*

SBI証券が積立FXを開始!メリット・デメリット・外貨建てMMFとの比較まとめ

更新日: SBI証券, 証券会社

笑顔で草原を歩く6名

SBI証券は2016年10月15日(土)から、 外国為替保証金取引(FX)の仕組みを活用して外貨への定時定額での少額投資を可能とする新サービス「積立FX」を開始します。

SBI証券でFXでの外貨エクスポージャーの積立投資が可能となります。外貨建てMMFと比較すると為替コストが圧倒的に低いというメリットがあります。1通貨単位で細かい積立が可能です。

SBI証券の「積立FX」のメリット、デメリット、外貨建てMMF、外貨預金との比較についてまとめます。


「積立FX」は、 FXの特徴であるレバレッジ効果により、 外貨預金、外貨建てMMFと比較して少額での投資が可能となっております。

また、任意のタイミングでいつでも売却可能です。外貨建てMMFは売却注文を出した時間と約定時間はズレるので、大幅な円高が急速に進んだ場合は不測の事態となります。

レバレッジの上限も最大2~3倍と低く設定されており、中長期で外貨のエクスポージャーを取るのに適した商品設計となっています。

「高いレバレッジをかけてFX取引をするのは不安だが、 高金利通貨の金利を享受したい。 円の下落リスクに備えたい」といった投資ニーズに応えています。

サービス開始当初の取扱通貨は、 米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、人民元、南アフリカランドの6通貨となっています。

SBI証券の積立FXの 取引画面イメージ

メリット

1通貨単位から細かい積み立て設定が可能

取引単位は1通貨以上0.01通貨単位であり、極限まで細かい積立設定が可能です。例えば、積立FXで米ドルをお取引する場合、 1通貨(1ドル)以上0.01通貨(1セント)単位で取引できます。

少額保証金での取引が可能です。 SBI証券の店頭FXである「SBI FXα」の場合、最低取引単位は1,000通貨(ミニ通貨ペアの場合)となっています。

定期的な外貨購入(毎日、 毎週、 毎月)が可能

指定する通貨、 数量、 頻度(毎日・毎週・毎月)で定期的に外貨を購入し、買値を平均化することが可能になります。

1ヶ月に1回だけではなく、週1回・毎営業日という設定も可能です。1日から月末まで毎営業日ロングすることもできます。購入タイミングをできる限り平準化したいという場合は便利です。

投資タイミングを分散できるので、タイミングリスクを抑えて徐々に外貨建て資産を増やしていきたいといったニーズにピッタリのサービスです。

外貨の購入は外貨の数量指定または円貨(必要保証金)指定が選択できるので、有利でも不利でもありませんが、定時定額購入による「ドルコスト平均法」に拘る場合でも安心できます。

低レバレッジ運用で低リスクで資金効率がUP

レバレッジは1倍・2倍・3倍から選べます。

レバレッジをかけると、例えば100万円分の為替リスクを取りたい場合、入金する金額が少なくて済むので、資金効率が良くなるというメリットがあります。

例えばレバレッジ3倍にしてロングしている金額の80%程度を入金しておけば、ロスカットされることはほとんどありません。残りの20%を有効活用できます。

抱えているリスク量に対する正確な認識があるならば、レバレッジは悪という訳ではありません。

例えば、50万円を入金して1ドル101円で1万ドルロングしている場合、抱えているリスク量は入金額の50万円ではなく、1万通貨分(101万円)です。

保有しているポジションのリスク量への認識さえ正確ならば、資金効率が良くなる分、多少のレバレッジは有意義な側面があります。

しかし、レバレッジは一切かけないというポリシーの方もいらっしゃるでしょう。その場合は、レバレッジ1倍にしておけば全く問題ありません。

急激な為替変動によるロスカットリスクをできるだけ軽減し、 中長期での運用を行いやすい設計となっています。

スワップポイント(金利相当額)の受け取りが可能

積立FXの新規ポジションは、 「外貨の買付(購入)」のみ可能です。 高金利通貨の買付により、 日々、 日本円との金利差に相当するスワップポイントを受け取ることが可能です。

外貨預金や外貨建てMMFと同じようなイメージでインカムゲインを得られます。

ただし、スワップポイントは、 金利市場の動向等により変動します。日本円よりも低金利の通貨を円に対してロングした場合などは、支払になる可能性がある点に留意が必要です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

デメリット

SBI証券の積立FXのデメリットは、トルコリラ/円、カナダドル/円、香港ドル/円の取扱がないことです。

SBIグループのFX専業会社である「SBI FXトレード」にはこれらの通貨ペアで積立FXが可能です。

また、裁量取引の為替コストが専業FX会社と比較すると高いことです。例えば、SBI FXトレードは、ドル円のスプレッドはたったの0.27銭です。他方、SBI証券は0.5銭です。

SBI FXトレードでも、「積立FX」というサービスがあり、毎日、毎週、毎月と予め設定した期間で定期的に外貨を自動購入することが可能です。積立FXの場合はスプレッド5銭でSBI証券と同じです。

スーツ姿の笑顔のOL
SBI FXトレードが本邦初の定期的に一定額ずつ外貨を購入する「定期外貨取引」 のサービス「積立FX」を開始して、サービス内容はす...

裁量取引のコスト面ではSBI FXトレードにエッジ・優位性があります。SBI FXトレードは、スイス・ショックなどの為替激変時においても、途絶えることなく約定可能なレートを配信を継続し、最優良価格での約定を執行した信頼性が高いFX企業です。

外国人ビジネスマン
2015年1月15日、市場のユーロ安・スイスフラン高の圧力が増幅する中で、スイス中銀は対ユーロの上限(1ユーロ=1.2スイスフラン...

しかも、業界最狭水準のスプレッド、業界最良水準のスワップポイント、為替ディーラーが監修した取引ツール、小数点以下4桁表示、取引単位が1通貨、約380行もの金融機関に対応クイック入金などメリットが多いFXです。

安定したスプレッド・プライスの提供、スリッページがない最優良執行、グレーアウト排除を実現しています。個人的にはFX企業の中で信頼性は随一だと考えています。

「2WAY注文」における約定時のスリッページ幅は、顧客が有利な場合と不利な場合がほとんど拮抗しており、誠実な最優良執行がなされていると言えます。

浴衣姿の女性
「SBI FXトレード」というFXサービスがあります。積立FXというユニークなサービスを提供しています。スイス・ショックなどの為替...

外貨建てMMFとの比較では、税制が異なります。外貨建てMMFは株式・債券等と損益通算が可能となっています。

他方、積立FXは税制面でFXと同一なので、FX、CFDなどの店頭取引、「くりっく365」などの取引所FX、先物取引等との損益通算が可能です。

外貨建てMMFは2016年1月からは特定口座に入れられるようになりました。証券会社に特定口座(源泉徴収あり)を開設すると、自動的に損益は通算されるので、確定申告が不要になります。

他方、積立FXは特定口座(源泉徴収あり)の仕組みがないので、確定申告をすると利益は所得となり、専業トレーダー、リタイアしている方や専業主婦(主夫)の場合は、国民健康保険料が上がったり、扶養控除の対象外となるリスクがあります。

税制面では外貨建てMMFと比較すると、人によってはデメリットになります。積立FXは申告分離課税で税率は一律約20%なので、会社員ですと税制面のデメリットは無関係の方が多いです。

海外の水辺と夕焼け
外国債券(海外債券)、外貨建てMMFの税制が、2016年以降は大きく変わります。2015年中に売買した方が戦慄的にお得な場合があり...

資産保護の側面では、積立FXはみずほ信託銀行への信託保全、外貨建てMMFは分別管理となります。

まとめ

SBI証券の積立FXは、1通貨以上0.01通貨単位で細かい積み立て設定が可能、定期的な外貨購入(毎日、 毎週、 毎月)が可能、低レバレッジ運用で資金効率がUPなどのメリットがあります。

当初は米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、人民元、南アフリカランドの6通貨に対して、積立でエクスポージャーがとれます。

FX専業会社のSBI FXトレードと比較すると若干コストが高いのがマイナスポイントですけれども、複数の口座を開くのが面倒で、SBI証券一本で済ませたいという場合はメリットが大きいサービスです。

徹底的に為替コストを重視する場合は、やはりFX専業のSBI FXトレードがお得です。SBI証券と同様に1通貨単位での積立の仕組みもあります。

SBI FXトレードは、500円の現金プレゼント、日経チャンネルマーケッツの3ヶ月間無料のキャンペーンなどのお得な口座開設キャンペーンを行なっています。

口座開設・維持は無料ですので、まだ口座をお持ちでない方は、参加してみてはいかがでしょうか。

SBIFXトレード 公式キャンペーン

外貨建てMMFとの比較では、圧倒的な低コストが絶大なメリットとなります。積立の単位が低い点もメリットです。

他方、税制面では専業投資家・専業主婦(主夫)などの場合はマイナスとなる場合があります。積立FXと外貨建てMMFの主な比較は下表のとおりです。

項目 積立FX 外貨建てMMF
積立の単位 1通貨~ 5,000円~
購入手数料 0円 0円
為替コスト(ドル円) 0.5銭~ 20銭~(松井証券)
25銭~(SBI証券)
売却注文 任意のタイミング 1日1回
確定申告 一定の利益が出たら必要 特定口座(源泉徴収あり)なら不要
税金 約20%の申告分離課税 約20%の申告分離課税
損益通算 FX・先物取引等 株式・投資信託・債券等
レバレッジ 最大3倍 1倍のみ
取引形態 SBI証券との相対取引 投資信託の形式
資産保護 信託保全(みずほ信託銀) 分別管理

外貨預金との比較では、為替コストは圧倒的に低く、積立の利便性が高く、税金も外貨預金は雑所得の総合課税であり、外貨預金は預金保険の対象外でFXの場合は信託保全されているので、積立FXにエッジ・優位性があります。

SBI証券は積立FX以外にもリーズナブルな取引手数料など多数のメリットがあり、私もフル活用してします。SBI証券がないと困り果ててしまいます。

SBI証券は、日本におけるネット証券の先駆者として、「顧客中心主義」の経営理念のもと、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供してきました。

短期のトレーディングから中長期投資まで、幅広い個人投資家がフル活用できます。私もフル活用して、パフォーマンスを向上させています。

2016年7月には、SBI証券に取材に行き、株式会社SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲場さんにインタビューしました。

杉本部長は以前にSBI証券のIPO引受け部門で活動していたことがある方です。IPOを知り尽くしたプロから、貴重なIPOに関するお話を伺えました!

SBI証券 商品開発部 杉本部長、稲葉さん (SBI証券の入口)
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

続いて以下では、IPO以外のあらゆるサービスについても、株式・外国株式から投資信託、FXまで色々と聞き倒しています!

SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネッ...

SBI証券は大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかもコストは低いです。100万の資産運用でも大活躍します。

特にPTSIPO立会外分売つなぎ売りに使える一般信用売り、米国株投信保有で付与されるSBIポイント(投信マイレージ)、住信SBIネット銀行との連携、CFD金・プラチナには絶大なメリットがあります。

チャンピオンズ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社です...

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、総合ネット証券です。

活用していくと、リターンが着実に向上します。私はSBI証券がなかったら困り果ててしまいます。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

チャンピオンズ

SBI証券はメリット絶大!キャンペーンも魅力!個人的口コミまとめ

幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多

記事を読む

驚く女性

SMBC日興証券の手数料は驚異的!信用取引はなんと0円!現物売買にも利用可能

SMBC日興証券のインターネット口座「ダイレクトコース」は、なんと株式の売買手数料が0円にすることが

記事を読む

ジャンプ

フィデリティ証券はお得で便利なネット証券!投資信託の手数料に強み

フィデリティ証券というネット証券があります。世界有数のネットワークと歴史を誇る独立系資産運用グループ

記事を読む

雄しべ

【保存版】カブドットコム証券の現物取引と信用取引&品受・品渡の手数料比較

株式・ETFは現物で取引するのではなく、信用取引を活用して現引き・現渡しを使うと、手数料を安く抑えら

記事を読む

岡三オンライン証券の田村篤史さん

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1

岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに

記事を読む

2種類の金メダル・銀メダル・銅メダルのイラスト

みんなの株式の2016年ランキングで各ネット証券のメリットを徹底分析!意外な利点も!

 「みんなの株式」という株式SNSサービスがあります。運営会社の株式会社みんかぶはIPOも取り沙汰さ

記事を読む

笑顔で手を叩く子供

おすすめのネット証券!マネックス証券は完全抽選のIPOや米国株・端株が魅力

おすすめのネット証券の一つがマネックス証券です。個人投資家は口座開設しておくと役に立つネット証券です

記事を読む

座っているリス

まだ株式・ETFを普通に買ってるの?信用取引&現引き・現渡が低コスト!

株式やETFを売買する場合、初心者は買う時は株式やETFを普通に現物買いし、売る時は現物売りします。

記事を読む

赤いコートを着た女性

ID・パスワードがなくなる!楽天証券がブロックチェーンの本人認証を導入へ

楽天証券が、 日本初のブロックチェーン技術など最先端のフィンテック技術を活用して、ID・パスワードが

記事を読む

トレードステーションが表示されたパソコン

ついにトレードステーション(TradeStation)が日本株に対応!マネックス証券の多機能ツール!

米国No.1の評価を受ける取引ツール「トレードステーション」(TradeStation)がいよいよ日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

藤田観光グループ・メンバーズカードWAON
セイコーマートでWAONが利用可能に!クレジットカードとの比較、キャンペーンまで徹底解説

セイコーマートがイオンと提携して、2017年7月25日(火)より、全国

ゴールドメダリオン
デルタ航空のゴールドメダリオンの特典を徹底解説!エリートプラスも利用可能!

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドというクレジット

タクシー
全国タクシーの利用で1,000円キャッシュバック!アメックスのお得なキャンペーンが光臨!

アメリカン・エキスプレスが全国タクシーでの決済がお得になるキャンペーン

Mastercard
おすすめのマスターカード(Mastercard)のクレジットカードを徹底的に比較!

Mastercardというクレジットカードがあります。「マスターカード

→もっと見る

PAGE TOP