ANAカードの入会キャンペーン最新ガイド2019!お得な時期は今!マイルがザクザク貯まる

更新日: ANAカード ANAマイル キャンペーン

ANAカード利用の案内・インフォメーション

ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸が各クレジットカード会社と提携して発行しているカードです。

大量のANAマイルを得られる入会キャンペーンを開催しています。入会後も多様なキャンペーンを実施しています。

ANAカードのお得なキャンペーンについて、過去の傾向も踏まえて2019年の最新の状況を徹底的に解説します。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

三井住友トラストクラブ発行のANAダイナースカードは、2019年6月3日(月)〜10月15日(火)の期間中、最大85,000マイルのお得な入会キャンペーンを開催しています。

1マイル2円換算だとなんと170,000円相当のファンタスティックなキャンペーンです。

ANAダイナースカードの入会キャンペーンで獲得できるマイル・条件をまとめると下表のとおりです。

期日 アクション ボーナス 利用分 合計
2019年10月15日 新規入会の申込完了&エントリー - - -
2019年10月31日 ANAダイナースカードが発行 2,000 - 2,000
2019年10月31日 ANA便に搭乗 5,000 - 5,000
2019年11月15日 ANAカードファミリーマイル登録 1,000 - 1,000
2019年11月30日 50万円以上の利用(ANA提供分) 15,000 - 15,000
カード入会の
3ヶ月後の月末
30万円利用 10,000 3,000 13,000
更に90万円利用(通算100万円) 40,000 9,000 49,000
合計(最大) 85,000

なんと合計で85,000マイルを獲得でき、絶大なパワーがあります。国内線の場合、ローシーズンなら東京と大阪間を8往復、東京と沖縄間なら6往復できます。

85,000マイルあれば、ハワイ、アメリカ、カナダ、ヨーロッパまで往復できます。ハワイならハイシーズンでもビジネスクラスに搭乗できます。

各条件の詳細については、以下で丹念に論述しています。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費...

現在はANAダイナースカード入会の時期としてはお得です。以下からのご入会でキャンペーンが適用されます。

公式サイトANAダイナースカード 公式キャンペーン

なお、国内線ANAラウンジダイナースのブラックカードの特典が利用できるANAダイナースプレミアムはインビテーション制となっており、自己申し込みはSFCカード発行時以外は不可能です。

ANAダイナース プレミアムカード

ANAダイナースカードからANAダイナース プレミアムカードへの切り替えの場合は、キャンペーン対象外となります。

ANAアメックス

アメリカン・エキスプレス発行のANAアメックスは、一般カード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードのいずれもお得なキャンペーンを開催しています。

条件は一定期間のカード利用などであり、いずれも条件のハードルは高くなく満額のマイルを獲得できます。

条件の利用金額に届かない場合は、Amazonギフト券の購入で達成することが可能です。

ただし、上位カードへの切り替えの場合は、キャンペーン対象外となります。

キャンペーンの条件の詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ANAアメックス、ANAアメックス・ゴールド、ANAアメックス プレミアムカードというクレジットカードがあります。アメックスがANAと提携...

ANA JCBカード&ソラチカカード

ANA JCBカード

株式会社ジェーシービー発行のANA JCBカードは入会で大量のANAマイルが得られるキャンペーンを開催しています。

カード名 マイル
入会(ANA) ANA搭乗 ファミリーマイル 利用
(ANA等)
Web明細 利用
(JCB)
合計
ANA JCB 一般カード 1,000 1,000 500 15,000 1,200 17,400 36,100
ANA To Me CARD PASMO JCB 1,000 1,000 500 15,000
(+α)※
1,200 17,400 36,100
ANA JCBカード(学生用) 1,000 1,000 500 15,000 1,200 17,400 36,100
ANA JCB ZERO - 1,000 500 15,000 1,200 17,400 35,100
ANA JCB ワイドカード 2,000 1,000 500 15,000 1,200 17,400 37,100
ANA JCB ワイドゴールドカード 2,000 5,000 1,000 15,000 4,500 17,400 44,900
ANA JCBカード プレミアム 10,000 5,000 1,000 15,000 6,000 17,400 54,400

※ソラチカカードはPASMOオートチャージ利用で500メトロポイント

ANA JCB一般カードとソラチカカード

ANA JCBはANA VISAカードANA Mastercardとは異なり、ソラチカカードを除き、複数の種類のカードを同時に保有できません。

ANA JCB ZERO/JCB一般カード/ワイドカード/ワイドゴールドカード/プレミアムカードのうちどれか一枚のみ持てます。

なお、JCBの場合は、利用による16,500マイルについては、上位カードへの切替時も対象となります。

切り替え前(現在保有)のカード 切り替え後のカード
ANA JCBワイドカード ANA JCBカード プレミアム
ANA JCBワイドゴールドカード
ANA JCB一般カード
ANA To Me CARD PASMO JCB
(ソラチカカード)
ANA JCBカード ZERO
ANA JCBワイドゴールドカード ANA JCBカード プレミアム

その他、キャンペーンの条件のディティールについては、以下で精緻に分析しています。

JCBはANA(全日本空輸)と提携してANAカードを発行しています。普通カード、ANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、ANA プラチナ・...

ザクザクとマイルを得られてお得にフライトすることが可能です。バリューが高い生活を送ることができます。

浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

ANA JCBカード 公式キャンペーン

ANA VISAカード/マスターカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

三井住友カードが発行しているANA VISAカードANA Mastercardは、元気がない状況となっています。

  • ANA VISA/マスター 一般カード:最大1,000マイル
  • ANA VISA Suicaカード:最大1,000マイル
  • ANA VISA nimocaカード:最大1,000マイル
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード:最大1,000マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドカード:最大2,000マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード:最大2,000マイル
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード:10,000マイル

2019年7月19日~10月15日の期間中は、ANA側が開催しているキャンペーンが上乗せされます。

一般カードとワイドカードは+16,500マイル、ワイドゴールドカードとANAカードプレミアムは+21,000マイルが加算されます。

条件はANA搭乗(最大5,000マイル)、50万円のカードショッピング(15,000マイル)、ANA カードファミリーマイルの登録(最大1,000マイル)のみとシンプルです。

この期間中は以下のマイル数を獲得できてファンタスティックです!

  • ANA VISA/マスター 一般カード:最大17,500マイル
  • ANA VISA Suicaカード:最大17,500マイル
  • ANA VISA nimocaカード:最大17,500マイル
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード:最大17,500マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドカード+最大18,500マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード:最大23,000マイル
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード:最大31,000マイル

三井住友カードの申し込みページには上乗せ分のマイル数は明記されていませんが、対象となるのでご安心ください。

ANA一般カードのうち、三井住友カードが発行する以下の5枚はリーズナブルな年会費で維持できます。

マイ・ペイすリボに登録して年1回以上使えば、年会費がSuica・nimoca・TOKYU POINT ClubQは751円(税抜)、VISA/マスター一般カードは1,025円(税抜)まで下げられます。

これらのANA一般カードは毎年1,000マイルの継続ボーナスが1枚ごとにもらえるので、これだけで元は取れます。

多くのクレカを保有することに抵抗がなければ、5枚すべてを発行するのも手です。

公式サイトANA VISA/マスターカード 公式キャンペーン

年間の利用額に応じたステージは、各カードで個別に計算されます。各カードの利用金額を合算することはできません。複数枚持つ場合、利用はどれか1枚に集中するのが望ましいです。

5枚全て発行したら、1マイル約0.93円で毎年5,000マイルが手に入ります。1マイルの価値を2円以上と考えるならお得です。

ANA VISAカード、ANA マスターカード(Mastercard)というクレジットカードがあります。三井住友カードが発行しているANAカードです。豪...

キャンペーンで付与されるANAマイルはお得!

ANAカードのキャンペーンで得られるマイルを活用すると、世界中にフライトすることが可能なので、絶大なパワーがあります。

空を飛ぶANAの飛行機

国内線特典航空券への交換に必要なマイル数は、「旅程区間」と「シーズン」によって異なります。「シーズン」は下表のとおりです。

L(ローシーズン) R(レギュラーシーズン) H(ハイシーズン)
2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21 3/1~3/15、5/7~8/9、8/21~11/30 1/1~1/7、3/16~3/31、4/27~5/6、8/10~8/20、12/22~12/31
2019年 1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20 3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30 1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31
2020年 1/6~2/29 3/1~3/12 1/1~1/5、3/13~3/31

1区間目と2区間目のシーズンが異なる場合は、各シーズン必要マイル数の2分の1を合算します。

国内線特典航空券で利用できるのは普通席のみとなります。もっとも、当日に空席がある場合は、空港でプレミアムクラス料金を支払えばアップグレードできます。

片道(1区間)・往復同区間(2区間)旅程の必要マイル早見表(例)は下表のとおりです。

全旅程の
距離
対象路線 必要マイル数
片道 往復
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、
大島、八丈島、富山、
小松、能登、名古屋、大阪
L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、
福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、
根室中標津、オホーツク紋別、
釧路、函館、青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
601~1,600マイル区間 (上記・下記以外の往復同区間旅程) L 6,000
R 7,500
H 9,000
L 12,000
R 15,000
H 18,000
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪 石垣
大阪 宮古
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京 宮古
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

ANAグループ便の国際線特典航空券は、往復12,000マイルから利用できます。国際線については片道では使えません。

必要マイル数は、出発地と目的地のゾーン、シーズン、搭乗クラスによって決まります。幼児・小児の場合でも、大人と同じマイル数が必要です。

海外の航空会社とは異なり、ANAは特典交換に必要なマイル数に達していない場合、不足分を現金やANA SKY コインなどで補うことはできません。この点はJALも同様です。

国際線特典航空券の必要マイル数は、まず出発地と目的地のゾーンを確認します。

地域(Zone名) 国名・空港名
日本(Zone 1) 日本
韓国(Zone 2) ソウル
アジア 1(Zone 3) 北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、マニラ
アジア 2(Zone 4) シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、ハノイ、 クアラルンプール、プノンペン
ハワイ(Zone 5) ホノルル
北米(Zone 6) ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー、メキシコシティ
欧州(Zone 7) ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル
オセアニア(Zone 10) シドニー

次に搭乗日のシーズンをチェックする流れとなります。L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)の3種類が設定されています。

発着 [日本]-[アジア]
(Zone 2~Zone 4)
日本 - ハワイ
日本 - オセアニア
[日本]-[欧米]
(Zone 6~Zone 7)
L 2018年 1/8~1/31、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/20 1/8~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31 1/8~2/28、4/1~4/25
2019年 1/7~1/25、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/19 1/7~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31 1/7~2/28、4/1~4/25
2020年 1/6~1/14 1/6~2/29 1/6~2/29
R 2018年 2/1~3/31、7/1~8/2、8/21~11/30 3/1~3/31、6/1~7/26、8/21~12/20 3/1~3/31、5/8~7/25、8/21~12/18
2019年 1/26~3/31、7/1~8/1、8/20~11/30 3/1~3/31、6/1~7/24、8/20~12/17 3/1~3/31、5/8~7/24、8/20~12/17
2020年 1/15~3/31 3/1~3/31 3/1~3/31
H 2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、8/3~8/20、12/21~12/31 1/1~1/7、4/26~5/7、7/27~8/20、12/21~12/31 1/1~1/7、4/26~5/7、7/26~8/20、12/19~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、8/2~8/19、12/20~12/31 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31
2020年 1/1~1/5 1/1~1/5 1/1~1/5

2018年~2019年は、ハワイ発1/1~1/2の期間には利用できません。ただし、ファーストクラスおよびビジネスクラスには、利用できない期間はありません。

例えば日本から外国への往復をANAマイルでフライトする場合、往復の国際線特典航空券に必要なマイル数の一覧は下表のとおりです。

目的地 シーズン エコノミー プレエコ ビジネス ファースト
韓国
(Zone 2)
L 12,000 - 25,000 -
R 15,000 - 30,000 -
H 18,000 - 33,000 -
アジア 1
(Zone 3)
L 17,000 - 35,000 -
R 20,000 - 40,000 -
H 23,000 - 43,000 -
アジア 2
(Zone 4)
L 30,000 46,000 55,000 105,000
R 35,000 51,000 60,000 105,000
H 38,000 54,000 63,000 114,000
ハワイ
(Zone 5)
L 35,000 53,000 60,000 120,000
R 40,000 58,000 65,000 120,000
H 43,000 61,000 68,000 129,000
北米
(Zone 6)
L 40,000 62,000 75,000 150,000
R 50,000 72,000 85,000 150,000
H 55,000 77,000 90,000 165,000
欧州
(Zone 7)
L 45,000 67,000 80,000 165,000
R 55,000 77,000 90,000 165,000
H 60,000 82,000 95,000 180,000
オセアニア
(Zone 10)
L 37,000 54,000 65,000 -
R 45,000 62,000 75,000 -
H 50,000 67,000 80,000 -

一例として日本から香港や台湾に行く場合はZone1→Zone3になるため、ビジネスクラスの必要マイル数はローシーズン35,000マイル、レギュラーシーズンが40,000マイル、ハイシーズンは43,000マイルです。

日本→台北(桃園・松山)の往復運賃は、2019年4月に3ヵ月後の7月(レギュラーシーズンの日程)を予約する場合は、「Value Plus」(予約変更不可)の最安値で132,000円かかります。この場合、1マイルの価値が約3.30円となります。

その他、2019年4月に3ヵ月後の7月を予約する場合、ビジネスクラスの運賃最安値と、交換に必要なマイル数の比較は下表のとおりです。

Zone 目的地 シー
ズン
必要
マイル数
航空運賃
(最安値)
1マイル
の価値
Zone 2 ソウル R 30,000 113,000 3.77円
Zone 3 香港 R 40,000 141,000 3.53円
Zone 4 バンコク R 60,000 204,000 3.40円
Zone 5 ホノルル R 65,000 281,000 4.32円
Zone 6 ロサンゼルス R 85,000 436,000 5.13円
Zone 7 ロンドン R 90,000 497,000 5.52円
Zone 10 シドニー R 75,000 301,000 4.01円

目的地や時期によってお得度は変わってきますが、マイルを国際線のビジネスクラスと交換する場合は、おおよそ1マイル4円程度の価値、控えめに厳しく見積もっても1マイル3円の価値はあると考えます。

つまり、ANAカードで獲得したANAマイルをビジネスクラスで使ったら、なんと実質的な還元率は3~4倍に跳ね上がると評価できます。

マイルでファーストクラスに乗ると、ビジネスクラス以上に1マイルの価値が跳ね上がります。

2019年4月(ホノルルのみ8月)に3ヵ月後を予約する場合、ファーストクラスの運賃最安値と、交換に必要なマイル数の比較は下表のとおりです。

Zone 目的地 シー
ズン
必要
マイル数
航空運賃
(最安値)※
1マイル
の価値
Zone 4 シンガポール R 105,000 938,000 8.93円
Zone 5 ホノルル R 120,000 500,620 4.17円
1,528,620 12.74円
Zone 6 ロサンゼルス R 150,000 860,000 5.73円
1,677,000 11.18円
ニューヨーク R 150,000 1,135,000 7.57円
2,271,000 15.14円
Zone 7 パリ R 165,000 1,240,000 7.52円
2,900,000 17.57円

※日程によって最安値が大きく異なる場合は複数掲載

比較的近距離のシンガポールでも1マイル8円、遠距離の欧米ですと日程によっては1マイルが11~17円に鋭角に上昇します。

マイルの価値を最大限に高めるのを重視するならば、頑張ってマイルを貯めてファーストクラスの航空券と交換するのがベストですね。

空港で楽しく過ごす家族

今回のANAカードのキャンペーンは、なんと2人でハワイに往復できる水準です。夫婦や恋人で楽しく無料でハワイまで行けるのは素晴らしいですね!

エコノミークラスならヨーロッパまで行けますし、もう少しマイルを加算すればアメリカ本土にもフライトできます。

ハワイ、アメリカ本土のビジネスクラスに搭乗することも可能です。

ハワイのビーチ海外のニューヨークで手を合わせて広げる日本人の仲間

すでにANAカードを持っている方でも、別のカード会社が発行しているANAカードに新規入会した場合、入会キャンペーンの対象となります。

JALカードのキャンペーンは最初の1枚のみなので、この点はANAカードにエッジ・優位性があります。

すでに持っているANAカードと違う券種を新規発行した場合は対象になります。

ANAカードのキャンペーンまとめ

全日本空輸(ANA)は、300社を超える航空会社を対象に評価・表彰を行うワールド・エアライン・アワードで3年連続で世界3位となっています。

また、SKYTRAX社のワールド・エアライン・レーティングにて世界最高評価「5スター」を7年連続で受賞しています。

以前ANAに取材して、ANAの安全運航に対する取り組み、搭乗までのサービス、ANAカードのお得な仕組みを伺いました。以下にまとめています。

ANAに取材する機会があり、飛行機の出発と到着、そこでなされている取組み、空港でのサービス、空港のオフィスでのお仕事について伺っ...

ANAカードは最高峰のフライトを誇るANAにお得に搭乗するために大活躍してくれるクレジットカードです。

羽田空港に駐機するANAの飛行機

ショッピングマイル、フライトボーナス、継続ボーナス、アドオンマイルなど、カード利用でザクザクとANAマイルがたまる仕組みがあります。

世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

虎に翼、弁慶に薙刀の威力があり、優美なスペックが燦然たる輝きを放っています。トラベルの真髄を極める究極のエレガンスが手に入ります。

マイルを活用することで、まだ見ぬ世界、新しい地平へ雄飛することが可能になります。お得に旅行することが可能になり、人生を豊かに彩ることができます。

人気路線のハワイ・ビジネスクラスは特典航空券の予約が難しいのが難点ですが、2019年春に大型機のエアバスA380が就航し、特典航空券の枠も拡大されています。

手荷物(スーツケース)のカートを押して空港を移動する家族ハワイ ハワイ旅行の朝食

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧:ホノルル国際空港)には、「ANA SUITE LOUNGE」および「ANA LOUNGE」が設置されて、ビジネスクラスでの旅行がより一層快適になります。

ANAカードの入会キャンペーンで獲得したマイルを使って、ビジネスクラスでハワイにフライトするのはスペシャルですね。

楽しいハワイ旅行を具現化する素晴らしいキャンペーンです。もちろん、それ以外の地域や日本国内でも特典航空券でフライトできます。

ANAカードは世代を超えて愛される傑出した航空系カードマイルが貯まるクレジットカードであり、順風満帆・視界良好で新しい世界へ雄飛する機会を手に入れられます。

お得なキャンペーンを開催しているこの機会に、ぜひANAカードにご入会してみてはいかがでしょうか。

過去のキャンペーン

以下ではご参考までに、過去にANAカードが開催していたキャンペーンについて掲載します。

2019年5月頃~7月18日

  • ANAダイナースカード:最大64,000マイル
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:最大50,000マイル
  • ANA JCBカード:最大33,400マイル
  • ANA VISA/マスターカード:最大10,000マイル

2019年1月15日~4月30日

この時期はANA側が開催しているキャンペーンが上乗せされました。

一般カードは+16,000マイル、ワイドカードは+16,500マイル、ゴールドカードは+18,000マイル、ANAカードプレミアムは+21,000マイルが加算されます。

条件は新規入会・参加登録(カードによって相違)、50万円のカードショッピング(15,000マイル)、ANA カードファミリーマイルの登録(最大1,000マイル)のみとシンプルです。

ANAカードの入会キャンペーン(2019年1月15日~5月31日)

例えばANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの場合、この期間中は以下のマイル数を獲得できてファンタスティックです!

  • ANA VISA/マスター 一般カード:最大17,000マイル
  • ANA VISA Suicaカード:最大17,000マイル
  • ANA VISA nimocaカード:最大17,000マイル
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード:最大17,000マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドカード+最大18,000マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード:最大20,000マイル
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード:最大31,000マイル

三井住友カードの申し込みページには上乗せ分のマイル数は明記されていませんが、対象となるのでご安心ください。

また、2019年2月1日~4月30日は「ANA VISA nimocaカード 1周年記念キャンペーン」が開催されていました。

参加登録して25万円(税込)以上利用すると、もれなく1,000ボーナスマイルがプレゼントされます。また、nimocaのオートチャージを利用した方の中から、抽選で150名に500nimocaポイントが当たります。

アメックス、ダイナースもゴージャスでした。

  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード:最大40,000マイル
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:最大60,000マイル
  • ANAダイナースカード:最大82,000マイル

4月30日までの期間中は、ANA JCBカードの入会キャンペーンが過去最大級に豪華でした。

カード名 マイル
入会(ANA) 入会
(上乗せ)
ファミリーマイル 利用
(ANA等)
Web明細 利用
(JCB)
合計
ANA JCB 一般カード 1,000 500 500 15,000 1,200 19,500 37,700
ANA To Me CARD PASMO JCB 1,000 500 500 15,000
(+α)※
1,200 19,500 37,700
ANA JCBカード(学生用) 1,000 500 500 15,000 1,200 19,500 37,700
ANA JCB ZERO - 500 500 15,000 1,200 19,500 36,700
ANA JCB ワイドカード 2,000 1,000 500 15,000 1,200 19,500 39,200
ANA JCB ワイドゴールドカード 2,000 2,000 1,000 15,000 4,500 19,500 44,000
ANA JCBカード プレミアム 10,000 5,000 1,000 15,000 6,000 19,500 56,500

※2019年5月31日までにPASMOオートチャージ利用で500メトロポイント

2018年10月~11月

2018年10月~11月31日は、ANAカードでワイドゴールドカード、プレミアムカードの大型キャンペーンが開催されています。

ANAカードのキャンペーンは、ANAカード、クレジットカード発行会社がそれぞれ提供している内容の合計マイルを獲得できます。

この中で今回はANAが特別にマイルを上乗せして大放出しており、まさに黄金の橋が開通という様相を呈しています。

カードタイプ 通常 2018年10月~11月 通常と比較したお得度
ANAワイドゴールドカード 2,000 20,000 +18,000マイル
(通常の10倍)
ANAプレミアムカード 10,000 31,000 +21,000マイル
(通常の3.1倍)

こうして比較するとメガトン級のインパクトがあるのが一目瞭然ですね。

なお、同時期に複数枚申し込んだ場合、18,000マイル/21,000マイルの上乗せ分は1枚のみです。

条件 ANAワイドゴールドカード ANAプレミアムカード
入会で自動的に付与(通常と同一) 2,000 10,000
入会&ANAキャンペーン参加登録 2,000 5,000
入会カードの30万円(税込)以上の利用 15,000 15,000
入会カードをプライム会員として
ANAカードファミリーマイルに登録
1,000 1,000
合計 20,000 31,000

ANAカードファミリーマイル」とは、家族でANAマイルを共有できる制度です。ANAカード会員限定のサービスで無料で登録できるのでメリットしかありません。

ただし、既に登録済みの方は、ANAカードファミリーマイルの1,000マイルのみは対象外となります。

家族カード利用分、公共料金、ETC、iDQUICPayApple Pay含む)、Google PayのQUICPayは利用金額に算入されます。楽天EdySuicaPASMOnanaco等の電子マネーチャージは対象外です。

なお、既に持っているANAカードを解約して、同一カードに申し込んだ場合は、キャンペーンの対象外です。

現在のANAカードのキャンペーンで特におすすめなのは、年会費とコスパのバランスが良好なANAワイドゴールドカードのキャンペーンです。

  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:最大78,000マイル
  • ANAダイナースカード:最大77,000マイル
  • ANA JCBワイドゴールドカード:最大41,000マイル
  • ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード:最大20,000マイル

ANAアメックス

アメリカン・エキスプレス発行のANAアメックスは、一般カード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードのいずれもお得なキャンペーンを開催しています。

  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード:最大40,000マイル
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:最大60,000マイル(アメックス6万+ANA1.8万マイル)
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード:最大80,000マイル(アメックス8万+ANA2.1万マイル)

条件は一定期間のカード利用などであり、いずれも条件のハードルは高くなく満額のマイルを獲得できます。

条件の利用金額に届かない場合は、Amazonギフト券の購入で達成することが可能です。

ただし、上位カードへの切り替えの場合は、キャンペーン対象外となります。

キャンペーンの条件の詳細については、以下で徹底的に解説しています。

ANAアメックス、ANAアメックス・ゴールド、ANAアメックス プレミアムカードというクレジットカードがあります。アメックスがANAと提携...

ANAダイナースカード

三井住友トラストクラブ発行のANAダイナースカードは、最大77,000マイルのお得な入会キャンペーンを開催しています。

1マイル2円換算だとなんと154,000円相当のファンタスティックなキャンペーンです。

ANAダイナースカードの入会キャンペーンで獲得できるマイル・条件をまとめると下表のとおりです。

期日 アクション ボーナス 利用分 合計
2018年11月30日 新規入会の申込完了 - - -
2018年12月31日 ANAダイナースカードが発行 2,000 - 2,000
カード入会の
3ヶ月後の月末
50万円利用 15,000 5,000 20,000
更に50万円利用(通算100万円) 28,000 5,000 33,000
50万円利用&家族カード・ビジネスアカウントカード発行 4,000 - 4,000
合計(最大) 59,000

更にANAワイドゴールドカード共通のキャンペーンで18,000マイルが上乗せされて、合計で77,000マイルを獲得できます。

各条件の詳細については、以下で丹念に論述しています。

ANAダイナースカードというクレジットカードがあります。ダイナースクラブがANAと提携して発行しているクレジットカードです。年会費...

2017年のキャンペーンは最大46,000マイルだったので、今回は+31,000マイルでバリューが高いです。

ANA JCBカード&ソラチカカード

株式会社ジェーシービー発行のANA JCBカードは入会で大量のANAマイルが得られるキャンペーンを開催しています。

カード名 マイル
入会(ANA) 入会・利用(ANA) 搭乗 利用 合計
ANA JCB 一般カード 1,000 - 1,200 16,500 18,700
ANA To Me CARD PASMO JCB 1,000 - 1,200 16,500 20,200
ANA JCBカード(学生用) 1,000 - 1,200 16,500 18,700
ANA JCB ZERO - - 1,200 16,500 17,700
ANA JCB ワイドカード 2,000 - 1,200 16,500 19,700
ANA JCB ワイドゴールドカード 2,000 18,000 4,500 16,500 41,000
ANA JCBカード プレミアム 10,000 21,000 6,000 16,500 53,500

ANAカードのお得なキャンペーンを活用すると家計が頑健化します。お得にフライトでき、生活を豊かに彩ることが可能になります。

-ANAカード, ANAマイル, キャンペーン
-

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.