アメックスビジネスセンチュリオン(米国版)を解説!年会費・特典・インビテーションまとめ

更新日: クレジットカード アメックス 法人カード

アメックスセンチュリオンのビジネスカード

日本にはアメックスビジネスセンチュリオンはありませんが、米国のアメリカン・エキスプレスはビジネス・センチュリオン・カードを発行しています。

圧巻のカードスペック、豪華なウェルカムギフト、唯一無二のチタン製、驚異的なオーラ・高級感が魅力的なクレジットカードです。

アメリカのアメックスビジネスセンチュリオンについて、実際に保有者の方から話を聞いた経験に基づいて解説します。

年会費

アメックスビジネスセンチュリオンの入会時の挨拶

アメックスビジネスセンチュリオンの基本会員の年会費は、個人向けのアメックスセンチュリオンと同様です。

以下、日本円の金額については、1米ドル110円換算で計算します。

  • 初年度:10,000 USD(1,100,000円)
  • 2年目以降:2,500 USD(275,000円)

追加カード会員もセンチュリオン券面のチタン製カードを2枚まで発行できますが、年会費は1人あたり2,500ドルと本会員と同額です。

なお、アメックスビジネスセンチュリオンの年会費は、2倍に値上げ予定となっています。

2,500ドル→5,000ドル(275,000円→550,000円)

7,500ドルの入会金には変化がないので、今後は初年度12,500ドル、2年目以降は5,000ドルとなります。

ビジネスセンチュリオンカード特典

アメックスビジネスセンチュリオン

アメックスビジネスセンチュリオンは、法人カード個人事業主向けカードの中で、最高峰のクレジットカードらしく、圧巻のベネフィットが付帯しています。

日本発行センチュリオンにはない特典

  • デルタ スカイマイル プラチナメダリオン
  • ホテル・メンバーシップにはRelais&Châteaux 5Cがあり
  • センチュリオンホテルプログラム
  • Gogo inflight Wi-Fi
  • センチュリオンオートプログラム :高級車の購入、豪華なレンタル、多様な運転体験
  • 4年ごとにグローバルエントリ (100ドル)or TSA PreCheck優先スクリーニング(85ドル)のクレジット
  • 200ドルの航空料金クレジット
  • 対象国際航空券のビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレード
  • プレミアムロードサイドアシスタンス
  • センチュリオンショッピングプログラム :高級ブランド向けの限定オファー
  • センチュリオンワイン:ナパでのプライベートツアーやテイスティングへのインサイダー
  • ケンタッキーダービー、コーチェラVIPチケット、グランプリデモナコ、ウィンブルドンクラブエクスペリエンスなどの限定セールやイベントへのアクセス

とりわけデルタ航空のプラチナメダリオンの資格を得られるのがゴージャスですね!

デルタ航空プラチナメダリオンの画面

日本で例えるとANAステータスにおけるプラチナや、JALステータスのJMBサファイアを得られるようなものですから、極めて豪華絢爛な特典です。

日本で発行されているアメックスセンチュリオンと共通の特典も存在しています。

共通特典

中でも大きなメリットは、ヒルトン・オナーズのダイヤモンド会員資格です。

スイートルームへのアップグレード、エグゼクティブラウンジ無料、朝食無料、ヒルトンのポイント+100%、高速なプレミアムWi-Fiと至れり尽くせりの特典が付帯しています。

ヒルトン・オナーズのダイヤモンドの画面 

また、IHGリワーズクラブ プラチナも使い勝手が抜群に良好です。

IHGプラチナエリートの画面

日本のアメックスセンチュリオンと共通の特典については、以下で徹底的に解説しています。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(Amex Centurion)というクレジットカードがあります。アメックス センチュリオンと...

ウェルカムギフト

アメックスビジネスセンチュリオンのカード本体は、豪華な黒一色の箱で送られてきます。

アメックスビジネスセンチュリオンの箱

箱裏面の中央はAMEXのロゴかと思いきや、不思議と何も書かれていない四角があるだけとなっています。

アメックスビジネスセンチュリオンの箱の裏面

箱を開けると「CENTURION」のかっこよすぎる文字が目に入りました。上に書類、下にウェルカムギフトとカード本体が入っています。

アメックスビジネスセンチュリオンの箱の中身

ただ単に「CENTURION」という文字とアメックスのロゴが書かれているだけの白い封筒も、不思議と絵になります。センチュリオンの魔力は恐ろしい。

アメックスビジネスセンチュリオンの封筒

センチュリオンのウェルカムキットの中に入っている小さい箱を開けると、TOM FORD(トムフォード)のカードケースがあり、そこにアメックスセンチュリオンが入っています。

アメックスビジネスセンチュリオンのウェルカムギフトとカード本体

挨拶文にはCEOの直筆っぽいサインがあります。日本のアメックスセンチュリオンは副社長なので、アメリカの方がより偉い方が担当しています。

TOM FORDのカードケースは本革で高級感があり、フル活用できるクオリティでした。素晴らしいウェルカムギフトです!

ちょうどアメックスのセンチュリオンの顔が少し出るデザインとなっています^^

TOM FORDのカードケースとアメックスビジネスセンチュリオン アメックスビジネスセンチュリオンが入ったTOM FORDのカードケース

カードフェイスは地球最高峰のカッコよさ

アメックスビジネスセンチュリオンのメリットとしては、特典もさることながらカッコよさ・高級感も大きな魅力の一つです。

アメックスビジネスプラチナと比較すると、やはりセンチュリオンカードの方が抜群に上質。黒のカリスマという様相を呈しています。

アメックスビジネスプラチナとアメックスビジネスセンチュリオン

アメックスビジネスセンチュリオンはチタン製なので、金属製クレジットカードであるにもかかわらず、軽くて持ちやすくなっています。

光が当たる角度によってキラキラと光る度合いが変化して、「AMERICAN EXPRESS」という文字とセンチュリオンの表情が変わるのもユニークです。

アメックスビジネスセンチュリオンを手に取ったシーン

カード裏面の署名欄にはセンチュリオンが鎮座していますよ!

アメックスビジネスセンチュリオンの裏面アメックスセンチュリオンの裏面の署名欄

カードを落とすとチャリンという金属音がなり、小気味好い素材感があります。

アメックスプラチナのメタルカードアメックスビジネスプラチナのメタルカードは、あまり金属感がありませんが、センチュリオンは金属全開です。

アメックスビジネスセンチュリオンは、プラチナ・カードより遥かに上質の金属が利用されているのが、金属音からも一目瞭然です。

他のブラックカードであるダイナースプレミアムJCB THE CLASSと比較しても、群を抜いた高級感があり、オンリー・ワン、スペシャル・ワン、エアフォース・ワンのオーラを放っています。

アメックスビジネスセンチュリオン、ダイナースプレミアム、JCB THE CLASS

インビテーションの基準

アメックスセンチュリオンのビジネスカード

個人用のアメックスセンチュリオンよりも、アメックスビジネスセンチュリオンの方がインビテーションの基準は厳しいという説が米国では流布しています。

  • 個人用センチュリオンカード:最低で年35万ドル(3850万円)の利用
  • ビジネスセンチュリオン:最低で年45万ドル(4950万円)の利用

もちろんこれは下限なので、より多額を使ってもインビテーションが来ない方もいます。

個人用センチュリオンでは、私の知り合いで年1億円使ったのにインビが来なかったケースや、通算21億円使ってようやく届いた人がいます。

ただし、真贋は不明ですが、ネットでは通算で数千万円しか使ってないのにインビテーションが来たと述べている方もいらっしゃいます。

まとめ

アメックスビジネスセンチュリオン

アメックスビジネスセンチュリオンは、日本では発行されていませんが、米国では発行されています。

主なメリット

  • デルタ スカイマイル プラチナメダリオン
  • ヒルトン・オナーズのダイヤモンド、シャングリ・ラのダイヤモンド、IHG プラチナ
  • 希少なチタンカードの発行
  • 秀逸なセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ
  • センチュリオンラウンジ等のアメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • 最上級の付帯保険、海外旅行でのトラブル時のサポート

アメックスビジネスセンチュリオンのコンシェルジュ活用の実例としては、コンサートの素晴らしい席(セリーヌ・ディオンの最前列)、予約困難なレストランの予約、紛失物の捜索&発見などがあります。

バリ島で火山が噴火して立ち往生した時は、車・フェリー・飛行機を手配して、脱出をサポートしてくれたこともあります!

アメックスビジネスセンチュリオンは最高峰のビジネスカードらしくメリットが豊富ですが、欠点も存在しています。

主なデメリット

  • 高額な年会費
  • インビテーションのハードルが高くて入手困難
  • 使える店が少ないのでVisa / Mastercardがサブカードとして必要(クレジットカードは1枚しか持ちたくないという方には不向き)

日本ではビジネスカードのセンチュリオン・カードは発行されていません。

個人用のアメックスセンチュリオンは存在しているのは確実なので、アメックスのブラックカードを希望する場合は、個人向けアメックスプラチナを発行してカード利用履歴を積み重ねましょう。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

日本で発行されているアメックスビジネスカードの最上級カードはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(AMEX BUSINESS PLATINUM)というクレジットカードがあります。アメックス・ビ...

個人向けカードと同様に金属製メタルカードが導入されており、ビジネスカードとしては最上級の高級感に溢れています。

アメリカン・エキスプレスが、日本でもアメックスビジネスプラチナのメタルカードを発行開始しました。切り替え申込書が届き返送した...

アメックスビジネスプラチナの審査基準は緩く、帝国データバンクに登録すらされていないような中小企業で創業1年程度でも問題なく作成できます。

株主優待の名義を増やすために法人を設立しました。家族名義で複数個の優待をゲットするのが株主優待の基本的テクニックの一つです。...

現在は自己申し込みも可能となっています。紹介でのご加入だと特別なボーナスポイントを得られてお得です。

私もご紹介可能なので、ご希望の場合は「matsunosuke_thegoal☆yahoo.co.jp」(※☆→@)へメールでご連絡ください。24時間以内にご返信します。

アメックスビジネスプラチナ

また、まずアメックスビジネスゴールドを作成して1年程度継続利用し、カード裏面の会員デスクに電話してビジネスプラチナ希望の旨を伝えて切り替えるという方法もあります。

アメックスビジネスゴールドも帝国ホテルのビジネスラウンジ東京駅等からの手荷物無料宅配など、類まれでエッジが効いているサービスが満載です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードというクレジットカードがあります。アメックス・ビジネス・ゴールドカードと...

現在、アメックスビジネスゴールドは、当サイト経由なら3万ポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンを行っています。3万ポイントをマイルに移行すれば、ハワイまで往復できます!

しかも当サイト経由でのお申込みだと初年度の年会費31,000円(税抜)が無料になり、1年間無料でお得に利用できます。

アメックス・ビジネス・ゴールド(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード)は、お得な入会キャンペーンを開催してい...

お得なキャンペーンですので、アメックスビジネスゴールドをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

公式サイトアメックスビジネスゴールド 入会キャンペーン

なお、アメックスビジネスプラチナ、アメックスビジネスゴールドよりもゴージャスなビジネスカードがご希望の場合、ラグジュアリーカードがおすすめです。

ラグジュアリーカードは金属製デザインと構造で特許を取得した技術が用いられている金属製のクレジットカードです。

ラグジュアリーカード(ブラックカード)

「ブラックカード」の商標も保有しており、金属プレートの加工はNASAに技術を提供している会社が行なっています。

ゴールドカードはアカデミー賞のオスカー像を作っている金属会社が作成しており、傑出したクオリティ。美しいゴールドを作れる会社として定評がある企業がハイ・クオリティーのカードを生産しています。

ラグジュアリーカード(ゴールドカード)

ラグジュアリーカード ゴールドは素材が24金製で最上級に高級なのが特徴であり、「Envy me(いいでしょ)」を体現するクレジットカードです。

特に大きなメリット

  • 24金コーティングの上質の金属素材
  • ラグジュアリーリムジンで帰宅時送迎が可能
  • メールで依頼可能なコンシェルジュ
  • ポイントをワイン通販に使うと3.3%還元
  • ハワイアン航空のPualani Platinum
  • 交通事故傷害保険(賠償責任保険付き)
  • 国立美術館の企画展・常設展
  • ストリーマーコーヒーでLUXURY TEA1杯無料優待

ラグジュアリーカードを実際に使ってみた感想については、以下にまとめています。総合的に大満足のステータスカードでした。

ラグジュアリーカード(Luxury Card)というクレジットカードがあります。チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類が存...

まさに「溢れる生命力と優雅さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。

アメックスビジネスプラチナと比較しても勝るとも劣らない魅力があります。

ラグジュアリーカード(ゴールドとブラック)、アメックスプラチナ、ダイナースプレミアム

ゴールドカードは、個人用カードについてはインビテーション制ですが、ビジネスカードだといきなり24金のゴールドカードに申し込めます。

ラグジュアリーカードのページにアクセスして、下の方にある「Mastercard Gold Card」の「お申し込み」ボタンを選択します。

ラグジュアリーカード ゴールドのビジネスカードの申し込みページ

そして、申し込みフォームの必要項目を入力・選択していく流れとなります。

法人だけではなく個人事業主でもOKです。サラリーマンでも「個人事業主」として申し込むという選択肢もあります。

ラグジュアリーカード 公式サイト

-クレジットカード, アメックス, 法人カード

Copyright© The Goal , 2020 All Rights Reserved.