債券の代わりにディフェンシブ株式に投資ですか?

更新日: 資産運用・マーケット・経済

考える女性

ここ最近、債券の代わりに業績が安定している傾向があるディフェンシブ株式を買うという話をよく見かけるようになりました。

しかし、私はこれには強い違和感があります。ここ最近は食品銘柄や医薬品銘柄が堅調ですが、債券の代わりに買うというのは妥当ではありません。

一般的には、株式投資においてディフェンシブとされている業種は、食品、医薬品、鉄道・バス、陸運、電力、ガス、タバコなどです。

しかし、市場全体が大きく調整する際には、これらの業種の銘柄も大きく下落することがほとんどです。

前回の株価の下落局面(2007年~2009年)を振り返ってみましょう。ディフェンシブ業種に属する銘柄の高値から安値までの下落率をまとめました。

コード銘柄名下落率
2503キリン-56%
2702マクドナルド-39%
2810ハウス食品-40%
2811カゴメ-38%
2914JT-69%
4502武田薬品工業-63%
4503アステラス製薬-50%
7550ゼンショー-80%
9020JR東日本-53%
9021JR西日本-50%
9064クロネコヤマト-59%
9501東京電力-54%
9511沖縄電力-48%
9432NTT-50%
9433KDDI-61%
9437NTTドコモ-43%
9531東京ガス-53%
9534北海道ガス-35%
9861吉野家-71%

データを見れば一目瞭然ですが、株価下落局面ではディフェンシブも何もない状況であり、株価が大きく下落している銘柄が多いです。東京電力は2007~2009年時点では鉄板のディフェンシブ銘柄でした。

日経平均・TOPIX(ともに約-62%)に比べると下落率が低い銘柄が多いですが、中にはインデックスよりも叩き売られている銘柄もあります。

JR東日本は経常利益はたったの-2%と微減だったのにもかかわらず、株価は半額以下に暴落しました。

つまり、いくらディフェンシブな業種に属する銘柄でも市場全体が軟調な局面では連れて株価が下落する銘柄がほとんどです。

「インデックスよりも下落幅を抑えたい」という趣旨ならOKですが、「債券の代わり」というのは無理があります。

「債券の代わりにディフェンシブ株式」というのは、例えるなら「ジャニーズの代わりにまつのすけ」というようなものなんですねヽ(´ー`)ノ

両者は属性があまりに異なるのです( ;∀;)

「日経平均やTOPIXよりも下落幅を抑えたい」という趣旨ならもちろんOKです。特に食品系の株主優待株は、マクドナルド-39%(当時は業績OK)、ハウス食品-40%、カゴメ-38%と下落幅が小さい銘柄が多いです。

ただし、財務状況には注意が必要です。例えば、すき家のゼンショーは財務状態が悪く金融危機時は資金繰りの懸念が強かったため、人気の株主優待があったにもかかわらず、前回の不況時は-80%と恐ろしい程に株価が大暴落しました。

安全第一ならば自己資本比率、当座比率、有利子負債・現金等・営業CFのバランス、借入利率、インタレスト・カバレッジ・レシオなどの財務指標をチェックしましょう。

会社四季報、有価証券報告書、IR情報などで確認できます。

債券・定期預金があまりに低金利なので違う資産に投資したいという気持ちはわかります。しかし、それでディフェンシブ株式はあまりにリスクが上がります。

債券の代替投資としてはおすすめなのは、IPO、PO、立会外分売、クロス取引などです。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

【取扱注意】年利2.0~2.5%!PO投資まとめ

立会外分売は高勝率!

知らないと損!つなぎ売り・クロス取引まとめ

  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-資産運用・マーケット・経済

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.