*

スルガ銀行Tポイント支店のVisaデビットTカードでTポイントが貯まる!お得なキャンペーンも

スルガバンクのVisaデビットTカード

スルガ銀行がTポイント支店を開始しました。銀行の取引でTポイントが貯まるのが特徴です。

「デビットTカード スルガバンク」(愛称:VisaデビットTカード)を提供しており、Tポイントが貯まりやすいシステムが構築されています。お得な入会キャンペーンも行います。

スルガ銀行Tポイント支店、VisaデビットTカード、入会キャンペーンについてまとめます。


銀行取引でTポイントが貯まる

給与受取

スルガ銀行のTポイント支店で毎月の給料が入金する度に、毎月Tポイント50ポイントがプレゼントされます。スルガ銀行が「給与」と認識できる10万円以上の入金が対象です。

セブン銀行は振込1件あたりnanacoポイント10ポイント、新生銀行はTポイント25ポイントです。スルガ銀行Tポイント支店はそれより豪華となっています。

Tポイントのプレゼントは入金月の翌月15日の予定です。Tポイントについては以下で徹底解説しています。

Tポイントカード
有名なポイントカードの一つに、Tポイントカードがありますね。TSUTAYAとレンタル契約していなくても、ポイントカードのみを持つこ...

Tポイント付き定期預金

お預入れ金額に応じてTポイントがプレゼントされる「Tポイント付き定期預金」があります。1年ごとの自動継続で、満期ごとにTポイントが貯まります。

お預入れ10万円ごとに60ポイントが、1年後の満期日の翌月にもらえます。100万円だと600ポイント、1000万円だと6000ポイントです。還元率0.06%です。

普通の定期預金におまけがついています。ただし、金利は1年0.05%と妙味がない水準で、Tポイントと合わせても年0.11%に過ぎません。SBJ銀行などの高金利銀行の方がいいでしょう。

スペシャルギフト付き定期預金

お預入れ10万円を1口として、毎月1回、自動で抽選が行われ、以下のTポイントがプレゼントされます。

  • 1等:Tポイント10万ポイント1本
  • 2等:Tポイント1000ポイント3本

預金金利は1年0.22%(300万円以上は0.23%)です。Tポイント付き定期預金よりもこちらの方がダントツでお得です。


デビットTカード スルガバンク(愛称:VisaデビットTカード)

スルガ銀行Tポイント支店では、「VisaデビットTカード」を発行します。デビットカード、Tカード、銀行キャッシュカード、ローンカードの4つの機能が一つになったカードです。

世界中のVisa加盟店でVISAのクレジットカードと同様にお買い物できます。使ったその場で口座から引落とされるため、クレジットカードだと使い過ぎるというタイプの方でも使い過ぎを防止できます。

また、クレカの審査が通らない場合も作ることができ、お買い物でポイントが貯められます。

VisaデビットTカードでのお支払い200円(税込)につきTポイント1ポイントが貯まります。還元率0.5%です。1回の決済ごとにポイントが計算されます。

また、Tカードとしても利用できるので、Tポイント提携先で提示することで、Tポイントを貯められます。

加盟店でVisaデビットTカードで支払いをするとTポイントの二重取りが可能となります。Tポイントは他のTカードに移行できるので、メインのTカードが他にある場合でもサブカードとして持つことも選択肢の一つです。

一般的なデビットカードは還元率0.2~0.3%程度のカードが多いので、比較的高還元となります。ただし、楽天銀行のデビットカード(JCB)は還元率1.0%と最高級です。還元率を重視したデビットカードを作りたい場合は、楽天銀行が最有力です。

楽天銀行デビットカード
楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCBとVISA、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカ...

なお、Tポイントが貯まるクレジットカードで最も還元率が高いのは、Extreme Card(エクストリームカード)です。還元率1.5%です。

Extreme Card(エクストリームカード)
Extreme Card(エクストリームカード)というクレジットカードがあります。Tポイントが貯まるクレジットカードとしては日本一...

クレカで付与されるJデポを一定程度ためて、それをGポイントという別のポイントに交換して、更にGポイントのサイトでTポイントに交換できます。

かなりの高還元なので税抜3,000円と年会費は高めですが、年30万円以上の利用で無料となります。月25,000円以上使えばいいので、固定費をクレカ払いにしたらすぐに到達します。年会費は実質無料と言ってよいでしょう。

エクストリームカードは新規加入で2,000円分、Web明細申込みで300円の入会キャンペーンがあります。Jリボサービス登録で更に1,000円分もらえますが、リボ払いに登録すると高コストなので避けましょう

手堅く2,300円がゲットできます。以下公式キャンペーンページからのご加入でキャンペーンが適用されます。

年会無料のクレジットカードがいい場合や、ポイント交換は面倒な場合は、Yahoo! JAPANカードがおすすめです。

年会費無料で還元率はいつでも1%で、Yahoo!ショッピングとロハコではショップポイントも合わせて3%です。詳しくは以下で徹底解説しています。

Yahoo! JAPANカード
年会費無料のクレジットカードでおすすめできるのは、還元率1.2%のリクルートカードです。クレカ使用で貯まるリクルートポイントをPo...

ATM手数料

スルガ銀行Tポイント支店はそこそこのクオリティがありますが、メインバンクとして使うのはハードルが若干高いです。メインバンクはやはり都市銀行・ゆうちょという方も多いでしょう。

したがって、資金移動の快適さが重要な要素です。ATM手数料が無料であることが極めて重要です。

STAGE01

スルガ銀行Tポイント支店はATM入金手数料は日本全国のゆうちょ銀行、セブン-イレブン、イーネット(ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラ等)、イオン銀行、タウンネットワークサービスでいつでも無料です。

ATM出金手数料は、平日昼間と土曜日のランチタイム前後は無料です。具体的には、セブン-イレブン・イーネット・タウンネットワークサービスは平日 7:00~18:00、土曜 9:00~14:00が無料です。

イオン銀行は平日 8:00~18:00、土曜 9:00~14:00が無料です。

STAGE02

テレフォンバンキングをご契約中かつ、Tポイント支店円預金の前々月の月平均の預金残高20万円以上だと「STAGE02」にランクアップします。

上記の金融機関のうち、ゆうちょ銀行以外はいつでもATM入出金手数料が無料となります。ハードルは低めですね。

STAGE03

以下2つのいずれかに該当すると、「STAGE03」にランクアップします。

  1. 前々月の月末時点のTポイント支店円預金残高50万円以上
  2. 前々月の月末時点でローン残高があり、前月定例返済あり

ゆうちょ銀行も含めて上記の金融機関のATM入出金手数料がいつでも無料となります。


キャンペーン

スルガ銀行Tポイント支店はお得なキャンペーンを行っています。キャンペーン期間は2015年7月31日(金)迄です。

期間中にTポイント支店の口座を開設するだけで、Tポイント500ポイントのプレゼントがあります。

また、口座開設月の翌月末までに、VisaデビットTカードを1回以上利用するとTポイント500ポイントがプレゼントされます。

いずれもハードルは極めて低いです。Tポイント合計1,000ポイントをゲットできます。

Tポイント支店への問い合わせ先としてフリーダイヤルが用意されています。電話番号は0120-854-789です。月~金曜日(祝日を除く) 9:00~17:00に電話できます。

まとめ

スルガ銀行は取引でANAマイルが貯まるスルガ銀行 ANA支店も展開しており、この手の目新しいサービスに積極的です。

大手地銀ということで、空前の低金利という厳しい経営環境下でリテール向けの新しい取り組みを行っています。その姿勢は評価できると思います。

給与振込みでTポイント50ポイントをゲットしたい方、クレジットカードは持ちたくなくて0.5%の還元率のデビットTカードに魅力を感じる方に向いています。

クレジットカードでOKという場合でTポイントを貯めたい場合は、エクストリームカード(還元率1.5%・年30万円以上の利用で年会費無料)、Yahoo! JAPANカード(還元率1%・年会費無料)がおすすめです。

他に取引でTポイントが貯まる銀行には新生銀行があります。10万円以上の振込入金やATM入出金、自動引落新規登録などでTポイントが貯まります。

口座開設から3ヶ月目までは、6ヶ月の円定期預金がなんと年0.5%になるキャンペーンもあります。

新生銀行の取引レポートホルダー
新生銀行という銀行があります。リアルの店舗もネットバンキングもあり、利便性が高い銀行です。新生銀行の銀行口座である「新生総合口座パ...

新生銀行は2015年10月30日(金)までは口座開設だけで1,000円のプレゼントを行っています。とてもお得なキャンペーンです。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

かごに入った千円札

電子マネー「Yahoo!マネー」が登場!「預金払い」対応の銀行でチャージしてリアルの店舗でも利用可能へ

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)が新しい電子マネー「Yahoo!マネー」を開始します。決済

記事を読む

新生銀行の取引レポートホルダー

Tポイントプログラムがお得!新生銀行でTポイントがザクザク貯まるように

新生銀行という銀行があります。リアルの店舗もネットバンキングもあり、利便性が高い銀行です。新生銀行の

記事を読む

おさいふPonta

ローソンの「おさいふPonta」はJCBプリペイドカード機能付きで便利!

ローソンが、クレディセゾン、JCB等と提携して「おさいふPonta」を発行しています。「おさいふPo

記事を読む

じぶん銀行

じぶん銀行のメリット・デメリット・auユーザーの特典を徹底解説!

じぶん銀行はメリットが大きく、上手く使うと家計を大きく助けることが出来ます。ATM手数料、振込手数料

記事を読む

ガストの温玉ドリア

東京電力がTポイント導入!Pontaポイントと選択制

東京電力が電力小売りの自由化による競争激化に備えて「Tポイント」を導入します。電気料金の支払いに対す

記事を読む

東京駅100周年記念Suica

Suicaで得するクレジットカードを徹底的に比較!チャージでポイント!

首都圏の電車での移動で便利な電子マネーが「Suica」です。JR東日本の電車のみならず、PASMOエ

記事を読む

りそなJALスマート口座

りそなJALスマート口座が開始!JALマイルやFLY ONポイントの特典!修行にも有益

りそな銀行とJALが業務提携し、口座の利用でJALのマイルがたまる「りそなJALスマート口座」が20

記事を読む

険しい表情の男性

住信SBIネット銀行がスマートプログラムで改悪と改善!ライトユーザーには厳しい

住信SBIネット銀行は、2016年1月から、利用状況に応じて様々な優遇が受けられる「スマートプログラ

記事を読む

イオン銀行

イオン銀行の投資信託口座開設キャンペーンが熱い!嬉しい1,000円♪

7月に入ったのに涼しい今日この頃ですね。しかし、イオン銀行で熱いキャンペーンが始まりました!

記事を読む

au WALLETカード

au WALLETカードに2015年からは、このクレジットカードでチャージすべき!還元率6.5%も!

au WALLETカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場し、じぶん銀行からのチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引で楽天ポイント10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px(2015年6月末まで)
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

マネックス証券の限定タイアップキャンペーン
口座開設&入金で3,000円プレゼント!

カブドットコム証券のスペシャルタイアップキャンペーン2015年
口座開設だけで1,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大30,000円キャッシュバックキャンペーン!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

シストレ24限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で3,000円キャッシュバック!
イオン銀行
マイナス金利でも普通預金が高金利の銀行ランキング!

マイナス金利の導入以降、普通預金の金利は極限まで低下しています。メガバ

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

雪山とヘリコプター
ヘリコプターマネーの時代に我々はどう資産を守るべきか?

「ヘリコプターマネー」の話が急浮上しています。ヘリコプターマネーの時代

三井住友ビジネスカード
三井住友ビジネスカードのメリット・デメリットまとめ!VISAとMasterCardの2種類!

三井住友ビジネスカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナ

スマートニュースのトップ画面
スマートニュースが上場へ!IPOに備えよう!

  スマートニュース(SmartNews)が株式上場に向けて事業拡大を

→もっと見る

PAGE TOP