快挙?米国より先に日本でアメックスビジネスプラチナの券面がリニューアル!

更新日: アメックス 法人カード

アメックスビジネスプラチナ

日本でアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの券面がリニューアルされました。

米国AMEX発行のアメックスビジネスプラチナはまだなので、アメリカより日本の方が早くカードフェイスが切り替わるという快挙を成し遂げました。

これまでは常に日本のアメックスはアメリカの後塵を拝してきました。アメックスグリーンもゴールドもプラチナも、ビジネスゴールドも米国が先で日本は後。

やはり本国のアメックスの方が優先されるのは致し方ない部分があります。しかし、この度は日本の方がいち早く切り替わりました!

アメックスのカードフェイスは基本的にはずっと同じであり、四辺のうち3辺は幾何学模様、畳縁のようなデザイン、下部は「AMERICANEXPRESS」という小さい文字で覆われています。

カード中央にはアメックスを象徴するセンチュリオンが君臨。そして、カード上部には「AMERICAN EXPRESS」、左下に名前、右下に「MEMBER SINCE」というデザインとなっています。

しかし、細部のディティール・色は定期的に微妙な変化を続けており、現在もデザインのリニューアルが進行しています。

日本発行カードではアメックスゴールドは旧タイプ、アメックスビジネスゴールドは新タイプとなっています。

アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールド
(上がリニューアル前、下がリニューアル後)

もちろんリニューアルはビジネスカードに限った話ではありません。米国では「The Platinum Card」は従来型ですが、「American Express Green Card」は新バージョンとなっています。

米国発行のアメックスグリーンとアメックスプラチナ
(上がリニューアル前、下がリニューアル後)

リニューアルの特徴

  • 周囲の模様が細くなった
  • 中央上部の「AMERICAN EXPRESS」という文字幅が圧縮
  • センチュリオンが微笑のような表情からキリッと引き締まった表情に変化
  • MEMBER SINCEの位置がより一層、右寄りに移行
  • センチュリオンの兜・服の細かい模様・線の太さが変化

日本で新バージョンに移行しているのは、これまでアメックスビジネスゴールドのみでしたが、この度はアメックスビジネスプラチナが切り替わりました!

米国発行の「The Business Platinum Card」はまだ従来のままなので、日本の方がアメリカより早いという歴史的な快挙を成し遂げています。

左が日本、右が米国

日米のアメックスビジネスプラチナ

ビジネスプラチナカード特有の変化としては、「BUSINESS」という文字が右寄りから中央になり、MEMBER SINCEの模様が加わりました。

個人的には「AMERICAN EXPRESS」の文字は従来の方がよかったかなという印象です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(アメックス・ビジネス・プラチナ)

アメックス・ビジネス・プラチナ・カードは、他社基準などブラックカード級の最上級ビジネスカードです。

主なメリット

特にトラベル関連特典は圧巻の内容であり、他社のクレジットカードではブラックカード級のサービスとなっています。

アメックスのコンシェルジェの航空券手配については、クレジットカードの専門家・菊地崇仁さんも高く評価しています。

クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマであるプロ中のプロが、アメックスのコンシェルジェの航空券手配について高く評価なさっています!

プラチナカード、ブラックカードならではのサービスとして、コンシェルジュがあります。ただし、今ひとつ何を頼めるのか、わからない...

アメックス・ビジネス・プラチナの詳細については、以下で徹底解説しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードというクレジットカードがあります。アメックス・ビジネス・プラチナと呼ばれ...

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード」は、アメックスビジネスカードをまだお持ちの方でない場合、紹介でのご加入だとボーナスポイントを得られてお得です。

私もご紹介可能なので、お気軽に問い合わせフォームか、「matsunosuke_thegoal☆yahoo.co.jp」(※☆→@)へのメールでご連絡ください。24時間以内にご返信します。

メールのやり取りがあれば紹介プログラムが利用でき、実名・住所・電話番号などの個人情報は不要です。

3種類のアメックスのビジネスカード

3種類のアメックス・ビジネスカードの相違点については、以下で精緻に比較しています。

個人事業主となって事業を開始したり、法人を設立したら、ビジネスカードないし法人カードの作成が検討課題となりますね。その中でも...

アメックスビジネスプラチナの審査基準は緩く、帝国データバンクに登録すらされていないような中小企業で創業1年程度でも問題なく作成できます。

株主優待の名義を増やすために法人を設立しました。家族名義で複数個の優待をゲットするのが株主優待の基本的テクニックの一つです。...

-アメックス, 法人カード

© 2014-2020 The Goal