The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

ビックカメラでビットコイン(bitcoin)を使ってみた口コミ!

更新日: 電子マネー・ポイント

ビックカメラ有楽町店

従来は胡散臭いイメージが強かったビットコインは、2017年4月7日からビックカメラで使えるようになり、一般人にとっても一気に身近な仮想通貨となりました。

ビックカメラのお店のうち、当初は有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店でビットコイン払いが可能でした。

2017年7月26日からはビックカメラ全店でビットコイン払いが可能になりました。実際に使ってみた体験談を口コミとしてまとめます。


ビックカメラ (赤坂)の外観

ビックカメラのビットコイン払いのシステムは、日本一のビットコイン取引所で世界的にも大手企業であるbitFlyerの決済システムを活用しています。

bitFlyerとビックカメラの提携

丸井とbitFlyerの提携

買うものが決まったらレジに行きます。店員さんに「ビットコイン払いで」旨を伝えると、ビットコイン払いのコーナー(複数のレジの片隅)にアテンドしてくれます。

スタッフがビックカメラが用意しているiPhoneを操作して、ビックカメラのビットコインアドレス(口座)を含む二次元バーコードを提示してくれます。

ビックカメラのiPhoneにQRコードが表示されるので、それをビットコイン残高がある自分のウォレットアプリで読み取ればOKです。

ビックカメラでのビットコイン払いの準備

QRコードを読み取ると確認画面が出るのでOKボタンをタップします。bitFlyerのアプリでは「この請求金額を支払いますか?」と表示されるので、「支払う」をタップします。

ビットコインの支払い確認画面

レートは102円(税込)あたり0.00049BTCでした。1ビットコインあたり208,163円となり、ビットコイン販売所でビットコインを買うレートと同じ程度で決済されました。

ビットコインでの支払い完了画面

すると即座に決済が完了します。感動でした。請求額&支払額は当然のごとく一致しています。ビットコインの額も表示されます。

ビックカメラでのビットコイン払い完了画面

ビックカメラ有楽町店の店長である佐藤壮史 執行役員は「ビックカメラでは利便性を第一に考えて、多種多様な電子マネーで決済できる体制を構築しており、海外旅行客を中心に需要が高まるビットコイン決済も試験導入に踏み切った」旨を述べています。

2017年4月1日に施行された改正資金決済法で法整備が整って、従来よりも安心してビットコインを使えるようになりました。

「仮想通貨」という言葉が法律用語に昇華して、今後ビットコイン交換所は登録制となります。

レストランで食事をしながらスマホを見る女性

実際にビックカメラで簡単にビットコインで、ミネラルウォーターの炭酸水を買うことができました。

ビットコインで買った炭酸水

実際にビットコインを使った感想としては、スムーズでクレジットカードや電子マネーと同じイメージで活用できると思いました。

ビットコイン払いは時間がかかるイメージがありましたけれども、瞬時に決済が完了しました。

端末の準備やQRコードの読み取りといった手間はかかりますけれども、クレジットカードにサインしたり、小銭を探しまくるような時間と比較したら、さほど時間はかかりませんでした。

ビットコイン払いの領収書・レシート

ビックカメラでのビットコイン払いの決済額は最大で10万円となります。それを超える場合でも、ビットコインと他の決済方法(Suica・現金・クレジットカード等)を併用することが可能なので便利です。

ビットコインを使ってお買い物した場合でも、現金払いと同様にビックポイントの還元も受けられます。

ビットコイン払いのレシート・ポイント明細

領収書もしっかりとついてきます。企業がビットコインを保有・利用した場合の会計処理なども、今後は確立していくでしょう。

ビットコイン払いの領収書

ビックカメラは日常使いに便利な酒類・水・お茶・ジュースなどの飲料も販売しているので、ビットコインの活用シーンの幅が全国的に拡大しました。

ビックカメラ酒販

ビックカメラ以外では、レストラン・カフェ・バー、中古ブランドショップ、学習塾・中国語教室、大澤税務会計事務所などでビットコイン払いが導入されています。

レストランの一例としては、メキシコ料理AMENRO LA FIESTA、乃木坂隠れ家レストランvillage(ヴィラージュ)、銀座沼津港などです。

着物姿の女性

世界的に政治情勢が不安定化する中で、日本は高い政治的安定性と貨幣価値の安定を誇っており、決済システム・金融インフラが頑健です。

したがって、ビットコインの決済・送金などの実需での活用はニーズが大きくないことから、まだまだ拡大は道半ばとなっています。

しかし、海外ではビットコインの売買が活発な地域もあることから、将来的には東京オリンピックに向けて、決済や送金での活用の道が広がることが想定されます。ビックカメラでは一部店舗で導入されています。

ビックカメラ有楽町店

有名企業ではビックカメラの他、百貨店の丸井もビットコインでの支払いを試験導入しました。

マルイ(丸井)でビットコイン払いが可能に!支払い方法は簡単!お得なキャンペーンも!
丸井が2017年8月7日(月)から、国内最大のビットコイン取引所運営企業のbitFlyerと提携して、ビットコインでの決済を試験的に導入しま...

また、LCCのピーチもビットコイン払いに2017年12月末までに対応する予定となっています。

関西空港にとまるLCCピーチ

ビットコインは価格のボラティリティが高すぎて、現時点ではトレーディングの対象とするか、少額を遊びでホールドする程度で実需での必要性は高くありません。

ただし、仮想通貨の利用方法を調査して実際に使ってみた口コミとしては、「新鮮でゲーム感覚で面白い」という感想を強くいだきました。

ビックカメラでビットコイン決裁ができた時は感動しました。ビットコインの買い方については、以下で徹底的に解説しています。

ビットコインの買い方を徹底解説!bitcoinの購入方法は簡単
仮想通貨ビットコイン(bitcoin)は従来は海の物とも山の物ともつかない存在でした。しかし、2017年現在では法制度も整備されてきており...

ビットコインの具体的な使い方、利用手順については、以下で丹念にまとめています。

ビットコインの使い方まとめ!Visaプリペイドカード、Vプリカ、Amazon券、nanaco等を買える!ビックカメラでも利用可能
日本でも仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の使い道が拡大しています。取引所から外部Walletに送金して、更に別の人に送金するだけではな...

ビットコインを売買するならば、三菱UFJ FG、三井住友FG、みずほFG、第一生命、三井住友海上、電通、リクルートなどの資本が入っているbitFlyerが最有力候補です。

日本ではNo.1のビットコイン取引所であり、世界的にも第2位となっています。日本のビットコイン事業者では唯一、監査法人(新日本有限責任監査法人)と契約しています。

仮想通貨交換業者として金融庁の第一号登録も受けています。日本での仮想通貨・ブロックチェーン業界のリーディングカンパニー的な存在です。

ビットフライヤーについては、以下で精緻に分析しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミ!ビットコインの売買の最有力候補!FXも
bitFlyerという国内初のビットコイン(Bitcoin)の販売所(取引所)があります。三井住友・みずほ・三菱UFJの三大メガ・フィナンシャ...

金融業界の関係者になくてはならないブルームバーグ端末に対しては、ビットコイン価格情報の配信を行っています。

ビットフライヤーはブルームバーグ端末で世界中に日本のビットコイン価格情報を提供しているワールドワイドな存在です。

ブルームバーグ端末でのビットコイン価格の配信イメージ

bitFlyerは最高強度のDigiCert次世代暗号で、 コールドウォレットでビットコインを保管しており、高度のセキュリティを確保しています。

顧客のビットコイン保管中のリスクを補償する損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。

ビットコイン販売所、Lightning FX/Futuresのビットコイン売買手数料は当面無料であり、コスト面も優れています。

ビットコインを売買するならば、ビットコイン業界では日本最大で世界的にも大手であるbitFlyerの一択だと考えます。

bitFlyer 公式サイト

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.