバリューブラックカード

ブラックカードのイメージ

ドトールの特別な顧客に対しては、「ドトールバリューブラックカード」というカードが発行されているようです。

通常のドトールバリューカードは最初は還元率1%ですが、ドトールバリューブラックカードはポイント還元率が永年10%です。

特別な顧客にはドトールバリューブラックカードの「優先販売券」が配布されているようです。

ドトールのヘビーユーザーで店員さんに認知されているような方ですと、店員に依頼すればGETできる可能性があるかもしれません。

ドトールバリューブラックカードはヤフオクで入手することも可能です。入手できない場合は、ネットオークションの利用も検討しえます。

ドトールバリューブラックカード一覧

お得なキャンペーン

Visaゴールド ドトールコーヒープロモーション2016

ドトールバリューカードは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

一例としては、ゴールドカード以上のVisaカードでドトールバリューカードに3,000円以上チャージをすると、チャージ額の5%のドトールポイントがプレゼントされました。

日本国内で発行されたVisaゴールドカード、Visaプラチナカード、Visa Infiniteカードで、VisaのWebサイトの「優待・キャンペーン特典ページ」からのチャージ分が5%還元の対象でした。

  • 3,000円のチャージ→150ドトールポイント
  • 5,000円のチャージ→250ドトールポイント
  • 10,000円のチャージ→500ドトールポイント

代表的なVisaゴールドカードは三井住友カード ゴールドです。年会費を4,000円(税抜)まで下げることができてリーズナブルです。

 三井住友カード ゴールドというクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しています。ボーナスポイント、交換先が...

また、ドトール店頭で17時以降にドトールバリューカードに店頭でチャージすると、先着11万名にドトールオリジナルカードホルダーがもらえたこともあります。

さらに、会員ページ「マイドトール」に新規登録すると、抽選で3,000名に300ポイント(300円相当)がプレゼントされました。

まとめ

ドトールコーヒー

ドトールバリューカードは、100円毎に1ポイントが得られ還元率1%となります。購入金額に応じて最大10%までアップします。

300円の手数料はありますが、同額のポイントが付与されて実質無料で作れて、年会費も無料です。

クレジットカードによるチャージも可能で、ポイント二重取りができる点がメリットです。

ドトールバリューカードのポイントに、他社のクレジットカードのポイントを交換できるようにもなりました。

2015年11月9日からは、セディナカードのわくわくポイント500ポイントが、ドトールバリューカードの500ポイントに交換できるようになりました。

1,000ポイント以上から交換が可能であり、約10日で交換手続きが完了します。

今後は、JCBや三井住友カード、三菱UFJニコスなどのポイントが、ドトールバリューカードのポイントに交換できるようになる可能性があるかもしれません。

ドトール日レスHDの株主優待でも、ドトールバリューカードがもらえるようになりました。

ドトール(3087)が株主優待を変更しました。金額面では一部拡充となっています。変更の理由は「一定の株式数を保有される株主...

株式の保有はハードルが高い方が多いと思います。ちなみに「クロス取引」という手法を使えばローリスクで株主優待を取得することが可能です。

3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、いわゆる「株主優待...

ドトール以外も多数のショップが、自社店舗で使えるハウスプリペイドカードを導入しています。上手く活用すると、家計が頑健化します。

店名プリペイドカード名
スターバックススターバックスカード
ドトールコーヒードトールバリューカード
タリーズコーヒータリーズカード
コメダ珈琲コメカ
モスバーガーモスカード
すき家ゼンショークーカ(cooca)
ケンタッキーKFCカード
いきなりステーキ肉マイレージカード
コストココストコプリペイドカード

より便利なのはJCBやVISA、Mastercard加盟店で利用できる国際ブランド搭載型プリペイドカードです。クレジットカードに抵抗がある場合は、これらを活用するとお得です。

名前特徴
RevolutVisaブランド。還元なしも外貨決済の手数料がなく、為替コストも僅少なので、外貨建て決済におすすめ
トヨタウォレットMastercardのネットで使えるプリペイドカード。リアル店舗ではiD決済が可能。還元率1%
Kyash Card還元率0.2%。VisaかMastercardなら大多数のクレジットカードでポイント二重取りが可能
au PAY プリペイドカードauユーザーが利用可能。Mastercard加盟店で還元率0.5~5.5%。
au PAYチャージにおすすめのクレジットカードでポイント二重取りが可能
dカード プリペイドVisa加盟店で0.5%のdポイント。ローソンではその他に3%還元。dポイントでチャージ可能
ソフトバンクカードソフトバンクユーザーが利用可能。Visa加盟店にて還元率0.5%
JAL Global WALLETカード利用でJALマイルを獲得可能。海外ATMでの現地通貨引き出し、クレジットカードでのチャージも可能
ANA JCBプリペイドカード0.5%のANAマイルが付与。JCB加盟店で利用可能
ANA JCBカード楽天カードヤフーカード等のJCBならチャージ無料
ANA VISAプリペイドカード0.5%のANAマイルが付与。Visa加盟店で利用可能。ANA VISAカードANA Mastercardならチャージ無料
エポスVisaプリペイドカードエポスカード保有者が利用可能。ポイントをチャージしてVisa加盟店で利用可能。還元率0.5%

コンビニコーヒーも最近は拡大していますね。ローソンはクレジットカード加盟店でも使える「おさいふPonta」を発行しています。

ローソンが、クレディセゾン、JCB等と提携して「おさいふPonta」を発行しています。「おさいふPonta」は、JCBブランドのプリ...

Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードについては、以下で精緻に分析しています。

Pontaポイントという共通ポイントがあります。ローソン、GEO、ケンタッキー、昭和シェル、コジマ、ピザハット、ライフなどの...

-家計, ポイント, プリペイドカード
-

© 2014-2023 The Goal