The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

あいホールディングスは業績と株価が美しい右肩上がり!

更新日: 株式

あいホールディングス

私の投資スタイルはイベント投資、株主優待株への分散投資が基本です。しかしながら、非株主優待株を中長期的にホールドすることもあります。

その一つがあいホールディングス(3076)です。業績が美しい右肩上がりなのが魅力的です。株価も業績に見合った推移です。

ファンダ分析を得意とする凄腕投資家が述べた「ファンダメンタルズは裏切らない」という名言を体現するような銘柄です。


あいホールディングスは、監視カメラやレコーダー等のセキュリティシステム機器を扱うセキュリティ機器事業とカッティングマシンやスキャナ等のコンピュータ周辺機器を扱う情報機器事業が中核事業です。

セキュリティシステム機器は開発・販売にとどまらず、導入から保守まで一貫したサービスを提供しています。メガバンクや官公庁、商店街、小売店、マンションなど様々な施設にシステムを納入しています。

カッティングマシンは屋外広告・看板製作用が主な用途です。企業向けの高機能な大型商品のほか、海外中心に消費者向けの小型商品も扱っています。

あいホールディングスの事業

15/6期の事業別売上構成(外部顧客ベース)は以下の通りです。

  • セキュリティ機器23.8%
  • カード機器及びその他事務用機器(カード発行機器などの開発・製造・販売)10.2%
  • 保守サービス(セキュリティ機器、カード機器等の保守サービス)3.9%
  • 情報機器32.4%
  • 計測機器及び環境試験装置(測定機器などの開発・製造・販売)5.3%
  • 設計事業(構造設計、耐震診断を主体とした建築設計事業等)12.1%
  • リース及び割賦事業(リース及び割賦の仲介業務)10.7%
  • その他1.6%。

あいホールディングスの海外売上比率は27.9%です。うち、北米が17.3%、欧州が4.5%、その他が6.2%です。

2007(平成19)年、ドッドウエル ビー・エム・エスとグラフテックが株式移転により共同であいホールディングスを設立しました。東証1部上場企業です。

売上高・利益

売上高・営業利益・経常利益・純利益のいずれも美しい右肩上がりです。

EPS(一株当たり利益)と配当も右肩上がりです。配当性向は概ね25~40%前後で推移しています。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS 1株配当 配当性向
2011/06(実) 26,006 2,980 3,462 2,254 41.2 16.0 39%
2012/06(実) 28,156 3,542 3,970 2,406 44.7 16.0 36%
2013/06(実) 32,389 4,974 5,080 2,974 62.8 20.0 32%
2014/06(実) 36,976 6,399 6,553 4,043 85.4 24.0 28%
2015/06(実) 41,333 7,118 8,422 5,566 117.5 30.0 26%
2016/06(予) 52,000 8,300 8,600 5,700 120.4 30.0 25%

キャッシュ・フロー

営業CFは純利益を上回っていまる年度が多いです。一般論としては安心感があります。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2011/06(実) 4,019 138 -996 4,157
2012/06(実) 3,803 -425 -4,458 3,378
2013/06(実) 3,937 570 -920 4,507
2014/06(実) 4,154 -430 -1,116 3,724
2015/06(実) 4,503 -3,493 -1,376 1,010

 利益率・CFマージン・ROE

マージンは日本企業としてはかなりの高水準をキープしています。経常利益率は20%前後、純利益率は10%前後の数字を出しています。

昨今話題となっているROEは30%近くまで上昇してきました。

最新のROE(19.2%)を分解すると、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)1.42倍、総資産回転率1.00回、純利益率13.47%です。

財務レバレッジは極めて低めであり、資産から売上を作る回転率(資産効率)は業種からは高めで、売上から利益を作る利益率も高めです。

あいホールディングスの高ROEは非常に良い高ROEです。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2011/06(実) 13.3% 8.7% 15.5% 10.3%
2012/06(実) 14.1% 8.5% 13.5% 11.1%
2013/06(実) 15.7% 9.2% 12.2% 13.4%
2014/06(実) 17.7% 10.9% 11.2% 16.1%
2015/06(実) 20.4% 13.5% 10.9% 19.2%
2016/06(予) 16.5% 11.0% - -

指標

予想配当利回りは1.03%(配当性向25%)であり、株主優待利回りは行っていないため0%です。

PBR4.38倍、予想PER28.87倍、自己資本比率70.3%です。有利子負債は0円、現金等は150.3億円、営業CFは45.0億円です。

まとめ

あいホールディングスは指標面が割高ですけれども、盤石の財務基盤と右肩上がりの成長が魅力的です。

業績は美しすぎる右肩上がりです。以下グラフ・チャートは全てGMOクリック証券です。

あいホールディングスの業績推移のグラフ

株価も右肩上がりが続いてきました。

<日足>
あいホールディングスの日足(2015年4月30日~2015年10月27日)

<週足>
あいホールディングスの週足(2013年7月8日~2015年10月27日)

ただし、重要なのは今後です。2016年6期の連結業績について会社側は、売上高520億円(前期比26%増)、営業利益83億円(同17%増)を計画しています。

セキュリティ機器事業やカード機器及びその他事務用機器事業、情報機器事業などで利益拡大を見込んでいます。

業務提携を積極的に進めつつ、販路拡大に注力し、営業体制の強化・整備をするとともに、採算性を考慮した事業運営を行い業績向上に努めるとしています。

あいホールディングスは、長らくひふみ投信の組入の上位銘柄です。ひふみ投信の銘柄選定を参考にして、あいホールディングスを買って保有してきました。

ひふみ投信はアクティブ投信の中ではかなりおすすめの投資信託です。銘柄選定の参考にもなります。

ひふみ投信は評判・口コミどおりなのか?アクティブ投資信託の中ではおすすめ!
世の中には星の数ほどに投資信託があります。投資信託にはインデックス投信とアクティブ投信がありますね。アクティブ投信ならばひふ...

あいホールディングスの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

あいホールディングスのチャート(過去3ヶ月)

あいホールディングスのチャート(過去2年)

あいホールディングスのチャート(過去5年)

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!キャンペーンも魅力!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株式

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.