アメックスグリーンにメタルカードは導入?日本と米国を解説!2019

更新日: アメックス

アメックスグリーン

アメックスプラチナ、ビジネスプラチナには、日本とアメリカの両方でメタルカードが導入されています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、ビジネス・ゴールド・カードは、米国では金属製カードが導入されていますが、日本では未導入となっています。

ではアメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)はどうなっているのか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでアメックスグリーンにメタルカードが導入されるか否かについて、日本とアメリカの最新情報を解説します。

結論から述べると、米国でアメックスグリーンのリニューアルがありましたが、金属化しなかったので、今後しばらくは日米ともにプラスチック製カードのままとなります。

米国のアメックスグリーンのリニューアル内容

2019年10月24日に、米国発行のアメックスグリーンのリニューアルが発表されました。

券面の変更、特典の拡充、年会費の値上げがあり、恒例のベネフィット拡充&年会費の値上げがセットとなりました。

  • 年会費95ドル→150ドルにUP(既存会員は2020年1月1日以降の更新日から)
  • 旅行でのポイント3倍特典(フライト、ホテル、トランジット、タクシー、ライドシェアリングサービスが対象)
  • 世界中のレストランでのポイント3倍特典
  • 100ドルのCLEARクレジット(CLEARの支払いを行ったら1年あたり100ドル値引き)
  • 100ドルのLoungeBuddyクレジット(ラウンジへのアクセス購入で1年あたり100ドル値引き)

トラベルがコア・バリューであるアメックスらしく、旅行関連の特典が拡充。なんとポイント3倍とパワフルな還元率となります。

また、特定の空港やスタジアムで、目と指先でセキュリティを迅速に通過できる「CLEAR」、ラウンジを使える「LoungeBuddy」がお得になります。

更に米国内だけではなく世界中のレストランでもポイント3倍となり、ザクザクとメンバーシップ・リワードのポイントを得られます。

しかし、メタルカードの導入はありませんでしたので、今後しばらくはアメックスグリーンに金属製カードは加わりません。

なお、日本発行のアメックスグリーンについては、以下で精緻に分析しています。

アメリカン・エキスプレス・カード(AMERICAN EXPRESS CARD)というクレジットカードがあります。アメックス・グリーンと呼ばれています...

アメックスグリーンの新しいカード券面

アメックスグリーンの新券面

アメリカン・エキスプレスは、海洋プラスチック汚染対策のより広範な取り組みの一環として、新しいカード素材を導入しました。

ニュー・アメックス・グリーンは、主に海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」が、ビーチ・島・沿岸コミュニティから回収した再生プラスチックで作られています。

アメックスは環境汚染対策にも向き合っており、持続可能な地球環境の構築にも貢献しています。

やはり経済成長や今住んでいる人々の快適な生活も大事ですが、美しい地球を将来に渡って維持していくのも重要ですね。アメリカン・エキスプレスの取り組みは素晴らしいと考えます。


金属製カードの候補

残念ながら年会費が安いアメックスカードであるアメックスグリーンには、今後しばらくはメタルカードが導入されない可能性が極めて高くなっています。

金属製カードを希望の方向けに、日本で入手可能な金属製クレジットカードについて掘り下げて解説します。

日本で発行されているメタルカード

現在、日本では個人向けカードは5枚、ビジネスカードでは1枚の金属製メタルカードが発行されています。

クレジットカード名 年会費(本会員) 年会費(家族会員)
ラグジュアリーカードMastercard Titanium Card 50,000円 15,000円
ラグジュアリーカードMastercard Black Card 100,000円 25,000円
アメックス・プラチナ 130,000円 4名無料
ラグジュアリーカードMastercard Gold Card 200,000円 50,000円
アメックス・センチュリオン 初年度:850,000円
2年目以降:350,000円
配偶者無料
その他4名はプラチナ・カード無料
アメックス・ビジネス・プラチナ 130,000円 4名無料(従業員向け)

このうちアメックスセンチュリオンはインビテーション制であり、入手は困難を極めるので、現実的なのは他の5枚となります。

アメックスのブラックカードであり、世界中でも最高峰のクレジットカードは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」で...

なお、ラグジュアリーカード ゴールドは個人向けカードはインビテーション制ですが、ビジネスカードなら自己申し込みが可能です。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

アメックス・プラチナについては、アメリカ以外の国においては、日本は世界的にも早くメタルカードが導入されました。試験導入のオーストラリア以外では、日本が世界2位のスピードです。

おそらく金属製のラグジュアリーカードが日本に上陸していることから、その対抗措置でしょう。

ラグジュアリーカード(ブラック)とラグジュアリーカード(ゴールド)

実際に私自身、ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカードをフル活用していますが、金属製の上質の質感はファンタスティックです。

プラスチック製のクレジットカードは、いくら素晴らしいカードでも「所詮プラスチック」という感覚すら浮上するのが恐ろしい程です。

アメックスゴールドは日本に導入される可能性あり

アメックス・ゴールドのメタルカード

米国発行のアメックスゴールドにはメタルカードが導入されています。

アメリカからビッグニュースが飛び込んできました。アメリカン・エキスプレスがプラチナ・カードに続いて、米国発行のアメックスゴー...

アメックスのカード券面は原則として世界共通となっていることから、日本でもアメックス・ゴールドにメタルカードが導入される可能性があります。

ただし、アメックスビジネスゴールドは日本では採用が見送られましたので、アメックスゴールドも同様になるリスクが存在しています。

アメリカでアメリカン・エキスプレスがビジネス・プラチナ・カードに続いて、米国発行のアメックスビジネスゴールドにもメタルカード...

アメックスカードならプラチナ・カードが有力

日本でもプラチナ・カードは既に金属化しているので、メタル・アメックスカードがいい場合は、アメックスプラチナが最有力候補。確実に金属製カードをゲット可能ですよ!

アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードは、驚くほどの活気に満ち溢れた雄大なスケール感を有しており、無類の個性が光っています。

バリューの雨を降らせるレインメーカーであり、アメックスの上級カードならではのメリットが満載のクレジットカードです。

類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があり、キラリと光るエクセレントな魅力が燦然たる輝きを放っています。

アメックスプラチナのベネフィットガイドの最初の1ページ

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマであるプロ中のプロが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメックス・プラチナは突き抜けたベネフィットを誇っているスター・プラチナ・カードです。星の白金であり、「オラオラ」の威力があります。詳細は以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(AMEX PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・プラチナと呼ばれていま...

類稀なプラチナ・エクスペリエンスが可能になり、白金の風が巻き起こります。

クレジットカードの真髄を極める垂涎のベネフィットを享受できます。得られる特典に鑑みると年会費を上回る価値があります。

アメックスの上級カードである「アメックスプラチナ」は、年会費が高いものの、根強い人気があります。充実の特典、上質の素材、高い...

アメックスの本社でのプラチナ・カードの説明会に参加して、プロダクトのご担当者、コンシェルジェの方に話を聞いたところ、実直で素晴らしく他にはない、唯一無二の魅力があると感じました。

 アメックスのプラチナ・カードが2018年10月にメタルカードを導入して、2019年4月8日からはインビテーション制から、インビを待たずに...

2019年4月8日からはインターネットでアメックス・プラチナの自己申し込みが可能になりました。

ただし、会員数が急拡大してコンシェルジェの対応が間に合わなくなった場合は、一時的に制限することも検討されています。今が入会のチャンスとなっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

年会費を抑えたい場合はラグジュアリーカード

アメックスプラチナのデメリットは、130,000円(税抜)という高額の年会費です。

もう少しコスト負担を抑えたい場合は、ラグジュアリーカードが有力候補となります。

24金製のゴールドカードはアメックスプラチナより高価ですが、その他2券種はリーズナブルになっています。

カード名 年会費(税抜)
本会員 家族会員
チタンカード 50,000円 15,000円
ブラックカード 100,000円 25,000円
ゴールドカード 200,000円 50,000円

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製クレジットカードです。「ブラックカード」の商標も保有しています。

ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカード

チタンカードはブラッシュドステンレススチール&カーボン、ブラックカードはステンレススチール&カーボン(マットブラック)、ゴールドカードは24金の純金コーディング&カーボンが用いられています。

金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティです。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

純金コーティングの素材力を遺憾なく発揮しており、光に反射してキラキラと輝いてゴージャスです。光の当たり具合で表情が変化してラグジュアリーです。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)お財布の中で光り輝くラグジュアリーカード(ゴールドカード)

特典・カードの材質に徹底的にこだわっており、魅力的なクレカになっています。「神は細部に宿る」を体現するクレジットカードです。

ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中でも至高の...
ラグジュアリーカードはダイニング特典が充実しており、ダイナースやアメックスにもないサービスが充実しています。その中の一つが「L...

銀座小十などの高級店でリムジン送迎サービスを使えて、卓越したホスピタリティで快適に帰宅できます。

ラグジュアリーソーシャルアワーではリーズナブルな料金でワイン等を堪能でき、コース料理1名分無料サービスのLuxury Diningもあります。

以前にはレーシングドライバーのレジェンド、佐藤琢磨さんにラグジュアリーカードの魅力について聞きました!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカードには、Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)という特典があります...

ブラックカード以上のラグジュアリーカードのコンシェルジュは、メールでの依頼が可能である点にエッジ・優位性があります。

プラチナカード・ブラックカードに定番のサービスが「コンシェルジュ」です。基本的には電話でのやり取りとなります。回答はメールOK...

実際に多様な案件を依頼したところ、ラグジュアリーカードのコンシェルジュには大満足でした。他のプラチナカード・ブラックカードと比較して秀逸です。

ラグジュアリーカードには、24時間365日対応のコンシェルジュがあります。「Luxury Card Concierge」という名前です。ブラックカード...

ラグジュアリーカードのコンシェルジュのメール対応については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、Mastercard Titanium cardを「尊敬の念を感じる」と言わせるカードと高く評価しています。

なんと最新クレジットカード&電子マネー&ポイント攻略ガイドで、「今持つべき最旬カード」第1位に選定されています。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

プライオリティパスVIP HOTEL & TRAVELThe Ryokan CollectionCLASS ONE名医紹介サービス往復3個の手荷物無料宅配などトラベル特典も充実しています。

TOHOシネマズの映画館無料特典をフル活用する場合は、年会費を上回るお得さがある稀有な高級カードです。使わなくてもお得なクレジットカード年会費を取り戻せるプラチナカードの筆頭です。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

Luxury CardのTOHOシネマズの無料特典に関しては、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも絶賛しています。

ラグジュアリーカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

2017年11月からは法人代表者・個人事業主向けのビジネスカードも登場しました。

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)は、2017年11月から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。「法人口...

その他、新生銀行のプラチナ会員国立美術館LUXURY MAGAZINEカフェワインバー優待、シャンパンボトル1本無料優待プライベートジム優待EARTH家事代行フラワーギフトなど充実の特典があります。

ブラックカード以上だとハワイアン航空の上級会員資格、名医紹介サービスウェルカムギフトも利用できます。

ラグジュアリーカードの特徴、3種類のカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

新生銀行グループのアプラスは「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)を発行しています。富裕層向けクレジットカード会社「Black Card...
「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)というクレジットカードがあります。特許技術による金属製、Mastercard最上級の「ワールドエリ...

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードが日本に上陸して、金属製のMastercardのワールドエリートであることから...

以前にラグジュアリーカード日本支社の林 ハミルトン 代表取締役社長に取材しました。充実の特典、イベントなど、Luxury Cardについて色々と聞き倒しています!

ラグジュアリーカードというMastercard最上級のワールドエリート・マスターカードがあります。彗星のごとく現れて日本でも一気にアメ...

実際に使ってみて年会費を上回る価値があると確信しています。ラグジュアリーカードがある生活は優美でエレガントです。

ブラックカードは、マットな質実剛健さがスラムダンクのように力強く、蝶のように舞い蜂のように刺す「黒のカリスマ」です。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高の輝きの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

MastercardのWorld Eliteのステータス、豊富な各種特典、上質の素材に魅力を感じる方にとって、ラグジュアリーカードは有力候補となります。金属製のクレジットカードは稀有でエッジ・優位性があります。

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

レストランでの食事後に送迎車で帰宅できる独自特典を利用したい場合、交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)、美術館の企画展・常設展、24金仕上げの素材などを重視する場合などは、ゴールドカードが候補となります。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、「Mastercard Gold Card」の下の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカードのビジネスカードの申し込みページ

そして、「ご招待制となっております」の下にある「法人のお客様(個人事業主・法人代表者)」を選択しましょう。

ラグジュアリーカード(ゴールド)のビジネスカードの申込画面

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

公式サイトラグジュアリーカードの詳細

-アメックス

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.