The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

アークランドサービス(3085)の株主優待を徹底解説!かつやの食事券!

投稿日: 株主優待 株式

アークランドサービスの株主優待

アークランドサービスという外食企業があります。とんかつ専門店「かつや」などを全国展開しています。

かつや、チェントペルチェント、からやま、岡むら等で利用できる株主優待を実施しており、個人投資家に根強い人気があります。

アークランドサービス(3085)の株価、株主優待、優待の使い方について徹底的に解説します。


アークランドサービスの株主優待

アークランドサービスは東証一部上場の非貸借銘柄です。権利確定日は6月末・12月末の年2回です。

株式を保有していると、かつや、チェントペルチェント、からやま、岡むら等で利用できる食事券(550円)が株式数に応じて得られます。

  • 100株以上:2枚(1,100円分)が年2回(年2,200円)
  • 200株以上:4枚(2,200円分)が年2回(年4,400円)
  • 1,000株以上:20枚(11,000円分)が年2回(年22,000円)

一度のお会計で複数枚の利用が可能です。ただし、お釣りは出ません。割引券との併用はできません。有効期限は約半年間となっています。

アークランドサービス(3085)の株主優待

長期保有の優遇はありません。権利確定日に株式を保有していると株主優待がもらえます。権利確定日は以下のとおりです。

  • 2017年12月26日
  • 2018年6月26日
  • 2018年12月25日
  • 2019年6月25日
  • 2019年12月25日

金券ショップ、ヤフオク!、メルカリ等での転売も可能になっています。金券ショップでは概ね80%程度で売却できます。


アークランドサービスの株価

かつやのかつ丼

アークランドサービスはとんかつ専門店「かつや」を直営、FC(フランチャイズ)で全国にチェーン展開しています。直営店は首都圏を中心に出店しています。

「高品質なとんかつをお値打ち価格で提供する」をコンセプトに食材とオペレーションにこだわりを持っています。

具体的には厳選した食材を使用するほか、共同開発したオートフライヤーを導入しています。

「かつや」の他の業態も開発しており、以下のなどを運営しています。

  • イタリアンカフェ「チェントペルチェント」
  • からあげ専門店「からやま」
  • とんかつとしゃぶしゃぶの「とん菜や」
  • ステーキ&ハンバーグの「RIB」
  • 天ぷら専門店「あきば」
  • 肉めし専門店「岡むら屋」

1993年にアークランドサカモトの外食事業を譲り受けて、100%子会社として設立しました。

1998年に「かつや」1号店を開業して、1999年にフランチャイズ事業を開始しました。2018年は記念すべき「かつや20周年」となっています。

売上高・利益

売上高、利益、EPS、配当のいずれも美しい右肩上がりとなっており、ビジネスのお手本のような業績となっています。

決算期売上高営業利益経常利益純利益EPS1株配当配当性向
2012/12(実)12,7971,9622,0131,11139.45.013%
2013/12(実)14,9862,3232,3591,35347.96.2513%
2014/12(実)17,6232,5922,6241,59752.87.514%
2015/12(実)20,9422,9232,9851,79256.310.018%
2016/12(実)23,2863,3503,4532,06965.012.519%
2017/12(予)26,0003,7503,8002,20069.116.023%

キャッシュ・フロー

純利益を大きく上回る営業キャッシュを獲得しています。一般論としては安心感があります。

決算期営業CF投資CF財務CFフリーCF
2012/12(実)1,759-713-331,046
2013/12(実)1,855-926-11929
2014/12(実)2,256-5,7622,780-3,506
2015/12(実)2,219-1,083-1381,136
2016/12(実)2,6961,430-5014,126

 利益率・CFマージン・ROE

経常利益率は15%前後、純利益率は9%前後、ROEは15~22%で推移しており、卓越した収益力を誇っています。

最新のROEを分解すると純利益率8.89%、総資産回転率1.32倍、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)1.31倍です。

財務レバレッジは極めて低めで、資産から売上を作る回転率(資産効率)は高めで、売上から利益を作る利益率は高めです。良い高ROEとなっています。

決算期経常利益率純利益率CFマージンROE
2012/12(実)15.7%8.7%13.8%21.7%
2013/12(実)15.7%9.0%12.4%21.8%
2014/12(実)14.9%9.1%12.8%17.9%
2015/12(実)14.3%8.6%10.6%15.1%
2016/12(実)14.8%8.9%11.6%15.4%
2017/12(予)14.6%8.5%--

指標

アークランドサービスの株主優待利回りは額面満額で計算すると、100株保有の場合で年1.02%です。

予想配当利回りは0.74%(配当性向23%)であり、配当+優待利回りは年1.76%です。

PBR4.53倍、予想PER31.36倍、自己資本比率78.6%です。有利子負債は0円、現金等は84.3億円、営業CFは26.9億円です。

アークランドサービスの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

アークランドサービスのチャート(過去3ヶ月)

アークランドサービスのチャート(過去2年)

アークランドサービスのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1...
  数多くのオンライン証券の中で日本で一番人気のネット証券はSBI証券です。口座開設数(430万)、NISA口座数(100万)はネット証券NO.1(...

SBI証券は当サイト経由でお得なキャンペーンを行っています。桐谷さんの直筆サイン本が当たります。

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストである点が絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は1日定額プランだと、現物取引20万円、信用取引20万円までは手数料がそれぞれ無料です(1日最大40万円)。

岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで2,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待, 株式

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.