*

UQ mobileはMVNOではダントツで速度が速い!対応機種で使うなら有力な選択肢

更新日: 格安SIM・MVNO, 通信費

UQ Mobile

UQ mobileというMVNOがあります。KDDIが子会社のUQコミュニケーションズを通じて提供しています。

SIMカードのみの販売もありますし、スマホとのセット販売(いわゆる格安スマホ)もあります。

2016年10月から約3ヶ月でMVNOは2倍に伸びており、市場の純増はMVNOがドコモ・au・ソフトバンクを上回っています。

UQ mobileはその中でもキラリと光る魅力があります。サービス内容、価格、比較、キャンペーンについてまとめます。

UQ Mobileのサービス内容

プラン内容

KDDIの格安SIM・格安スマホであるUQ Mobileには、4つのプランがあります。データ通信容量が2GBまでの「データ高速プラン」、「データ高速+音声通話プラン」、無制限の「データ無制限プラン」、「データ無制限+音声通話プラン」です。

各プランの具体的内容は下表の通りです。価格は税抜です。

プラン名称 データ高速プラン データ高速+音声通話プラン データ無制限プラン データ無制限+音声通話プラン
月額基本料金 980円 1,680円 1,980円 2,680円
月間データ容量 2GB(5月1日より3GB) 無制限
通信速度 2GBまで受信最大150Mbps 送受信最大500kbps
(送信最大25Mbps)  
2GB超は送受信最大200kbps
テザリング
国内通話料 20円/30秒 20円/30秒
国際通話料
SMS ○(国内/海外)
国内SMS送信料 3円/通
国際SMS送信料 100円/通(免税)

無制限プランの通信速度500kbpsは低く感じますが、「重いサイトや動画閲覧以外は問題ない」という意見が多いです。モバイルサイト閲覧、SNS程度であれば問題ないでしょう。

当初は2015年12月末までのキャンペーン期間のみ500kbpsとなっていましたが、ずっと500kbpsとなりました。これはナイスです。

また、2015年5月1日以降は、「データ高速プラン」及び「データ高速プラン+音声通話プラン」では、4月末までの2GBに+1GBとなり、3GB/月とパワーアップしました。

SIMサイズはmicroSIM、nanoSIMの二種類が用意さており、UQ mobileはiPhoneからモバイルWi-Fiルーターまで幅広く対応しています。

ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(0~24時までを1日とし、当日を含む直近3日間の通信量)に6GB以上の利用があったら、通信速度を制限される場合があります。制限速度は混雑状況に応じて変動します。

速度制限が発生するのは3日間に6GB以上なので非常に余裕があります。大多数の方には全く問題がありません。データ通信はLTE、音声通話は3G回線を使用します。データ通信は3Gエリアは対象外です。

高速通信容量を使い切った場合でも、「データチャージ」によって、データ容量を必要な分だけ追加チャージできます。再び高速通信が可能となります。

UQ mobileのデータチャージのイメージ図

「データ無制限プラン」(音声通話付きプランを含む)の契約者でも、一時的に高速通信がしたい場合は、チャージして高速データ通信が可能となります。

普段は最大最大500kbpsで十分で、たまにしか高速通信は必要ない場合は便利な機能です。

最低利用期間・音声通話・音声オプション

音声通話に対応する「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」については、最低利用期間が12ヶ月となります。

最低利用期間内に解除する場合は、契約解除料として9,500円がかかります。MNP対策ですね。契約事務手数料は3,000円です。

音声付きの場合、通話料は30秒につき21円(税込)です。楽天のアプリ「楽天でんわ」を使って電話をかけると半額となり、費用を安く抑えられます。楽天でんわは加入・維持費用は無料で電話をかけない限り一切費用はかかりません。

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話サービスではお馴染みの以下の機能も使うことが可能です。

  • 着信転送サービス
  • 割込通話サービス
  • 番号通知リクエストサービス

また、以下のオプションサービス(有料)が利用可能です。

名称 サービス内容 料金
電話基本パック 留守番電話サービス、迷惑電話撃退サービス、三者通話サービスのパック 380円
端末補償サービス ご利用のスマートフォンの故障、盗難、紛失を補償。一時お預かりしての修理。
※対象機種:「KC-01」「LG G3 beat」
380円
メールサービス メールアドレス「xxx@uqmobile.jp」。リアルタイムでの着信が可能
※対象機種:「KC-01」「LG G3 beat」
200円

200円でつけられる「@uqmobile.jp」のメルアドは、docomoには「携帯のメールアドレス」という認識をされます。

PCメールを拒否しているdocomoユーザーにもメールを送信できるというメリットがあります。

iPhone用SIMも

UQ mobileはiPhone用SIMも登場しています。iPhone 5s、6、6s、SEが公式に動作確認されています。

7は公式な動作確認はありませんが、メール・テザリング以外は動いている状況です。

SIMフリー版以外のiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEを利用する場合はSIMロック解除が必要になります。

iPhone用のSIMでもVoLTE対応のAndroid以外では使えます。

UQ mobile 公式サイト

SMS/テザリングに標準対応

スマホを見て驚く笑顔の女性

SMS

全てのご契約者の方にSMS、テザリング機能がついています。無料で申し込みは不要です。ただし、端末によっては使えないこともあります。最近出ている端末ならば全てOKです。

他のMVNOはSMSは有料となります。無料なのはUQ mobileの大きなメリットです。

項目 機能内容
送信可能な相手 当社携帯電話・国内/海外の他社携帯電話・PHS
送信可能文字数 半角 最大160文字
全角 最大70文字
メッセージ保持期間 最大72時間
・相手が圏外や電源OFFでもメッセージをお預かりします。
・お預かり後は相手先へのメッセージを繰り返しお送りします。
送信可能上限数 200通/日
国内SMS送信料 3円/通
国際SMS送信料 100円/通(免税)
海外SMS送信料 100円/通(免税)
受信料 無料

強制的に有料会員登録されるワンクリック請求サイトへのアクセスを防ぐため、URLリンク (http://~) や電話番号が記載されたSMSの受信を自動的に防止する「SMS安心ブロック機能」もあります。

有効・無効は簡単に切り替えることが出来ます。

海外事業者の利用者から送信されたSMSの受信を拒否する「SMS 海外事業者ブロック機能」もあります。初期は受信する設定になっています。

テザリング

PCやタブレット、ゲーム機をスマートフォンとつないでネット接続を楽しむことができます。無料で申し込みは不要です。

これも他のMVNOには無いサービスです。テザリングの種類(スマートフォンと機器の接続方法)は以下の3つがあります。

テザリングの種類 特徴
Wi-Fiテザリング タブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応デジカメなど対応機器が豊富
複数の機器を同時に接続可能
高速なデータ通信
Bluetoothテザリング Wi-Fiテザリングと比較して電池持ちがよい
設定が簡単 (パスワード入力不要)
USBテザリング PCからスマートフォンに給電しながらデータ通信が可能
機種によってはUSB給電ができない場合あり
高速なデータ通信

高速通信ON/OFFやデータ容量繰越が可能!

2015年11月から、UQ mobileに便利な機能が登場しました。これでUQ mobileが機能面でも他のMVNOと遜色ないクオリティが確保されます。

ターボ機能」によって、高速通信と低速通信の切り替えができるようになりました。

UQ mobileのターボ機能のイメージ図

高速通信が必要ない時はデータ容量を消費せずに節約することが可能になります。「データチャージサイト」からいつでも簡単に行うことができます。

低速通信(ターボOFF)の場合、通信速度は受信最大200kbpsです。ただし、「データ無制限プラン」(音声通話付きプランを含む)の場合、受信最大速度は500kbpsとなります。

「データ無制限プラン」の場合でも、データチャージで追加した容量の速度切り替えが可能です。

また、「データ容量くりこし」によって、余ったデータ容量を無駄にすることなく、翌月に繰り越すことができます。

UQ mobileのデータ容量くりこしのイメージ図

繰り越し上限は翌月のプラン基本データ容量(3GB)までとなります。翌月のプランが「データ高速プラン」(音声通話付プランを含む)の場合に限ります。

高速通信容量の消費は、(1)繰り越し分→(2)基本データ容量→(3)追加購入データ容量の順番に行われます。

データチャージにより追加購入したデータ容量は、繰り越しの対象外となります。UQ mobileはデータ容量を超えた場合も安心して使えます。

他の格安MVNOとの比較

UQ mobileの端末

UQ mobileは、端末とセットの格安スマホも用意しています。一括で買うこともできますし、24回払いで支払うこともできます。実質0円の制度はありません。端末代を単純に24分割して毎月支払うだけです。

  • iPhoneSE(4インチで持ちやすいiPhone)
  • DIGNO W(ハンドソープで洗うことも可能。落としても壊れにくい)
  • BLADE V770(サウンドクオリティと5.2フルHDディスプレイ)
  • DIGNO Phone(Androidガラホ。ガラケーからの乗り換えに安心)
  • ZenFone 3 Ultra(6.8インチの大画面)
  • P9 lite PREMIUM(WiMAX 2+対応)
  • Alcatel SHINE LITE(約0.03秒の速さでフォーカス)
  • ZenFone 3 Deluxe(オクタコア、4GBメモリ搭載のハイパフォーマンスモデル)
  • ZenFone 3(指紋センサー搭載・ハイレゾ再生可能)
  • iPhone 5s(4インチで持ちやすいiPhone)
  • LG X screen(セカンドスクリーン搭載)
  • ZenFone 2 Laser(シンプル&簡単設計)
  • ZenFone Go(5.5インチ大画面)
  • DIGNO L(ハンドソープで洗えるスマホ)
  • arrows M03(おサイフケータイ・ワンセグ対応)

2017年2月時点では、P9 lite PREMIUMが一番人気であり、その次はAQUOS L、iPhone 5S、ZenFone 3が人気となっています。

2017年3月には京セラから新作のDIGNO WDIGNO Phoneが光臨します。

DIGNO WDIGNO Phone

しかし、セットの格安スマホよりも、端末とSIMを別々に買った方が安くなる場合がほとんどです。少し高い金額を出せば、しょぼい端末ではなく、Nexus5などのヌルサクの良い端末も使えます。

SIMと端末を別々に買うこと、設定、対応状況の調査が面倒でイヤな場合以外は、別々に買うのがいいと思います。

auの白ロムはドコモと比べると安くてお得です。Xperiaも3万円~4万円程度で購入可能です。

auのXperia一覧

2015年12月時点では、Galaxy S6 edge SCV31がハイスペックの割に価格が4万円前後とこなれており、リーズナブルです。

もう少し安価な端末ですと、2014年夏モデルのHTC J butterfly(HTL23) も3万円前後で買える良い端末です。フルHD(1920×1080ドット)で2700 mAhのバッテリーを搭載しています。

メインメモリが2GBでクアッドコアのCPUも上々の質です。auの3つのLTEバンドに対応しており、ほとんどのLTEエリアでデータ通信できます。

また、GALAXY S5 SCL23も3万円前後でリーズナブルです。SIMフリーのおサイフケータイがよければ、現在はarrows M03が候補となります。以下はSIM単品の価格を比較します。

格安SIM・MVNOには多様な種類があります。まず各サービスについて特徴をまとめ、その次にSIM単品の価格を比較します。

サービス名 特徴
UQ mobile 速度が安定して速い傾向にある格安SIM
IIJmio 評判の良さNo.1
mineo コミュニティが活発で運営が良好。auプランは速度も速め
Wonderlink パナソニックの格安SIMで速度が速い傾向
楽天モバイル 楽天スーパーポイントが貯まる。通話定額オプションあり
DMMモバイル 料金最安値水準
日本通信(高速定額) 無制限だが、速度はかなり遅め
NifMo niftyの格安SIM
OCN 5GBでSIMを5枚まで発行可能
ビックカメラ BIC SIM ビックカメラのWi-Fiサービスを無料で利用可能
BIGLOBE SIM 12GBという大容量プランがあり
U-mobile 無制限のプランが有る。速度は遅め
DTI SIM 入会から半年間はデータSMSプラン3GB無料

格安データMVNOとの比較(約3GB)

UQ-mobileのデータ高速プランと他のデータSIMとの比較を表にしました。UQ Mobileはau、その他はNTTドコモ回線のMVNOであり、価格は1ヶ月あたりの8%消費税込みです。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile2GB3日あたり366MB831なしなし
DTI SIM3GB3日あたり1GB907なしなし
DMM mobile3GB3日あたり366MB918なしなし
Wonderlink3GB3日あたり366MB96111ヶ月8,294
楽天モバイル3.1GB3日あたり540MB972なしなし
OCN3GBなし972なしなし
NifMo3GB3日あたり650MB972なしなし
ビックカメラ BIC SIM3GB3日あたり366MB972なしなし
IIJmio3GB3日あたり366MB972なしなし
UQ Mobile3GB3日あたり1GB1,058なしなし
日本通信(高速定額)3GB未公表1,2745ヶ月8,640

※DMMモバイル、BIC SIM、IIJmio、Wonderlinkは通信容量が残っている場合は3日あたりの制限は行われません。

UQ-mobileのデータ高速プランは、他の格安SIMと比べて価格面では特筆すべき競争力はありません。最安値は2015年4月末までは2GBはWonderlink、3GBはDMMモバイルでした。5月以降はいずれもDMMモバイルです。

ただし、UQ-mobileはSMSが無料で他社は有料(概ね150円/月)なので、SMS込みならUQ mobileも価格競争力があります。また、テザリングも無料です。

しかも、ドコモのMVNOは回線よりはUQ Mobileは回線は混雑していないため速度は圧倒的に速いです。価格ではなく速度重視なら良い選択肢となります。

私はauを使っているのですが、プラチナバンドと呼ばれている800MHz対応のiPhone5Sはサクサクつながって速度も早く快適です。

800MHz対応の端末ならば、auの回線は都心部では快適です。山奥や地方ではドコモの広さは圧倒的です。

エリアがauのエリアでOKならば、ドコモのMVNOよりUQ mobileの方がスピードは安定的に早くて快適です。


格安音声MVNOとの比較(約3GB)

以下は音声SIMの比較表です。いずれもNTTドコモ回線のMVNOであり、いずれも30秒21円での音声通話が可能です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile2GB3日あたり366MB1,490約12ヶ月9,720
DTI SIM3GB3日あたり1GB1,609約12ヶ月10,584
DMM mobile3GB3日あたり366MB1,620約12ヶ月9,720
mineo3GB3日あたり3GB1,7171年10,260(MNPのみ)
楽天モバイル3.1GB3日あたり540MB1,7281年10,584
NifMo3GB3日あたり650MB1,728約6ヶ月8,640
ビックカメラ BIC SIM3GB3日あたり366MB1,728翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
IIJmio3GB3日あたり366MB1,728翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
BIGLOBE SIM3GB3日あたり600MB1,7281年8,640
OCN3GBなし1,9446ヶ月8,640
日本通信(高速定額)3GB未公表2,1385ヶ月8,640

UQ-mobileのデータ高速+音声通話プランも、データ高速と同様に他の格安SIMと比べて価格面では特筆すべき競争力はありません。最安値はDMMモバイルです。

音声通話はドコモのエリアの広さは大魔神の領域に到達しており、分の悪さは否めません。 しかし、帯域が混雑していないことから、ドコモのMVNOより速度が圧倒的に速いのがUQ mobileの大きなメリットです。

MVNO各社はドコモやauの回線を間借りしており、借りている回線分と接続している人の数・通信容量で、速度が変わってきます。

MVNO各社が確保している帯域・通信設備と接続している人の数・通信容量のバランスによって、速度が早かったり遅くなったりします。また、普段は快適でも加入者が多いエリアでは遅くなったりもします。

イメージ的には自動車と道路です。自動車が多ければ多いほど渋滞しやすくなります。道路が1車線だと渋滞しやすくなり、車線数が増えれば増えるほど渋滞しにくくなります。道路の質が良ければ良いほどドライブが快適になります。

自動車の数が加入者の数、車線数がMVNOが確保している帯域です。質が通信設備です。帯域が太ければ速度が低下しにくく、通信設備が頑健だと処理が早くてアクセスが多い時もユーザーが快適となります。

UQ mobileは回線のバックボーンが優れており、auの回線に近い位置で通信が行えるMVNOであることから速度が快適です。多少価格が高くても大きなメリットがあります。

十分に帯域を用意しているため、他のMVNOと比較すると、安定して高速の通信を行えます。快適にインターネットやアプリを利用できます。

MVNOの比較(無制限)

以下は無制限プランの比較です。UQ Mobile以外は全てドコモのMVNOです。UQ Mobileの速度は、2015年4月までは300kbpsでしたが、それ以降は500kbpsです。

サービス名通信容量音声速度価格(月)最低利用期間解約金
UQ Mobile無制限-最大500Kbps2,138なしなし
UQ Mobile無制限最大500Kbps2,8941年10,260
Wonderlink(F-使い放題700)無制限-1GB225M/700kbps1,70612ヶ月8,294
Wonderlink(F-7G)無制限-2GB225M/700kbps2,678なしなし
U-mobile無制限-最大225Mbps2,6786ヶ月6,480
U-mobile無制限最大225Mbps3,2186ヶ月6,480
NTTぷらら無制限-最大3Mbps2,980なしなし
NTTぷらら無制限最大3Mbps3,7366ヶ月8,640
日本通信(高速定額)無制限-最大225Mbps2,1385ヶ月8,640
日本通信
(高速定額 音声付)
無制限最大225Mbps3,0025ヶ月8,640

UQ Mobileは、OCNと比べて総合戦闘力には疑念が残るところですが、日本通信はかなり速度が遅いという評判が多いです。

UQ mobileは2015年4月以降は500kbpであり、OCNの評判・口コミを見ていると500kbpsならば動画をガンガン見る方以外は十分に快適だと思います。他のサービスも最高150Mbpsでも2~3Mbps、混雑時には500kbpsとかしか速度が出ません。

動画を見たり、大容量のファイルをダウンロード・アップロードしない限りは、500kbpsでも大きな問題はありません。

UQ mobileの500kbpsプランは、しかkりと500kbps前後の速度が出ていることが多いです。

音楽のストリーミングサービスも問題なく使える速度であり、Web閲覧もストレスを感じにくい体感速度で使用することが可能です。YouTubeも解像度が144pならブツブツ止まらずに視聴可能です。

しかも他のMVNOは混雑して速度が低下する時間帯(昼食・夜)でも安定しています。他のMVNOは最大150Mbpsといっても速度がほとんど出ない時間帯も多いです。


UQ mobileの速度の推移

UQ mobileの速度はサービス開始から現在まで常に安定して、高いクオリティを維持しています。KDDIとの直接接続が可能な2GHzの基地局を持っているのが大きいです。

docomo系のMVNOの中でも最も速度が安定して速いMVNOはNifMoですが、12時~13時のお昼の時間帯は、1Mbps~3Mbps程度に速度が低下する場合が多いです。

NifMo以外のMVNOは21~23時頃の時間帯も速度が著しく低下する業者が大多数です。

しかし、UQ mobileはKDDIの子会社のサービスからか、安定的に10Mbps前後の速度を保っています。

MMD研究所の格安スマホ通信速度調査の結果は以下のとおりでした。UQ mobileは最も安定しています。

MMD研究所の格安スマホ通信速度調査の結果

スマホでの利用ならば、10Mbps前後の速度が出れば十分に快適に使用可能です。高い回線品質と速度を安定的にキープしているのは称賛に値します。

しかも公式には未公表であるものの、500kbpsの無制限プラン、3GB回線の速度規制時(200kbps)には、最初の数秒間だけ「バースト転送」が機能していることがあります。

重くないWebサイトならばバースト転送機能が働いてる間に読み込めますので、快適にスマホでインターネットを楽しめます。

スマートフォン向けの通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」の運営元の株式会社イードが主催した格安SIMアワード2016」において、2015年に続いて2年連続で、通信速度部門で最優秀賞を受賞しました。

2016でも2年連続で通信速度部門で最優秀賞を獲得しています。全国主要5都市の平均ダウンロード速度(MVNO上位7社)でも良好な水準を確保しています。

UQ mobileの速度の他社との皮革

「家電批評」という「買ってはいけないがっかり家電」特集など、辛口の批評で有名な雑誌があります。

その家電批評の2016年11月号では、「格安SIM最新辛口ランキング」が掲載されています。UQモバイルは、その中で格安SIMの「ベストバイ商品」に選ばれています。

家電批評のUQ mobileの記事

そして、2017年1月の「家電批評オブ・ザ・イヤー2016」では、なんとUQ mobileがベスト・オブ・ベストを受賞しました。

家電批評2017年1月号

価格も他のMVNOと比較すると大差なく、au回線でOKならば、2017年2月現在では評判が良好な格安SIMです。本家au並みの速度が出るというのはかなり強力です。

昼休みの通信が混雑する時間帯(12時~13時)でも、通信速度が比較的速いMVNOです。mineo、ドコモ系MVNOよりも安定しています。

ハイスピードでリーズナブルなモバイル通信は、UQ mobileかワイモバイルにエッジ・優位性があります。

2015年11月からは、高速データ通信のON/OFF、余ったデータ容量の繰り越しが可能になりました。2015年10月まで弱かった機能面も補強され、他のMVNOに遜色ない水準となりました。

実際にUQ mobileのアンケートでは顧客の88%が満足しており、通信速度と料金の安さが高く評価されています。継続利用意向が84%となっています。

節約モードにすると速度は300bpsとなりますが、SNSでは十分な速度なので、データ消費なしでSNSを楽しめます。

UQ mobileは高スピード、リーズナブルな価格、便利な仕組みと三拍子揃ったMVNOです。auの関連会社であるUQコミュニケーションが運営していることから、卓越したハイ・クオリティーとなっています。

WiMAXとUQ mobile

UQ WiMAXで長年に渡って培った通信技術と、auのサブブランドとしての位置づけがKDDIグループでなされていることから、格安スマホの中では突出した速度となっています。

ソフトバンクグループにおけるワイモバイル(Y!mobile)と同様に、メガ・キャリアとその他大勢のMVNOの中間的な存在となっています。

UQ mobile 公式サイト

未成年での契約や複数契約

家族あ

UQ mobileは未成年名義での契約はできません。満20歳以上の方から契約できます。親が子供の代わりに契約する流れとなります。

同一名義で複数申し込むことができます。1人の名義で最大5回線まで申し込めます。

夫婦の名義それぞれで最大10回線の契約が可能なので、大多数の方は問題ないでしょう。

契約当初の90日間は契約できる回線数は2回線までです。その後、利用状況等に応じて最大5回線まで契約できます。

家族割や家族間無料通話のサービスはありません。

ベビーカーに乗る子供と母親ベビーカーに乗る子供と父親

エリア

日本地図を収める手

エリアが最も広いのはNTTドコモですけれども、auもかなり広くなっています。プラチナバンド(800MHz)のエリアが広いのが特徴です。

私はNTTドコモからauにMNPして両方を使ったユーザーですが、au回線は混雑している駅構内や繁華街でもとても快適です。

地方の山奥や入り組んだ地下以外では、ドコモと比べて全く引けをとりません。

800MHz対応のスマホであれば、快適にインターネットが楽しめます。混雑している駅や電車でもスイスイとネットやアプリが楽しめました。

UQ mobileのエリア

動作確認端末一覧

UQ mobileの端末

UQ mobileでは、2016年初時点では以下の端末で動作確認をしています。Androidなら対応機種が多く、問題なく使える端末が多いです。

当初は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air 2、iPad mini 3ではデータ通信は使えませんでした。iPhone 5S、iPhone 5C、iPad Air、iPad mini RetinaディスプレイはiOS8にアップデートすると開けなくなり、iOS7.1.2のままだと使えました。

実質的にはiPhoneでは使わない方が無難でした。

しかし、IIJmioがCellularペイロードに準拠したAPN構成プロファイルを適用させることで、UQ mobileでもiOS8のiPhone/iPadでデータ通信・音声通話が可能になりました。

UQ mobile側からは公式発表は行われていないものの、同じく不可だったmineoの発表では、iPhone 6とiPhone 6 Plusは安定して利用可能とのことです。

iPhone 5s/5c/5では不安定な動作となっているため、依然として使わないのが無難です。

iOS9はAPN設定ファイルをインストールすることで、使用可能となります。ただし、テザリングはできません。iPhone 6sとiPhone 6s Plusでも利用できます。

iPhone 5s・6・6s・7

UQ mobileからは2016年2月19日に、UQ mobileにおいてiOS 9.0以降に対応したプロファイルが正式に公開されました。

いずれも動作確認したのはVoLTE対応の「マルチSIM」であり、LTE用のnanoSIMカードでは動作が不安定で一部機能が利用できない場合があるとされています。

プロファイルはUQ mobileのSIMカードをiOS端末に挿入後、Webサイトよりダウンロードし、インストールできます。

SIMカード挿入時点ではインターネットに接続できないため、プロファイルのダウンロードにはWi-Fiなど、SIMカード以外の通信環境が必要です。

なお、au版のiPhone 6s/6s Plus、iPad mini 4、iPad Proは、SIMロック解除が必要です。

発売から半年後にSIMロック解除が可能になるので、「マルチSIM」の動作確認は、SIMロック解除が可能となったタイミングで実施し、別途その結果を公表する予定となっています。

iPhone7 / 7 Plusの動作確認状況については、2017年2月現在でまだ未発表となっていますが、実際は動いている状態となっています。ただし、メールとテザリングが使えない状態となっています。

機種名 SIM OS 通話 SMS データ通信 メール(※) テザリング
iPad Air(au版) nano iOS 7.1.2 × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad Air 2(au版) nano iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad mini(au版) nano iOS 6.1.3 × ×
iOS 7.1.2 × × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad mini 3(au版) nano iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad mini 4(SIMフリー版) nano iOS 9.2.1 × × ×
iPad mini 4(SIMフリー版) マルチSIM iOS 9.2.1 × ×
iPad mini Retinaディスプレイモデル(au版) nano iOS 7.1.2 × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad 第4世代(au版) micro iOS 6.1.3 × ×
iOS 7.1.2 × × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPad Pro(SIMフリー版) nano iOS 9.2.1 × × ×
iPad Pro(SIMフリー版) マルチSIM iOS 9.2.1 × ×
iPhone 5(au版) nano iOS 6.1.4 × ×
iOS 7.1.2 × × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 5C(au版) nano iOS 7.1.2 × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 5S(au版) nano iOS 7.1.2 × ×
iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 6(au版) nano iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 6 Plus(au版) nano iOS 8.1 × × ×
iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 6s nano iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 6s マルチSIM iOS 9.2.1 × ×
iPhone 6s Plus nano iOS 9.2.1 × × ×
iPhone 6s Plus マルチSIM iOS 9.2.1 × ×
ASUS Memo Pad 8 AST21 micro Android 4.4.2 ×
ASUS ZenPad 10 (Z300CL) micro Android 5.0.1 ×
ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL) micro Android 5.1.1 ×
G’zOne TYPE-L CAL21 micro Android 4.0.4 ×
ARROWS ef FJL21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
ARROWS Tab FJT21 micro Android 4.2.2 ×
ARROWS Z FJL22 micro Android 4.2.2 ×
arrows M02 マルチSIM Android 5.1.1
HTC J Butterfly HTL21 micro Android 4.1.1 ×
HTC J Butterfly HTL23 nano Android 4.4.4 ×
HTC J One HTL22 micro Android 4.1.2 ×
Android 4.2.2
Android 4.4.2
HTC J butterfly HTV31 マルチSIM Android 5.0.2 ×
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14 micro ×
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 micro ×
Wi-Fi WALKER LTE HWD11 micro
USB STICK LTE HWD12 micro
MediaPad M2 8.0 micro Android 5.1.1
INFOBAR A02 HTX21 micro Android 4.1.1 ×
KC-01 micro Android 4.4.4
DIGNO M KYL22 nano Android 4.2.2 ×
DIGNO S KYL21 micro Android 4.0.4 ×
TORQUE G01 nano Android 4.4.2 ×
URBANO L01 nano Android 4.2.2 ×
URBANO L02 nano Android 4.2.2 ×
URBANO L03 nano Android 4.4.2 ×
TORQUE G02 マルチSIM Android 5.1
URBANO V02 マルチSIM Android 5.1
Qua tab 01 マルチSIM Android 5.1 ×
G3 Beat micro Android 4.4.2
G Flex LGL23 micro Android 4.2.2 ×
isai FL LGL24 nano Android 4.4.2 ×
Android 5.0.2
isai LGL22 nano Android 4.2.2 ×
Android 4.4.2
Optimus G LGL21 micro Android 4.0.4 ×
Fx0 LGL25 micro Firefox OS 2.0
isai vivid LGV32 マルチSIM Android 5.1
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 micro ×
VEGA PTL21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
GALAXY Note 3 SCL22 micro Android 4.3 ×
Android 4.4.2
Android 5.0
GALAXY Note Edge SCL24 micro Android 4.4.4
Android 5.0.1
GALAXY S5 SCL23 micro Android 4.4.2
Android 5.0
GALAXY SIII progre SCL21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
GALAXY Tab S SCT21 micro Android 4.4.4 ×
Android 5.0.2
GALAXY S6 Edge SCV31 マルチSIM Android 5.0.2
AQUOS PAD SHT21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
AQUOS PAD SHT22 nano Android 4.2.2 ×
AQUOS PHONE SERIE mini SHL24 nano Android 4.2.2 ×
AQUOS PHONE SERIE SHL21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
AQUOS PHONE SERIE SHL22 micro Android 4.2.2 ×
AQUOS PHONE SERIE SHL23 micro Android 4.2.2 ×
AQUOS SERIE SHL25 nano Android 4.4.2 ×
Android 5.0.2
AQUOS SERIE SHV32 マルチSIM Android 5.0.2
AQUOS K SHF32 マルチSIM Android 4.4.4 ×
VAIO Tap 11(無線WAN搭載モデル) micro Windows 8.0 ×
Windows 8.1
XPERIA UL SOL22 micro Android 4.1.2 ×
Android 4.2.2
XPERIA VL SOL21 micro Android 4.0.4 ×
Android 4.1.2
XPERIA Z Ultra SOL24 micro Android 4.2.2 ×
Android 4.4.2
XPERIA Z1 SOL23 micro Android 4.2.2 ×
Android 4.4.2
XPERIA Z2 Tablet SOT21 micro Android 4.4.2 ×
Android 5.0.2
XPERIA Z3 SOL26 nano Android 4.4.4 ×
Android 5.0.2
XPERIA ZL2 SOL25 micro Android 4.4.2 ×
Android 5.0.2
XPERIA Z4 SOV31 マルチSIM Android 5.0.2 ×
XPERIA Z4 Tablet SOT31 マルチSIM Android 5.0.2 ×

※uqmobile.jpのメールサービス


「ぴったりプラン」は通話料込み!

2016年2月19日からは、UQ mobileで、月額2,980円(税抜)で端末代金が実質0円になり、1GBの通信量・1,200円分の通話を利用できる「ぴったりプラン」が登場しました。

UQ mobileの「ぴったりプラン」

「全部コミコミ」がキャッチフレーズのプランです。データ容量や無料通話を増やしたい場合は「たっぷりオプション」への変更で増量も可能です。

こちらは通信量が月間3GB、無料通話分が2,400円分にパワーアップします。利用料は+1,000円の月額3,980円です。

月間データ容量超過時でも送受信最大300kbpsの通信が可能なため、チャット等のSNS、軽い通信については、月間データ容量を意識せず気軽に利用できます。

「ターボOFF」に設定して節約モード(最大300kbps)にした場合は、SNSやストリーミング音楽をどれほど使っても、データ通信量を消費しません。軽いSNSは300kbpsで十分な場合があります。

UQ mobileの節約モードのベネフィットイメージ

また、ぴったりプランに加入すると、スマートフォンを安心・便利に利用するための人気アプリを厳選した「ぴったりアプリパック」が月額無料で利用可能です。

更に、指定機種の購入が割引される「マンスリー割」の適用で、大手キャリアのようにスマートフォンをお得に購入できます。

UQ mobileの選択肢が広がり、多様なニーズに対応できるようになりました。24回の分割代金と同額の割引が24カ月間適用されて実質0円にある端末もあります。

iPhone 5s、京セラ製「KC-01」、LG製「LG G3 Beat」の他、富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」も対象です。月額380円で「端末補償サービス」を付けることもできます。

arrows M02はUQオンラインショップでの販売だけではなく、家電量販店などで購入した端末にも適用できます。

以上は「スマトク割」が適用された場合の価格です。スマトク割とは、新規で2年契約、もしくはau・au系MVNO以外からのMNPで2年契約を締結した場合に適用されます。

スマトク割は課金開始月から起算して25ケ月間、基本使用料3,980円/円から1,000円を割り引きます。割引の適用期間は25ヶ月目までとなります。

携帯電話で電話する女性

スマトク割が受けられない時は「ぴったりプラン」が月額3,980円、「ぴったりプラン たっぷりオプション」が月額4,980円になります。

さらに課金開始月から起算して13ケ月間、イチキュッパ割として1,000円/月(日割り適用)の割引が適用されます。これはau/au系MVNOからのMNPも対象です。

また、最大2年間無料通話と高速データ通信容量が最大2倍になります。課金開始日を含む月から起算して25ヶ月目まで無料通話が2倍となります。

また、auおよびau系MVNO以外からのMNP、新規契約の場合、高速データ通信容量が最大2倍となります。

契約から26ヶ月目以降は、2年契約のユーザーを対象に月額基本料が1,000円割り引かれる「長期利用割引」が設定されてます。26ヶ月目以降も安く利用できます。

かなりややこしいですね^^;
表にまとめます。

契約から
の期間
項目 MNP(au/au系MVNO以外から)・新規契約 au/au系MVNOからのMNP
ぴったり たっぷり ぴったり たっぷり
13ケ月間 料金 1,980 2,980 2,980 3,980
無料通話 2,400 4,800 2,400 4,800
高速データ 2GB 6GB 1GB 6GB
14ケ月目~
25ヶ月目
料金 2,980 3,980 3,980 4,980
無料通話 2,400 4,800 2,400 4,800
高速データ 2GB 6GB 1GB 6GB
26ヶ月目
以降
料金 2,980 3,980 2,980 3,980
無料通話 2,400 4,800 2,400 4,800
高速データ 2GB 6GB 1GB 6GB

各プランにはVoLTE対応のプランも用意されています。また、2年契約ではなく、最低利用期間が12カ月で自動更新が無いプランも有ります。

「ぴったりプラン 自動更新なし」は月額4,980円、「ぴったりプラン たっぷりオプション 自動更新なし」が月額5,980円となります。

1回5分以内の国内通話は何度でもかけ放題プランも!

スマートフォンを持つ笑顔の女性

2017年2月22日より、UQモバイルは、1回5分以内の国内通話であれば何回でもかけ放題で利用できる「おしゃべりプラン」を開始します。

「おしゃべりプランS」と「おしゃべりプランM」の2種類があります。5分超過時は30秒20円(税抜)の通話料がかかります。

料金・データ量は「おしゃべりプランS」は「ぴったりプラン」と、「おしゃべりプランM」は「たっぷりプラン」と同じです。

  • おしゃべりプランS:イチキュッパ割適用で1,980円(税抜)・最大2GB
  • おしゃべりプランM:イチキュッパ割適用で2,980円(税抜)・最大6GB

具体的には以下の通りです。

「おしゃべりプラン」の内容

契約期間は2年間であり、2年以内に解約した場合、契約解除料9,500円(税抜)が発生します。

2017年3月1日からは、従来の「ぴったりプラン」が「おしゃべりプランS」に、または「おしゃべりプランM」に自動的に移行予定でしたが、ぴったりプランはそのまま残り、どちらかは毎月プラン変更が可能になりました。

より一層便利でパワーアップします。5分超の通話が多い場合はぴったりプラン、ほっとんどない場合はおしゃべりプランがお得です。UQ mobileは通話もデータ通信もお得です。

2017年2月現在は端末セットとSIMのみ契約が半々となっています。セットではぴったりプラン、たっぷりプランが大多数となっています。

30代、40代、20代の顧客が多く、男性が約7割となっています。

他のMVNOは5分無料通話、電話割引サービスを利用する場合、専用のアプリで電話する必要があります。

しかし、UQモバイルプレフィックス方式ではなく、専用アプリは不要でスマホ標準の電話アプリでOKなので便利です。

UQ家族割

 海辺で遊ぶ家族

2017年6月8日からは「UQ家族割」が開始しました。UQ mobileで複数回線を契約すると、子回線の月額基本料金から毎月500円が割り引かれます。

親回線1回線に対して最大9回線の子回線が対象です。対象となるのは「ぴったりプランS/M/L」と、「おしゃべりプランS/M/L」です。

「スマトク割」と「イチキュッパ割」適用時の月額料金(税抜)は以下の通りとなります。

  • おしゃべりプランS:月額1,980円→月額1,480円
  • ぴったりプランS:月額1,980円→月額1,480円
  • おしゃべりプランM:月額2,980円→月額2,480円
  • ぴったりプランM:月額2,980円→月額2,480円
  • おしゃべりプランL:月額4,980円→月額4,480円
  • ぴったりプランL:月額4,980円→月額4,480円

iPhone SEを契約可能に

iPhone 5sを握ったところ

UQ mobileでiPhone SEを契約できます。カラーはシルバーとスペースグレイだけではなく、ゴールドとローズゴールドもあります。

容量は使いやすい32GBと128GBの2種類が揃っています。16GBだと使っていくうちに容量不足になって四苦八苦する方が多いので、32GB以上がベストです。

対象のプランは「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」です。毎月プラン変更が可能なので便利です。

端末購入アシスト・マンスリー割などの購入補助制度の対象となります。

音声通話、データ通信、SMS、テザリング、「@uqmobile.jp」のメール(オプション)が利用可能です。

UQ mobileのiPhone 5sの販売価格は54,432円(税込)であり、メガキャリアのような割引「マンスリー割」が適用されます。

32GBの場合は-1,100円、128GBの場合は-1,000円であり、実質実質価格はぴったり32GBは24,000円、128GBは36,000円です。

付帯サービス

スマートフォンを見る女性

UQあんしんパック

個別だと合計月額1,000円が発生するサービスを、セットで月額500円で利用可能にしたオプションサービスです。以下がセットとなります。

  • オペレーターが遠隔でスマホの設定を行う「UQあんしんサポート」
  • データを自動でバックアップする「クラウドバックアップ by AOS Cloud」
  • セキュリティサービス「UQ SNS セキュリティ by MyPermission」

家族みまもりパック

は、リアルタイムで家族の居場所が確認できる「みまもりサービス by Family Locator」と、子どもがSNSを安全に利用するためのサービス「filii」をセットにした有料オプションです。

個別だと合計月額500円のところ、セットだと月額380円となります。

ウイルスバスター モバイル for UQ mobile

トレンドマイクロが提供するモバイル端末向けの総合セキュリティアプリを月290円で利用できます。2015年6月~8月利用分はキャンペーンで無料です。

主な機は、不正アプリ対策(ウイルス対策)、Web脅威対策、迷惑SMS・迷惑着信対策、盗難・紛失時対策などです。

対象OSはAndroidでiOSは対象外です。

ご自宅訪問サポート

ユーザーの自宅でスマートフォンの初期設定、操作説明、アプリなどを使った楽しみ方などを教えるサポートサービスです。訪問とスマートフォンのリモート操作の二種類があります。

利用は30分単位で、1回あたりの料金は、訪問サポートが6,500円から、リモートサポートが3,000円からです。

スマホの操作に慣れていない初心者には良いサービスです。

アプリ超ホーダイ

ソースネクストのサービスを活用した制度です。月360円の定額で、100タイトル以上のアプリが使い放題となります。

主なジャンルは、ゲーム、ヘルスケア、学習・知育、セキュリティ、ツールなどです。

ポータルアプリが便利

スマートフォンを見る女性

UQ mobileポータルアプリというスマホアプリが用意されています。データ通信の利用状況の表示、およびデータチャージ等、各サービスの利用を簡単な操作で行うことができます。

スマホのホーム画面にウィジェットを設置することで、アプリを起動しなくてもデータ残量を確認したり、簡単にターボON/OFFを切替えられます。

「my UQ mobile」タブから、UQ mobileの契約状況の確認や変更をはじめ、オプションサービスのお申込みなども可能です。

UQ mobileポータルアプリ

2017年6月20日からはデータチャージの履歴表示が追加されました。「今月分」と「すべて」の履歴を切り替えて表示できる。今月分を表示すると、当月に取得したチャージの合計値が表示されます。

データ増量2倍キャンペーンでは、チャージした分からの割り引きとなりますが、現在のチャージが割り引きの対象かを簡単に確認できるようになります。

Androidアプリについては、ターボ機能で高速通信に切り替える際、あらかじめ設定した時間帯に、自動で節約モードに切り替わる設定も可能になります。

まとめ

KDDIの格安スマホ・MVNOであるUQ mobileは、既存のOCNやビックカメラ BIC SIMと比較して価格面では格段の競争力があるわけではありません。

しかし、UQ mobileはKDDIの子会社が運営していることから、回線の仕様上auに近い通信が可能であり、ドコモのMVNOの回線よりも、スピードは圧倒的に速いのが絶大なメリットです。

スピード重視ならUQ mobileは良い選択肢となります。「家電批評」という「買ってはいけないがっかり家電」特集など、辛口の批評で有名な雑誌があります。

その家電批評の2016年11月号では、「格安SIM最新辛口ランキング」が掲載されています。UQモバイルは、その中で格安SIMの「ベストバイ商品」に選ばれています。

そして、2017年1月の「家電批評オブ・ザ・イヤー2016」では、なんとUQ mobileがベスト・オブ・ベストを受賞しました。

家電批評2017年1月号

価格も他のMVNOと比較すると大差なく、au回線でOKならば、2017年2月現在では評判が良好な格安SIMです。本家au並みの速度が出るというのはかなり強力です。

都心部在住でデータ通信の速度を重視していて、端末はAndroidか、iPhone 6より新しいiPhoneという方にはピッタリです。速度重視でau回線でOKの方にはおすすめの格安SIM・格安スマホです。

iPhone6などのiOS8のiPhoneでデータ通信ができないのはデメリットでしたが、APN設定ファイルをインストールすることで、iPhone 6以降のiPhoneですと、iOS9・iOS10で使用可能となりました。

UQ mobileは「データ増量キャンペーン」を行なっています。最大25カ月間、au以外のサービスからのMNPでぴったりプランを契約すると、契約プランのデータ通信量が2倍になります。

例えば、月間のデータ通信量が1GBの「ぴったりプラン」はキャンペーン中は2GBとなります。「たっぷりオプション」は3GBのところ、6GB利用できます。

プラン変更は翌月1日から何度でも可能で利便性が高いです。ワイモバイル(Y! mobile)と比較すると、端末代混みでは安いです。

UQ学割で18歳以下だと2年間1,980円/月で利用できます。本人確認書類は健康保険証だけでOKです。18歳未満であれば、自動的に学割が適用されます。

UQ mobileはとても快適にデータ通信ができます。サイト閲覧、SNS、YouTubeが他のMVNOと比べるとサクサク・スイスイです。ドコモ系MVNOとは次元が違うスピードが出ます。

端末が対応していてau回線でOKの方ですと、UQ mobileは大きなメリットがあるMVNOです。

UQ mobileはMVNOの中では一歩抜けているハイスピードが最大のメリットです。au回線でOKならば有力な選択肢です。

auの白ロムはドコモよりもリーズナブルというメリットもあります。ワイモバイルと同様に、速度重視ならば有力な選択肢です。

UQ mobile 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

DMMモバイルの端末ラインナップ

DMMモバイルはデータSIM・音声ともに最安値水準!

DMMモバイル(DMM mobile)というMVNOがあります。話題の格安スマホ・格安SIMです。「

記事を読む

自宅で携帯電話で話す女性

SIMロック解除って美味しいの?メリット・デメリット・今後の動向まとめ

2015年5月1日からSIMロック解除の義務化が開始しました。今月以降に発売される新機種では

記事を読む

iPhone5S

MNPはやはりお得!iPhone5S一括0円復活!2014年のラストチャンスか!?

iPhone5Sの一括0円が復活していました。ソフトバンクへのMNPです。ソフトバンクは携帯

記事を読む

食べ物をたくさん食べる女性のイラスト

携帯電話料金の値下げは絶望的!ドコモ・au・ソフトバンクが焼け太りする悪夢の展開へ

携帯電話料金の引き下げ策を検討していた総務省の有識者会議が最終報告をとりまとめました。しかしながら、

記事を読む

Aterm MR04LN

モバイルルーターはNECの「Aterm MR04LN」がおすすめ!So-net 0 SIMと相性抜群

NECのSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを愛用しています。もはや無くてはならない存在になりま

記事を読む

iPhoneを見る女性

Y!mobileから「光おトク割」登場!ドコモ光パック・auスマートバリュー・スマート値引きとの比較まとめ

Y!mobile(ワイモバイル)が、「光おトク割」を開始します。サービスの提供開始は2015年3月1

記事を読む

高速道路

楽天モバイルの速度の実測まとめ!口コミの評価をチェック

楽天モバイルという言わずと知れた楽天が提供しているMVNO・格安スマホがありますね。楽天モバ

記事を読む

So-netの「LTE SIM+スマホセット4980」

So-netから無制限格安スマホ、LTE SIM+スマホセット4980登場!

1.5GBの音声付き通信の格安スマホを提供していたSo-netから、新たに無制限プランが生誕

記事を読む

ワイモバイルの店舗

ワイモバイル(Y!mobile)からiPhone 5sが登場!価格・維持費用まとめ

ワイモバイル(Y!mobile)というケータイ会社がありますね。現在はソフトバンクモバイルと合併して

記事を読む

ソフトバンクでんき

「ソフトバンクでんき」は携帯電話・固定通信とセット割引でお得!

電力サービス「ソフトバンクでんき」が2016年4月1日から開始します。ソフトバンクのケータイ、光回線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
NEC LAVIE Direct HZ
山形県米沢市のふるさと納税は、NEC・レノボのパソコンが激熱!2017年7月31日までインターネットで申し込み可能!

山形県に米沢市という自治体があります。米沢市はふるさと納税がかなり充実

ダイナースクラブ フランスレストランウィークの記念撮影
ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2017のプレス発表会に参加!レストランウィークは至高の美食イベント!

2017年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されま

ザ・リッツ・カールトン東京のスパ
スパ(Spa)やエステの特典もアメックス・プラチナは卓越!癒やしが捗る!

アメックス・プラチナにはスパ(SPA)、エステ、リラクゼーション、エイ

スクエアでラグジュアリーカードで支払う場面
Square(スクエア)でJCB・ダイナース・DISCOVERが利用可能に!VISA・Mastercard・アメックスに加えて主要国際ブランドを完全網羅

Square(スクエア)というスマホやタブレットがあれば、クレジットカ

鳥
【逆日歩速報】2017年6月末 権利確定日

2017年6月末の逆日歩が発表されました。コード銘柄名株 数今年 貸借

→もっと見る

PAGE TOP