The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

パソコンがお得なふるさと納税まとめ!還元率ランキング2019!

更新日: ふるさと納税

  モバイルノートPC

ふるさと納税でパソコンの返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食料の特産品がメジャーですが、それだけではありません。

VAIO、マウスコンピュータ、エプソン、デジノスのパソコンが返礼品として生き残っています。

ふるさと納税のパソコンは高還元なのも特徴で、還元率が40%を超えている返礼品が複数あります。

ふるさと納税の書籍に出た経験を活かして、2019年の最新のパソコンを巡るふるさと納税の動向、返礼品について徹底的に解説します。

還元率で秀でて、おすすめできる返礼品があり、ふるさと納税の寄付先として有力の自治体を徹底的に調査してランキングにしました。


ふるさと納税とパソコンの状況(2019年)

VAIO Z

ふるさと納税は所得に応じた一定額まで2,000円の自己負担で好きな自治体に寄付することができ、自治体によっては特産品を戴ける制度です。

お礼として特産品や返礼品がプレゼントされるのが絶大な魅力の制度です。ふるさと納税については以下で徹底解説しています。

ふるさと納税制度が一般に広がっています。2013年からアーリーアダプターに広がり始め、マネー雑誌やマスメディアでも大々的に特集さ...

ネットサーフィンや各種作業がパソコンも人気がある返礼品の一つであり、多数の方が申し込んでいるアイテムです。

ふるさと納税は拡大の一途を辿ってきましたが、2017年・2018年には風向きが変化して逆風が吹き荒れるようになりました。

有識者や大手新聞でふるさと納税に批判的な声が目立ち始めており、かつ税収減と税収増のバランスが大きな水準になりました。

総務省がふるさと納税の返礼品を寄付額の30%程度に抑えるように、2017年4月1日付で全国の地方自治体に要請しました。

また、家電製品、金券、宝飾品といった換金性の高い返礼品、自転車・家具・楽器などは全廃するように改めて要請されました。転売対策の有無・地元に対する経済効果にかかわらず一律です。

「家電製品」にはもろにパソコンが含まれるため、逆風が吹き荒れています。まさに渾身のストレートが顔面直撃という様相でした。

総務省

総務省の要請は強制ではありませんけれども、明白に返礼品の還元率が3割を超えている自治体に対しては、総務省が個別に見直しを求めるようです。

総務省の個別の要求は大きな圧力であり、それをはね退け続けるのは地方自治体にとって難易度が高い所業です。

2017年4月1日付の通知(総税市第28号)に総務省が自粛を求めている返礼品は下表のとおりです。

自粛を求める返礼品 要請内容
高価すぎるアイテム 返礼品の価格は30%までに抑制
30%以下でも価格が高額のものは禁止
金銭類似性の高いもの 商品券、プリペイドカード、電子マネー・ポイント・マイ
ル、通信料金等は禁止
資産性の高いもの 電気・電子機器、家具、貴金属、宝飾品、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車等は禁止
同一自治体の住民への返戻 同じ自治体に住む人は返礼品を対象外

しかし、2017年8月の内閣改造によって交代した総務相はふるさと納税の地域振興の効果を強調しており、以下の通りに述べていました。

「極端な例だけを見て抑え込むのではなく、転売をどう止めるかを考えたい」
「行き過ぎた返礼があったというが、一罰百戒でこの流れを止めるのは非常に問題かなと思う」

一時的に風向きが変化して、安曇野市でVAIOやエプソンのパソコンの返礼品が復活して再開しました。

長野県安曇野市のパソコンのふるさと納税

2019年3月現在、iPadの返礼品は福岡県行橋市で用意されており、寄附金額の1%のAmazonギフト券も得られます。以前には一度終了しましたが、再復活しました。

しかし、逆風が吹き荒れていたふるさと納税の風向きに一時的に変化があったものの、再び厳格な対応が取られるようになりました。

2018年4月1日には再び総務大臣通知が出されており、返礼割合の徹底、地場産品以外の送付について良識のある対応が要請されています。

還元率50%の日本旅行ギフト旅行券のふるさと納税のようなお得な返礼品には逆風が吹き荒れています。

2018年9月11日には還元率が30%を超えたり、返礼品が地場産ではない自治体への寄付については、税の優遇措置を受けられなくなる仕組みを法制化する方針が示されました。

2019年6月からはふるさと納税に指定制が導入されます。「還元率3割以下の地場産品」という基準を満たす地方自治体を総務省が指定して、それ以外の自治体は税額控除の対象外となる予定です。

パソコンの返礼品はまだ存続しており、多数のアイテムがラインナップとして用意されています。

ただし、膨大な数の返礼品からお得でコスパ良好の自治体を選定するのは大変です。

そこで2012年からふるさと納税を行った通算6年間の経験を活かして、ふるさと納税の寄付先として有力の自治体を徹底的に調査してランキングにしました。

私はふるさと納税の書籍に3名の識者のうちの1名として出たこともあります。

数多くの大人気月刊誌やムック本をリリースしている宝島社から、新しく「ふるさと納税完全ランキング 2017」というムック本が登場しま...

1位:VAIO S15

ふるさと納税のVAIOの中で高い人気を誇っているのがVAIOです。起動がめっちゃ早いのが快適。パワーは十分で事務作業やネットサーフィンレベルではサクサクとスムーズに操作可能です。

旅行・出張先のホテルや、電車での移動中などに八面六臂の活躍を見せてくれます。

特急の机に置かれたノートPC(VAIO)

実際に私もふるさと納税でVAIOを戴き、旅行や出張先でフル活用しています。高い満足度がある返礼品でした。

VAIO S15(ブラック)

2017年9月発売モデルのVAIO S15(ブラック)が、50万円のふるさと納税で得られます。“スマート”オールインワンPCと銘打たれたモデルです。

あらゆる作業を高速化するCPU、大きなデータ処理も想定した高速大容量メモリー、
大容量ストレージが特徴のモデルです。

一般的なノートPCの性能を凌駕する高性能が、作業効率を加速して創作意欲を刺激します。

ノートPCへの思い込みを打ち砕くデスクトップ級のパフォーマンスを発揮しており、「全て揃っている。何でも繋げられる。不自由を感じない“全部入り”」のハイ・クオリティ・パソコンです。

  • 型番:VJS152C11N
  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core-i7 7700HQ 2.80GHz
  • ストレージ:HDDハイブリッド 1TB
  • メモリ:8GB
  • 液晶:15.5型ワイド Full HD 1920×1080
  • 光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
  • カラー:ブラック
  • 附属品:ACアダプター
  • 主なソフトウェア:Officeなし
  • 保証:メーカー1年保証

重量は約2.5 kgであり、持ち運ぶのではなく、家やオフィスでの利用を想定しているノートパソコンです。

動画編集や写真整理などの負荷の大きい作業はもちろん、ExcelやPowerPointでのビジネス文書作成など、ふだん使いでも大きな違いを感じられます。

Adobe Photoshop Lightroomなど、最適化されているアプリケーションでは、より大きな効果を発揮します。

HDDにフラッシュメモリーを組み込むことで速度と容量を両立させた「1TB Hybrid HDD」を搭載したタイプです。

高速で電子レンジなどに干渉されにくいWi-Fi最新規格「IEEE802.11ac」、たくさんの人数でネットに繋いでいるときにも速度が落ちにくい「MU-MIMO」にも対応しています。

本体側面には有線LAN端子も配置しており、より高速で安定したデータ通信を行うことができます。

ソニーストアでは同スペックの製品が約171,504円(税込)で販売されているので、還元率は約34.3%です。

長野県安曇野市のVAIOのふるさと納税

2位:VAIO SX14

VAIO SX14

610,000円以上のふるさと納税でVAIO SX14がもらえます。大画面なのに軽量のハイスペック・ノートパソコンです。

「ワンランク上の大画面を、ワンランク上の軽量ボディに搭載」がキャッチフレーズです。

超スリムベゼル化によって本体サイズをほとんど変えることなく、一回り大きな14.0型ディスプレイを搭載しました。テキストや表が見やすく作業効率が上がり、しかも疲れにくくなります。

その上で、最先端のカーボン素材を採用することで本体重量約999gを実現しました。主な仕様は以下のとおり。

  • 商品名:VJS14130111B
  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i5-8265U(1.60GHz)
  • ストレージ:SSD SATA 128GB
  • メモリ:8GB
  • 液晶:14.0型ワイド Full HD (1920×1080)
  • カラー:ブラック
  • 主なソフトウェア:Office Home&Business Consumer 2019
  • キーボード:日本語配列
  • 指紋認証:搭載
  • LTE:対応 SIMなし
  • Acronis True Image 2018なし
  • CyberLink PowerDirector & PhotoDirectorなし
  • WirelessGateなし
  • 保証:メーカー1年保証

公式ストアでは同スペックの製品が約199,584円(税込)で販売されているので、還元率は約32.7%です。

長野県安曇野市のVAIOのふるさと納税

3位:「made in 飯山」マウスコンピューター14型ノートPC

「made in 飯山」マウスコンピューター14型ノートPC

長野県飯山市に340,000円のふるさと納税を行うと、マウスコンピューターのWindows 10搭載14型ノートパソコン「MB-B400H」が得られます。

マウスコンピューターの14.0型ノートPCで、飯山市内の工場で製造されている「made in 飯山」モデルです。

解像度は1,920 x 1,080のフルHDでOfficeソフト、LTEモジュールは付属していません。製品詳細は以下の通りです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • Officeソフト:なし
  • CPU:インテル Core i7-8550U プロセッサー(4コア/1.80GHz/TB時最大4.00GHz/8MBスマートキャッシュ)
  • メモリ:8GBメモリ
  • M.2 SSD 256GB(SATA)
  • グラフィック機能:インテル UHDグラフィックス 620
  • 光学ドライブ 非搭載:※構造上、搭載不可設計。
  • カードリーダー:マルチカードリーダー
  • ベースユニット:m-Book Bシリーズ
  • 液晶:14型ノングレア液晶(1,920 x 1,080)
  • LAN:10/100Base-TX/1000Base-T GigaBit-Ethernet LAN
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • IOポート:HDMI、Mini DisplayPort、USB3.0 x 3(Type-A x2/ Type-C x1)
  • サウンドジャック:ヘッドフォン出力(ミニジャック メス×1)、マイク入力(ミニジャック メス×1)
  • WEBカメラ:100万画素
  • スピーカー:内蔵スピーカー
  • バッテリー駆動:約9.2時
  • 本体寸法 W×D×H(mm):329.8 x 225 x 21.6 (折り畳み時/突起含む)
  • 重量:約1.6kg
  • サポート:1年間センドバック修理保証

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、マウスコンピューター公式サイトでは111,024円で販売されています。

したがって、還元率は約32.7%です。総務省の基準の30%を若干上回っています。

飯山市のふるさと納税(パソコン関連製品)

4位:VAIO S13

2017年9月発売モデルのVAIO S13(ブラック)が、50万円のふるさと納税で得られます。“スマート”スタンダードPCと銘打たれたモデルです。

どこでもネットに繋がるSIMフリーLTEのPCであり、現場で必要とされる機能をギュッと詰め込んだコンパクトボディ、そしてロングライフバッテリーが特徴です。

プライベートの利用だけではなく、ビジネスでも活用できるクオリティのハイスペックPCです。

内蔵バッテリーだけで朝から晩まで使える、最大約11.5〜12.5時間の連続駆動を実現してる点がNECの779gパソコンと比較したエッジ・優位性です。

僅か1時間で約8.6〜9.3時間分の充電ができる急速充電にも対応しており、うっかり充電を忘れてしまっても、短時間でリカバリーできます。

最薄部約15mmのスリムボディで約1.06kgと軽量なので、いつものワークスペースをどこにでも持って行くことができ、気分良くストレスなく使えて生産性を高くすることが可能になります。

キーボード水かけ試験、90cm落下試験、ペン挟み試験などの品質試験で高剛性を確保しています。

Wi-Fiルーターや、スマートフォンのテザリング機能を使うことなく、本体だけでインターネットにアクセスできます。

自宅やオフィスではWi-Fiで、外出先ではLTEでと、今いる場所のネット環境によって最適な回線を選んでくれるので、いちいち切り替える煩わしさもありません。

VAIO S13は、マイクロソフトが提供するWindows 10の新機能「データプラン」に対応したSIMを利用できます。

「データプラン」とは、必要な時だけ必要な分だけ購入できる、モバイルネットワーク接続の販売サービスです。プリペイド型だから、月額契約などは必要ありません。

集中を阻害せずにタイプできる「静寂キーボード」、なめらかで誤操作のない「ノーミス・タッチパッド」、両手をしっかり支える「無限パームレスト」などVAIOらしいクオリティに仕上がったノートパソコンです。

  • 商品名:VJS13290111B
  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core-i5 7200U 2.50GHz
  • ストレージ:SSD 128GB SATA
  • メモリ:4GB (オンボード4GB)
  • 液晶:13.3型ワイド 1920×1080
  • LTE:搭載
  • セキュリティーチップ:なし
  • 指紋認証:あり
  • カラー:ブラック
  • 附属品:ACアダプター
  • 主なソフトウェア:Office Home&Business Premium
  • 保証:メーカー1年保証

LTE通信用のSIMカードは付属していません。通信には別途契約が必要となります。VAIOでも専用のSIMカードが用意されています。

常時接続用の基本通信モード(最大通信速度200kbps)は期間内無制限に使用可能で、必要な時だけ高速通信モードに簡単切り替えが可能です。

付属の高速通信モード容量は月々の期限切れはなく、出張などで一時的に大容量を使用しても問題ありません。

プラン名 利用期間 高速通信モード 価格
手間なし1年間プラン 1年間 32GB分付属 14,200円(税込 15,336円)
手間なし2年間プラン 2年間 64GB分付属 23,200円(税込 25,056円)
手間なし3年間プラン 3年間 128GB分付属 33,200円(税込 35,856円)

「常時接続だといつのまにか通信容量を使いすぎてしまう」「月々の通信使用量が一定でない」、そんなPCでのLTE利用に最適化した通信プランを設定したSIMです。

もちろん、このSIMの契約は不要です。手持ちのスマホやWi-Fiルーターでのテザリング、格安SIMでインターネットにアクセス可能です。

VAIOストアでは同スペックの製品が約161,784円(税込)で販売されているので、還元率は約32.4です。

長野県安曇野市のVAIOのふるさと納税

5位:マウスコンピューター15.6型ノートパソコン

マウスコンピューター15.6型ノート「LB-F551X-A-IIYAMA」

飯山市内の工場で製造されているマウスコンピューターの15.6型(解像度1,920 x 1,080)ノートPCです。

331,000円のふるさと納税の返礼品です。Officeソフト非搭載モデルで製品詳細は以下の通りです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
    CPU:最新インテル Core i5-8250U プロセッサー(4コア/1.60GHz/TB時最大3.40GHz/6MBスマートキャッシュ)
  • メモリ:8GBメモリ
  • 記憶媒体:SSD 256GB(M.2規格)、HDD 1TB
  • グラフィック機能:インテルHDグラフィックス 620
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • カードリーダー:マルチカードリーダー
  • ベースユニット:m-Book Fシリーズ
  • 液晶:15.6型ノングレア液晶(1,920 x 1,080)
  • LAN:10/100Base-TX/1000Base-T GigaBit-Ethernet LAN
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • IOポート:HDMI、D-Sub、USB2.0 x 2、USB3.0 x 2(Type-A x1/ Type-C x1)
  • サウンドジャック:ヘッドフォン出力(ミニジャック メス×1)、マイク入力(ミニジャック メス×1)
  • WEBカメラ:100万画素
  • スピーカー:内蔵スピーカー
  • バッテリー駆動:約6時間
  • 本体寸法:W×D×H(mm) 377 x 257 x 25.4 (折り畳み時/突起含まず)
  • 重量:約2.6kg
  • サポート:1年間センドバック修理保証

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、マウスコンピューター公式サイトでは105,624円で販売されています。

したがって、還元率は約31.9%です。総務省の基準の30%前後の水準。

飯山市のふるさと納税(パソコン関連製品)

6位:VAIO S11

2017年9月発売モデルのVAIO S11(シルバー)が、50万円のふるさと納税で得られます。“スマート”コンパクトPCと銘打たれたモデルです。

S13と同様にどこでもネットに繋がるSIMフリーLTEのノートPCで、最薄部約15mmのスリムボディで持ち運びが便利です。

天板に東レ株式会社製のUDカーボン素材を採用することで、剛性を保ちつつ約840gという軽さを実現しています。

最大約14.5~16時間の連続駆動、僅か1時間で約10.8~12時間分の充電ができる急速充電を実現しています。この点はS13に勝っています。

  • 商品名:VJS112C12N
  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core-i5 8250U 1.60GHz
  • ストレージ:SSD 128GB SATA
  • メモリ:8GB オンボード
  • 液晶:11.6型ワイド フルHD 1920×1080
  • LTE:搭載
  • セキュリティーチップ:なし
  • 指紋認証:あり
  • カラー:シルバー
  • 附属品:ACアダプター
  • 主なソフトウェア:Officeなし
  • 保証:メーカー1年保証

VAIOストアでは同スペックの製品が約158,544円(税込)で販売されているので、還元率は約31.7%です。S13と還元率はほぼ同一です。

長野県安曇野市のVAIOのふるさと納税

7位:マウスコンピューター スリム型デスクトップパソコン

スリム型デスクトップパソコン「Lm-iHS410SD-IIYAMA」

302,000円の寄付で、飯山市内の工場で製造されているマウスコンピューターのスリム型デスクトップパソコンを得られます。型番は「Lm-iHS410SD-IIYAMA」です。

Officeソフト非搭載モデルで製品詳細は以下の通りです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • Officeソフト:なし
  • CPU:最新インテル Core i5-8400 プロセッサー(6コア/2.80GHz/TB時最大4.00GHz/9MBスマートキャッシュ)
  • メモリ:8GBメモリ
  • SSD 240GB
  • HDD 1TB
  • グラフィック機能:インテルUHDグラフィックス 630
  • 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(ライティングソフト、DVD再生ソフト付)
  • カードリーダー:マルチカードリーダー
  • ベースユニット:LUV MACHINES Slim
  • 電源:300W【80PLUS BRONZE】
  • キーボード:USB接続日本語キーボード(102キーレイアウト)
  • マウス:USB接続光学式マウス
  • LAN:10/100Base-TX/1000Base-T GigaBit-Ethernet LAN
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • IOポート:DVI-I x 1、DisplayPort x 1、USB2.0 x 2、USB3.0 x 2、USB3.1 x 4
  • サウンドジャック:ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)
  • スピーカー:無し
  • 本体寸法 W×D×H(mm):100 x 393 x 364
  • 重量:約7.2kg

飯山市のふるさと納税の返礼品であることを示すオリジナルシールが本体に貼付されます。

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、マウスコンピューター公式サイトでは94,608円で販売されています。

したがって、還元率は約31.3%です。総務省の基準の30%を下回っています。

飯山市のふるさと納税(パソコン関連製品)

8位:ゲーミング向けデスクトップパソコン

マウスコンピューター ゲーミング向けデスクトップパソコン「NEXTGEAR i670PA1-SP-IIYAMA」

長野県飯山市に82万円のふるさと納税を行うと、マウスコンピューターのゲーミング向けデスクトップパソコン「NEXTGEAR i690GA1-IIYAMA」を戴けます。

Officeソフトも搭載しており、PC本体にスピーカー機能はありません。

マイクロソフト ワードとエクセル

高性能を要求されるゲームをプレイできるハイスペックとなっています。製品詳細は以下の通り。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • Officeソフト:Microsoft Office Home and Business 2016 ( Word / Excel / Outlook / PowerPoint / OneNote ) ( 個人向け )
  • CPU:インテル Core i7-8700 プロセッサー ( 6コア / 12スレッド / 3.20GHz / TB時最大4.60GHz / 12MB )
  • メモリ:32GB メモリ [ 16GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ]
  • SSD:480GB ( Serial ATAⅢ接続 )
  • HDD:2TB ( Serial ATAⅢ接続 )
  • グラフィック機能:NVIDIA GeForce GTX1070 / 8GB ( DisplayPort×3 / DVI-D ※DVI-HDMI 変換コネクタ付属 )
  • 光学ドライブ:なし
  • カードリーダー:カードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )
  • ベースユニット:NEXTGEAR i690 シリーズ
  • 電源:500W 電源 ( 80PLUS BRONZE )
  • キーボード:USB接続102日本語キーボード
  • マウス:USB接続:オプティカルマウス
  • LAN: [ オンボード ] 10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • IOポート:USB3.0 ×8 (背面×4、上面×4) 、 USB3.1×2 (Type-A/背面×1、Type-C/背面×1)
  • サウンドジャック:ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(上面×1)、マイク入力 (モノラル 上面×1/背面×1)、リアスピーカー、センタースピーカー
  • 本体寸法 W×D×H(mm):210×520.5×435 (突起部含まず) / 210×524.2×435 (突起部含む)
  • 重量:約12.2kg
  • サポート:1年間センドバック修理保証

ゲーム等で活用したい方で82万円の枠がある方ですと、卓越したメリットが有る返礼品です。

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのタブレットは、マウスコンピューター公式サイトでは254,880円で販売されています。

したがって、還元率は約31.1%です。総務省の基準の30%とほぼ同一となっています。

9位:エプソン デスクトップPC ハイスペックモデル

エプソン デスクトップPC ハイスペックモデル

長野県安曇野市に600,000円のふるさと納税を行うと、エプソンのデスクトップパソコンのハイスペックモデル「Endeavorr AT993AZM3」が得られます。

エプソンダイレクトのパソコンは、日経パソコンの満足度ランキングでは、パソコンサポート部門 総合満足度 7年連続1位を獲得した実績があります。

エプソンダイレクトの満足度ランキング

購入後のサポートは良いという評判が多いです。トラブル時の対応は海外のメーカーのパソコンよりも格段に優れています。

Office搭載モデルであり、安曇野モデルとして、安曇野市の四季折々の風景画像が20枚ほど保存されています。自然豊かで美しい安曇野の魅力を楽しめます。

  • OS:Windows10 Pro 64ビット
  • CPU:Core(TM) i5-6500 プロセッサー (3.2GHz)
  • メモリ:16.0GB(8.0GB×2) PC4-2133 DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB シリアルATA 600MB/s対応 7200rpm
  • 光ディスクドライブ:スーパーマルチドライブ
  • マルチカードリーダー:マルチカードリーダー (内部USB接続)
  • 109 USBキーボード(USBハブ機能付き)
  • ホイール付きUSBオプティカルマウス
  • Office Home and Business Premium 2016
  • ディスプレイ:23.8型ワイド エプソン LD24W85L (フルHD 1920×1080)
  • 保守サービス:1年間無償 お預かり修理(PC本体、ディスプレイ)

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、エプソンダイレクトショップでは185,760円(税込)で販売されています。

したがって、還元率は約31.0%です。総務省の基準である30%を僅かに上回っています。

62万円という多額の寄付が必要であり、ハードルが高いのがデメリットです。しかし、枠がある方ですと大チャンスとなっています。

長野県安曇野市のパソコンのふるさと納税

10位:VAIO A12

VAIO A12

690,000円以上のふるさと納税でVAIO A12がもらえます。2 in 1タイプのモバイルノートパソコンです。

「2 in 1、新次元。オールラウンダーPC」がキャッチフレーズのハイスペック・パソコンです。

タブレット側とキーボード部を結合するヒンジ部分に、新開発した「スタビライザーフラップ」機構を搭載しています。

ディスプレイを開くとヒンジ下部の「フラップ」が開き、支点を後方に移動して安定性を向上させます。

A12は、外観からは普通のクラムシェル型ノートPCとほとんど見分けのつかないルックスとなりました。

見た目の美しさと実用性を、高いレベルで両立・融合させたスマートデザインであり、VAIOならではのカッコよさ、安定性と軽量性が卓越しています。主な仕様は以下のとおり。

  • 商品名:VJA1219
  • OS:Windows10 Pro 64ビット
  • CPU:インテル Core-i5-8200Y(1.30GHz)
  • ストレージ:SSD SATA 256GB
  • メモリ:8GB
  • 液晶:12.5型ワイド Full HD (1920×1080)
  • カラー:ブラック
  • 主なソフトウェア:Office Home&Business 2016
  • キーボード:日本語配列(2ndバッテリーなし/ワイヤレス機能なし)
    指紋認証:搭載
  • フロントカメラ:CMOS センサー搭載HDウェブカメラ
  • リアカメラ:CMOS センサー搭載8Mカメラ
  • LTE:対応
  • クレードル:なし
  • デジタイザペン:なし
  • 液晶保護シート:なし
  • Acronis True Image 2018:なし
  • Autodesk SketchBook:なし
  • CLIP STUDIO PAINT:なし
  • Fujisoft moreNOTE:なし
  • WirelessGate:なし

確かに約1.2kgという重量ははNECのタッチパネル搭載の926gパソコンと比較すると重いです。

しかし、MacBook Airよりもやや軽い重さであり、持ち運びは苦にならない水準です。

特急電車や新幹線の中でも快適にPC作業やネットサーフィンが可能です。

公式ストアでは同スペックの製品が約204,984円(税込)で販売されているので、還元率は約29.7%です。

長野県安曇野市のVAIOのふるさと納税

11位:エプソン デスクトップ PC Endeavor

エプソン デスクトップ PC Endeavor

長野県安曇野市に46万円のふるさと納税を行うと、エプソンのデスクトップパソコン「Endeavorr AT993AZM1」がもらえます。

Office搭載モデルであり、安曇野モデルとして、安曇野市の四季折々の風景画像が20枚ほど保存されています。自然豊かで美しい安曇野の魅力を楽しめます。

  • OS:Windows10 Pro 64ビット
  • CPU:Core i3-6100 プロセッサー(3.7GHz)
  • メモリ:4.0GB(2.0GB×2) PC4-2133 DDR4 SDRAM
  • ストレージ:500GB シリアルATA 600MB/s対応 7200rpm
  • 光ディスクドライブ:スーパーマルチドライブ
  • 109 USBキーボード(USBハブ機能付き)
  • ホイール付きUSBオプティカルマウス
  • Office Home and Business Premium 2016
  • 21.5型ワイド:エプソン LD22W82L (フルHD 1920×1080)
  • 1年間無償お預かり修理(PC本体、ディスプレイ)

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、エプソンダイレクトショップでは136,080円(税込)で販売されています。

したがって、還元率は約29.6%です。総務省の基準である30%の範囲内となっています。

ノートパソコンと比較すると普遍的人気はありませんが、デスクトップPCでOKならば有力候補の一角です。

長野県安曇野市のパソコンのふるさと納税

12位:マウスコンピューター13.3型ノートPC

「made in 飯山」マウスコンピューター13.3型ノートPC

長野県飯山市に350,000円のふるさと納税を行うと、マウスコンピューターのWindows 10搭載13.3型ノートパソコン「MB-J350SN-M2SH2-IIYAMA」が得られます。

マウスコンピューターの13.3型ノートPCで、飯山市内の工場で製造されている「made in 飯山」モデルです。

解像度は1,920 x 1,080のフルHDでOfficeソフトは付属していません。製品詳細は以下の通りです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • Officeソフト:なし
  • CPU:最新インテル Core i5-8250U プロセッサー(4コア/1.60GHz/TB時最大3.40GHz/6MBスマートキャッシュ)
  • メモリ:8GBメモリ
  • M.2 SSD 256GB(M.2規格)
  • HDD 1TB
  • グラフィック機能:インテルHDグラフィックス 620
  • 光学ドライブ 非搭載
  • カードリーダー:マルチカードリーダー
  • ベースユニット:m-Book Jシリーズ
  • 液晶:13.3型ノングレア液晶(1,920 x 1,080)
  • LAN:10/100Base-TX/1000Base-T GigaBit-Ethernet LAN
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • IOポート:HDMI、D-Sub、USB3.0 x 3(Type-A x3)、サウンドジャック:ヘッドフォン出力(ミニジャック メス×1)、マイク入力(ミニジャック メス×1)
  • WEBカメラ:100万画素
  • スピーカー:内蔵スピーカー
  • バッテリー駆動:約8.1時
  • 本体寸法 W×D×H(mm):324 x 234 x 22.5 (折り畳み時/突起含まず)
  • 重量:約1.5kg
  • サポート:1年間センドバック修理保証

CPUはCore i5、メモリは8GB、高速SSD搭載のハイスペックモデルです。

ゲーマーでハイスペックのネットゲームをしたり、クリエイターで重い動画編集をしたりしない限り、事務作業でアドオンを一杯入れて大量のWebページを開いたりしない限りは快適に操作可能です。

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、マウスコンピューター公式サイトでは102,384円で販売されています。

したがって、還元率は約29.3%です。総務省の基準の30%の範囲内の水準となっています。

飯山市のふるさと納税(パソコン関連製品)

13位:マウスコンピューター17.3型ハイエンドノートパソコン

マウスコンピューター 15.6型ハイエンドノートパソコン

長野県飯山市に602,000円のふるさと納税を行うと、マウスコンピューターのWindows 10搭載17.3型ハイエンドノートパソコン「m-Book W880SN-S2-A-IIYAMA」を得られます。

飯山市内の工場で製造されているマウスコンピューターの17.3型(解像度1,920 x 1,080)ノートPCです。Officeソフトも付属しています。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • Officeソフト: Microsoft Office Home and Business 2016 ( Word / Excel / Outlook / PowerPoint / OneNote )※個人向け
  • CPU:最新インテル Core i7-8750H プロセッサー ( 6コア / 12スレッド / 2.20GHz[ 最大4.10GHz ] / 9MBキャッシュ )
  • メモリ:16GB メモリ
  • SSD:960GB SSD
  • HDD なし
  • グラフィック機能:NVIDIA GeForce GTX1050 / 4GB
  • 光学ドライブ 非搭載
  • カードリーダー:マルチカードリーダー
  • ベースユニット:m-Book W シリーズ
  • 液晶:17.3型フルHDノングレア(LEDバックライト)
  • 電源:120W (19.5V), AC100V (50/60Hz)
  • キーボード:日本語バックライトキーボード (ホワイトLED/ 107キー/ ピッチ約18.0mm / ストローク約1.8mm)
  • マウス:タッチパッド (スクロール機能付き)
  • LAN:1 (1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45) / 左側面×1)
    無線LAN:IEEE802.11 ac/a/b/g/n + Bluetooth 5モジュール内蔵
  • WEBカメラ:200万画素
  • サウンド:ハイデフィニションオーディオ
  • ディスプレイ: 3 (HDMI/ 左側面×1、Mini DisplayPort/ 左側面×2)
  • USB2.0 :1 (右側面×1)
  • USB3.0 :1 (右側面×1)
  • USB3.1 :2 (Type-A/ 左側面×1、Type-C/ 左側面×1)
  • サウンドジャック:ヘッドフォン出力 (ミニジャック メス/右側面×1)、マイク入力 (ミニジャック メス/ 右側面×1)
  • スピーカー:内蔵スピーカー
  • 本体寸法 W×D×H(mm):418.5×288.7×27.9mm(折り畳み時/ 突起部含まず)
  • 418.5×288.7×34.9mm(折り畳み時/ 突起部含む)
  • バッテリー駆動時間:約6.2時間
  • 重量:約 2.9kg
  • サポート:1年間センドバック修理保証

卓越したハイスペックモデルであり、写真、動画編集、オンラインゲーミング等、幅広いニーズに対応する構成となっています。

自宅やオフィス等に据え置いてデスクトップPCのように利用できるノートパソコンとなっています。

ふるさと納税専用型番ですが、類似のスペックのパソコンは、マウスコンピューター公式サイトでは160,704円で販売されています。

したがって、還元率は約26.7%です。総務省の基準の30%の範囲内となっています。

山形県米沢市のNECとレノボのパソコンは消滅

NECのモバイルノートPC

山形県米沢市では、工場がある関係でNECとLenovoのノートパソコンが戴けました。

しかし、2017年に惜しまれながら完全終了となりました。

2017年下期に入ってからは、ふるさと納税返礼品の家電に対する逆風が落ち着きつつあるので、再復活に期待がかかります。

新幹線の台に乗せたNECのノートPC

地元に工場があり、そこで生産しているパソコンを返礼品としている場合は、ふるさと納税で雇用創出に微力ながら役立ちます。

したがって、還元率を30%以内に抑えるのであれば、家電ということで十把一絡げに規制するのではなく、許容すべきではないかと個人的には考えます。

まとめ

パソコン(VAIO)をモニターに接続したところ

ふるさと納税では魅力的なパソコンを返礼品で得ることも可能でお得です。

スマホやタブレットが普及していますけれども、やはり入出力の作業はパソコンがダントツに効率的です。

キーボード、マウス/タッチパッドも便利であり、デュアル・ディスプレイやトリプル・ディスプレイの体制を構築すると、ネットサーフィンも格段にはかどります。

ふるさと納税のパソコンは高還元なのも特徴で、還元率が30%を超えている返礼品がゴロゴロしています。2019年現在ではエッジが効いている水準となっています。

順位 返礼品名 寄付金額 還元率
1 VAIO S15 50万 34.3%
2 VAIO SX14 61万 32.7%
3 マウスコンピューター14型ノートPC 34万 32.7%
4 VAIO S13 50万 32.4%
5 マウスコンピューター15.6型ノートパソコン 33.1万 31.7%
6 VAIO S11 50万 31.7%
7 マウスコンピューター スリム型デスクトップパソコン 30.2万 31.3%
8 マウスコンピューター ゲーミング向けデスクトップパソコン 82万 31.1%
9 エプソン デスクトップPC ハイスペックモデル 60万 31.0%
10 VAIO A12 69万 29.7%
11 エプソン デスクトップ PC Endeavor 46万 29.6%
12 マウスコンピューター13.3型ノートPC 35万 29.3%
12 マウスコンピューター17.3型ハイエンドノートパソコン 60.2万 26.7%

食品の賞味期限、金券の有効期間のような期限がないので、長期的スパンでじっくりと利用できるのが絶大なメリットとなります。

特に有効性が高いのが年末の駆け込みでのふるさと納税にも適している点です。各種の電化製品・特典・ギフトと同様に便利です。

自営業者の方ですと所得が確定するのが年末近辺となります。そこから自己負担2,000円で可能な金額まで目一杯ふるさと納税を実施することになります。

そういう場合は、食料品だけだと、一気に届いて保管場所に困るという陥穽に嵌まったり、消化しきれないという事態になるリスクがあります。

そういう場合はパソコンを戴いておくというストラテジーの有効性が高いです。

12月に入ると、年間の所得が見えてきます。ふるさと納税が可能な金額が確定します。期限が迫った年末ギリギリに駆け込みでふるさと納...

ふるさと納税の返礼品は幾多の種類がある中で食料品がメインであり、お米、牛肉、カニなどが目立ちます。

しかしながら、ニーズに応じて幅広い種類のパソコンから好きなものが選べるのは、ふるさと納税の返礼品の中でもエッジ・優位性があります。

しかし、総務省の通知に象徴されるように加熱している返礼品を総務省が問題視していること、大手メディアや学者からの批判が強いことなどから、ふるさと納税の返礼品としてのパソコンには逆風が吹いています。

総務省はふるさと納税の返礼品を寄付額の30%程度に抑える通知を出す方針となっており、家電は理由の如何を問わず全廃を求めています。

終了へのカウントダウン、「終わりの始まり」が進行しており、ふるさと納税で家電をゲットする予定があるなら、早めの寄附をおすすめします。

VAIO Z

家電以外の牛肉、お米、スイーツなどの特産品は、中止されるリスクは僅少です。ふるさとチョイスが充実しています。

パソコンの返礼品を提供している自治体は、インターネット上でクレジットカード決済にて寄附できるので便利です。高還元率のお得なクレジットカードで支払うと、ポイント還元の分もお得になります。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...

もちろん銀行振込みでふるさと納税することもできます。住信SBIネット銀行ソニー銀行、新生銀行などの振込手数料が無料の銀行から振り込みましょう。

住信SBIネット銀行はまずSBI証券に口座開設して、その後にSBI証券の会員サイトから申し込むのも選択肢です。

こうすれば当サイト限定のSBI証券のタイアップ・プログラムを利用でき、3,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券は1000万円までは銀行預金のような公的な保護(投資家保護基金)があるので安心・安全です。銀行預金と同じで万が一破綻しても保護されます。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

じぶん銀行も「じぶんプラス」という制度を上手く使えば無料で振り込めます。

空前の低金利で預金金利はあまりつきません。そういう状況では銀行の振込手数料を支払うのは馬鹿らしいですね。何も考えずに月1,000円...

寄付金額の0.5%のTポイントが貯まるふるさと納税サイトもあり、TポイントはYahoo!公金支払いでふるさと納税に利用できます。「楽天ふるさと納税」では、楽天スーパーポイントをふるさと納税に使えます。

楽天市場でふるさと納税が可能となっています。ふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」で可能です。楽天スーパーポイントの付与...

他の自治体では、自転車が得られるふるさと納税があります。ブリヂストン、ヤマハ、塩野自転車など複数のメーカーの品物から選べます。

また、種類もシティサイクル、電動アシスト自転車、ママチャリ、折り畳み自転車、スポーツ自転車・ロードバイクと種類が豊富です。

ふるさと納税で自転車がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーですが、それだけではありません。シ...

LCCに乗る機会がある方は、日本の代表的なLCC・ピーチの料金に使えるピーチポイントが得られるふるさと納税もお得です。

ふるさと納税は多種多様な特産品をもらえるのでお得な制度ですよね。特産品がメジャーですが、それだけではありません。飛行機に乗れ...

ダイソン製品がもらえるふるさと納税もあります。掃除機、空気清浄機能付ファンヒーター、コードレスクリーナー、コードレスハンディクリーナー、ドライヤーと充実しています。

ふるさと納税でダイソンの製品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーですが、それだけではありま...

ソニー製などのテレビがもらえるふるさと納税もあります。多種多様なラインナップが揃っています。

ふるさと納税でテレビがもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける品物は食品がメジャーですが、それだけではありません。ハイ...

長野県飯山市では、iiyama製液晶ディスプレイ、マウスコンピューターのPC等の返礼品があります。

長野県に飯山市という自治体があります。飯山市はふるさと納税がかなり充実しています。マウスコンピューターの工場があることから、...

長野県安曇野市では、VAIOのノートパソコンがもらえます。「made in 安曇野」であり、エプソンのパソコンもあります。

長野県安曇野市のふるさと納税

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体が複数あります。ふるさと納税で戴ける品物は食品がメジャーですが、それだけではありません...

山形県米沢市でも地元の工場から送られてくるNECとレノボのパソコンがもらえましたが、無念の終了となりました。

山形県に米沢市という自治体があります。米沢市はふるさと納税がかなり充実しています。NEC、レノボの工場があることから、返礼品にパ...

その他、iPad等のタブレット端末を返礼品で貰える自治体があります。

ふるさと納税でiPadなどのタブレットがもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーですが、それだけでは...

長野県下伊那郡 喬木村では、市内にエプソンダイレクトの協力会社があることから、エプソンダイレクトのパソコンがある時期がありましたが、こちらも終焉しました。

長野県に下伊那郡 喬木村(たかぎ)という自治体があります。下伊那郡 喬木村はふるさと納税が充実しています。エプソンダイレクトの協...

ちなみに静岡県焼津市へのふるさと納税の特典には、iPad mini 4(64GB)、iPad Air 2(16GB)がありましたが、2017年に終了となりました。

静岡県に焼津市という自治体があります。焼津市はふるさと納税が充実しています。以前はiPad mini 4、iPad Air などのタブレットもあ...

神奈川県小田原市の返礼品では、ヒルトン小田原の無料宿泊券が選択できます。iPad、Surfaceは終了しました。

神奈川県に小田原市という自治体があります。小田原市はふるさと納税が充実しています。小田原市へのふるさと納税の特典に、Surface、...

群馬県草津町、群馬県中之条町では便利で人気が高い感謝券が得られます。

群馬県に草津町という自治体があります。草津町はふるさと納税が充実しており、寄附金額の半額相当の「くさつ温泉感謝券」がもらえる...
群馬県に中之条町という自治体があります。中之条町はふるさと納税が充実しており、寄附金額の半額相当の「感謝券」がもらえるのが特...

ビールが得られるふるさと納税については、還元率を含めて以下で精緻に分析しています。

ふるさと納税でビールの返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食料の特産品がメジャーですが、それだけで...

宮城県多賀城市はソニーのデジカメ、テレビ、キリン一番搾りなど魅力的な返礼品を提供しています。

宮城県に多賀城市という自治体があります。多賀城市はふるさと納税が充実しています。仙台牛、お米などの食品の他、ソニーの家電製品...

長野県伊那市は家電類のふるさと納税が充実していましたが、総務相の名指しによる批判もあり終了に追い込まれました。

長野県に伊那市という自治体があります。伊那市は家電類のふるさと納税が充実していました。パナソニックのテレビ・ブルーレイレコー...

自転車がもらえるふるさと納税カメラがプレゼントされるふるさと納税ダイソン製品のふるさと納税もあります。ふるさと納税でこのような返礼品をゲットすると家計が着実に助かります。

静岡県の小山町に13,500円以上ふるさと納税すると、サーティワンアイスクリーム商品券、リンガーハットグループ共通商品券がもらえます。

還元率29.6%と合格水準であり、有効期間がないのが絶大なメリットです。

静岡県の小山町という自治体があります。小山町はふるさと納税がかなり充実しています。なんとサーティワンアイスクリーム商品券、リ...

他の自治体では、モンベルでのお買い物に利用できるポイントバウチャーが得られるふるさと納税もあります。現金同様で便利です。

長野県の小谷村という自治体があります。小谷村はふるさと納税が充実しており、食品類、宿泊補助券など多様な返礼品が揃っています。...

岐阜県美濃加茂市はベルメゾンのカタログギフトがあります。還元率も38.2%~49.7%と高めでコストパフォーマンスも良好です。

「便利」かつ「お得」です。両方を高い次元で充足しているのは素晴らしいです。

岐阜県に美濃加茂市という自治体があります。美濃加茂市はふるさと納税が充実しており、食品類など多様な返礼品が揃っています。特筆...

「楽天ふるさと納税」では、Tポイントと同様に楽天スーパーポイントをふるさと納税に使えます。

楽天市場でふるさと納税が可能となっています。ふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」で可能です。楽天スーパーポイントの付与...

旅行券、クーポン、マイル、航空券などが得られるふるさと納税もあります。

ふるさと納税で旅行、飛行機関連の返礼品がもらえる自治体があります。ふるさと納税で戴ける返礼品は食品がメジャーですが、それだけ...

ANAのふるさと納税は1%のANAマイルが貯まるのが魅力的なサイトです。その名の通りANAホールディングスが運営しています。

ANAがふるさと納税ポータルサイト「ANAのふるさと納税」を2016年4月から開始しました。当初はこのサイトでふるさと納税を行うと、お礼...

各ふるさと納税ポータルサイトの特徴については、以下で精緻に比較しています。

ふるさと納税を行うのに便利なのが「ふるさと納税サイト」ですね。多数の自治体の返礼品が掲載されているので、比較検討が容易です。...

ふるなびには多種多様な家電製品、商品券、自転車などが集結しており、利便性が極めて高いです(家電のふるさと納税一覧)。

ふるさと納税で以下のような返礼品をゲットすると家計が着実に助かります。

ふるさと納税ポータルサイトの中でとりわけ食品類が充実しているのは、最大手の「ふるさとチョイス」です。

全国のあらゆる自治体を網羅しています。1,788自治体がフルに掲載されています。

17万点以上という膨大な返礼品が掲載されており、全国津々浦々どこでも好きな自治体から寄附先を選べます。

ふるさと納税が日本にすっかり定着しましたね。特産品などの返礼品をいただけるので、メリットしかない制度であり、燦然たる良い仕組...

総合的なおすすめのふるさと納税返礼品は以下で丹念に分析しています。

ふるさと納税というお得な仕組みがありますね。年収に応じた一定金額まで自己負担は2,000円のコストで寄付ができ、お得な返礼品を戴け...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-ふるさと納税

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.