ANAダイナースカードの入会キャンペーンを徹底解説!2019年最新

更新日: ANAカード キャンペーン ダイナースクラブ

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費は本会員29,160円、家族会員6,480円(税込)です。

ANAダイナースカードは2019年7月19日(金)〜10月15日(火)の期間中、最大64,000マイルのお得な入会キャンペーンを開催しています。

1マイル2円換算だとなんと128,000円相当のファンタスティックなキャンペーンです。

2017年のキャンペーンは最大46,000マイルだったので、今回は+18,000マイルでバリューが高いです。

また、カード入会後もお得なキャンペーンが満載となっており、家計が頑健化して日々の生活を豊かに彩る事が可能です。

ANAダイナースカードのキャンペーンについて、2019年7月の最新の状況をわかりやすく徹底的に解説します。

新規入会キャンペーン

入会&カード発行

ANAダイナースカードに2019年6月3日(月)〜10月15日(火)に申込み、10月31日までに新規入会するだけで、2,000マイルがプレゼントされます。入会日は送られてくるカードの台紙に記載があります。

キャンペーン対象はANAダイナースカードであり、ANAダイナース スーパーフライヤーズカードは対象外です。

私の場合、ANAダイナースカードの入会審査は約4営業日で完了して、それから2~3営業日後にカード発送となりました。

ダイナースクラブからの入会審査完了メール

ANAダイナースカードとETCカードが入った封筒

3~4ヶ月間で30万円の利用

ショッピング中の女性

また、入会から3ヶ月後の月末までに30万円利用すると、10,000マイルのボーナスポイントが得られます。

ANAダイナースカードのポイントは1ポイント1マイルでANAマイルに移行できるので、10,000マイル相当となります。

家族カード、ビジネス・アカウントカード、ETCカードの利用分は個人カードの利用分と合算して集計されます。以下の利用分は、本特典の集計対象外です。

  • 年会費、グローバルマイレージ年間参加料
  • リボ払いの弁済金、キャッシング、カードローン利用分および利息などの融資にかかわる利用分

「3ヵ月以内」とは入会月の翌月から3ヶ月目の末日までとなります。最短3ヶ月間ですが、1日に入会した場合は約4ヶ月間の時間が出ます。集計期間は下表のとおりです。

入会月 集計期間
2019年 6月 入会日~2019年 9月末
2019年 7月 入会日~2019年 10月末
2019年 8月 入会日~2019年 11月末
2019年 9月 入会日~2019年 12月末
2019年 10月 入会日~2020年 1月末

3~4ヶ月間で合計120万円の利用

入会後3ヶ月以内に更に90万円(合計120万円)カードショッピングすると、更に40,000マイル分のボーナスポイントが得られて合計50,000マイルとなります!

120万円利用すると通常のカード利用分の12,000ポイントも得られるので、ここまでの合計で64,000マイルとなります。

家族カード、ビジネス・アカウントカード、ETCカード、リボルビングカードの利用分は本人カードの利用分と合算して集計します。

例えば、本会員カードで60万円、家族カードで30万円、ビジネスアカウントカードで25万円、ETCカードで5万円使った場合は合計120万円でキャンペーンの条件クリアとなります。

家族カード入会

家族

更にキャンペーン期間中に家族カードに入会すると、最大2枚まで初年度の年会費が無料となります。

家族会員の年会費は通常6,000円(税抜)なので、最大で12,000円(税抜)相当の価値があるキャンペーンです。

ダイナースクラブカードを保有していると、ビジネスの経費を効率的に決済できる「ビジネス・アカウントカード」を保有できます。個人...

ANAグループ便搭乗で最大2,000マイル

ANAの飛行機

キャンペーン期間中に入会して、2019年10月31日までにマイル積算対象運賃でANAグループ運航便に搭乗すると、ANAマイルが得られます。

  • ANA一般カード/ANAワイドカード:1,000マイル
  • ANAゴールドカード/ANAカード プレミアム:5,000マイル

事後登録は、2019年11月15日23:59(日本時間)積算分までとなります。

何度フライトしても上限は1,000もしくは5,000マイルです。2020年1月下旬に付与される予定です。

カードご利用15万円以上で最大15,000マイル(ANA提供分)

カード入会後、2019年11月30日までに一定金額以上カードショッピングを行うと、もれなくボーナスをマイルを得られます。

  • 15万円(税込)以上:3,000マイル
  • 50万円(税込)以上:15,000マイル

年会費、付帯カード発行手数料、マイル移行手数料、ショッピングリボ払い・分割払い・スキップ払い等の手数料、キャッシングサービス利用分は対象外です。

2019年11月30日までにJCBに決済データが到着しなかった場合は、対象利用金額に含まれません。期限ギリギリではなく余裕を持った利用が無難です。

ANAカードファミリーマイル登録

キャンペーン期間中に新規入会・参加登録したANAカードをプライム会員として、「ANAカードファミリーマイル」に参加すると、マイルを得られます。

  • ANA一般カード/ANAワイドカード:500マイル
  • ANAゴールドカード/ANAカード プレミアム:1,000マイル

2019年7月19日~11月15日登録完了分が対象となります。

合計

男性と犬

ANAダイナースカードの入会キャンペーンで獲得できるマイル・条件をまとめると下表のとおりです。

期日 アクション ボーナス 利用分 合計
2019年10月15日 新規入会の申込完了&エントリー - - -
2019年10月31日 ANAダイナースカードが発行 2,000 - 2,000
2019年10月31日 ANA便に搭乗 5,000 - 5,000
2019年11月15日 ANAカードファミリーマイル登録 1,000 - 1,000
2019年11月30日 50万円以上の利用(ANA提供分) 15,000 - 15,000
カード入会の
3ヶ月後の月末
30万円利用 10,000 3,000 13,000
更に90万円利用(通算100万円) 40,000 9,000 49,000
合計(最大) 85,000

なんと合計で85,000マイルを獲得でき、絶大なパワーがあります。国内線の場合、ローシーズンなら東京と大阪間を8往復、東京と沖縄間なら6往復できます。

85,000マイルあれば、ハワイ、アメリカ、カナダ、ヨーロッパまで往復できます。ハワイならハイシーズンでもビジネスクラスに搭乗できます。

あまりにもオトクなキャンペーンだったので私も申込みました!

ANAダイナースカードの入会申込み完了画面

支払口座の設定・本人確認書類の提出も申込みと同時にオンラインで完結できるので便利です。

インターネットでこの2つを済ませれば、書類の記入・押印・返送といった手間が不要で、後は審査後にカードが自動的に送られてきます。

ANAダイナースカードの申し込み後の手続き

2017年のキャンペーンは最大46,000マイルだったので、今回は+39,000マイルでファンタスティックです。今が入会のチャンスです!

特典付与の時期・注意点

ANAの飛行機

2,000マイルはANAから年会費支払い月の翌月末までに本会員のマイル口座に積算されます。

また、ANA提供のマイルの上乗せは、2020年1月下旬~2月下旬に本会員のマイル口座に加算される予定です。

ポイントは利用代金明細、もしくはクラブ・オンライン内のeステートメント照会で確認できます。

2020年1月下旬までに有効期限が切れるANAマイルがあり、それと今回のキャンペーンのマイルを合算してビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を取ろうとしている場合はご注意ください。

現在お持ちのダイナースクラブカードから切替入会した方は対象外です。

また、入会後に特典加算前にカードの種類変更(切替)をした方、カードを退会または利用停止となった方は対象外です。

誰でも120万円の利用をクリアする方法

3~4ヶ月間で30万円や120万円利用するのはハードルが高い側面があります。ただし、誰でも簡単に条件をクリアする裏技があります。Amazonギフト券の購入です。

Amazonギフト券の有効期限が10年間に伸びたので、10年間で確実に使う分のAmazonギフト券を買って利用代金をクリアするストラテジーが有効です。

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

30万円や120万円に届かない場合は、Amazonギフト券の購入を検討し得ます。有効期限が10年になって、このような時に本当に便利になりました。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

85,000マイルだと世界中に旅行可能!

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

ANAダイナースカードのポイントは1ポイント1マイルでANAマイルに移行できるので、ANAマイルと同義です。

空を飛ぶANAの飛行機

合計85,000マイルあったら世界中にフライトすることが可能なので、絶大なパワーがあります。

国内線特典航空券への交換に必要なマイル数は、「旅程区間」と「シーズン」によって異なります。「シーズン」は下表のとおりです。

L(ローシーズン) R(レギュラーシーズン) H(ハイシーズン)
2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31
2019年 1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20 3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30 1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31
2020年 1/6~2/29 3/1~3/12 1/1~1/5、3/13~3/31

1区間目と2区間目のシーズンが異なる場合は、各シーズン必要マイル数の2分の1を合算します。

国内線特典航空券で利用できるのは普通席のみとなります。もっとも、当日に空席がある場合は、空港でプレミアムクラス料金を支払えばアップグレードできます。

片道(1区間)・往復同区間(2区間)旅程の必要マイル早見表(例)は下表のとおりです。

全旅程の
距離
対象路線 必要マイル数
片道 往復
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
601~1,600マイル区間 (上記・下記以外の往復同区間旅程) L 6,000
R 7,500
H 9,000
L 12,000
R 15,000
H 18,000
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

ANAグループ便の国際線特典航空券は、往復12,000マイルから利用できます。国際線については片道では使えません。

必要マイル数は、出発地と目的地のゾーン、シーズン、搭乗クラスによって決まります。幼児・小児の場合でも、大人と同じマイル数が必要です。

海外の航空会社とは異なり、ANAは特典交換に必要なマイル数に達していない場合、不足分を現金やANA SKY コインなどで補うことはできません。この点はJALも同様です。

国際線特典航空券の必要マイル数は、まず出発地と目的地のゾーンを確認します。

地域(Zone名) 国名・空港名
日本(Zone 1) 日本
韓国(Zone 2) ソウル
アジア 1(Zone 3) 北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、マニラ
アジア 2(Zone 4) シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、ハノイ、 クアラルンプール、プノンペン
ハワイ(Zone 5) ホノルル
北米(Zone 6) ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー、メキシコシティ
欧州(Zone 7) ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル
オセアニア(Zone 10) シドニー

次に搭乗日のシーズンをチェックする流れとなります。L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)の3種類が設定されています。

発着 [日本]-[アジア]
(Zone 2~Zone 4)
日本 - ハワイ
日本 - オセアニア
[日本]-[欧米]
(Zone 6~Zone 7)
L 2018年 1/8~1/31、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/20 1/8~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31 1/8~2/28、4/1~4/25
2019年 1/7~1/25、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/19 1/7~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31 1/7~2/28、4/1~4/25
2020年 1/6~1/14 1/6~2/29 1/6~2/29
R 2018年 2/1~3/31、7/1~8/2、8/21~11/30 3/1~3/31、6/1~7/26、8/21~12/20 3/1~3/31、5/8~7/25、8/21~12/18
2019年 1/26~3/31、7/1~8/1、8/20~11/30 3/1~3/31、6/1~7/24、8/20~12/17 3/1~3/31、5/8~7/24、8/20~12/17
2020年 1/15~3/31 3/1~3/31 3/1~3/31
H 2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、8/3~8/20、12/21~12/31 1/1~1/7、4/26~5/7、7/27~8/20、12/21~12/31 1/1~1/7、4/26~5/7、7/26~8/20、12/19~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、8/2~8/19、12/20~12/31 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31
2020年 1/1~1/5 1/1~1/5 1/1~1/5

2018年~2019年は、ハワイ発1/1~1/2の期間には利用できません。ただし、ファーストクラスおよびビジネスクラスには、利用できない期間はありません。

例えば日本から外国への往復をANAマイルでフライトする場合、往復の国際線特典航空券に必要なマイル数の一覧は下表のとおりです。

目的地 シーズン エコノミー プレエコ ビジネス ファースト
韓国
(Zone 2)
L 12,000 - 25,000 -
R 15,000 - 30,000 -
H 18,000 - 33,000 -
アジア 1
(Zone 3)
L 17,000 - 35,000 -
R 20,000 - 40,000 -
H 23,000 - 43,000 -
アジア 2
(Zone 4)
L 30,000 46,000 55,000 105,000
R 35,000 51,000 60,000 105,000
H 38,000 54,000 63,000 114,000
ハワイ
(Zone 5)
L 35,000 53,000 60,000 120,000
R 40,000 58,000 65,000 120,000
H 43,000 61,000 68,000 129,000
北米
(Zone 6)
L 40,000 62,000 75,000 150,000
R 50,000 72,000 85,000 150,000
H 55,000 77,000 90,000 165,000
欧州
(Zone 7)
L 45,000 67,000 80,000 165,000
R 55,000 77,000 90,000 165,000
H 60,000 82,000 95,000 180,000
オセアニア
(Zone 10)
L 37,000 54,000 65,000 -
R 45,000 62,000 75,000 -
H 50,000 67,000 80,000 -

一例として日本から香港や台湾に行く場合はZone1→Zone3になるため、ビジネスクラスの必要マイル数はローシーズン35,000マイル、レギュラーシーズンが40,000マイル、ハイシーズンは43,000マイルです。

日本→台北(桃園・松山)の往復運賃は、2019年4月に3ヵ月後の7月(レギュラーシーズンの日程)を予約する場合は、「Value Plus」(予約変更不可)の最安値で132,000円かかります。この場合、1マイルの価値が約3.30円となります。

その他、2019年4月に3ヵ月後の7月を予約する場合、ビジネスクラスの運賃最安値と、交換に必要なマイル数の比較は下表のとおりです。

Zone 目的地 シー
ズン
必要
マイル数
航空運賃
(最安値)
1マイル
の価値
Zone 2 ソウル R 30,000 113,000 3.77円
Zone 3 香港 R 40,000 141,000 3.53円
Zone 4 バンコク R 60,000 204,000 3.40円
Zone 5 ホノルル R 65,000 281,000 4.32円
Zone 6 ロサンゼルス R 85,000 436,000 5.13円
Zone 7 ロンドン R 90,000 497,000 5.52円
Zone 10 シドニー R 75,000 301,000 4.01円

目的地や時期によってお得度は変わってきますが、マイルを国際線のビジネスクラスと交換する場合は、おおよそ1マイル4円程度の価値、控えめに厳しく見積もっても1マイル3円の価値はあると考えます。

つまり、ANAカードで獲得したANAマイルをビジネスクラスで使ったら、なんと実質的な還元率は3~4倍に跳ね上がると評価できます。

マイルでファーストクラスに乗ると、ビジネスクラス以上に1マイルの価値が跳ね上がります。

2019年4月に3ヵ月後の7月を予約する場合、ファーストクラスの運賃最安値と、交換に必要なマイル数の比較は下表のとおりです。

Zone 目的地 シー
ズン
必要
マイル数
航空運賃
(最安値)※
1マイル
の価値
Zone 4 シンガポール R 105,000 938,000 8.93円
Zone 6 ロサンゼルス R 150,000 860,000 5.73円
1,677,000 11.18円
ニューヨーク R 150,000 1,135,000 7.57円
2,271,000 15.14円
Zone 7 パリ R 165,000 1,240,000 7.52円
2,900,000 17.57円

※日程のよって最安値が大きく異なる場合は複数掲載

比較的近距離のシンガポールでも1マイル8円、遠距離の欧米ですと日程によっては1マイルが11~17円に鋭角に上昇します。

マイルの価値を最大限に高めるのを重視するならば、頑張ってマイルを貯めてファーストクラスの航空券と交換するのがベストですね。

ANAダイナースカードは年会費が高いものの、お得なメリットが満載のクレジットカードです。

通常のダイナースクラブカードにはないメリットは、上限なしに手数料無料でANAマイルに移行可能である点、ANAワイドゴールドカードの特典が付帯する点です。

ANAダイナース プレミアムカード

利用していくと国内線ANAラウンジダイナースのブラックカードの特典が利用できるANAダイナースプレミアムのインビテーションが届く可能性があるのもメリットです。

その他、ANAダイナースカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携した高級カードです。マイル関連では通常...

ANAカードとダイナースクラブカードの魅力を融合させ、無期限で貯めたポイントを、無料・無制限でANAマイルに交換できる魅力的なプレミアムカードです。

ANAダイナースカード 公式キャンペーン

入会後のキャンペーン

ANAダイナースカードは入会時だけではなく、入会後もお得なキャンペーンが満載のクレジットカードです。

ボーナスポイントキャンペーン

ダイナースクラブカードは特定の店舗でポイントUPのキャンペーンが定期的に開催されています。

有名な百貨店、ショッピングモール、ふるさと納税サイトなど、使い勝手が良好なお店が対象なのでバリューが高いキャンペーンです。

ダイナースクラブカードがお得なボーナスポイントのキャンペーンを行なっています。年末はふるさと納税、年始は百貨店が高還元となり...

ヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパンの優待入会キャンペーン

HPCJの会員カード

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」というヒルトンの会員プログラムが有ります。

日本国内のヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンと韓国のコンラッド・ソウルでの宿泊が25%OFF、レストラン20%OFFを享受できます。

初年度はヒルトン・オナーズのシルバー会員の特典もあります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の特典

レストランは宿泊時に部屋付けした場合は20%OFF、それ以外は10%OFFで利用できます。一休.comレストラン等での予約も部屋付けにしたら割引対象となります。

ダイナースクラブカード会員は、初年度年会費が通常年会費25,000円(税込)のところ1万円(60%OFF)となるキャンペーンが開催されています。

しかも入会時に対象ホテル宿泊時に使える1万円分の宿泊・レストラン割引券がもらえるので、年会費は実質0円になります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの入会キャンペーン(ダイナースクラブカード)

1万円宿泊割引券は更新時もいただけますし、期限が切れる前に更新したら通常は25,000円の年会費が10,000円で更新できるので、年会費が実質無料になります。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの宿泊・レストラン割引券

HPCJの入会キャンペーンについては、以下で精緻に分析しています。

「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)というヒルトンの特典プログラムがあります。宿泊が25%OFF、レストランが20%OFF、1...

一休.com プレミアサービス 特別キャンペーン

国内約1,600軒の厳選されたホテル・旅館をお得な価格で予約することができる一休.comは、「一休プレミアサービス」という会員プログラムを提供しています。

マリオット・リワードSPGヒルトン・オナーズのようなメンバーシップサービスで、上級会員になる程に充実の特典を享受できます。

一休プレミアサービスの条件、特典については、以下で徹底的に解説しています。

一休.comには「プレミアサービス」があります。レギュラー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドという種類があり、上に行けば行くほど...

ダイナースプレミアムは永久に一休プレミアサービスのダイヤモンド会員になれますが、通常のダイナースクラブカードもキャンペーンで1度プラチナ会員資格を得られます。

プラチナ会員も一休の上級会員限定のプライベートセールを利用できるのが大きなメリットです。

スイートルームやクラブフロアが時として戦慄的にお得な価格で大放出となるのが特徴です。私はこれで2017年上半期だけで30万円近く得しています。

一休.comには「プレミアクラブ」という会員制度があります。一休.comの利用金額に応じて、スタンダード、ゴールド、プラチナ、ダイヤ...

三井住友信託銀行の優遇

三井住友信託銀行

ダイナースクラブカードは三井住友トラストHDの三井住友トラストクラブ(旧シティカードジャパン)が発行しています。

三井住友信託銀行グループであることから、三井住友信託銀行の取引で優遇されるキャンペーンが定期的に開催されています。

ダイナースクラブカード会員は、三井住友トラストホールディングスの三井住友信託銀行をお得に利用できるキャンペーンを利用できます...

タイムズクラブ新規会員登録キャンペーン

タイムズカーシェアリング

駐車場・レンタカー・カーシェアリングなどを全国で展開するタイムズのポイントカード。入会金・年会費無料で以下のメリットがあります。

  • 利用金額100円につき1タイムズポイント
  • タイムズ カー レンタルをWeb予約すると、基本料金が最大20%OFF
  • 「ピッとGO」「ピッとGoデリバリー」
  • 予約専用駐車場「B-Times」
  • タイムズクラブ会員特典施設(全国約23,000以上)で優待特典

1%還元で貯まるタイムズポイントは、1ポイント1円で各種商品と交換できます。JALマイルにも交換可能です。

2018年6月1日(金)~9月30日(日)は、会員登録でもれなく300タイムズポイントがプレゼントされます。

タイムズカーレンタル(レンタカー)優待

自動車でドライブする女性の横顔

全国約460店舗を展開するタイムズカーレンタルで、レンタカーの基本料金が5%割引となるキャンペーンが開催されています。全車種が対象となっています。

家事代行サービス「ベアーズ」特別プラン

キッチン・台所で料理する女性

家事代行サービスは、プロのメイドが自宅に来て、掃除や片付け、洗濯、買い物、料理など、日常的な家事を行ってくれます。

ダイナースクラブ会員限定で特別プランが用意されています。家事スキル、人柄、コミュニケーション能力などにおいて厳しいテストを通過したスタッフが来てくれます。

クオリティー、特別感を重視するダイナースクラブ会員おすすめの最高ランクの家事代行サービス「ロイヤルプラン」(1回2時間~、月2回以上の定期プラン)を10%OFFで利用できます。

「ロイヤルプラン」の担当としてサービスを提供できるベアーズレディーは、在籍する5,000名のスタッフの約1%となっています。

日本屈指の最高級ホテルで接遇・客室清掃・セッティング研修などのトレーニングを受講し、評価基準をすべて満たした、技術とホスピタリティーが特に高いスタッフのみが来てくれます。

ボーナスポイントキャンペーン

キャンペーン期間中の利用で、利用金額100円あたり+1ポイントや2ポイントなど、ボーナスのダイナースクラブ リワードポイントを得られるキャンペーンが定期的に開催されています。

ダイナースクラブカードがお得なボーナスポイントのキャンペーンを行なっています。年末はふるさと納税、年始は百貨店が高還元となり...

カード利用で上質なアイテムのプレゼント

Diners_ショッピングキャンペーン広告_ol

一定のカード利用でプレゼントされるキャンペーンは定期的に開催されています。プレゼントがダイナースらしく上質なのが特徴となっています。

2019年7月1日~9月30日はダイナースクラブカードを一定金額以上利用すると、抽選で嬉しい商品がプレゼントされる「夏。ショッピングキャンペーン」が実施されています。

  • A賞 50万円以上:全国の星野リゾートで利用できる宿泊ギフト券10万円分(抽選で5名)
  • B賞 20万円以上:アイロボット 床拭きロボットブラーバ390j(抽選で10名)

合計利用金額が20万円に達した時点で抽選口数が1口となり、以降、利用合計金額10万円ごとに口数が1口ずつ増えます(抽選口数の上限は100口)。特典はA賞、B賞から選べます。

ANAダイナースカードの入会キャンペーンまとめ

ダイナースクラブカード

ANAダイナースカードはお得な入会キャンペーンを開催しています。なんと64,000マイルも獲得できて質実剛健です。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~6円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

ANAダイナースカード 公式キャンペーン

カード入会後もお得なキャンペーンが満載となっています。とりわけ一休.comのプラチナ会員、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン、昭和シェル石油のキャッシュバックキャンペーンは魅力的です。

ダイナースは日本国内でアメックスに次ぐ高いステータスを誇っており、かつ卓越したベネフィットが豊富です。

会員限定のイベントも充実しており、クラブとしての魅力も高いクレジットカードです。とりわけフランス大使館でのディナーなど、ダイニングイベントが秀逸です。

ダイナースクラブカードは豊富なダイニング・イベントを開催しています。すきやばし次郎会食会、フランス大使館やイタリア大使館での...

年会費は高めですれけれども、保有して特典を活用していけば、人生を豊かにすることができます。

ダイナースクラブカードの看板

ダイナースクラブはまさに「人生を彩るクラブ」であり、ANAダイナースカードは本物のこだわりを語るステータスカードです。

私もダイナースを保有して特典を活用していくと、生活の質が変化しました。ダイナースのサービスを利用したり、イベントに参加することで、それまでになかった体験が可能になっています。

幾多のANAワイドゴールドカードの中でも至高のクオリティを誇っており、プラチナ級の輝きがあります。

サービスを活用するならば高い年会費よりもむしろ得られる特典の価値の方が大きくなります。結果的に家計が堅牢化します。

ANAダイナースカードを上手く活用すると人生が豊潤化し、ファンタスティックな輝きが手に入ります。「世界でただひとつ、あなただけの物語」を豊かに彩るカードです。

宇宙から見た地球

カードに描かれた地球を手に収める一枚であり、「人生を極めるその手に」相応しいハイ・クオリティー・カードです。

また、マイル付与率2%、ANA航空券購入時は4%還元と最強のマイル還元を誇っているANAダイナース プレミアムカードのインビテーションが届くのも大きなメリットです。

ANAダイナース プレミアムカード

ANAダイナースプレミアムのカード中央の「Premium」の輝きは、ダイヤモンドのような煌めきを放っています。ジョジョで喩えると、第4部の副題「ダイヤモンドは砕けない」のようなスーパーカードです。

幾多のANAカードANAプラチナ・プレミアムカードの中でも圧倒的No.1の戦闘力があり、「これが俺の物語だ」という人生を共にするにふさわしいクレジットカードです。

ANAダイナース プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANAとダイナースクラブカードが提携して発行しているANAカードプ...

ANAダイナースカードは入会キャンペーン、入会後のキャンペーン、充実の特典、上級カードの全てが魅力的なクレジットカードです。

ANAダイナースカード 公式キャンペーン

ダイナース以外でおすすめのプラチナカードについては、プラチナカードのランキングをご参照ください。その中でも特に特筆に値するカードは以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレスが1984年に世界で初めて「プラチナカード」を発行しました。当時は最上位カードでした。その後、幾多の競合...

もう少し年会費を抑えたい場合は、ゴールドカードが候補となります(ゴールドカードのランキング一覧)。おすすめのゴールドカードについては以下で丹念に解説しています。

日本ではアメリカン・エキスプレスが1966年にゴールドカードを導入し、1984年にプラチナカードを発行するまでは、ゴールドカードが最...

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんのおすすめゴールドカードは以下でご紹介しています。

ネット通販・オンライン課金の普及でクレジットカードはもはやマストアイテムといっても過言ではありません。やはりクレカの中で人気...

ダイナースクラブ プレミアムカード以外のブラックカードについては、以下で詳細にまとめています。

アメリカン・エキスプレスが1999年に世界で初めて一般的なプラチナカードの上位カード「センチュリオン・カード」を発行しました。幾...

数多くのブラックカードの中から日本で発行されているカードのランキングを以下にまとめました。

一般的には高還元のクレジットカード、年会費無料のクレジットカードが人気が高く、次がゴールドカード、プラチナカードとなります。...

実際にブラックカードを活用したところ、お金では買えない類稀なエクスペリエンスが可能でした。

最高峰のクレジットカードであるブラックカードは、年会費が高い代わりに豊富な特典が付帯しています。実際に4枚のブラックカードを活...

やはりサービス・ベネフィットよりもポイント還元を重視する場合は、還元率が高いおすすめクレジットカード特集をご参照ください。

クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率の...
  • この記事を書いた人

まつのすけ

14年に渡ってクレカ・電子マネー等のキャッシュレス決済を探求。日本のキャッシュレス化に貢献することが目標です。55枚のクレジットカードを保有し、支払年会費の総額は113万円。実生活において徹底的に活用した経験を活かして、記事を執筆しております。

-ANAカード, キャンペーン, ダイナースクラブ
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.