ANA Payのキャンペーンが激熱!最大1万マイルでお得

更新日:   ANAカード ANAマイル キャンペーン

サイト運営費用を賄うための運営ポリシー

ANA Pay

ANA Payリニューアルを記念して、大型のキャンペーンを開催しました。トラベラーであれば、参加すると非常に妙味があるクオリティです。

ANA Payを1万円使うと800マイル、ANAカードからの3,000円チャージで300マイルを得られます(合計1,100マイル)。

ANA VISAカードANA Mastercardから6万円チャージすると8,900マイルですので、最大で合計1万マイルを獲得可能。キャンペーン参加にはエントリーが必要です。

リニューアル後のANA Payは、Visaのタッチ決済、電子マネーiD、Visaのオンライン決済で使えるので、利便性がUPしました。

特典1:誰でも最大800マイル

SFC会員のANAマイル数

2023年5月23日(火)~2023年8月31日(木)23:59(日本時間)のキャンペーン期間中、ANA Payでの決済額(税込)に応じてボーナスマイルを得られました。

  • 3,000円以上5,000円未満:200ボーナスマイル
  • 5,000円以上10,000円未満:500ボーナスマイル
  • 10,000円以上:800ボーナスマイル

ANA Pay(タッチ払い)のみキャンペーンの対象となります。ANA Pay(コード払い)でのご利用分はキャンペーンの対象外。

ANAカード等からチャージした残高の「ANA Payキャッシュ」決済分だけでなく、マイルをチャージして決済した分もキャンペーンの対象です。

また、バーチャルプリペイドカードでの決済分もキャンペーンの対象となります。

ANA Payのキャンペーン、「バーチャルプリペイドカードでの決済分もキャンペーンの対象」

特典2:ANAカードからのチャージで300マイル

ANAカード9枚

キャンペーン期間中、ANAカードからANA Payキャッシュへ3,000円以上チャージすると、300ボーナスANAマイルをGET可能です。

ANA Pay(タッチ払い)のみキャンペーンの対象で、旧ANA Pay(コード払い)でのチャージ分は対象外となるので注意しましょう。

ANAカードでチャージ分のボーナスマイルの積算は、キャンペーン期間中のチャージ3,000円以上に対し1回までとなります。

複数回チャージいただいても期間中300マイルのみとなります。

ANAカードの種類とランクの一覧!2024年最新のグレードを解説
ANAカードには多種多様な種類があります。グレードは一般カード・ワイドカード・ワイドゴールドカード・プレミアムカードの四...
ANAカードの入会キャンペーン 2024年2月!お得な時期を分析
ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸が各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。大量の...

SFCで持っている方が多いANA ワイドゴールドカードでは、チャージ時0.6%、ANA Payの利用時に0.5%のANAマイルを得られるので、合計1.1%還元です。

スマリボの活用で通常のカードショッピングがソラチカカードは最大1.54%、ソラチカゴールドカードは最大1.5625%ですが、それ以外のANAカードですとANA Payチャージ&利用に妙味があります。

特典3:ANAカード(Visa/Mastercard)は+8,900マイル

ANA VISAカード、ANA Mastercard

キャンペーン期間中、ANA VISAカードANA MastercardからANA Payキャッシュへチャージし、最大8,900マイルがされます。

  • ANAカードから3万円ANA Payへチャージし、3,000円(税込)以上決済:3,900ボーナスマイル
  • ANAカードから5万円ANA Payへチャージし、3,000円(税込)以上決済:6,900ボーナスマイル
  • ANAカードから6万円ANA Payへチャージし、3,000円(税込)以上決済:8,900ボーナスマイル

ANA Pay(タッチ払い)のみキャンペーンの対象となります(バーチャルプリペイドカードでの支払いも含む)。ANA Pay(コード払い)での利用分はキャンペーンの対象外です。

過去

ANA Payは定期的にキャンペーンを開催しています。以下では、過去の一例をご紹介します。

2020年12月10日10:00~2021年2月28日23:59の期間中、「ANA Pay デビューキャンペーン」が開催。

初めてANA Payに会員登録し、キャンペーンにエントリーすると500ボーナスANAマイルを得られました。

また、この期間中はANA Payの利用で2倍のマイルが貯まります。通常200円につき1マイル→2マイルです。こちらのエントリーは不要で、上限は2,500マイルでした。

また、2022年11月1日~2023年1月31日、2021年6月1日~7月31日もANAマイルプレゼントのキャンペーンが実施!

ANA Payのキャンペーン(2021年6月1日~7月31日)

このように定期的にお得なキャンペーンが開催されています。

まとめ

ANA Payを登録したWalletアプリ

ANA Payがリニューアルに伴って、2023年5月23日(火)~2023年8月31日(木)23:59(日本時間)のの期間中、大型キャンペーンを開催しました。

  • ANA Pay(タッチ払い)を1万円以上利用:800マイル
  • ANAカードから3,000円チャージ:300マイル
  • ANAカードから6万円ANA Payへチャージし、3,000円(税込)以上利用:8,900マイル
  • 合計:最大10,000マイル

ANAトクたびマイルでは3,000マイルで国内線のフライトが可能なので、侮れない水準です。

ANA Pay はANAマイレージクラブのアプリから利用する流れとなります。

最新のバージョンでチャージしないと、従来のコード決済にチャージすることになり、対象外となるので注意しましょう。

まだANAカードを持っていない方は、初年度の年会費無料&マイルプレゼントのキャンペーンもあり、お得にGETすることが可能です。

ANAカードの入会キャンペーン 2024年2月!お得な時期を分析
ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸が各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。大量の...

ANAダイナースカードANAアメックスプレミアムならパワフルな水準となっています。

ANAダイナースカードの入会キャンペーンが12.8万マイル!2024年最新
ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです...
ANAアメックスプレミアムの入会キャンペーンが最大15万マイル!2024年最新
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードというクレジットカードがあります。ANAアメックスプレミアムと呼ばれてい...

ANAマイルを着実に貯めるためには、日々のお買い物をANAカードで決済するのがベスト。ANAマイルが最強に貯まるクレジットカードの一角です。

ANAカード9枚

ショッピングマイル、フライトボーナス、継続ボーナスなどで、陸でも空でもドンドンとANAマイルを貯められて、本気一本槍で新たな地平へフライトできます。

世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

ANAカードの種類は数多く、ANA一般カードANAワイドカードANAワイドゴールドカードANAプラチナ プレミアムカードまで幅広いラインナップとなっています。

国際ブランドごとのANAカードの一覧は下表の通りです。

カード名運営会社国際ブランド独自機能
ANA JCBカード
ANA JCB ZERO
JCBJCB 
ANA To Me CARD PASMO JCB
ソラチカゴールドカード
JCB、To Me CARDPASMO
メトロポイント
ANA VISAカード三井住友カード Visa  
ANA MastercardMastercard
ANA VISA Suicaカード三井住友カード
ビューカード
VisaSuica
ANA TOKYU POINT ClubQ
PASMO マスターカード
三井住友カード
東急カード
MastercardPASMO
TOKYU POINT
ANA VISA nimocaカード三井住友カード
nimoca
Visanimoca
ANAアメックスアメックスAmex 
ANAダイナース三井住友トラストクラブDiners Club 

主な特徴

ワイドカード以上はSFCとしても活用できます。ANAアメックスは家族カードの範囲が広いので、同居していない既婚の子供などにも発行することが可能です。

これは他社ANAカードにはない利点であり、SFCの家族カード発行時に大きな効力を発揮します。家族がSFC修行なしでANA上級会員の資格を得られます。

ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードとSFCラウンジカード

ANAカードは入会キャンペーンがお得なのも利点です。

ANAカードの入会キャンペーン 2024年2月!お得な時期を分析
ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸が各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。大量の...

各ANAカードは以下で比較しています。

ANAカードを比較!2024年のマイル還元率・特典の違いを解説
ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚があり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています...

ANAカードの比較の結果として、グレードごとにおすすめANAカードを厳選した記事は以下になります。

おすすめのANAカード決定版!9枚保有の専門家が厳選!2024年最新
ANAカードは多種多様な種類があります。日本発行の個人用カードは21枚あり、学生専用カードを含めると24枚も存在しています。...

以前ANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。

ANAに突撃取材!卓越した安全管理とサービスに脱帽!ANAカードでお得にフライト可能
ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事につ...

なお、ANA一般カードのうち、三井住友カード、JCBが発行しているクレジットカードはリーズナブルな年会費で維持できます。

以下のANAカード7枚を保有すると、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルを得られます!

マイ・ペイすリボに登録して年1回手数料を発生させれば、年会費がSuica・nimoca・TOKYU POINT ClubQは751円(税抜)、VISA、マスターは1,025円(税抜)まで下げられます。

ANA JCB一般カード・ソラチカはスマリボの活用で年会費負担は750円(税抜)に低下します。

これらのANA一般カードは毎年1,000マイルの継続ボーナスが1枚ごとにもらえるので、これだけで元は取れます。

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、7枚すべてを発行するのも手です。

7枚全て発行したら、1マイル1円弱のコストで毎年7,000マイルが手に入ります。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

公式サイトANA JCBカード 公式キャンペーン

-ANAカード, ANAマイル, キャンペーン