The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

セブンペイ(7Pay)が2019年に導入へ!セブンイレブンのスマホ決済サービス

更新日: 電子マネー・ポイント

セブンペイ

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンが話題沸騰となり、日本中でスマホ決済の知名度が上昇しました。

また、政府のキャッシュレス化促進の施策が検討されており、消費税増税後は非現金による決済に対して還元も導入される予定で、キャッシュレス決済が注目を集めています。

クレジットカード・電子マネー・モバイル決済サービスなどは、現金決済とは異なり売上をごまかすことによる脱税が難しいというメリットがあります。

既存のクレジットカードや電子マネーとは別のモバイル決済サービス、「○○Pay(ペイ)」が日本で雨後の筍のように登場しています。

多様なPayサービスは当初インターネット企業や通信企業、新興企業を中心にローンチされましたが、ここに来てファミペイの導入など、流通大手も参戦しています。

No.1コンビニのセブン-イレブン、大手スーパーのイトーヨーカドーを擁するセブン&アイホールディングスも、スマホ決済サービスに参入する見通しとなっています。

商標出願されたロゴの形状から「7Pay(セブンペイ)」という名前になる可能性が高く、2019年に導入される予定となっています。

7Pay、従来からある電子マネーのnanaco、クレジットカードのセブンカード・プラスが相乗効果を発揮して、より一層便利でお得に決済が可能になることを期待します。


セブンペイとは

セブンペイとはセブン&アイHDのモバイル決済サービスであり、iPhone、Androidの両方で使えるようになる予定です。

既存の電子マネーnanacoはおサイフケータイ搭載のAndroid、ガラケー(フューチャーフォン)でのみ利用可能でした。

セブンペイはiPhone、おサイフケータイ非搭載のAndroidでも利用可能になって、より一層ウイングを拡大します。ガラケーに対応するかは未定となっています。

AndroidとiPhone

2018年6月14日に株式会社セブン・ペイ(英名:Seven Pay Co., Ltd.)が設立されており、着々と準備が進められています。

事業内容はスマートフォンをツールとした決済サービス等であり、資本金は50億円で、株主構成はセブン&アイグループ100%となっています。

  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス:出資比率40%
  • 株式会社セブン・フィナンシャルサービス:出資比率30%
  • 株式会社セブン銀行:出資比率30%

セブンペイは既存の数多くのモバイル決済サービス(○○ペイ)と同様に、QRコード決済もしくはバーコード決済の方式となる可能性が高いでしょう。

多数のモバイル決済サービスが日本で雨後の筍のように登場しており、名前に「Pay(ペイ)」が付いているのが特徴となっています。2018...

アプリを操作してスタッフに自分のコードを提示するか、お店のQRコード等を読み取る必要があり、かざすだけでOKの電子マネーと比較すると手間がかかるのがデメリットです。

セブン&アイグループの電子マネーnanaco、交通系ICカード等はかざすだけで簡便です。

nanacoカード

交通系ICカードはSuicaPASMOICOCASMART ICOCATOICAmanaca、Kitaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん、モバイルSuicaApple PayのSuicaGoogle PayのSuica等です。

Suicaのペンギン

クレジットカード決済と比較するとサインが必要な店舗では別として、セブン-イレブン等のコンビニ、数多くのスーパー、ドラッグストア等のサインレス店舗では、やはりクレカ払いの方が簡便です。

ポイント二重取りができてお得になる場合はともかく、そうでない場合はさほどメリットはありません。

セブンペイの利用で独自にnanacoポイントが付与されるか否かは未発表となっています。

できればクレジットカードのセブンカード・プラスで、ダブルnanacoポイント獲得ができると訴求力がUPします。

将棋において飛車だけよりは、飛車・角の方が強いのと同様に、ポイントも一つだけよりは二つ獲得できる方が嬉しいのが人情ですね。

駅ナカのセブンイレブンイトーヨーカドー

7Payの支払い方法としてセブンカードを登録し、セブンイレブン・イトーヨーカドーで決済したら、カードの1.5%に加えて0.5%のnanacoポイントも得られるようになると最高ですね。

ただし、クレジットカードが嫌いな方で、おサイフケータイ搭載型の携帯電話を持って無く、モバイルnanacoが使えない方にとってはメリットがあります。

また、nanacoはクレジットカードの登録や利用開始までの時間、利用限度額、センター預かりの仕組みなどでやや複雑な側面があります。

制度内容を把握して使いこなすのに、手間がかかるのがデメリットです。この弱点をセブンペイがカバーできたとしたら、一定の存在感が出るでしょう。

7Pay(セブンペイ)を使える店はどの程度拡大?

電子マネーでのモバイル決済のイメージ写真

セブンペイが使えるお店の最有力候補は、セブン&アイホールディングス傘下の店舗や出資先で関連が深い企業のお店です。

ジャンル店名
コンビニセブン-イレブン
スーパーイトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、アリオ、ザ・ガーデン自由が丘、ザ・プライス、デリシア、アップルランド、ダイイチ、天満屋ストア
百貨店等そごう、西武百貨店、池袋ショッピングパーク、オムニ7
外食デニーズ、ファミール、芝のらーめん屋さん、白ヤギ珈琲店、太陽のグリル、ポッポ、まん天丼、とっぴん舎
専門店赤ちゃん本舗、ロフト、バーニーズニューヨーク、Francfranc、タワーレコード
ホテル八ヶ岳高原ロッジ
ドラッグストアセブン美のガーデン

また、電子マネーのnanacoが利用できるお店も、利用可能店舗として有力です。

ジャンル店名
飲食マクドナルド、コメダ珈琲、ミスタードーナツ、コカ・コーラ自販機、小僧寿し
家電ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、上新電機
ドラッグストアサンドラッグ、ツルハグループ、スギ薬局、アインズ&トルぺ、ココカラファイン、コスメティクスアンドメディカル、セイムス、キリン堂
総合ANA FESTA、マーレ、金沢百番街、ゆめタウン、新千歳空港ターミナルビル、JRタワー
ガソリンスタンドエッソ・モービル・ゼネラル
スポーツ千葉ロッテマリーンズ、ヤフオクドーム、チェリーゴルフ
アウトドアハンターマウンテン塩原、マウントジーンズ那須、スキージャム勝山、さっぽろばんけいスキー場、たんばらスキーパーク
アパレルマックハウス
酒類カクヤス
写真コイデカメラ
CD・DVD等ディスクユニオン
エンタメラウンドワン、カラオケ館、コロナワールド、タイトー
レジャースパリゾートハワイアンズ、サンリオピューロランド
その他ヤマト運輸、イーアイディ、KAZAPi対応店舗

ただし、ライバルのイオンの施策においては、電子マネーWAONの対応店舗でも、共通ポイントのWAON POINTには非対応というお店も多いので、7Payがどれほど食い込むかに注目です。

セブン-イレブンとイトーヨーカドーでは、ほぼ確実にセブンペイを利用可能になるでしょう。

この他、ヨークマート、ヨークベニマル、アリオ、デパートの西武・そごう、デニーズ、ファミールなど、セブン&アイグループのnanaco導入店舗では、対応しない理由はないと考えます。

課題としてはグループ外にどれほど広がりがあるかです。

使う方が多いサンドラッグ、ツルハドラッググループ、スギ薬局・ジャパン、マクドナルド、コメダ珈琲、ミスタードーナツ、ビックカメラ、エッソ・モービル・ゼネラル等に導入されるか否かが重要ですね。

まとめ

スマートフォンを見るショッピング中の女性 (1)

No.1コンビニのセブン-イレブン、大手スーパーのイトーヨーカドーを擁するセブン&アイホールディングスが、スマホ決済サービスを導入する予定となっています。

商標出願されたロゴの形状から「7Pay(セブンペイ)」という名前になる可能性が高く、開発が順調に進めば2019年に導入される予定です。

nanacoは歴史が長い電子マネーだけあって、仕組みが複雑となっていることから、セブンペイが分かりやすくて使いやすい方式となったら、一定の需要は出てくるでしょう。

セブンペイ、従来からある電子マネーのnanaco、クレジットカードのセブンカード・プラスが相乗効果を発揮して、より一層便利でお得に決済が可能になることを期待します。

7Payの導入までセブンイレブン・イトーヨーカドーでは、セブンイレブンの運営企業であるセブン&アイグループが発行している「セブンカード・プラス」がお得です。

セブンカード・プラス

セブン-イレブン、イトーヨーカドーでのお買い物が1.5%と高還元になります。

8日・18日・28日はイトーヨーカドーで5%割引とクレカのポイントを合わせて、還元率が合計約6.5%となります!

年会費の初年度は無料、2年目以降は前年度のクレジットカード5万円以上の利用で無料になります。本人カードと家族カードの利用額の合計で5万円以上です。

5万円未満の場合の年会費は、本人カードは500円(税込)、家族カードは200円(税込)です。

ポイントを一定程度貯めてからの交換は面倒という方は、セブンカードは1ポイント1円から使えるので有力な選択肢です。

自動キャッシュバックのクレジットカードもあり、P-oneカードBooking.comカード等は自動的に1%割引になる便利なカードですが、還元率が低めです。

イトーヨーカドー・セブンイレブンを多用する場合は、セブンカードとセブンカードプラスが高還元です。スーパーでおすすめのクレジットカードと評価できます。

イトーヨーカドーをよく利用する方であれば、月3回のイトーヨーカドー5%割引のメリットは大きいため、メインカードは他にある場合でもサブカードとして保持するのもいいでしょう。

クレジットカードの専門家・岩田昭男さん

クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめの「コンビニ・スーパーでお得なカード」としてセブンカード・プラスを挙げられていました。

世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。どれがいいのか分からなくなってしまうことも多いですね。特に2枚持ち・3枚持ちで...

セブンカードプラスは他のクレジットカードとは異なり、nanacoのオートチャージも利用可能です。

オートチャージを実行するnanaco残高は、1,000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円から選択が可能です。

オートチャージ金額は、5,000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円から選べます。

nanacoのオートチャージの詳細は、以下で丹念に分析しています。

セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」(ナナコ)でオートチャージができるようになりました。セブンイレブンとイトーヨカドー...

セブンカード・プラスの詳細については、以下で徹底的に解説しています。

セブン&アイが発行しているクレジットカードがあります。セブンカードとセブンカードプラスです。セブンカード、セブンカードプラス...

2018年7月25日からは、「街」を背景に「虹色」の気球に乗った「笑顔」のミッキーマウスが描かれているディズニーデザインが発行開始しました。

セブンカード・プラスがディズニーのミッキーマウスを券面デザインにしたタイプを2018年7月25日から発行開始します。ディズニー・デザ...

67枚のクレジットカードをお持ちで合計年会費が約130万円のプロ・菊地崇仁さんは、nanacoチャージにおすすめのカードとしてセブンカード・プラスを挙げていらっしゃいました。

クレジットカードの専門家・菊地崇仁さん

セブンカード・プラスはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているハイ・クオリティー・カードです。

インターネットの普及でオンラインで決済する頻度というのが日本中で高まっています。そうした情勢下、クレジットカードはもはやマス...

上位カードとして、年会費が無条件で無料のゴールドカードもあります。一般カードを保有して多額の利用を行うと、インビテーションが届きます。

セブン-イレブン、イトーヨーカドーがお得になることで人気が高いセブンカード、セブンカード・プラスというクレジットカードがありま...

年会費無料のゴールドカードは稀有です。セブン&アイが渾身の力を込めたクレジットカードであり、この一枚がある生活は優美でエレガントです。

セブンカード・プラスは、現在は最大7,000nanacoポイントの入会&利用プレゼントが行われています。以下のページからご入会すると、オンライン新規入会限定のお得なキャンペーンが適用されます。

セブンカード・プラスは、多くのセゾンカードとは異なり、年会費が無料となるには年5万円以上の利用が必要な点がデメリットです。

一般加盟店では還元率0.5%で妙味がないクレジットカードなので、イトーヨーカドー・セブンイレブンで年5万円に届かない場合はメリットに乏しいです。

やはり年会費は無料がいいという方におすすめなのが、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンです。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンは通常の還元率は0.5%ですが、セブン-イレブン、イトーヨーカドーではポイントを二重取りできます。

1%のポイントが特別に付与されて、合計還元率が1.5%に上がります。高還元に昇華します。

また、セブン&アイグループの西武百貨店・そごうで5.5%以上の高還元となります。

他の百貨店でお得なクレジットカードとは異なり、年間利用額が小さい場合でも5.5%還元と質実剛健です。

「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」というクレジットカードがあります。西武百貨店、そごうでのお買い物がお得になるのが最大...

その他、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンについては、以下で精緻に分析しています。

そごう、西武百貨店がお得になるクレジットカードがあります。「クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン」という名前です。西武とそご...

クレジットカードでチャージした電子マネーで支払う手間を許容できる場合は、年会費無料のリクルートカードも候補となります。nanacoチャージで1.2%と高還元なのがメリットです。

リクルートカード(JCBとMastercard) (1)

リクルートカードでチャージしたnanacoによって、セブン-イレブン、イトーヨーカドーにてお買い物すると、合計で2.2%還元となります!

年会費無料なのでnanacoチャージ専用のサブカードとして使いやすいのがメリットです。

ただし、2018年4月16日(月)からは、電子マネーチャージ利用分は、合計で月30,000円までがポイント付与の対象となりました。

JCB、VISAかMastercardの2枚持ちを行えば、3万円+3万円=月6万円まではOKとなります。リクルートに確認済みです。

1ヶ月間のサイクルは16日~翌月15日であり、集計期間内に売上データが到着した分で3万円が上限となるので、売上データが遅れるリスクを考慮すると早めのチャージが無難です。

リクルートカードは2018年4月15日(日)までは、電子マネーのチャージによって無制限に1.2%のPontaポイントを獲得できました。JCBはnan...

実際にJCBとMastercardの2枚のリクルートカードでnanacoチャージしたところ、月6万円(720ポイント)まではしっかりと獲得できました。

リクルートカードは年会費が無条件で無料、基本還元率1.2%、1枚あたり月3万円までは電子マネーチャージでポイント付与が魅力的なクレ...

nanacoチャージで貯まるリクルートポイントじゃらんホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ホットペッパーティーなどのリクルートのサービスで、1ポイント1円で使えます。

また、リクルートポイントはPontaポイントと1ポイント単位で等価交換(1対1)が可能です。しかもリアルタイムに交換できます。

Pontaポイントはローソン、大戸屋、ビックカメラ、ケンタッキー、GEO、昭和シェル石油、ビックカメラ、ピザハット、HMVなどにて1ポイント1円で使えるので便利です。

JALマイルにも2ポイント1マイルのレートで、2ポイント単位で細かく交換できます。Pontaポイントについては以下で徹底解説しています。

Ponta(ポンタ)という大手共通ポイントサービスがあります。Tポイント、楽天スーパーポイントと並ぶ日本三大共通ポイントの一角です。P...

ポンタは普通に使うと1ポイント1円ですが、ローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、10~330ポイントで多種多様な商品と代えられます。

Loppiお試し引き換えで交換したプレミアムビール

これでPontaを使うと、1ポイント1.5~3円のお得なレートでお菓子・飲み物・酒類などに交換できます。詳しくは以下のエントリーにまとめました。

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pontaポイントと多様な商品を交換できる制度...

つまり、リクルートカードの実質的な還元率は1.8%~3.6%に昇華します。

nanacoチャージには、年会費無料で還元率1.2%(JALマイルなら0.6%)リクルートカードがおすすめです。

メインカードは他にあり、サブカードとしてnanacoチャージに利用する際に便利です。小口のポイントを確実に消化できるのが嬉しいですね。

その他、リクルートカードの詳細については、以下で精緻に分析しています。

リクルートのクレジットカードは2種類ありました。年会費無料のリクルートカードと、年会費はかかるけど還元率が高いリクルートカード...

実際に発行して使い倒したところ、日々のお買い物や電子マネーチャージでザクザクとポイントを得られました。

リクルートのクレジットカード「リクルートカード」は、良い評判と悪い評判に分かれています。リクルートカードを作成してから約5年、...

数千円相当のリクルートポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンも魅力的です。

リクルートカード 公式キャンペーン

セブン-イレブン、イトーヨーカドーで1.5%以上の還元率をキープできるクレジットカードが多数あります。

このようなクレカを利用すれば、セブン-イレブン、イトーヨーカドーでバリュー購入が可能になり、家計が頑健化します。

浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、生活を豊かに彩ることができます。

名前年会費(税抜)還元率備考
リクルートカード無料2.2%チャージしたnanaco利用時
タカシマヤセゾンカード無料2.0%
AOYAMA ライフマスターカード無料2.0%
Yahoo! JAPANカード無料1.5%
JCB CARD W(セブンイレブンのみ)無料2.0%/
2.5%
QUICPay(nanaco)なら2.5%
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン無料1.5%西武・そごうで5.5%以上
セブンカードプラス無料(年5万円以上の利用)1.5%月3回5%OFF
ANA JCBカード(セブンイレブンのみ)2,160~75,600最大1.73%QUICPay(nanaco)利用時
ファミマTカード無料1.5%チャージしたnanaco利用時
Tカードプラス無料1.5%
UCSカード無料1.5%
セディナカード無料1.5%

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-電子マネー・ポイント

Copyright© The Goal , 2019 All Rights Reserved.