The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

日銀が買い入れているJ-REIT銘柄は?

更新日: マーケット・経済の分析

双子の女性

日銀の追加緩和で、J-REITの買い入れ額も3倍になりました。日銀の年間買い入れ額の900億円はJ-REIT全体の時価総額は約9兆6553億円であり、買い入れ額は時価総額の約0.93%です。日銀が購入する可能性が高いJ-REITを先回りで買うというトレーディングが展開されています。


日銀のJ-REIT買い入れの条件はいくつか公表されています。例えば、AA格以上、個別REITの時価総額の5%以下などです。

AA-以上のREITは全体の約60%です。全体の約40%は日銀のREIT買いの恩恵はありません。

J-REIT最大手の日本ビルファンド、ジャパンリアルエステイトは既に5%近辺まで到達しています。

日経ヴェリタスに「日銀が足元で買い入れていると見られる銘柄」の一覧が載っていました。日銀の保有比率1%未満と推測されるREITは以下のとおりです。日銀が購入する余地が大きい銘柄です。データは11月20日時点です。

コード REIT名 分配金利回り NAV倍率
3263 大和ハウスリート投資法人 3.04% 1.65
3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人 3.33% 1.68
3281 GLP投資法人 3.28% 1.73
3283 日本プロロジスリート投資法人 2.86% 1.80
3285 野村不動産マスターファンド投資法人 3.32% 1.35
3292 イオンリート投資法人 2.99% 1.44
8973 積水ハウス・SI レジデンシャル投資法人 3.65% 1.31
8977 阪急リート投資法人 3.57% 1.18

J-REIT全体の平均利回りは2%台に近づいており、割高感が出てきていますが、金利が極限の低金利で低位安定していることから、もうしばらくはジリジリ上がると考えています。

保有分は継続ホールドします。悪い形で金利が上昇し始めたらREIT価格にも悪影響ですので、金利上昇とともにREITが崩れ出したら、利益確定する予定です。

まだそれは当面先だと思います。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-マーケット・経済の分析
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.